FC2ブログ
2021 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2021 05

(気分はいつでも少年探偵団っ♪-18)奇面城の秘密-少年探偵/江戸川乱歩

kage

2014/09/21 (Sun)

9月の特集Book第1弾!
Arika気分はいつでも少年探偵団

夏休みが過ぎた静かになった図書館に行くと子どもの頃に親しんだ全集ものが読みたくなります。夏休みに図書館に通いつめて夢中で読んだ頃を思い出し、懐かしくなるのかもしれません。江戸川乱歩さんの少年探偵団もそのひとつ。表紙のおどろおどろしさに胸を高ぶらせ、仮面の怪人に恐怖し、明智探偵から絶大なる信頼を勝ち取る小林少年を羨んだ日々。だけど悲しいかな、今となってはどれを既読でどれが未読か全く不明です。幸いなことに現在、ポプラ文庫クラッシックのシリーズから、表紙・挿絵もそのままに26巻が刊行されています。毎日1冊ずつ、刊行順にレビューしたいと思いますので、子ども気分に戻って、ちょっと単純で素朴な探偵や変装を楽しみたいと思います。文庫ならではの、巻末エッセイの執筆陣も豪華です♪


アイコンりす今回のBook案内人・・・・Arika

 奇面城の秘密-少年探偵/江戸川乱歩

奇面城の秘密―少年探偵 (ポプラ文庫クラシック)奇面城の秘密―少年探偵 (ポプラ文庫クラシック)
(2009/07/05)
江戸川 乱歩

商品詳細を見る


名探偵・明智によって刑務所へ送られたはずの四十面相が、いつのまにか脱獄していた。

次なる標的はレンブラントの名画。

四十面相が口にする「きめんじょう」という言葉にはどんな恐ろしい秘密があるのか。

小林少年の切り札、ポケット小僧の大活躍が始まる。



★巻末エッセイ/寄藤文平


Arikaアイコン(小)1 絵を盗んだ相手に放水とはかなり思い切った手段。

ルパンシリーズの『奇巌城』を彷彿とさせる作品です。

第一部は四十面相の脱獄から始まり、レンブラントの油絵を手中にした四十面相側の勝利で終わります(ただし逆転勝利ですが)。

第二部は,四十面相の隠れ家件私設美術館である「奇面城」が舞台になります。

この「奇面城」という仕掛けが実に少年の心をつかむアイテムです。

いつの時代も、秘密の隠れ家にワクワクする少年の心理は変わらないと思います。

今回は明智探偵相手に結構頑張ったかな二十面相(笑)と思います。そうそう、冒頭で明智探偵が宇宙怪人以来二十面相は大人しくしてるようなことを言ってて混乱したのと、あと四十面相の呼び名が復活してるのも困惑しました。書かれた順に読んでるはずなのにその辺がよくわからないなあ・・・? 

今回はすべてが王道って感じでお約束まみれなのが逆に面白かった。ポケット小僧、大活躍!虎をてなづけてしまえるなんて、何たる才能!と、チンピラ隊、かっこいいと思いつつも、最後、門番の虎が殺されちゃったのが釈然したのもあって、いつの間にか四十面相の味方になって読んでた。 そして巻末エッセイがちょっと笑える。




F03-b104.gif 
■当ブログを「厳選!書籍全般レビューブログ」の1つとして紹介させて頂いております。


■新書・文庫本に関する人気のおすすめ感想ブログ・書評レビューまとめランキングサイト
新書・文庫本マニア

あなたの大好きな新書・文庫本の情報を探してみませんか?

新書・文庫本マニアは、おすすめ情報・感想ブログ・書評レビュー・Twitter・ニュース・Q&Aなど、話題になっている口コミ・記事をまとめた本の人気ランキングサイトです。

様々な切り口から、あなたの大好きな新書・文庫本の情報を探してみませんか?





関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック