FC2ブログ
2021 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2021 05

(気分はいつでも少年探偵団っ♪-19)夜光人間-少年探偵/江戸川乱歩

kage

2014/09/22 (Mon)

9月の特集Book第1弾!
Arika気分はいつでも少年探偵団

夏休みが過ぎた静かになった図書館に行くと子どもの頃に親しんだ全集ものが読みたくなります。夏休みに図書館に通いつめて夢中で読んだ頃を思い出し、懐かしくなるのかもしれません。江戸川乱歩さんの少年探偵団もそのひとつ。表紙のおどろおどろしさに胸を高ぶらせ、仮面の怪人に恐怖し、明智探偵から絶大なる信頼を勝ち取る小林少年を羨んだ日々。だけど悲しいかな、今となってはどれを既読でどれが未読か全く不明です。幸いなことに現在、ポプラ文庫クラッシックのシリーズから、表紙・挿絵もそのままに26巻が刊行されています。毎日1冊ずつ、刊行順にレビューしたいと思いますので、子ども気分に戻って、ちょっと単純で素朴な探偵や変装を楽しみたいと思います。文庫ならではの、巻末エッセイの執筆陣も豪華です♪


アイコンりす今回のBook案内人・・・・Arika

 夜光人間-少年探偵/江戸川乱歩

夜光人間―少年探偵 (ポプラ文庫)夜光人間―少年探偵 (ポプラ文庫)
(2009/09/05)
江戸川 乱歩

商品詳細を見る


「きもだめしの会」を開いた少年探偵団。

ひとだまが出るという噂の不気味な森に入った7人の少年たちは、そこであるおそろしいものと遭遇する。

少年たちが見たのは、宙に浮かんだ銀色に光る首だった!

不気味に光る怪物が、少年たちに迫る!


■もくじ
きもだめしの会 ・・・・・・9
闇に光る顔 ・・・・・・17
夜光怪人 ・・・・・・22
宙に浮く首 ・・・・・・30
墓地の恐怖 ・・・・・・39
魔法の名刺 ・・・・・・48
宙を飛ぶ首 ・・・・・・58
天にのぼる怪人 ・・・・・・68
チンピラ隊の活躍 ・・・・・・73
怪人のおくの手 ・・・・・・81
深夜の客 ・・・・・・90
ビニール仮面 ・・・・・・97
密室の怪人 ・・・・・・103
幽霊怪人 ・・・・・・110
暗闇の待ちぶせ ・・・・・・112
名探偵の危難 ・・・・・・121
ふしぎな家 ・・・・・・130
ふたりの明智小五郎 ・・・・・・135
魔法のたね ・・・・・・142
警官隊 ・・・・・・147
大秘密 ・・・・・・153
あらわれた名探偵 ・・・・・・162
エレベーター ・・・・・・166
白ひげのじいさん ・・・・・・171
天にのぼる怪人 ・・・・・・177
水中の怪光 ・・・・・・183
古井戸の底 ・・・・・・193
おとし穴 ・・・・・・202
土くれの滝 ・・・・・・211
巨人と怪人 ・・・・・・220
鉄格子 ・・・・・・228
網の中 ・・・・・・231

★巻末エッセイ 柳家喬太郎 ・・・・・・240


Arikaアイコン(小)1 「きもだめしの会」って言葉が可愛い❤


普通に盗めばいいのに…(笑)とツッコミ入れてしまうけど、私はそんな四十面相が好き!

少年探偵団や小林少年の前に繰り広げられる今回の怪事件は全身銀色の怪人による窃盗。

少年探偵シリーズを読み続けているとみごとなまでのパターン化なのですが、それを逆手にとって「宇宙怪人の事件で・・」と連続性をアピールしてるのも流石です。

夜光人間の身体はやたらと美しいと書かれているから、二十面相はなかなかいい体つきしてるのを想像させる(服のライン、ほぼ真っ裸だもんね)。

それと、明智探偵不在時の小林君とマユミさんの様子が垣間見れたのが面白かった。

少年探偵団とチンピラ別働隊は、それぞれ違った魅力があるなーと改めて思った。

今回は二十面相もだいぶ善戦したんじゃないでしょうか(笑)途中「風船を使いのが癖になってる」とか言われちゃってましてけどね(笑)犯人も結末も分かり切っているのにこれだけ楽しんで読めるのは凄いですよね~(笑) それでもそのパターンに毎度心躍らせてしまうのはなぜでしょう?



F03-b104.gif 
■当ブログを「厳選!書籍全般レビューブログ」の1つとして紹介させて頂いております。


■新書・文庫本に関する人気のおすすめ感想ブログ・書評レビューまとめランキングサイト
新書・文庫本マニア

あなたの大好きな新書・文庫本の情報を探してみませんか?

新書・文庫本マニアは、おすすめ情報・感想ブログ・書評レビュー・Twitter・ニュース・Q&Aなど、話題になっている口コミ・記事をまとめた本の人気ランキングサイトです。

様々な切り口から、あなたの大好きな新書・文庫本の情報を探してみませんか?





関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック