FC2ブログ
2020 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2020 07

2014年夏、金曜ドラマ『家族狩り』

kage

2014/07/25 (Fri)

2014年7月4日スタート TBS系毎週金曜午後10:00~午後10:54
 家族狩り




----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:天童荒太「家族狩り 第一部~第五部」(新潮文庫)/脚本:大石静/脚本:泉澤陽子/演出:坪井敏雄/演出:山本剛義/演出:伊藤雄介/プロデューサー:植田博樹/プロデューサー:長谷川晴彦
主題歌:androp「Shout」
----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介
----------------------------------------------------------------------------------------
氷崎游子(松雪泰子)
東京都児童ケアセンターの児童心理司。アルツハイマー型認知症の父と、その介護に疲れた母と3人暮らし。事件を通じて、巣藤浚介と惹かれあっていく。

巣藤浚介(伊藤淳史)
桐明学院高校の美術教師。目的もなく教師を続け、交際相手の美歩の妊娠が分かっても家族を持つ気になれず堕胎することを望む。名前も知らない女子生徒にレイプ被害を告発される。

鈴木渓徳(北山宏光)
浚介の元教え子。学生時代は不良だったが、現在は電器設備工事の仕事をしている。

冬島綾女(水野美紀)
ヤクザの夫からDVを受けている女性。何かと面倒を見てくれる馬見原に愛情を抱く。

石倉真弓(篠田麻里子)
馬見原の娘。エリートだった兄が自殺してから、父を憎んでいる。少年院に入っていた過去があるが、現在は結婚して、夫と花屋を営む。

椎村栄作(平岡祐太)
警視庁捜査一課の刑事。馬見原の部下。父親が入院中で、出世を強く望んでいる。

清岡美歩(山口紗弥加)
桐明学院高校の国語教師。浚介の交際相手。子供を身ごもっている。

馬見原佐和子(秋山菜津子)
馬見原の妻。息子を自殺で亡くしたショックから神経を病んで入院している。

氷崎民子(浅田美代子)
游子の母。アルツハイマー型認知症を発症した夫の介護に疲れ、家事を放棄し、パチンコに依存している。

山賀葉子(財前直見)
青少年問題の電話ボランティア。真面目な性格で、問題を抱えている人たちの更生支援をしている。

馬見原光毅(遠藤憲一)
警視庁捜査一課の刑事。仕事のために家族を犠牲にし、家出した娘・真弓とは絶縁したまま。犯罪被害者には愛情を持って接する一面もあり、家族との関係に苦しんでいる。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
家族の意味を問いかける天童荒太の問題作を松雪泰子の主演でドラマ化
直木賞作家・天童荒太の同名小説を原作とした、松雪泰子主演の連続ドラマ「家族狩り」。松雪は、「家族という形態の檻に縛られた人間たちが織りなす、悲しみ、狂気、ユーモアがバランスよく表現されています」と見どころをアピールする。同ドラマは、認知症の父とその介護に疲れた母を抱える児童心理司・氷崎游子(松雪泰子)、惰性で美術教師を続ける巣藤浚介(伊藤淳史)、警視庁捜査一課の刑事・馬見原光毅(遠藤憲一)の3人を中心に、自らの家庭と向き合いながら、ある一家心中事件から始まる不可解な事件に翻弄される姿を描く。脚本は、ドラマ「セカンドバージン」などを手掛けた大石静が担当する。

----------------------------------------------------------------------------------------
■あらすじ(第1話 7/4放送 ※午後10:00~午後11:14)
----------------------------------------------------------------------------------------
児童ケアセンターの児童心理司・游子(松雪泰子)は、アルツハイマー型認知症の父・清太郎(井上真樹夫)と、看病に疲れた母・民子(浅田美代子)の3人暮らし。ある日、游子は酒乱の駒田(岡田浩暉)に虐待されている娘・玲子(信太真妃)を保護する。一方、高校の美術教師・浚介(伊藤淳史)は、同僚で交際中の美歩(山口紗弥加)から妊娠を告げられる。ある日、警視庁捜査一課の馬見原(遠藤憲一)は、少年が両親を殺害して自殺を図ったとされる現場で、それが無理心中ではなく一家皆殺し事件だとにらむ。

Arika報告書y

■ドラマ第1話感想

天童荒太 小説原作のドラマ化。

1話から衝撃的な展開で始まって『犯人は誰?』と思わせるミステリー要素が多く、これからの展開が楽しみです。

しかし、『家族狩り』とは、ずいぶんと思い切ったタイトルで登場したな・・・と思いました。

ヤンキー姿の篠田麻里子さんも衝撃ですが、その内容もです。親の介護に疲れ果てた女性、一家惨殺の少年事件を扱う刑事、未来が明るくないのに相手を妊娠させた教師という3者の立場から、家族のあり方とは何かを問うオトナのドラマです。

余りにもショッキングな映像の連続で目を覆いたくなるほどでも考えてみると、最近の現実の世の中の方がもーっと怖い事が起きています。

ドラマ見ながら、もう作り事だけじゃないんだ、いやそれ以上なんだと痛感させられるそれこそが恐ろしい!?

見ていて決して楽しいとは思わないドラマですが、でも家族のあり方について考えようかなとは思わせてくれます。

それにしてもルパンの五右衛門の声優としてもお馴染みの井上真樹夫さんはやっぱり渋い!



----------------------------------------------------------------------------------------
■あらすじ(第2話 7/11放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
浚介(伊藤淳史)のマンションに隣接する家で、一家心中事件が発生した。馬見原(遠藤憲一)は前2件と同様、一家皆殺し事件だと主張するが、その意見は一蹴される。一方、游子(松雪泰子)は自身の通報によって留置されている駒田(岡田浩暉)が、職を失ったと知ってがくぜんとする。そこに、児童ケアセンターから駒田の娘・玲子(信太真妃)がいなくなったとの電話が入る。そんな中、馬見原は綾女(水野美紀)親子と芦ノ湖へ出掛ける。

Arika報告書y

■ドラマ第2話感想

登場人物は多いんだが、基本の視点は警察(遠藤憲一)、学校 (伊藤淳史)、福祉相談(松雪)の三点だから非常にみやすい構成だよね。

もう少し視聴率上がってもいい程質が高いドラマだと思うけど、これが 『ヒーロー』より高いとそれはそれで病んだ社会で怖いなw

これから超駄作か超名作かはわからないけれど、 どうせならとことんやって欲しいと思う。

とりあえず見続けるよ!

今後どういった形でストーリーが展開するのか目を離せません。

----------------------------------------------------------------------------------------
■あらすじ(第3話 7/18放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
馬見原(遠藤憲一)は、まだ普通の状態ではない妻・佐和子(秋山菜津子)との生活に戸惑う一方、油井(谷田歩)が出所したため、綾女(水野美紀)親子のことも気掛かりだ。游子(松雪泰子)は母・民子(浅田美代子)に、父・清太郎(井上真樹夫)が入る施設探しは慎重にすべきだと意見するが、民子は耳を貸さない。一方、相次ぐ‘一家無理心中’事件を受け、浚介(伊藤淳史)らの学校では、不登校の生徒の家庭訪問を実施することになる。

Arika報告書y

■ドラマ第3話感想

今日のは怖かった いろんな事が一度に起きすぎ 。

今のところ登場人物が不幸の中に光りが見えるかが微妙なドラマだね。

意味なく単に不幸にしたいなら見る価値がないんだが、あのヤクザはもっとむちゃくちゃやりそうだし、 エンケンがあいつ殺すか 殺されるかだが、こういうドラマだと案外後者なんだよな…。

見ちゃいけないものなんだが、見れば絶対嫌な感じが後まで残るってわかってても目が離せなくなるんだわ

自分なら不良どもに説教する前に救急車か警察よぶ!

最後の方の展開急にキツくてお腹痛くなったわw


----------------------------------------------------------------------------------------
■あらすじ(第4話 7/25放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
馬見原(遠藤憲一)を綾女(水野美紀)から遠ざけたい油井(谷田歩)は、佐和子(秋山菜津子)に接近。一方、綾女はこれ以上迷惑は掛けられないと、馬見原の前から姿を消す。公園で少年たちがホームレスに放火したのを止めに入った浚介(伊藤淳史)は暴行を受け、病院で目覚めるが、記憶を失い美歩(山口紗弥加)のことも分からない。しかし、無意識のうちに游子(松雪泰子)の名前を何度も呼び、病院から連絡を受けた游子が駆け付ける。




関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック