FC2ブログ
2020 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 09

(2014☆初夏)8月1~15日までに映画化される原作・コミック[るろうに剣心京都大火編/ドライブイン蒲生/いっツー/放課後ロスト/STAND BY ME ドラえもん/宇宙兄弟♯0]

kage

2014/07/28 (Mon)

Arika2014夏8月

2014年に映画化・ドラマ化・アニメ化のメディアミックス作品をご紹介!!
■ 映 画 化 作 品(8月1日~15日に全国公開)

8月1日公開
・るろうに剣心京都大火編

8月2日公開
・ドライブイン蒲生
・いっツー

8月4日公開
・放課後ロスト

8月8日公開
・STAND BY ME ドラえもん

8月9日公開
・宇宙兄弟♯0



映画公開前にチェックするもよし、見た後でじっくり復習するもよし。

合わせて原作本・コミックを楽しんでください!







 るろうに剣心京都大火編 【8月1日公開】

るろうに剣心 京都大火編 (JUMP j BOOKS)るろうに剣心 京都大火編 (JUMP j BOOKS)
(2014/08/04)
和月 伸宏、SOW 他

商品詳細を見る


■内容紹介
かつて人斬り抜刀斎と呼ばれた伝説の人斬り、緋村剣心。刀を置き、平穏な生活を送る剣心は、ある日、剣心から影の人斬り役を引き継いだ志々雄真実が京都でその名をとどろかせていることを知る。政府が派遣した討伐隊は志々雄を前に成すすべがなく、最後の望みとして剣心に白羽の矢が立つ。志々雄の野心を阻止すべく、剣心は京都へ向かう。
----------------------------------------------------------------------------------------
■原作の感想
----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)1アニメなどにもなったジャンプ暗黒期を支えてきた90年代中盤を代表するヒットマンガ。映画『るろうに剣心京都大火編』公開にあたりの完全小説化!! 週刊少年ジャンプで『るろうに剣心』の連載が始まった時、「え? ジャンプで時代劇!?」と驚いたことを覚えています。それまで歴史ものの作品にふれたことがなかったので、このマンガは読まないかも・・・と思っていたら、剣心や左之助のキャラクターに惹かれて、気がつけば夢中になっていました。当時は幼かったせいか、剣心の前に立ちはだかる斉藤一や志々雄にあまり感情移入できませんでした。でも大人になって読み返すと、「幕末という特別な時代に、それぞれの義を背負っていたんだな」と納得するようになりました。解説で甲野さんという方が、自分の信念のためなら命も捨てられる生き方が描けている、といったことを書かれていましたが、まさにそうだと思います。昔ワクワクするマンガだった『るろうに剣心』ですが、自分が成長して原作を読み返してみると、前とは違う心の部分に響いてきます。そういう意味でもオススメの一冊です。  


映画『るろうに剣心 京都大火編』
和月伸宏の人気コミックを佐藤健主演&大友啓史監督で実写映画化した「るろうに剣心」(2012)の続編で、原作のクライマックスにあたり、人気の高いエピソード「京都編」を描いた2部作の前編。かつては「人斬り抜刀斎」と恐れられた緋村剣心は、新時代の訪れとともに穏やかな生活を送っていた。しかし、剣心の後継者として「影の人斬り役」を引き継いだ志々雄真実が、全身に大火傷を負わせた明治政府へ復讐を企てていると知った剣心は、逆羽刀を手にとり、単身で志々雄のいる京都へ向かう。



監督: 大友啓史

キャスト(第2作・第3作)
緋村剣心 - 佐藤健
神谷薫 - 武井咲
四乃森蒼紫 - 伊勢谷友介
相楽左之助 - 青木崇高
高荷恵 - 蒼井優
瀬田宗次郎 - 神木隆之介
巻町操 - 土屋太鳳
柏崎念至/翁 - 田中泯
大久保利通 - 宮沢和史
伊藤博文 - 小澤征悦
明神弥彦 - 大八木凱斗
佐渡島方治 - 滝藤賢一
沢下条張 - 三浦涼介
悠久山安慈 - 丸山智己
駒形由美 - 高橋メアリージュン
魚沼宇水 - 村田充
本条鎌足 - 屋敷紘子
刈羽蝙也 - 原勇弥
夷腕坊 - 山田崇夫
才槌 - 島津健太郎
不二 - 山口航太
?-福山雅治
斎藤一 - 江口洋介
志々雄真実 - 藤原竜也






 ドライブイン蒲生 【8月2日公開】

ドライブイン蒲生 (河出文庫)ドライブイン蒲生 (河出文庫)
(2011/03/04)
伊藤 たかみ

商品詳細を見る


■内容紹介
客も来ないさびれたドライブインを、経営する父。昼間から酔っぱらっている父を嫌った姉は、中学でヤンキーになる。だが父の死後、姉と弟は、蒲生家の“かすけた”血が、自分たちにも確かに流れていることを感じる。そして今、子連れで離婚寸前、ぱさついた茶髪の姉を、弟はなぜか、美しいと思う…ハンパ者一家を、哀惜にみちた筆致で描く、芥川賞作家の最高傑作。
----------------------------------------------------------------------------------------
■原作の感想
----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)1芥川賞作家の短編集。どの話も構造としては、中年に差し掛かった男が主人公の家族もの、で純文学との基本パターンです。次々と問題を乗り越えていくお話ではなくて、既に生活に問題を抱えている主人公がうだうだと少年時代を回想をして、自身に内在する問題を見つめ直していくかすけた家族の物語。 なんだかんだで家族が大切だってのが伝わってくる。 兄妹、親子、どんなにかすけていても、 血は水よりも濃いんですね。 三人称だけど、すごく一人称に近い文章なのも面白かった。 純文学好きとしては、すごくよくできていると思うし、そういうのが苦手な人にはつまらないかもしれない。


映画『ドライブイン蒲生』
映画化もされた「指輪をはめたい」や芥川賞を受賞した「八月の路上に捨てる」で知られる作家・伊藤たかみの同名小説を、染谷将太と黒川芽以の主演で映画化。街道沿いのさびれたドライブインを経営する家庭に生まれた姉サキと弟トシ。ヤクザ崩れでろくでなしの父親のせいで、2人は物心ついたころから「バカの一家」と蔑まれ、絶望したサキは非行に走った挙句、妊娠して家を飛び出してしまう。それから数年後、夫のDVから逃れて出戻っていたサキは、トシの制止を聞かずに幼い娘を連れて夫との話し合いに向かうと言い出し、トシも同行することに。そんな姉弟の胸中には、今は亡きろくでなしの父への思いが去来する。柳町光男や相米慎二、石井聰亙らの作品で撮影監督を務めてきた名カメラマンのたむらまさきが、75歳にして監督デビューを飾った。



監督:たむらまさき
キャスト:染谷将太/黒川芽以/永瀬正敏/猫田直/平澤宏々路/吉岡睦雄/小林ユウキチ/黒田大輔/鈴木晋介/足立智充/田村愛






 いっツー 【8月2日公開】

いっツー(1) (ヤングチャンピオン・コミックス) (ヤングチャンピオンコミックス)いっツー(1) (ヤングチャンピオン・コミックス) (ヤングチャンピオンコミックス)
(2013/12/20)
岡田和人

商品詳細を見る


■内容紹介
人に連れられて志望校を見学にいったサガミはそこで見かけたヒトに、一瞬で心を奪われて…。憧れ、追い求める、サガミの波瀾万丈の高校生活が始まる!!
----------------------------------------------------------------------------------------
■原作の感想
----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)1友人に連れられ受験校の偵察に向かった主人公サガミ。そこで一目ぼれしたサガミはがんばってなんとか合格。憧れの先輩・ユイとであったものの個性派揃いの自動幻影倶楽部員達に振り回される日々――。とにかく主役たちがヘンタイ揃いです。 主人公は女装の似合う男の子。ヒロインは年上好きの女の子。主人公が一方的な行為をヒロインに向けているからこういうタイトルらしい。内容自体は正に年頃の男子が思い描くエロティック学園生活です。現実にはまずありえないファンタジーなのだけど、その分妄想力を描き立てられると思う。ただ、この手の表紙は本屋さんではちょっと買いにくい・・・相変わらず独特な絵柄です。


映画『いっツー』
憧れのユイ先輩を追って高校に入学した純情少年・サガミの受難を、エロティックに描く「いっツー」。ユイ先輩役は“小蜜”の愛称でも知られるグラビアアイドルの副島美咲が務める。「男性陣には嬉しいシーンもたっぷり」と語る副島が体当たりで見せる、セクシーな演技に注目したい。

またサガミ役には「地獄でなぜ悪い」にも出演した中山龍也が演じるほか、鼠先輩、小明といったメンバーが出演者陣に名を連ねた。監督と脚本は「ガチバン」「タナトス」などで知られる城定秀夫が担当する。「いっツー THE MOVIE」は8月2日より、「いっツー THE MOVIE 2」は8月9日よりそれぞれ1週間限定でロードショー。

監督・編集・脚本:城定秀夫
出演:副島美咲、中山龍也、柳川芙美章、武田大知(無戦RUN)、若木萌、小明(2のみ)、鼠先輩





 放課後ロスト 【8月4日公開】

ワールドゲイズ クリップス(1) (角川コミックス・エース)ワールドゲイズ クリップス(1) (角川コミックス・エース)
(2013/03/14)
五十嵐 藍

商品詳細を見る


■内容紹介
養い親のもとを離れ、転地のため海辺の村の老夫婦にあずけられた少女アンナ。孤独なアンナは、同い年の不思議な少女マーニーと友だちになり、毎日二人で遊びます。ところが、村人はだれもマーニーのことを知らないのでした。
----------------------------------------------------------------------------------------
■原作の感想
----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)1『ローファイ・アフタースクール』の方向性をさらに拡張したオムニバス作品。青春の鬱屈とした気持ちを題材にした4つの物語を収録。寂寥感を湛えた独特な画風が特徴。刹那的な雰囲気がいい。『アオ』や『神様ごっこ』を読んだ時から思っていたことだが、やっぱりこの作者はこういう「仄暗い切なさ」や「センチメンタリズム」を強調した作風が合っている。夜の車の中、夜の公園、雨の中の道、何とも言えない静寂をコマから感じた。特に夜のサービスエリアに車を止めてカーステレオを聞きながら寝るあの雰囲気は、絶妙だったし、こういうの好き。「放課後ロスト」の結末が素敵。 表紙を見た第一印象は「キャラの体細っ」とは思いましたが、中身は繊細な硝子のように淡くて切なげで、薄暗い面もあるからこそ綺麗な青春、という表現が全般に徹底していた良くも悪くも表紙から受けるイメージそのまんまの作品集で何とも言えない愛と哀も感じた。 モヤッと感が心地良ければ読んで正解の作品。


映画『放課後ロスト』
少女たちが日常のなかで抱く曖昧な心情を描いた五十嵐藍による人気コミック「ワールドゲイズ クリップス」(KADOKAWA刊)を、3人の気鋭女性監督がそれぞれフレッシュな若手女優を主演に迎え、実写映画化した青春オムニバスストーリー。来年で廃校になることが決まっており、最後の3年生だけが残っている県立高校を舞台に、夏休みが終わり、文化祭が近づきつつある2学期を過ごす少女たちの日常を繊細に描き出していく。「non-no」専属モデルでドラマ「イタズラなKiss」などで活躍する未来穂香が主演し、短編「フィガロの結婚」で注目された天野千尋が監督を務めた「リトル・トリップ」、アイドルグループ「SKE48」に所属し、今作が映画初主演の佐藤すみれと、商業映画初監督の名倉愛がタッグを組んだ「らくがき うわがき」、映画「桐嶋、部活やめるってよ」やNHK朝ドラ「あまちゃん」で注目された松岡茉優が主演を務め、「東京無印女子物語」「モンスター」の大九明子監督がメガホンをとった「倍音」の3つのエピソードで構成される。

----------------------------------------------------------------------------------------
エピソード1 「リトル・トリップ」・・・・監督:天野千尋 
----------------------------------------------------------------------------------------
学校をサボってばかりの夕希(未来穂香)は、ある日、委員長の絢子(高嶋香帆)に興味を抱く。音楽を通じて心を通わせるようになった2人は、ある日、“だから、適当に逃げちゃえばいいんだって”という夕希の言葉をきっかけに、学校を抜け出してプチ家出を実行する。逃走の果てに、絢子が探し求めるものは手に入るのか。エンジンの響き。どこからか流れてくる叫びのメロディー。2人が辿り着いた場所は、愛と哀の交差点だった。

■キャスト:未来穂香/高嶋香帆

----------------------------------------------------------------------------------------
エピ ソード2 「らくがき うわがき」・・・監督:名倉 愛
----------------------------------------------------------------------------------------
絵を描くことを止めていた元美術部員の里未(佐藤すみれ)は、文化祭を機に、再び筆を取ることを決意。だが、彼女に想いを寄せる元クラスメイトの古谷(大石悠馬)と、美術部員の荻野(中山絵梨奈)の想いは、なぜかすれ違う……。

■キャスト:佐藤すみれ/大石悠馬/中山絵梨奈

----------------------------------------------------------------------------------------
エピソード3 「倍音」・・・監督:大九 明子
----------------------------------------------------------------------------------------
放課後の教室で出会ったリカ(松岡茉優)とユウ(古泉葵)。日常の音を録音するというユウの趣味に興味を持ったリカは、2人で様々な音を録音して遊ぶようになる。校舎で、街で、真実の音を捕まえようと。REC、REC、REC……。だが、2人に残された時間は長くはなかった……。

■キャスト:松岡茉優/古泉葵





 STAND BY ME ドラえもん 【8月8日公開】

ドラえもん (1) (てんとう虫コミックス)ドラえもん (1) (てんとう虫コミックス)
(1974/07/31)
藤子・F・不二雄

商品詳細を見る


■内容紹介
何をやらせてもまるで冴えない小学生「野比のび太」。お正月をのんびりと過ごしていると、机の引出しが開いて中からネコ型ロボット「ドラえもん」と、のび太の孫の孫であるセワシが現れた。セワシの話によると、のび太は成人後も数々の不運に見舞われ、起こした事業の倒産により莫大な借金を残し、子孫達を困らせているという。セワシはそんな悲惨な未来を変えるために、ドラえもんをのび太の世話役として連れてきたのだった。ドラえもんとのび太は深い友情関係で結ばれることになる。ドラえもんがおなかの四次元ポケットから取り出す「ひみつ道具」は、のび太の様々な夢や願望を魔法のようにかなえてくれる。近所に住む憧れの女の子・しずかや、いじめっ子だが根は優しいスネ夫やジャイアンなどの友人達も交えた日常の中で、のび太は道具に頼りがちになりながらも反省し学んでいき、彼が歩んでゆく未来は少しずつより良い方向へと変わってゆく。
----------------------------------------------------------------------------------------
■感想
----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)1原点に戻る意味で1974年08月第1巻を再読みました。しずかちゃんは、しずちゃんと呼ばれていた。ドラえもんは、未来から、のび太の孫の孫のセワシと来た。のび太はジャイ子と結婚する?しかも1話からジャイ子登場。しかもタケコプターをお尻に着けてます!! 初期の少し太めのドラえもん、可愛いくて懐かしい(笑)。影の話が、深いな~と思いました。原作のドラえもんはアニメより口が悪くてなんともかわいいんだよね。「どっちも、自分が正しいと思ってるよ。戦争なんてそんなもんだよ」とか、1巻初期は完全にSF短編集系のキャラだったドラえもん。のび太も大学卒業後、就職失敗したけどすぐに会社起業するとかアクティヴだよね。しかも倒産はするけど7年も持たせたらしいし。ダメ社長なりに周囲に愛されて支えられていたんだろうな…。


映画『STAND BY ME ドラえもん』
藤子・F・不二雄生誕80周年を記念して製作された「ドラえもん」シリーズ初の3DCGアニメーション。原作から厳選されたエピソードを再構成し、ドラえもんとのび太の出会いから別れまでを描いた。「friends もののけ島のナキ」を手がけた八木竜一と「永遠の0」「ALWAYS 三丁目の夕日」の山崎貴が共同監督。何をやらせても冴えない少年のび太のもとに、22世紀の未来から、ネコ型ロボットのドラえもんがやってくる。のび太の孫の孫にあたるセワシが、ご先祖様であるのび太の悲惨な未来を変えるために送り込まれたドラえもんだったが、当のドラえもんはあまり乗り気ではない。セワシはそんなドラえもんにやる気を出させるため、のび太を幸せにしない限り22世紀に帰ることができないプログラムを仕込む。かくして仕方なくのび太の面倒をみることになったドラえもんは、のび太がクラスメイトのしずかちゃんに好意を抱いていることを知り、のび太としずかちゃんが結婚できる明るい未来を実現するため、数々の未来の道具を駆使してのび太を助けるが……。トヨタ自動車のCMで大人になったのび太を演じている俳優の妻夫木聡が、青年のび太の声優として参加している。

本作では原作の記念すべき第1話「未来の国からはるばると」、ドラえもんとの別れを描く「さようならドラえもん」、しずかとのプロポーズから結婚までを描く「雪山のロマンス」「のび太の結婚前夜」のストーリーを再構築し、ドラえもんとのび太の出会いから別れ、のび太としずかとの愛が描かれる。

キャッチコピーは「すべての子供経験者の皆さんへ。」「いっしょに、ドラ泣きしません?」



監督:八木竜一、山崎貴

声の出演
ドラえもん - 水田わさび
のび太 - 大原めぐみ / 妻夫木聡(青年時代)
しずか - かかずゆみ
ジャイアン - 木村昴
スネ夫 - 関智一
セワシ - 松本さち
出木杉 - 萩野志保子
しずかのパパ - 田原アルノ




 宇宙兄弟♯0 【8月9日公開】

宇宙兄弟(23) (モーニング KC)宇宙兄弟(23) (モーニング KC)
(2014/03/20)
小山 宙哉

商品詳細を見る


■内容紹介
2025年、NASAは日本人宇宙飛行士・南波ヒビトを含む、第1次月面長期滞在クルーのメンバーを発表。時を同じくして日本では、自動車の設計をしていた南波ムッタが会社をクビに。大きく異なった運命を歩んでいたふたりの兄弟。しかしそれぞれの未来が、幼少時代に交したある約束によって、動き出そうとしていた。

幼少時代、星空を眺めながら約束を交わした兄・六太と弟・日々人。2025年、弟は約束どおり宇宙飛行士となり、月面の第1次長期滞在クルーの一員となっていた。一方、会社をクビになり、無職の兄・六太。弟からの1通のメールで、兄は再び宇宙を目指しはじめる。
----------------------------------------------------------------------------------------
■原作の感想
----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)1ストーリーは兄弟二人が少年の頃に宇宙飛行士になる夢を抱き、まずは弟がその夢をかなえ、兄がその後を追う、という話です。NASAやJAXAなど実在する政府系組織を舞台にし、訓練や飛行士への採用試験を中心にした物語は地味で、派手さの少ないものですが、脇役たちはその背景や性格に至るまで丁寧に描かれ、それらの個性的な登場人物たちがそれぞれの夢や野望が素のままでぶつかり合う姿に手に汗握り、途中で本を置くことができませんでした。まずこれは十人読んだら九人が絶賛する漫画だと思います。悪いところを探そうとしても無い。無理矢理探し出すとすると、2025年の近未来が舞台なのですが、近未来感ゼロってところぐらいです。近未来を感じさせるのは車のデザインくらいで、あとの世界観や技術は現代のままです。しかしこの方が世界を身近に感じて感情移入しやすいので、これはこれで問題ないと言うか、読んでいて全く気にならない。なにより心温まるいいお話が多い。 単行本一冊一冊のまとまりがすばらしい。次の巻が気になる気持ちもあるが一冊を読み終わったあとの満足感がある。派手さはないがいいお話が大好きという方には是非読んで欲しいです。


映画『宇宙兄弟♯0』
小山宙哉の大ヒットコミック「宇宙兄弟」を、原作者・小山が自ら書き下ろしたオリジナル脚本でアニメーション映画化。南波兄弟よりも先に兄弟で月に降り立つことを夢見たジェイ兄弟との交流と別れを描き、南波兄弟が宇宙を目指す本当の理由が明かされる。幼い頃から宇宙飛行士を夢見てきた南波日々人は、ブライアン・ジェイが搭乗する月面着陸ロケットのバックアップクルーに抜てきされる。しかし、ブライアンが地球着陸時の事故で帰らぬ人となったため、NASAは宇宙開発の有人ミッションを見直すことに。一方、宇宙への夢をかなえつつある日々人と対照的な暮らしを送る兄・六太は、勤め先の自動車会社から田舎への出向を命じられてしまう。監督に渡辺歩、アニメーション制作にA-1 Picturesとテレビアニメ版を手がけたスタッフが集結。



監督:渡辺歩

声のキャスト
南波 六太(なんば むった)声 - 平田広明
南波 日々人(なんば ひびと)声 - KENN
少年六太 声ー沢城みゆき
少年日々人 声ー三瓶由布子
真壁 ケンジ 声 - 加藤将之
伊東 せりか 声 - 沢城みゆき
北村 絵名 声 - 三瓶由布子
新田 零次 声 - 星野貴紀
南波・父 声-チョー
南波・母 声ー田中真弓
エディ・J 声-有本欽隆
ブライアン・J  声-大塚明夫
吾妻滝生  声-乃村健次
ジェーソン・バトラー 声- 立木文彦
デニール・ヤング 声-石田太郎
通りすがりの豆腐屋 声-さだまさし
アナウンサーみたいな美人 声-水卜麻美
関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック