FC2ブログ
2020 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2020 12

(初心者向け「百合アニメ」のススメ・13)『青い花 Sweet Blue Flowers』

kage

2014/10/05 (Sun)

■百合男子・うさタクと腐・百合女子・Arikaの同企画レビュー!!
Arikaうさたく本3d4

-初心者向け『百合アニメ』のススメ・13-青い花

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


■百合レビュー奇数ナンバー担当

Arikaうさたく5s


僕は、少女同士の恋愛を主に描いた百合に萌えてしまう百合男子なのである。

『我れ思う、故に百合あり! だが、そこに我、必要無し。』

訳:百合が好きだ!! しかしそこに男である自分は存在しない・・・いや、してはならない!!

男である僕はその場に不必要な存在だというのに、女の子同士がイチャイチャしてるのを見ると胸が熱くなり、こっそりと近くで女の子たちを観察したいという矛盾した好奇心を抱えている。

どうして百合に惹かれてしまうかは自分でも不可解な謎!?

この企画は、「百合」というジャンルに少し興味があるけれど、「何から見ればいいかワカンネ」という百合初心者向けに僕とArika嬢がお勧めする百合物件(アニメ・漫画・ゲーム・小説など)を毎回交互でレビュー。




↑プチって押して頂けると励みになります。



あらすじA09-c013.gif

江ノ電沿線の女子高「松岡女子高等学校」に入学した万城目ふみは、入学式の日に同じく江ノ電沿線のお嬢様学校「藤が谷女学院」に入学した幼なじみの奥平あきらと10年ぶりに再会し、2人は一緒に登校するようになる。その頃のふみは交際していた従姉の花城千津が結婚したために沈んでいたが、文芸部の部室で先輩の杉本恭己と出会い、付き合いはじめる


概要A09-c013.gif

『青い花』は、志村貴子による日本の漫画作品。『マンガ・エロティクス・エフ』(太田出版)30号(2004年11月17日発売)から82号(2013年7月6日発売)まで連載。

江ノ電沿線など、鎌倉とその周辺が舞台。それぞれ別の女子高に通う2人の主人公を軸に、女性同士の恋愛と友情が描かれている。タイトルは、ノヴァーリスの小説『青い花』に由来する。

本作では、ふたりの主人公を取り巻く女性同士の人間関係や恋模様とともに、男女間の恋愛や恋心も描かれている。これについて作者は「女の子同士の恋愛だけに特化すると、女の子同士の恋愛が単なるファンタジーになってしまいそうなので、男女の恋愛も含めて描いた」という旨を語っている。また作者は前作『どうにかなる日々』でレズビアンの話を描いていてとても楽しかったことが創作のきっかけになったと明かしており、『マリア様がみてる』に負けない百合作品にしたいとも語っている。ただし本作は『マリア様がみてる』とは異なり、女性間の性愛というテーマを正面から扱っている。一部に女性同士の肉体関係を示唆する描写があるが、『どうにかなる日々』にあったような直接的な性描写は避けられている。

志村の作品は作中での出来事を必ずしも明示せずに行間で読ませる部分が大きく、本作をアニメ化する際のシナリオ会議でも台詞の解釈がたびたび問題となった。



百合的おススメポイントA09-c013.gif

青い花 Blu-ray BOX青い花 Blu-ray BOX
(2013/09/06)
高部あい、儀武ゆう子 他

商品詳細を見る


「もし私の好きな人が女の子だったらどうする?」

少女たちの揺れる心情を描く、繊細で上質な恋物語「青い花」。

藤が谷女学院と松岡女子高等学校。

幼馴染のあーちゃんとの再開により始まるストーリー。

それぞれ別の学校に通う2人の主人公を軸に、とても繊細で丁寧な恋愛、友情、恋心を本作は描いています。

少女たちの揺れな心情をリリカルで繊細なタッチで描くドラマに百合男子も胸キュン

青春、少女の悩み…そういったのが好きな人はぜひ見てほしい。

当時漫画連載中でしたが、単行本1〜3巻に当たるあきら・ふみ・杉本先輩の関係を、原作より若干ふみ寄りの視点で、アニメオリジナルシーンも加え丁寧にまとめて上げています。

数々のシーンの表現力の豊かさ、主題歌や音楽まで素晴らしく、原作未読の方でも、原作をご存じの方でも、本作のアニメーションをご視聴された多くの方の心に、何かを残すことが出来る素晴らしい作品だと思います。

カサヰケンイチ監督、シリーズ構成は高山文彦氏、キャラクターデザイン・総作画監督は音地正行氏、アニメーション制作はJ.C.STAFFが担当した名作。

原作のほうは素晴らしい最終回を迎えていて、アニメの最終回も美しい終わりだったのだけれど、原作ファンとしてはあの最後がアニメでも見たいと願うし、あわよくば、あきらとふみの踏み込んだ関係が描かれる単行本4巻以降が2期で制作されてくれれば……と思ってしまうのは欲張りでしょうか?




【放送情報】
平成21年度(第13回)文化庁メディア芸術祭審査委員会推薦作品アニメーション部門/長編(劇場公開・テレビアニメ・OVA)に選ばれている。

【メインキャスト】
松岡女子高等学校
万城目 ふみ(まんじょうめ ふみ)声 - 高部あい
本作の主人公。11月21日生、蠍座、身長171cm、血液型はA型。ニックネームはふみちゃん。長身の美少女[6]で、眼鏡をかけている。性格はおとなしく、泣き虫で悩みがちである。

杉本 恭己(すぎもと やすこ)声 - 石松千恵美
7月5日生、蟹座、身長173cm、血液型はA型。中学時代は藤が谷女学院中等部に在籍。ふみの2学年上の先輩。高校2年になったとき、藤が谷から松岡に編入した。藤が谷に通っていた3人の姉がおり、恭己とあわせて杉本四姉妹と呼ばれる。優等生でスポーツもでき、女子に人気がある。

本厚木 洋子(ほんあつぎ ようこ)声 - 矢作紗友里
身長159cm。ニックネームはポンちゃん。ふみの同級生。演劇部所属。足は速いほうで、体育祭のリレーの選手に選ばれたこともある。明るく物怖じしない性格。肩で切りそろえたボブヘアが特徴。同じ演劇部の美和、美沙子とは中学時代からの友人であり、三人組のリーダー的存在。

茂木 美和(もてぎ みわ)声 - 豊崎愛生
身長155cm。ニックネームはモギー。ふみの同級生。演劇部所属。ふみの繋がりであきらと知り合い、あきらの兄の忍を好きになって告白し交際を開始した。おっとりした性格で、ふわふわした髪が特徴。

安田 美沙子(やすだ みさこ)声 - 井口裕香
身長157cm。ニックネームはやっさん。ふみの同級生。演劇部所属。さばさばした性格で、演劇部の部長を務めている。太い眉毛にくせ毛のショートヘアが特徴。涙もろい一面があり、2年次には同好会に格下げになってしまった演劇部の現状を嘆く事もしばしばだった。

上野 佳織(うえの かおり)声 - 沖佳苗
恭己の同級生で友人。文芸部部長。


藤が谷女学院高等部
奥平 あきら(おくだいら あきら)声 - 儀武ゆう子
本作のもう1人の主人公。4月16日生、牡羊座、身長154cm、血液型はO型。ニックネームはあーちゃん。藤が谷高等部には外部から入学した。ふみの幼馴染で親友。演劇部所属で、同じく演劇部所属の京子と親しい。幼少時はふみよりも少し背が高かったが、現在は同年代の女の子の中でも飛び抜けて小柄である。抜けているところもあるがわりとしっかり者で、落ち込みやすいふみの相談相手になっている。最初はふみと恭己の恋を応援していたが、二人の破局の後にふみに告白されて付き合うことになる。三年生に進級する前にふみと肉体関係を結ぶに至った。また、三年次に演劇部の部長に選出されている。

井汲 京子(いくみ きょうこ)声 - 堀江由衣
12月22日生、山羊座、身長158cm、血液型はAB型。あきらの同級生。演劇部所属。高等部1年の時にあきらの隣の席であったことから友人となる。幼なじみの康が許嫁になっているが、中等部の頃から恭己が好きで、報われない恋に思い悩んでいる。

川崎 文子(かわさき あやこ)声 - 小野涼子
身長164cm。あきらの2学年上の先輩。演劇部員で演劇祭の演目「嵐が丘」でキャサリンを演じる。

三浦 香織(みうら かおり)声 - 中村知子
身長164cm。あきらの2学年上の先輩。演劇部部長。

各務 正則(かがみ まさのり)声 - 浜田賢二
30歳、身長176cm。藤が谷女学院高等部の演劇部顧問。恭己を「図書館の君」と呼んだ人。杉本四姉妹の次女の和佐と結婚する。


【アニメデーター】
タイプ: TVアニメ
タグ: 恋愛
監督 : カサヰケンイチ
シリーズ構成 : 高山文彦
キャラクターデザイン・総作画監督 :音地正行
アニメーション制作: J.C.STAFF
放送期間 :2009年7月~9月
話数 :11話
関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック