FC2ブログ
2019 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2019 12

(2014☆秋)アニメ化された原作・コミック⑤「棺姫のチャイカ/寄生獣/監視官常守朱/四月は君の嘘/俺、ツインテールになります。/山賊の娘ローニャ 」

kage

2014/10/19 (Sun)

img859.jpg

2014年に映画化・ドラマ化・アニメ化のメディアミックス作品をご紹介!!
■2014秋アニメ化された原作・コミック④

・棺姫のチャイカ/榊一郎(著)

・寄生獣/岩明均(著)

・監視官常守朱/三好輝(著)

・四月は君の嘘/新川直司(著)

・俺、ツインテールになります。/ 水沢夢 (著)

・山賊の娘ローニャ /リンドグレーン(著)


放送前にチェックするもよし、見た後でじっくり復習するもよし。

合わせて原作本・コミックを楽しんでください!



ピッコロ夏2013電車3 

*毎週水曜日と金曜日21時30分から一週間のアニメを濃く熱く語るラジオ放送「ピッコロのらじお♪」をチェック!掲示板も設置、リアルタイムで是非DJに突っ込みを入れてください。アニメブロガー達の本音はここでしか聞けない!?
 FC2ブログ「ゲームアニメについてぼそぼそ語る人」

*ラジオはこちらのアドレスをクリックすると再生されます(放送時間のみ)
http://std1.ladio.net:8010/koubow.m3u
水曜日担当の主なDJ陣→ピッコロ(メインDJ)、鳴沢楓(サブDJ)、ゴン、南
金曜日担当の主なDJ陣→ピッコロ(メインDJ)、フォルテ(サブDJ)、鳴沢楓、中谷



ジャンル…ファンタジー
 棺姫のチャイカ/榊一郎(著)

棺姫のチャイカIV: 4 (富士見ファンタジア文庫)棺姫のチャイカIV: 4 (富士見ファンタジア文庫)
(2012/09/01)
榊 一郎、なまにくATK 他

商品詳細を見る


アニメタイトル:棺姫のチャイカ AVENGING BATTLE

最速放送日…2014年10月8日(水)25:05~(TOKYO MX)

■キャスト…安済知佳、間島淳司、原優子、斎藤千和、佐藤健輔、野水伊織、幸田夢波、森嶋秀太、山本和臣、藏合紗恵子、勝沼紀義、ブリドカットセーラ恵美、金尾哲夫、大空直美、村瀬歩、櫻井孝宏

■スタッフ…監督:増井壮一、シリーズ構成:待田堂子、キャラクターデザイン:新井伸浩、コンセプトデザイン・メカニックデザイン:片貝文洋、サブキャラクターデザイン・プロップデザイン:ヒラタリョウ、棄獣デザイン:草彅琢仁、総作画監督:新井伸浩/諏訪真弘、監督補佐:小森高博、美術設定:金平和茂、美術監督:岡本好司、色彩設計:岩沢れい子、撮影監督:福田光、編集:後藤正浩、音響監督:三間雅文、音楽:長岡成貢、音楽制作:フライングドッグ、音楽プロデューサー:佐々木史朗、エグゼクティブプロデューサー:安田猛、プロデューサー:田村淳一郎、アニメーションプロデューサー:渡辺マコト

■原作/原案…原作:榊一郎・なまにくATK「棺姫のチャイカ」(株式会社KADOKAWA 富士見書房 ファンタジア文庫刊)

■制作会社・・・ボンズ

■あらすじ
時に大陸歴1604年。フェルビスト大陸において、実に三世紀にも亘って続いてきた戦国時代は北方の雄ガズ帝国の崩壊を以て終焉を迎えた。投入された兵力は正規の騎士や兵士の他、魔法師(ウィザード)や、乱破師(サバター)、傭兵団を含め実に62万、更に航天要塞3基をはじめとする大量の魔法兵器、棄獣兵団、天竜騎兵隊といった特殊戦力すらもが残らず駆り出され、徹底的に『諸悪の根源』とされたこのガズ帝国を殲滅した。ガズ帝国攻略に際して同盟を結んだ大陸主要6ヵ国は、以後も相互に平和条約を結び、事実上の終戦宣言を行った。ガズ帝国は分割統治され、<禁断皇帝>の持っていた莫大な富は戦後復興の為に同じく分割されて6ヵ国がそれぞれ管理し、有効利用する事となった。ガズ帝国の誇っていた魔法技術も同様である。それは万民の待ち望んだ平和な時代の訪れであった。だが――。戦乱の終わった世界で、希望を枯らし自堕落な生活を送っていた乱破師の青年、トール。食べ物を探して分け入った森で棺かつぐ少女・チャイカと出会い、再び生きる目的を見つけたトールは、チャイカを主と定め、彼女の目的を果たすため、同じく乱破師の義妹・アカリとともに歩き出す。チャイカの目的―それは亡き父、禁断皇帝 アルトゥール・ガズの、分割された遺体を集めること。そんな彼らの遺体集めの旅の途中、チャイカの前に、自分と瓜二つの“チャイカ”を名乗る少女が次々に現れる。紅。蒼。そして白。それぞれの決意を胸に秘め、遺体を求める複数の“チャイカ”たち。誰が本物のチャイカなのか? “チャイカ”とは一体何者なのか? 遺体、そして“チャイカ”を中心として、複雑に絡まり合う謎。すべての遺体が集まったとき、明らかになる真実とは――!?
----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)1アニメで、いずれはガズ皇帝の真実までキッチリ描いてほしい!
「チャイカを信じる」ということを自覚したトールが、紅チャイカの登場で「なぜ(白)チャイカなのか」を再確認する話。これまでもチャイカが複数いるということだったが、ついに別のチャイカが登場。人間って不思議。同じ行動でも許される時と許されない時があるんだね。何より自分でもどうして良いか解らない物を大切にしているみたいだし…。今後も遺体を巡って争うことになりそう。 遺体を確実に集めるためにチャイカが複数存在するのだろうが、本物偽物があるのか?チャイカとはなんなのか?ガズ皇帝は存在したのか?謎ばかりが増えて行く。 今期のアニメがどこまでやるかはわからないけれど、いずれはガズ皇帝の真実までキッチリ描いてほしい。






ジャンル…SF
 寄生獣/岩明均(著)

寄生獣 フルカラー版(1)寄生獣 フルカラー版(1)
(2014/02/21)
岩明均

商品詳細を見る


アニメタイトル:寄生獣 セイの格率

最速放送日…2014年10月8日(水)25:29~(日本テレビ)

■キャスト…平野綾、島崎信長、花澤香菜、沢城みゆき、安野希世乃、前田玲奈、田中敦子、吉野裕行

■スタッフ…監督:清水健一、シリーズ構成:米村正二、キャラクターデザイン:平松禎史、総作画監督:小丸敏之、美術監督:赤井文尚、色彩設計:橋本賢、撮影監督:伏原あかね、CG監督:福士直也、編集:木村佳史子、音楽:Ken Arai、音響監督:山田知明

■原作/原案…原作:岩明均(講談社「アフタヌーン」)

■制作会社・・・マッドハウス

■あらすじ
平凡な高校生である泉新一は、ある日突然地球に飛来してきた「パラサイト」の襲撃を受ける。間一髪で脳への寄生は免れるが、パラサイトは新一の右腕に寄生、同化してしまう。右手にちなんで「ミギー」と自ら名乗るパラサイトと人間の奇妙な共生生活が始まること―。周囲に真実を話すことができず悩んでいた新一だが、やがて新一とミギーは友情に近いものを感じるようになっていく。

しかし、新一とミギーの前には他のパラサイトが現れ始め、次々に人を殺し、また人がパラサイトを殺す事態に発展。新一の幼馴染の同級生・里美にも危険が迫る。

その中で、高校教師として目の前に現れたパラサイトの田宮良子らパラサイトたちにもそれぞれの価値観が生まれ始める。

「われわれはなぜ生まれてきたのか?」

地球を壊し続ける人間たちを淘汰するために生まれてきたというパラサイトたち。そのパラサイトを殺し、生き延びようとする人間たち。

「果たして生き残るべきはどちらなのか?」

それでも、地球を、そして愛する人を守らなければいけない。

ゆらぐ価値観の中で、新一とミギーはパラサイトとの戦いに身を投じていく。
----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)1シンイチとミギーの共存関係や会話がけっこう面白い!
人間の生死観と寄生獣の生死観の食い違いが、哲学好きの私にはグッと来た。生物的な目線と人間的な目線の交錯が手塚治虫が書く作品のような感じがした。原作のコミックスは20年以上前に出版されたものなので、さすがに絵は一昔前の感じだけど、何度読んでも初めて読んだかのように面白い。 内容は、共食い&バトルのグロさで結構衝撃的だけれど新一とミギーの共存関係やその遣り取りが実に面白い!たまにあるコメディ要素も好きです。ミギーは生に対してシンプルで、そこが新一とぶつかってますけど、寄生してることで主人公を気遣わなくてはならない。支配ではなく共生。それがミギーにどう影響してくるのか今後気になる…。 冴えない新一と怖いミギーという印象が読み進むにつれてかっこいい主人公とかわいいミギーになっていく。あんなに残酷なのにミギーが魅力的に見える 、不思議だ!!





ジャンル…SF
 監視官常守朱/三好輝(著)

監視官常守朱 1 (ジャンプコミックス)監視官常守朱 1 (ジャンプコミックス)
(2013/02/04)
サイコパス製作委員会

商品詳細を見る


アニメタイトル:PSYCHO-PASS サイコパス 2

最速放送日…2014年10月9日(木)24:45~(フジテレビ) ※レギュラー放送時間24:50~

■キャスト…花澤香菜、野島健児、佐倉綾音、藤原啓治、櫻井孝宏、伊藤静、沢城みゆき、浅野真澄、井上麻里奈、木村良平

■スタッフ…監督:塩谷直義、シリーズ構成:冲方丁、企画監修:本広克行/虚淵玄、脚本:熊谷純、キャラクターデザイン:浅野恭司、シリーズディレクター:鈴木清崇、総作画監督:浅野恭司/髙田晃、色彩設計:永井留美子、美術監督:松浦隆弘、3D監督:笠永祥文、撮影監督:中村俊介、編集:村上義典、音楽:菅野祐悟、音響監督:岩浪美和

■原作/原案…キャラクター原案:天野明

■制作会社・・・タツノコプロ

■あらすじ
人間の心理状態や性格的傾向を計測し、数値化できるようになった近未来。人々はこの測定値を「PSYCHO-PASS(サイコパス)」の俗称で呼び、その数値を指標として「良き人生」をおくろうと躍起になっていた。犯罪も数値によって対処される。厚生省公安局の刑事たちは、高い犯罪係数を持ち犯罪者の心理に迫る猟犬「執行官」と冷静な判断力で執行官を指揮するエリート「監視官」がチームを組み、包括的生涯福祉支援システム「シビュラシステム」によって解析された犯罪に関する数値「犯罪係数」をもとに、都市の治安を守る。彼らは、数値が規定値を超えた罪を犯す危険性のある犯罪者「潜在犯」を追い、「犯罪係数」を瞬時に測定し断罪する銃「ドミネーター」で執行するのである。「犯罪係数」が正確に解析できない「免罪体質者」槙島聖護の事件を経て、刑事として成長し、シビュラシステムの真実を知るに至った監視官の常守朱は、人間性と法秩序を信じながらもシステムに従い、新たな刑事課一係を率いて日々犯罪に立ち向かっていた。システムを揺るがす怪物が、すぐ目の前まで忍び寄っていることを知らずに──。
----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)1朱の監視官としてどう成長していくのか楽しみです♪
原作の展開に沿いつつも、常守朱視点で再構築した物語、アニメに忠実な作画で面白かった。人間の精神が数値化される世界。そこでは、その数値によって犯罪者が事前に割り出されます。その“潜在犯”を追う刑事たちの物語。緻密でリアリティのある世界観と、スピード感のあるストーリーの流れにぐいぐい引き込まれました。ただ、面白かったという純粋な気持ちと同時に怖さも感じました。全てがシビュラという全能の神みたいな存在に統制されてしまう世界では、ひとの心の自由や温度はどうなってしまうんだろうって深く思う。犯罪を起こしかねない「潜在犯」を抑制するシステムに、仕事も思考も制御される近未来。実行に移す気が無くとも読んでる本の内容に本気で憎しみを覚えるほど同調したり、考え想像すること自体がサイコパスを濁らせるとしたら?私はきっとこの世界の片隅ですら生かしてもらえない気がします。 朱は、きっとその無機質で容赦のないシステムの中で何を感じてるのだろうか…。アニメともノベライズとも微妙に違う展開を含みつつ、分かりやすくなるようにきちんと補足されていて素晴らしかったです。 そして、読後に思ったのが、何でもそう…使うのは人間ってこと(近未来だけど、ここはずっと変わらない部分なんだろうな)。







ジャンル…学園
 四月は君の嘘/新川直司(著)

四月は君の嘘(1) (講談社コミックス月刊マガジン)四月は君の嘘(1) (講談社コミックス月刊マガジン)
(2011/09/16)
新川 直司

商品詳細を見る


アニメタイトル:四月は君の嘘

最速放送日…2014年10月9日(木)25:15~(フジテレビ) ※レギュラー放送時間25:20~

■キャスト…花江夏樹、種田梨沙、佐倉綾音、逢坂良太、早見沙織、梶裕貴

■スタッフ…監督:イシグロキョウヘイ、シリーズ構成・脚本:吉岡たかを、キャラクターデザイン・総作画監督:愛敬由紀子、プロップデザイン:髙田晃、 美術設定:塩澤良憲、美術監督:薄井久代、色彩設計:中島和子、 3Dディレクター:小野竜太、撮影:関谷能弘、編集:三嶋章紀、音響監督:明田川仁、音楽:横山克

■原作/原案…原作:新川直司(講談社「月刊少年マガジン」連載)

■制作会社・・・A-1 Pictures

■あらすじ
母の死をきっかけにピアノが弾けなくなった元天才少年・有馬公生。モノクロームだった彼の日常は、一人のヴァイオリニストとの出逢いから色付き始める。傍若無人、喧嘩上等、でも個性あふれる演奏家・宮園かをり。少女に魅せられた公生は自分の足で14歳の今を走り始める。
----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)1かをりの演奏シーンが気迫があってしびれた!
王道的なボーイミーツガール。音楽ものとしてもわりと王道的なストーリーなのだけれど、演奏者の葛藤や悩みがとても丁寧に描かれている。かをりの「悲しくてもボロボロでもどん底にいても、弾かなきゃダメなの。そうやって私達は生きてゆく人種なの」という言葉が印象的。音楽家に限らず、表現者ってそういう生きものだと思う。かをりちゃんの演奏シーンの気迫にシビレました。こんな強い子がふとした瞬間見せる脆さも良いです。これからどんどん盛り上がっていきそうで楽しみです。




ジャンル…ラブコメ
 俺、ツインテールになります。/ 水沢夢 (著)

俺、ツインテールになります。 (ガガガ文庫)俺、ツインテールになります。 (ガガガ文庫)
(2012/06/19)
水沢 夢

商品詳細を見る


アニメタイトル: 俺、ツインテールになります。

最速放送日…2014年10月9日(木)25:42~(TBS) ※レギュラー放送時間25:46~

■キャスト…島﨑信長 、相坂優歌、赤﨑千夏、内田真礼、上坂すみれ、日笠陽子、五十嵐裕美、M・A・O

■スタッフ…監督:神戸洋行、助監督:喜多幡徹、シリーズ構成:荒川稔久、キャラクターデザイン:森田和明、 アクション監督・エレメリアンデザイン:山根まさひろ、CGワークス:渡辺哲也、設定デザイン:スタジオノイズ、色彩設定:鈴城るみ子、音楽:高梨康治、音響監督:えのもとたかひろ

■原作/原案…原作:水沢夢(小学館「ガガガ文庫」刊)、キャラクター原案:春日歩

■制作会社・・・プロダクションアイムズ

■あらすじ
観束総二は異常なほどツインテールを愛する普通の高校生。ある日、彼の前に異世界から来たという謎の美少女・トゥアールが現れる。それと時を同じくして、総二の住む町に怪人たちが出現! ふははははは! この世界のすべてのツインテールを我らの手にするのだ! 彼らは人々の精神エネルギー『属性力』を糧に生きる異世界人だった。トゥアールから、強力なツインテール属性で起動する装甲『テイルギア』を託された総二は、少女のツインテール戦士・テイルレッドに変身! この日から、テイルレッドと変態たちとの常軌を逸した戦いが始まった!
----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)1そのタイトルに偽りなし、もう全力ツインテールです!
今まで読んだ中で一番ネタに振り切ってた本かな(笑)。日常から戦闘まであらゆるシーンでツインテール。コミカルもシリアスもツインテール。男も女もツインテール!とどこまでもツインテールでツインテールがゲシュタルト崩壊しそうなくらいツインテールでした。初っ端から変態な敵だったり変態な異世界人だったり、とにかく全力で馬鹿やってる感じがたまんないです。そして、この勢いのなかに熱さもしっかりある。この物語の全力のツインテール愛に挿絵も応えていて設定資料まで細かく付いてて、どこまでもツインテールに全力で素晴らしい! やっぱりツインテールって最高だわ(洗脳)。 凄い変化球なのに王道感も漂っていて、敵味方関わらず個性的なキャラ達や突き抜けたツインテール愛が最高に楽しかったです。 ただ、そういうネタ的な感じとは裏腹に、主人公が自分の変態に悩んだり敵も含めて個性が真っ直ぐで、全体的に好印象でした。




ジャンル…ファンタジー
 山賊の娘ローニャ/リンドグレーン(著)

山賊のむすめローニャ (リンドグレーン作品集 (19))山賊のむすめローニャ (リンドグレーン作品集 (19))
(1982/10/15)
リンドグレーン

商品詳細を見る


アニメタイトル:山賊の娘ローニャ

最速放送日…2014年10月11日(土)19:00~(NHK BSプレミアム)

■キャスト…白石晴香、宇山玲加、関貴昭、野沢由香里、佐々木梅治、赤星昇一郎、西凜太朗、小川剛生、杉村憲司、島田岳洋、手塚祐介、姫野惠二、谷昌樹、土井美加、加藤沙織、遠藤ふき子

■スタッフ…監督:宮崎吾朗、シリーズ構成・脚本:川崎ヒロユキ、題字:鈴木敏夫、キャラクターデザイン:近藤勝也、音楽:武部聡志、アニメーションプロデューサー:小林毅/高久美知子、制作統括:有吉伸人/柏木敦子/土橋圭介/太田豊紀、プロデューサー:川上量生、制作協力:スタジオジブリ、制作:NHKエンタープライズ、制作・著作:NHK/ドワンゴ

■原作/原案…原作:「山賊のむすめローニャ」(アストリッド・リンドグレーン 作/大塚勇三 訳)

■制作会社・・・ポリゴン・ピクチュアズ

■あらすじ
物語の舞台は、中世ヨーロッパ風の世界に広がる雄大な森。 主人公の少女・ローニャは、その森の巨大な古城に暮らす山賊マッティスの一人娘として生まれます。父、母、そして山賊仲間たちの愛情を一身に受けながらすくすくと成長したローニャは、ある日、一人で森に出ることを許されます。初めて足を踏み入れた森には、不可思議な生き物たちが棲んでいました。自分の力で、時には両親の助けを借りながら徐々に森で生きる術を学んでいくローニャ。そして、ビルクという名の少年との運命的な出会い・・・。
----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)1山賊という境遇に産まれた子供らの、ある種のロミジュリ的物語。
アニメの為に再読。 不思議な生き物も暮らす森の古城で、山賊の娘として生まれたローニャが、森での冒険や敵対する山賊の息子ビルクとの出会いを通して成長する姿を描きます。 自分達の仕事が人から物を奪う事だと知ったローニャとボルカは家業を継がない決心をする。作者が用意した解決策は…。 子供が成長するとき、親もつられて成長するっていうのかな。マッティスとローニャをみていて、親子といえども互いに人間として尊重しあえるようになるのが理想的だなぁと感じました。 子供らもだが、山賊ながら大人たちの純粋さも心に響く。自然や死を描きつつ、誰もが繰り返しの中で成長していくことを思わせる。
関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック