FC2ブログ
2020 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2020 07

2014年夏、金曜ドラマ『芙蓉の人 ~富士山頂の妻』

kage

2014/07/26 (Sat)

2014年7月26日スタート NHK総合毎週土曜午後9:00~午後10:00
 芙蓉の人 ~富士山頂の妻

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:金子ありさ/演出:清水一彦/演出:土井祥平/制作統括:小松昌代/制作統括:谷口卓敬
----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介
----------------------------------------------------------------------------------------
•野中千代子(松下奈緒)
到の妻。娘・園子と同じ年の夫の妹・琴子の育児のほか、家事をこなす貞淑な妻。気象学の向上に使命を燃やす夫と共に、厳冬期の富士山観測に挑む。

野中到(佐藤隆太)
千代子の夫。日本初の冬季単独富士山登頂を成功させた民間気象学者。使命感から死を覚悟してまで、富士山頂で越冬する気象観測を成し遂げようと計画を進める。

野中清(三浦貴大)
到の弟。兄夫婦の心優しき理解者。到の計画に賛同し、富士山頂での気象観測計画に参加する。

野中とみ子(余貴美子)
到の母。到と共に富士山観測に向かおうとする千代子に猛反対する。姉の娘でもある嫁の千代子に厳しく当たるが、実は身を案じている。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
家族のために生きた明治の女性を松下奈緒が熱演
“芙蓉峰”と呼ばれる富士山を舞台に、厳冬期の富士山観測に挑んだ民間の気象学者と、その妻を描いた「芙蓉の人 ~富士山頂の妻」。日本の発展のために、過酷すぎる使命に命を懸けた夫と、その夫のためには死ぬことも恐れなかった妻の二人三脚の感動の物語を描く。直木賞作家の新田次郎が実話を基に執筆した小説「芙蓉の人」を原作に、脚本は映画「電車男」「ヘルタースケルター」を手掛けた金子ありさが担当する。NHK連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」などで演じた貞淑な妻役に定評がある松下が、家族のために生きた明治の女性を熱演する。






----------------------------------------------------------------------------------------
■あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
明治28年、日本初の富士山の冬季単独登頂を成し遂げた民間の気象学者・野中到(佐藤隆太)は、気象学の発展のために、極寒の富士山に私設の気象観測所を設け、ひと冬の間こもって観測する計画にのり出す。その妻・千代子(松下奈緒)は、夫を一人で行かせれば必ず死んでしまうと悟り、夫と共に富士山へ登ることを心に決める。しかし、義母のとみ子(余貴美子)らの猛反対を受け、一度は考え直したかに見えた千代子だったが、その計画を周囲にはひた隠し、ついに決行しようとする。


関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック