FC2ブログ
2020 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2020 10

(2014☆秋)9月1~15日までに映画化される原作・コミック[鬼灯さん家のアネキ /るろうに剣心 伝説の最期編]

kage

2014/09/02 (Tue)

Arika映画2014年9月タイトル

2014年に映画化・ドラマ化・アニメ化のメディアミックス作品をご紹介!!
 ■ 映 画 化 作 品(9月1日~15日に全国公開)

9月6日公開
・鬼灯さん家のアネキ

9月13日公開
・るろうに剣心 伝説の最期編 



映画公開前にチェックするもよし、見た後でじっくり復習するもよし。

合わせて原作本・コミックを楽しんでください!






 鬼灯さん家のアネキ 【9月6日公開】

鬼灯さん家のアネキ (1) (角川コミックス・エース・エクストラ 22-1)鬼灯さん家のアネキ (1) (角川コミックス・エース・エクストラ 22-1)
(2010/07/04)
五十嵐 藍

商品詳細を見る


■内容紹介
吾朗が義姉・ハルの悪戯に苦労するマンガ。4コマ漫画形式とストーリー形式とを混在して描かれている。
----------------------------------------------------------------------------------------
■原作の感想
----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)1少しエロいドSの血の繋がらない姉と姉の事の事の大好きでドМの弟で面白かった。義理の姉とその弟が同居で、義姉の女友達とも色々あって・・・と書くとハーレム漫画のようですが漫画全体がフェミニスト的というか、理不尽に振り回される弟と、それを喜ぶ姉という、よくある日常系漫画の姉萌えバージョンと言った所でしょうか。勉強もできてしかもかわいくて、何かとちょっかいをだしてくる姉、ボーイッシュで不器用な女の子、巨乳で金髪(おなじみ、金髪だけど不良ではない系)のお金持ちの女の子・・・といったような、どの漫画にもいそうな既視感のある女の子たちに、オタクで引きこもりがちな弟(隠れイケメン)といった、これまた既視感の強い主人公が、なぜかモテモテ・・・。姉は弟をやたらとおちょくってますが、たまに見せる弟への優しさであったり、嫉妬している部分もうまく描かれていて不快な感じはせず、はちゃめちゃですが、かなり笑えます。




2014年9月6日公開。主人公が漫画版の鬼灯吾朗から姉の鬼灯ハルへ交代となる。

スタッフ
原作 - 五十嵐藍(株式会社KADOKAWA 角川書店刊)
監督・編集 - 今泉力哉
脚本 - 片岡翔、今泉力哉
音楽 - 曽我淳一(トルネード竜巻)
主題歌 - 浜崎貴司「家族」(スピードスターレコーズ)
エグゼクティブプロデューサー - 井上伸一郎
制作 - 安田猛、水口昌彦
企画 - 菊地剛
プロデューサー - 大森氏勝、千綿英久、柴原祐一
ラインプロデューサー - 本島章雄
撮影 - 岩永洋
照明 - 長田青海
録音 - 西條博介
美術 - 山下修侍
装飾 - 西渕浩祐
衣装 - 宮本まさ江
ヘアメイク - 渡邊茜
音響効果 - 丹雄二
キャスティング - 楠間由野
助監督 - 石川博之
制作担当 - 佐藤潤
製作プロダクション - 角川大映スタジオ
制作プロダクション - ダブ
製作 - KADOKAWA、ポニーキャニオン
配給 - KADOKAWA、SPOTTED PRODUCTIONS

キャスト
鬼灯ハル - 谷桃子
鬼灯吾朗 - 前野朋哉
水野麻衣 - 佐藤かよ
楓 - 川村ゆきえ
美咲 - 古崎瞳
小泉 - 岡山天音
鬼灯麻里子 - 葉山レイコ
桃瀬 - 水澤紳吾
鬼灯イサム - モト冬樹





 るろうに剣心 伝説の最期編 【9月13日公開】

るろうに剣心 伝説の最期編 (JUMP j BOOKS)るろうに剣心 伝説の最期編 (JUMP j BOOKS)
(2014/09/16)
和月 伸宏、SOW 他

商品詳細を見る


■内容紹介
さらわれた神谷薫を助けるため、 海に飛びこんだ緋村剣心がたどり着いたのは、 かつての師匠・比古清十郎の元であった。
薫を失った悲しみを胸に抱えつつ、志々雄真実を止めるため、 剣心は比古清十郎に飛天御剣流の奥義の伝授を乞う。
だがその間にも、東京には甲鉄艦『煉獄』が迫っていた――!!

話題の比古清十郎役・福山雅治さんをはじめ、 豪華キャストの美麗ピンナップを収録! 感動の二部作完結編、最速小説化!!
----------------------------------------------------------------------------------------
■原作の感想
----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)1原作とは違う内容と聞いていたので逆にここは原作のままのセリフなんだーとか、ドキドキしながらみました。剣心とあおしが出会う所の流れは結構うまいなーと。クライマックスにいくまで中盤ちょっとおもーい感じですけど、そこも剣心にとって重要な部分なので悪くないアレンジだったと思いました。最後の激闘はもうほんとに凄まじかった。薫の健気さとか剣心の帰る場所感とか、左之助のいい意味での暑苦しさ、操の懐の深さ、芯の強さみたいな、恵の凛とした佇まい、全部書けないけど、原作知っている人も知らない人も細かいことはぬきにして楽しんでもらいたいです!


映画『るろうに剣心 伝説の最期編』
日本の征服を狙う志々雄を阻止するため京都に辿り着いた剣心は、志々雄一派に立ち向かうが、志々雄は鋼鉄艦・煉獄で東京へ攻め入ろうとしていた。志々雄に連れ去られた薫を助けるために剣心は海へ飛び込み、一人岸へ打ち上げられたところを、師匠の比古清十郎に拾われる。今の自分では志々雄を倒せない……剣心は清十郎に奥義の伝授を懇願する。一方、剣心が生きていると知った志々雄は政府に圧力をかけ、剣心を人斬り時代の暗殺の罪で公開打ち首にするよう命じる。



監督: 大友啓史

キャスト(第2作・第3作)
緋村剣心 - 佐藤健
神谷薫 - 武井咲
四乃森蒼紫 - 伊勢谷友介
相楽左之助 - 青木崇高
高荷恵 - 蒼井優
瀬田宗次郎 - 神木隆之介
巻町操 - 土屋太鳳
柏崎念至/翁 - 田中泯
大久保利通 - 宮沢和史
伊藤博文 - 小澤征悦
明神弥彦 - 大八木凱斗
佐渡島方治 - 滝藤賢一
沢下条張 - 三浦涼介
悠久山安慈 - 丸山智己
駒形由美 - 高橋メアリージュン
魚沼宇水 - 村田充
本条鎌足 - 屋敷紘子
刈羽蝙也 - 原勇弥
夷腕坊 - 山田崇夫
才槌 - 島津健太郎
不二 - 山口航太
?-福山雅治
斎藤一 - 江口洋介
志々雄真実 - 藤原竜也


関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック