FC2ブログ
2021 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2021 05

(気分はいつでも少年探偵団っ♪-11)鉄塔王国の恐怖-少年探偵/江戸川乱歩

kage

2014/09/15 (Mon)

9月の特集Book第1弾!
Arika気分はいつでも少年探偵団

夏休みが過ぎた静かになった図書館に行くと子どもの頃に親しんだ全集ものが読みたくなります。夏休みに図書館に通いつめて夢中で読んだ頃を思い出し、懐かしくなるのかもしれません。江戸川乱歩さんの少年探偵団もそのひとつ。表紙のおどろおどろしさに胸を高ぶらせ、仮面の怪人に恐怖し、明智探偵から絶大なる信頼を勝ち取る小林少年を羨んだ日々。だけど悲しいかな、今となってはどれを既読でどれが未読か全く不明です。幸いなことに現在、ポプラ文庫クラッシックのシリーズから、表紙・挿絵もそのままに26巻が刊行されています。毎日1冊ずつ、刊行順にレビューしたいと思いますので、子ども気分に戻って、ちょっと単純で素朴な探偵や変装を楽しみたいと思います。文庫ならではの、巻末エッセイの執筆陣も豪華です♪


アイコンりす今回のBook案内人・・・・Arika

 鉄塔王国の恐怖-少年探偵/江戸川乱歩

鉄塔王国の恐怖―少年探偵 (ポプラ文庫クラシック)鉄塔王国の恐怖―少年探偵 (ポプラ文庫クラシック)
(2009/05/05)
江戸川 乱歩

商品詳細を見る


名探偵明智小五郎の優秀な助手、小林君の目の前に、カラクリの箱を牽く奇妙な老人が現れた。

その数日後から、東京の夜の街に巨大なカブトムシが出没し始める。

怪異の背後に見え隠れする怪人団、鉄塔王国とは何なのか?

とらわれた少年を救うべく、小林君が大活躍!



■もくじ

のぞきカラクリ ・・・・・・9
深夜の妖虫 ・・・・・・17
鉄塔王国 ・・・・・・27
しのびよる怪物 ・・・・・・38
奇怪な消失 ・・・・・・47
落とし穴 ・・・・・・56
探偵七つ道具 ・・・・・・64
運転台の怪物 ・・・・・・73
魔法のつえ ・・・・・・83
黒いこびと ・・・・・・88
丸ビルの妖虫 ・・・・・・98
小林少年の危難 ・・・・・・103
のぞきじいさん ・・・・・・108
あやしいぬけがら ・・・・・・113
四人の警官 ・・・・・・122
明智探偵の登場 ・・・・・・130
おばけやしき ・・・・・・140
あやしい女こじき ・・・・・・147
地下室の妖虫 ・・・・・・151
見知らぬ少年 ・・・・・・160
怪自動車 ・・・・・・165
名探偵の知恵 ・・・・・・171
ふしぎな尾行 ・・・・・・176
そびえる鉄塔 ・・・・・・180
山小屋のぬし ・・・・・・189
ハトと縄ばしご ・・・・・・195
カブトムシ大王 ・・・・・・200
むちのひびき ・・・・・・211
老魔術師の正体 ・・・・・・215
ワシのえじき ・・・・・・221
妖虫のさいご ・・・・・・230

★巻末エッセイ 小川一水 ・・・・・・239


Arikaアイコン(小)1 シリーズの中でも相当ヤバいキッチュさ!?  なぜカブトムシにこだわる (笑)

凄惨な連続殺人を繰り返す「赤サソリ事件」が少年向けにリライトされ、「カブトムシ王国」となりました。このシリーズの中でも相当ヤバいキッチュさ!? なぜカブトムシにこだわる (笑)とつっこみを入れたくなりますが、深夜の街を徘徊する巨大カブトムシのくだりは面白く読みました。巨大カブトムシに、カブトムシ兵士って。どこまで、本気なのかな? 犯人はいつものように怪人二十面相くん。相変わらずくだらない(笑)。これ、大人向けに書かれたものはどんな感じなのかな。 鉄塔王国は気味悪くて良かった。カブトムシの格好をさせられてしまった小林君が「はずかしめをうけた」とか言ってたのには笑ったし萌えたwところで最後の一行で二十面相が死亡したかと思わせる驚愕のラストシーンがあります。しかし、その後も二十面相は跳梁跋扈を続けて行きますので、死亡したわけではないということは解ります。乱歩の遊び心を感じさせてくれる一行だと思います。




F03-b104.gif 
■当ブログを「厳選!書籍全般レビューブログ」の1つとして紹介させて頂いております。


■新書・文庫本に関する人気のおすすめ感想ブログ・書評レビューまとめランキングサイト
新書・文庫本マニア

あなたの大好きな新書・文庫本の情報を探してみませんか?

新書・文庫本マニアは、おすすめ情報・感想ブログ・書評レビュー・Twitter・ニュース・Q&Aなど、話題になっている口コミ・記事をまとめた本の人気ランキングサイトです。

様々な切り口から、あなたの大好きな新書・文庫本の情報を探してみませんか?





関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック