FC2ブログ
2020 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2020 07

2014年夏、金曜ドラマ『ドラマ24「アオイホノオ」』

kage

2014/07/25 (Fri)

2014年7月18日スタート テレビ東京ほか毎週金曜深夜0:12~深夜0:52
 ドラマ24「アオイホノオ」



キャッチコピーは「勝ち負けじゃねえ、生き死にだ。」。

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:島本和彦「アオイホノオ」(小学館)/脚本:福田雄一/監督:福田雄一/プロデューサー:山鹿達也
オープニング:ウルフルズ「あーだこーだそーだ!」/エンディング:柴咲コウ「蒼い星」
----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介
----------------------------------------------------------------------------------------
焔モユル(柳楽優弥)
大阪芸術大学映像計画学科に通う18歳の芸大生。庵野、山賀、赤井らと切磋琢磨しながら学校生活を送る。出版社へ原稿の持ち込みをするなど漫画家を志す一方、アニメ業界にも興味を持っており、進むべき道を模索している。同じ大学の先輩・とんこに恋心を抱く。

森永とんこ(山本美月)
焔の先輩。バドミントン部のマネージャーをしている。スレンダーな身体と大阪弁が特徴。近視だが裸眼で生活をしており、人と会話する時の距離がやたらと近い。焔に、しばしば思わせぶりな態度をとる。

庵野ヒデアキ(安田顕)
焔の同級生。焔との実力の差は歴然で、人並み外れた作画能力がある。特に、メカや爆破シーンの作画が得意。後にSFアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」を手がけ、その名を広く知られるように。

山賀ヒロユキ(ムロツヨシ)
庵野の影響でアニメ業界に興味を抱く。人の才能を見抜く力に長けている。そのプロデュース能力を生かし、若干24歳でSFアニメ「王立宇宙軍 オネアミスの翼」の監督となる。

赤井タカミ(中村倫也)
焔の同級生。芸大の課題を一緒に取り組んだことから、山賀や庵野と行動を共にすることになる。女の子の作画が得意。2次元の世界で女の子の育成を楽しむゲーム「プリンセスメーカー」を手がけ、大ヒットさせる。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
人気漫画「アオイホノオ」を基にした青春ドラマで柳楽優弥が連続ドラマ初主演!
島本和彦の自伝的漫画「アオイホノオ」をドラマ化。主人公は大学時代の島本がモデルとなっている。漫画家になることを志し芸大に進学した彼が、天才的な才能を持つ仲間たちと青春の日々を駆け抜ける姿を、軽快なタッチで描く。監督・脚本は「勇者ヨシヒコ」シリーズで知られる福田雄一が担当。地上波の連ドラは初主演となる柳楽優弥ほか、ムロツヨシら演技派キャストの熱演も見どころだ。柳楽は「今回初めて、熱血的かつユニークな役を演じさせていただくことになりました。福田ワールドに入れることが楽しみです」と意欲十分。「皆さんに楽しんでいただけるよう、撮影期間中、笑倒して挑みます」とはりきっている。


----------------------------------------------------------------------------------------
■あらすじ(第1話 7/18放送) 「長き戦いのはじまり」
----------------------------------------------------------------------------------------
モユル(柳楽優弥)はクリエーター志望の大阪芸術大学1回生。とんこ先輩(山本美月)に憧れてバドミントン部に入部する。自分の才能には自信を持っており、最初の課題・パラパラ漫画もかなりの自信作だったが、教室では庵野ヒデアキ(安田顕)の作品に人だかりができていた。あまりのレベルの高さに驚いたモユルは、次でリベンジを誓うが、山賀ヒロユキ(ムロツヨシ)、赤井タカミ(中村倫也)ら、強力なライバルたちが頭角を現してくる。

Arika報告書y

■ドラマ第1話感想

アニヲタ的には、密かにイチバン期待していたドラマはこれです。

相変わらずテレ東はクォリティが高く、深夜にやってるのが勿体無いラベル。

「吼えろ!ペン」、「アニメ店長」と名作を出し続ける漫画家・島本和彦先生の学生時代を描いた自伝的作品です。

当時、島本先生と同期で後に『エヴァ』で有名になる庵野秀明監督、山賀博之監督も名前をカタカナにしただけでそのまま登場し、大筋はほぼ実話というのがまた素晴らしい。

キャストももともと少しおたくっぽい柳楽さんがまさにピッタリだし、安田賢さんの庵野監督も骨格からしてそっくりで完璧なキャスティングです。

あの伝説のまさかアンノウルトラマンを再現ビデオするとは ・・・さすがです。

やっぱりテレ東しかこういうのは作れないなぁと改めて実感、おもしろい!?

個人的にはオープニングを観るだけでも満足!




----------------------------------------------------------------------------------------
■あらすじ(第2話 7/25放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
才能に自信を持っていたモユル(柳楽優弥)だったが、強力なライバルが続々と現れ自信喪失。 漫画家を目指すことを決意し、アニメ研究会の矢野(浦井健治)に自身の作品を見せるが、画力と覚悟のなさを指摘される。さらに書店のおばちゃん(山野海)に聞かれたアニメをほとんど説明できず、そんな自分に落ち込む。モユルは気晴らしに高橋(足立理)と映画館に行くが・・・。





関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック