FC2ブログ
2021 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2021 05

(気分はいつでも少年探偵団っ♪-20)塔上の奇術師-少年探偵/江戸川乱歩

kage

2014/09/23 (Tue)

9月の特集Book第1弾!
Arika気分はいつでも少年探偵団

夏休みが過ぎた静かになった図書館に行くと子どもの頃に親しんだ全集ものが読みたくなります。夏休みに図書館に通いつめて夢中で読んだ頃を思い出し、懐かしくなるのかもしれません。江戸川乱歩さんの少年探偵団もそのひとつ。表紙のおどろおどろしさに胸を高ぶらせ、仮面の怪人に恐怖し、明智探偵から絶大なる信頼を勝ち取る小林少年を羨んだ日々。だけど悲しいかな、今となってはどれを既読でどれが未読か全く不明です。幸いなことに現在、ポプラ文庫クラッシックのシリーズから、表紙・挿絵もそのままに26巻が刊行されています。毎日1冊ずつ、刊行順にレビューしたいと思いますので、子ども気分に戻って、ちょっと単純で素朴な探偵や変装を楽しみたいと思います。文庫ならではの、巻末エッセイの執筆陣も豪華です♪


アイコンりす今回のBook案内人・・・・Arika

 塔上の奇術師-少年探偵/江戸川乱歩

塔上の奇術師―少年探偵 (ポプラ文庫)/ポプラ社

¥583
Amazon.co.jp

明智小五郎の少女助手・花崎マユミの元にスミ子とトシ子の二人が弟子入りを志願する。

ある日三人は、廃墟の西洋館にそびえる時計塔の上に、黒マントをはおった不気味なコウモリ男の姿を発見する。

慌てて逃げ出すマユミ達だったが、それは恐ろしい事件の起こる前ぶれだった。

■もくじ
ふしぎな時計塔 ・・・・・・9
宝石ばこ ・・・・・・21
恐ろしい電話 ・・・・・・28
きみょうなうたがい ・・・・・・36
午後十時 ・・・・・・45
四十面相の変装 ・・・・・・48
小林少年の冒険 ・・・・・・53
ふたりの一郎青年 ・・・・・・61
屋上の怪人 ・・・・・・69
変装から変装へ ・・・・・・75
少女探偵 ・・・・・・79
赤い道化師 ・・・・・・88
地底の穴ぐら ・・・・・・96
かすかな声 ・・・・・・105
金ぴかの部屋 ・・・・・・115
笑う四十面相 ・・・・・・124
探偵犬 ・・・・・・129
大時計の怪 ・・・・・・139
文字ばんの穴 ・・・・・・147
双眼鏡 ・・・・・・153
白い幽霊 ・・・・・・161
6・5・4 ・・・・・・165
3・2・1 ・・・・・・173
時計塔の秘密 ・・・・・・181
恐ろしい手紙 ・・・・・・188
ヨシ子ちゃんの危難 ・・・・・・199
三人のかえだま ・・・・・・209
ヘリコプター ・・・・・・230

★解説 村崎友 ・・・・・・240



Arikaアイコン(小)1 少年探偵団ならぬ少女探偵が出てくるのは少女雑誌に連載されていたから❤

今回は、前半は、四十面相の盗みがいつものごとく鮮やかになされますが、少女探偵「マユミ」らの活躍により失敗に終わります。後半は「時計塔」をベースに大掛かりなトリックが展開され、最後まで四十面相と小林少年たちの一進一退の対決が行われます。

ストーリー展開はもちろんですが少年好みの様々なアイテムがちりばめられており、乱歩先生は少年の心をつかむのがつくづくうまいなと感心します。

今回だと「時計塔」はその最たる物で、それは「秘密基地」・「迷宮」であり、危険なものを垣間見る興奮やあるいはそれをクリアしていく征服感といったものを存分に味わうことができます。また、複雑な歯車で構成された「時計」というメカニカルなモノに、ブラックボックスのような中身のわからないもどかしさを感じます。これが,秘密基地に一層の神秘性を付与して謎解きの面白さとスピード感溢れる作品にまとめています。

しかし、せっかく、こうもり男に化けたのに早々に自分から正体を明かした四十面相はどうかと…

それじゃあ、中村警部お決まりのセリフが使えないじゃないかw あと、パパは大事な物ならもっと金庫の暗号を考えた方がいいのではと…。

今回は少年探偵団ならぬ少女探偵が出てくるのは、少女雑誌に連載されていたからだとか…

当時の乱歩人気がうかがわれるな❤



F03-b104.gif 
■当ブログを「厳選!書籍全般レビューブログ」の1つとして紹介させて頂いております。


■新書・文庫本に関する人気のおすすめ感想ブログ・書評レビューまとめランキングサイト
新書・文庫本マニア

あなたの大好きな新書・文庫本の情報を探してみませんか?

新書・文庫本マニアは、おすすめ情報・感想ブログ・書評レビュー・Twitter・ニュース・Q&Aなど、話題になっている口コミ・記事をまとめた本の人気ランキングサイトです。

様々な切り口から、あなたの大好きな新書・文庫本の情報を探してみませんか?





関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック