FC2ブログ
2020 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 09

2014年夏、日曜日『おやじの背中』

kage

2014/07/27 (Sun)

2014年7月13日スタート TBS系毎週日曜午後9:00~午後9:54
 おやじの背中

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:池端俊策/脚本:井上由美子/脚本:岡田惠和/脚本:鎌田敏夫/脚本:木皿泉/脚本:倉本聰/脚本:坂元裕二/脚本:橋部敦子/脚本:三谷幸喜/脚本:山田太一

----------------------------------------------------------------------------------------
■第一話 圭さんと瞳子さん    
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:岡田惠和
演出: 山室大輔 /プロデュース: 八木康夫

樋口圭太郎(田村正和)
一点ものの照明器具などを扱う小さな照明店を経営している。瞳子が小学生のとき妻を亡くしてからは、男手一つで娘を育ててきた。瞳子とは 「圭さん」 「瞳子さん」 と呼び合い、寄り添うように生きてきた。瞳子との二人暮らしを嬉しく思いつつも、彼女の将来を考えるとこのままではいけないとも考えている。

樋口瞳子(松たか子)
圭太郎の一人娘。小さな出版社で経理をしている。料理の腕は確かで、圭太郎のお弁当を作るのが日課。結婚には全く興味がなく、圭太郎と穏やかに暮らす今の生活に満足している。心にある問題を抱えている。

奥住(バカリズム)
瞳子の同僚。最近離婚し、結婚前から惹かれていた瞳子に改めて求婚するが…。

川崎悦子(キムラ緑子)
圭太郎が急病で運び込まれた病院の看護師。

茂原吾一(角野卓造)
圭太郎の店で働く唯一の従業員。圭太郎のよき話し相手にもなっている。

----------------------------------------------------------------------------------------
■第2話 ウエディング・マッチ
----------------------------------------------------------------------------------------
脚 本: 坂元裕二
演 出: 鶴橋康夫/ プロデュース: 八木康夫、真木 明

青木草輔(役所広司)
元プロボクサー。リングネームは 「パンタロン青木」。現在はボクシングジムを経営しつつ、娘の誠をオリンピックにいかせることに全力を注いでいる。若い彼女・亜利沙の存在は誠には秘密にしている。

青木誠(満島ひかり)
父・草輔の指導の下、オリンピック出場を目指している。青春も女の子の楽しみも捨て、父と二人三脚で全てをボクシングに捧げてきた。

高城亜利沙(山本美月)
外見・内面ともに女子力が高い草輔の彼女。

佐知子(浅田美代子)
誠の母親。別居後も誠のことが気がかりで、ボクシングを辞めることを願っている。

----------------------------------------------------------------------------------------
■第3話 なごり雪
----------------------------------------------------------------------------------------
脚 本: 倉本 聰
ナレーション:徳光和夫/ 演 出: 石橋 冠/ プロデュース: 八木康夫

金次郎(西田敏行)
勲章受章者が配る受章記念のメダルなどを金属加工する「イズキン」を一代で築き上げる。最近老化が顕著に表われ始め、自慢だった聴力も衰えるようになり老人性難聴が進行する。
  
武田 エリ(木村多江)・・・・小泉家長女。
小泉 金一(光石 研)・・・小泉家長男。「イズキン」専務。
竹中 玲子(市川実日子)・・・「イズキン」社員。
小泉 歌子(中島ひろ子)・・・金一の妻。
武田 一平(梨本謙次郎)・・・エリの夫。「イズキン」役員。
小泉 夕子(MEGUMI)・・・小泉家次女。
小泉 しのぶ(広瀬すず)・・・金一と歌子の娘。
村田 修 (中西良太)…「イズキン」社員。
南 寛 (大杉漣)・・・金次郎と同郷の映像作家。
向田 春彦 (田山涼)・・・成金次郎と同郷の耳鼻科医。
加納 茂吉(織本順吉)・・・「イズキン」第二製作所作業員。金次郎が妻に贈る白綬褒章を製作する。
小泉 秋子(由紀さおり)…金次郎の妻。
大塚 喜平(小林稔)・・・侍金次郎と同郷の元警視庁刑事部捜査官。

ナレーション - 徳光和夫

----------------------------------------------------------------------------------------
■第4話 母の秘密
----------------------------------------------------------------------------------------
脚 本: 鎌田敏夫

賢三 (渡瀬恒彦)
慎介 (中村勘九郎)
  *
妻・加奈子 (ともさかりえ)
神野三鈴

演 出: 山室大輔

----------------------------------------------------------------------------------------
■第5話 ブドウ
----------------------------------------------------------------------------------------
脚 本: 木皿 泉

婦人警官・丸井三冬 (堀北真希)
父・正 (遠藤憲一)
  *
三冬の幼なじみ・勝 (溝端淳平)
谷村美月
   *
薬師丸ひろ子

演 出: 北川雅一

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
豪華な脚本陣と俳優陣でおくる、単発ドラマを連続して放送!
10人の脚本家と10組の俳優でおくる連続した単発ドラマ・日曜劇場「おやじの背中」。脚本家の池端俊策、井上由美子、岡田惠和、鎌田敏夫、木皿泉、倉本聰、坂元裕二、橋部敦子、三谷幸喜、山田太一が、父と子供をテーマにした対立や邂逅などを1話完結のストーリーで描く。俳優の大泉洋、田村正和、西田敏行、役所広司、満島ひかり、渡瀬恒彦、中村勘九郎らが出演する。全話をプロデュースするのは、ドラマ「オヤジぃ」「パパはニュースキャスター」「カミさんの悪口」など、数々のホームドラマを手掛けた八木康夫。1956年にスタートし、ドラマ「半沢直樹」などヒット作を送り出した同枠で、単発ドラマが連続して放送されるのは、1993年の「おんなの家」以来、約21年ぶりとなる。

----------------------------------------------------------------------------------------
■あらすじ(第1話 7/13放送)  『圭さんと瞳子さん』
----------------------------------------------------------------------------------------
圭太郎(田村正和)と娘・瞳子(松たか子)は、互いを「圭さん」「瞳子さん」と呼び交わし、仲良く2人で暮らしていた。ある日、瞳子は同僚の奥住(バカリズム)からプロポーズされる。しかし、誰とも結婚をする気がない瞳子はその場で断る。その夜、圭太郎が食中毒で病院に運ばれ、そのまま入院することに。病院から一人、家に帰ってきた瞳子は、激しい不安に襲われる。一方、夜中に病院で目覚めた圭太郎は家に駆け付ける。

Arika報告書y

■ドラマ第1話感想

第1話目は、田村正和さんと松たか子さんが親子役で出演しているドラマです。

年齢を重ねるごとに、とても良い雰囲気と味を出している田村さんは、昔と変わらないみたいでステキです。

娘が一人暮らしをしないのも、彼氏も作らないのも、父娘で互いをさん付けで呼び合うのも、開始40分くらいにその深い理由が判明し、ホントせつないです。

そしてそこからの卒業。

「瞳子さんがんばったね!」と言いたくなります。

一話完結で、オムニバス形式で毎回キャストが変るのですが、毎回豪華で楽しみです。

本当にお金をかけて良いものを作ろうとする気概を見ました。


おやじの背中1あ



----------------------------------------------------------------------------------------
■あらすじ(第2話 7/20放送)   『ウエディング・マッチ 』
----------------------------------------------------------------------------------------
元プロボクサーの草輔(役所広司)と27歳でボクシングに打ち込む娘・誠(満島ひかり)は、人生を懸けてオリンピックの金メダルを目指していた。しかし選考会の前日、合宿から帰ってきた誠は自宅兼ジムに戻るが、草輔の姿がない。異変を察し、草輔を捜しに行った誠は、草輔が自分よりも年下の亜利沙(山本美月)と交際していると知る。絶対に許せない誠は、草輔に別れるよう詰め寄る。そして選考会当日、誠は試合に挑むが…。

Arika報告書y

■ドラマ第2話感想

2話目の坂元裕二脚本では、 役所広司さんと満島ひかりさんが元プロボクサーの父役と彼の指導を受けてオリンピック出場を目指す娘役で共演。勝負の世界で生きる父娘の葛藤を描く。

ボクシングというかなり特殊な環境の父娘なので、1話のように共感を得られるかなぁ?と思いましたが、大丈夫でした。

全てを捨ててボクシングだけを追い求めてきたのに、まさかの父親の裏切り行為に関係がギクシャク。

ボクシングではないにしても日常生活でもありえる話です。

ちゃんと共感を抑えるとこは抑えているなって思いましたし、それに目力のある満島ひかりさんなので普段言わないであろう口汚いセリフすら実に様になっていました。

おやじの背中2あ


----------------------------------------------------------------------------------------
■あらすじ(第3話 7/27放送)   『なごり雪』
----------------------------------------------------------------------------------------
70歳の金次郎(西田敏行)は、富山から上京して一代で金属加工会社を築き上げた。しかし、最近、耳が遠くなり、息子で専務の金一(光石研)らとも会話がかみ合わない。会社では、創立40周年のパーティーの準備が進められていたが、金次郎が企画した余興は、金一らにことごとく却下されてしまう。怒った金次郎が姿を消し、心配した妻の秋子(由紀さおり)から相談を受けた金次郎の友人で元刑事の大塚(小林稔侍)が駆け付ける。

Arika報告書y

■ドラマ第3話感想

さすが倉本先生や 最後綺麗にまとめたし初老の父親を書くっていう安定感はあったな・・・。

1、2話の父娘よりも、3話の西田さんの心情の方が理解できるものではあったが、 今回は出演者が多過ぎて全体的にどのエピソードも薄まった感じがするが、逆にいえば、これだけの登場人物を一時間で描き分けるってやっぱり倉本聰さんは凄いなとも思った。

稔侍さんと大杉さんの友情話だけで1時間はもっただろうから正直、2時間ドラマでやって丁度いいおさまり具合の内容だと思うんだよね。由紀さおりとの夫婦の話メインでホロリとさせつつ、 親を理解しない子供たちと、祖父を理解している孫娘の話をもっと描いても良かったと思う。あと最後は祝賀パーティーで終わって欲しかった。

イルカの生歌とか巨匠の撮ったビデオとかイカの何とかとか勲章贈呈とかちらっとでも見たかったな…。

おやじの背中3a

----------------------------------------------------------------------------------------
■あらすじ(第4話 8/3放送)  『母の秘密』
----------------------------------------------------------------------------------------
賢三 (渡瀬恒彦) と慎介 (中村勘九郎) はわだかまりを抱え生きてきた父子。母亡き後は会うこともなかったが、賢三から秩父札所参りに誘われた慎介は、妻・加奈子 (ともさかりえ) の勧めもあって出かける。父子二人、どこか他人行儀な旅だが、やがて心に秘めてきた妻であり母への思いを初めてぶつけ合う。

----------------------------------------------------------------------------------------
■あらすじ(第5話 8/10放送)  『ブドウ』
----------------------------------------------------------------------------------------
婦人警官・丸井三冬 (堀北真希) の父・正 (遠藤憲一) は、いつも斬られてばかりの悪役専門役者。三冬の幼なじみ・勝 (溝端淳平) が結婚することからさまざまな波紋が広がる。父親が死んでいる姿に慣れているはずの三冬だが、その父が倒れ、本当に危ないかもしれないとわかった時家族は…。娘と父親の心の交流を木皿泉がコミカルに、かつ温かく描く。


関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック