FC2ブログ
2020 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2020 07

(2014☆秋)9月16~30日までに映画化される原作・コミック[劇場版[零(ゼロ)」「マザー」「アキラNo.2」]

kage

2014/09/13 (Sat)

Arika映画2014年9月タイトル

2014年に映画化・ドラマ化・アニメ化のメディアミックス作品をご紹介!!
 ■ 映 画 化 作 品(9月1日~15日に全国公開)

9月26日公開
・劇場版 零 ゼロ

9月27日公開
・マザー
・幻肢
・アキラNo.2



映画公開前にチェックするもよし、見た後でじっくり復習するもよし。

合わせて原作本・コミックを楽しんでください!






 劇場版 零 ゼロ 【9月26日公開】

零 ~ゼロ~ 女の子だけがかかる呪い (角川ホラー文庫)零 ~ゼロ~ 女の子だけがかかる呪い (角川ホラー文庫)
(2014/09/01)
大塚 英志

商品詳細を見る


■内容紹介
美しいアヤ。森鴎外訳『ハムレット』の中の詩「オフィーリアの歌」を読む彼女に、誰もが恋をした。そう、ミチも。そんなアヤがある日、姿を消した。女生徒たちは、消えた彼女に導かれるように、真夜中にアヤの写真にキスし、次々と消えてゆく。ミチはアヤの幽霊から「私の呪いを解いて」というメッセージを受け取るが―。これは神隠しなのか、それともアヤがかけた呪いなのか。女の子だけにかかる呪い、その正体とは。
----------------------------------------------------------------------------------------
■原作の感想
----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)1この度ホラーゲームシリーズの「零」がメディアミックスとして小説化。零は和風ならではの怖さと切なさで人気が高いです。「零~zero」は、兄を追って氷室邸へ行き、様々な怨霊と遭遇し、怨霊の記憶を読んで話を把握し兄を助けるのが目的。「紅い蝶(眞紅の蝶)」は、双子が地図から消えた村に迷いこみ、儀式が失敗して永遠に夜が明けないことを知る。その儀式は双子による、姉が妹を●す儀式。儀式をせずに村を出るのが目的だが、二人揃って帰ることはかなわなかった。「零~刺青の聲」ではこれが公式endでした。というふうにエンディングを見たらダークで切ないのが零の醍醐味だと思います。小説版「零」は、最初ちょッと入り込めなくて、まッたくペ-ジが進まなかッたケド‥途中からはスルスル読めた。でも怖くはなかッたし、ホラ-なのかミステリなのか微妙…・ホラーの分類されてますが、私はあまり怖いという印象は受けませんでした。 ちょっと、怖いのが読んでみたいという人には向いていると思います。 ホラーというよりは、悲しい物語だと思いました。 閉鎖的な空間で生きている少女たち特有の感じでした。 ゲームとは全く別の新しいストーリーなので、 ゲームから切り離して読んで下さい!私の様に百合バッチコイ!!な人ならかって楽しめる範囲かも!?・・・最後に唖然としました。




■監督 ・・・安里麻里

■キャスト
アヤ(中条あやみ)
ミチ(森川葵)
リサ(小島藤子)
イツキ(美山加恋)
カスミ(山谷花純)
ワカ(萩原みのり)




 マザー 【9月27日公開】

マザー (小学館文庫)マザー (小学館文庫)
(2014/08/05)
涌井 学、楳図 かずお 他

商品詳細を見る


■内容紹介

漫画家・楳図かずお初監督作品のノベライズ

漫画家・楳図かずおのもとに、出版社から彼の生い立ちを本にしたいという企画が持ち込まれる。上司の編集長に連れられてやってきた担当編集者の若草さくらは、かねてから楳図かずおの大ファンで、この企画は彼女自身が熱望するものでもあった。さくらは取材で楳図から話を聞くうちに、楳図かずおの創作の原点にはすでに亡くなっている彼の母・イチエの存在が大きく影を落としていることに気づく。彼の生まれ故郷を訪ね、さらに詳しく楳図の生い立ちを調べるさくらだったが、彼女のまわりで次々と怪異現象が起こる。そして、楳図の母・イチエの葬式の参列者の写真の中に、イチエ自身の姿が写っていることを発見する。楳図の母にまつわる恐ろしい事実、そして死んだはずの彼女の怨念が底知れない恐怖を巻き起こすのだった……。
恐怖漫画の巨匠・楳図かずお氏が77歳にして初めて監督した話題の映画を完全ノベライズ。主人公は「楳図かずお」自身。彼と彼の母をめぐる物語が、すさまじい戦慄と恐怖を巻き起こしながら、胸に迫るせつない結末へと導いてく。
----------------------------------------------------------------------------------------
■原作の感想
----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)1怪奇漫画家としての楳図かずおの原点は、その母イチエに在ると考えた編集者若草さくらは、楳図イチエの生家を訪ね奈良の寒村へ行く。ソコで見たものは・・・・。タイトルといい、楳図かずお原案といいい、物語の主人公は、なんと「楳図かずお」!! 読んでみよう、と読んだら途中ではやめられない。まんま楳図恐怖マンガじゃん?怖ぇ~(。>д<)楳図ファンの私としては楳図漫画の色々な作品を思わせる場面やモチーフが散りばめられているので楽しめたが、ファンの方以外はどうなんだろう?というのが、このノベライズ版の正直な感想。小説は一気に読めたけど、ホラーは決して得意じゃないけど、映画はやはりこれは観に行かねば、かしらと迷い中…?




■監督・・・楳図かずお

■キャスト
楳図かずお(片岡愛之助
若草さくら(舞羽美海)
楳図イチエ (真行寺君枝)
中川翔子





  幻肢【9月27日公開】

幻肢幻肢
(2014/08/28)
島田 荘司

商品詳細を見る


■内容紹介
映画版とは男女が逆転したオリジナル・ストーリー。

医大生・糸永遥は交通事故で大怪我をし、一過性全健忘により記憶を失った。治療の結果、記憶は回復していくが、事故当時の状況だけがどうしても思い出せない。不安と焦燥で鬱病を発症し自殺未遂を起こした遥は、治療のためTMSを受けるが、治療直後から恋人・雅人の幻を見るようになり…。
----------------------------------------------------------------------------------------
■原作の感想
----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)1映画原作といっても厳密には違う。映画の脚本が出来上がったのちに、主役の男女を入れ替えて書かれたものである。映画の方は、監督と島田氏で脚本を仕上げたとのこと、すなわち、島田100%ではないということみたいです。最後にどーんとひっくり返されるか?と思ったけど想定範囲内に着地…だったのがちょっと残念だった。ただ、脳の働きと幻肢のメカニズムに関する話はわかりやすく、非常に興味深く読めたし、幻肢や幽霊の説明が、100%脳だけで説明できるのかどうかはわからないとは思うが(特に幽霊の方はね)、一つの仮説としてはなかなか興味深かったです。 また、ソメイヨシノの捉え方はいかにも島田荘司っぽくてゾクゾクした。映画版は男女が逆だそうで、そこに興味をそそられたが、名前が同じだからかもしれないが、読んでいるあいだずっと、頭の中では雅人が堺雅人さんで再現されていた(笑)




■監督…島田荘司

■キャスト
雅人 (吉木遼)
遥 (谷村美月)
遠藤雄弥
宮川一朗太
佐野史郎




 アキラNo.2 【9月27日公開】

アキラNo.2 1 (ヤングキングコミックス)アキラNo.2 1 (ヤングキングコミックス)
(2013/01/29)
奥嶋 ひろまさ

商品詳細を見る


■内容紹介
陸山高校の絶対的ナンバー2の矢沢アキラ。
破天荒な「上司」の陰で狙うはナンバー1の座!?ヘタレ&強面?ヤンキー中間管理職的新感覚青春グラフィティ!
----------------------------------------------------------------------------------------
■原作の感想
----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)1むちゃんこクソバカ強い不良にピッタリくっついてナンバー1の座を虎視眈々と狙うナンバー2、アキラくんの苦労の日々を描く新世紀ヤンキーギャグ漫画。No.2のアキラくんのいじましい努力に泣き笑い。端から見ているとただの世話焼き女房だよ、アキラくん……。漫画好きが「うわーっ」と喜ぶオマージュやリスペクトネタがちらほら添えられクスリとしてしまう。こういう遊びがあるのは楽しいよね。作者さんは漫画が本当に好きなんだろうなぁw♪ 絵はとても上手いし殴り合いのシーンは正しすぎるほど正統派ヤンキー漫画。オススメ。




■監督・・・吉村典久

■キャスト
矢沢アキラ (小澤亮太)
隣野ツトム (城戸康裕)
降野真澄<ブッチ> (福山翔大)
藤春涼次<ジェシー>(五十嵐麻朝)
矢沢ナナ(橋本マナミ)


関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック