FC2ブログ
2019 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2019 12

2014年秋、月曜ドラマ『信長協奏曲』

kage

2014/12/22 (Mon)

Arikaシネマ2014b4

★10月13日スタート 

フジテレビ系毎週月曜 午後9:00~午後9:54(初回は午後9:00~午後10:24)

 信長協奏曲



----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:石井あゆみ「信長協奏曲」(小学館ゲッサン少年サンデーコミックス)/脚本:西田征史/演出:松山博昭/演出:金井紘/演出:林徹/プロデューサー:村瀬健/プロデューサー:羽鳥健一

主題歌:Mr.Children「足音 ~Be Strong」

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
•サブロー(小栗旬)
現代から戦国時代にタイムスリップした高校生。弱小大名にすぎなかった織田家の若武者たちと共に天下統一を目指す。

•帰蝶(柴咲コウ)
織田信長の正室。美濃を治める戦国大名・斎藤道三の娘。織田家と斎藤家の和睦のために嫁いだので、信長とは不仲。織田家内で孤立している。

•池田恒興(向井理)
織田信長が最も信頼を寄せる筆頭家臣。信長の父である織田信秀の家臣・池田恒利の子で、恒興の母が信長の乳母であったため、信長とは乳兄弟でもある。

•伝次郎(山田孝之)
織田信長と敵対する今川義元の間者。馬の世話係として織田家に潜り込み、信長の前では、気に入られようとして笑顔を絶やさないが、実は彼への激しい敵対心を燃やしている。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
人気SF戦国コミックをドラマ化! 小栗旬が一人二役で信長を熱演する!
漫画家・石井あゆみによる同名コミックのドラマ化。テレビアニメ、連続ドラマ、実写劇場版として展開する、フジテレビ開局55周年記念プロジェクトの一つとして制作される。連続ドラマは、戦国武将・織田信長が、現代からタイムスリップした普通の高校生・サブローだったという設定のもと、サブローが成り変わる織田信長をはじめ、妻・帰蝶、信長と兄弟同然に育った池田恒興、さらには羽柴秀吉、徳川家康ら戦乱の世を生き抜いた人々の生きざまをドラマチックに描く。連続ドラマ版と劇場版で主演を務めるのは小栗旬。主人公のサブローと、サブローが出会う本物の織田信長の一人二役を演じる。


----------------------------------------------------------------------------------------
【10月8日更新】
■あらすじ(第1話 10/13放送 ※午後9:00~午後10:24)
----------------------------------------------------------------------------------------
告白がうまくいきそうにないと感じて逃げ出したサブロー(小栗旬)は、勉強が苦手で‘逃げ癖’のある高校生。そんなサブローが修学旅行でやって来た時代村で高い塀から足を滑らせて戦国時代へとタイムスリップし、自分とうり二つの信長(小栗=2役)と出会う。信長から身代わりを頼まれたサブローは、訳が分からないまま家臣の恒興(向井理)らに迎えられ、信長の弟・信行(柳楽優弥)との跡目争いに巻き込まれていく。

----------------------------------------------------------------------------------------
【10月15日更新】
■ あらすじ(第2話 10/20放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
「美濃のマムシ」と恐れられる帰蝶(柴咲コウ)の父・道三(西田敏行)から会見の申し出があり、サブロー(小栗旬)はタイムスリップしてきた時の制服を着て会見の場へ。すると人払いした道三は、警察官の制服を着てサブローに見せ、タイムスリップしてから30年もたつと明かす。サブローは驚きつつも仲間との出会いを喜ぶ。だが、サブローが信長の偽物だと知った道三は織田家を見限り、帰蝶に信玄のめかけになるよう命じる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【10月22日更新】
■ あらすじ(第3話 10/27放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
今川家の大軍が数日中に尾張に攻め込んでくることが判明した。対する織田家は兵力が足らず、家臣たちは真っ向勝負派と籠城派に分かれて大論争。今川家の間者である藤吉郎(山田孝之)が動向を探る中、怖くなったサブロー(小栗旬)は城から逃げ出す。事態を知った恒興(向井理)が犬千代(藤ヶ谷太輔)らを捜索に差し向ける中、サブローは今川領の村に迷い込み、お春(前田敦子)ら村人たちが戦に苦しめられていることを知る。


----------------------------------------------------------------------------------------
【10月29日更新】
■ あらすじ(第4話 11/3放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
家康(濱田岳)が織田家と同盟を結ぶためやって来た。歴史オンチでも家康の名前ぐらい知っていたサブロー(小栗旬)は、彼が歴史に名を残す大物だと称賛。感激した家康は一生信長についていくと誓う。一方、サブローと会った信長の妹・市(水原希子)は、入れ替わりに気付かず、兄が明るくなったと喜ぶ。そんな中、美濃の天才軍師・半兵衛(藤木直人)が信長に仕えたいと申し出て、織田家内部に裏切り者がいると告発する。


----------------------------------------------------------------------------------------
【11月9日更新】
■ あらすじ(第5話 11/10放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
本物の信長(小栗旬)がサブロー(小栗=2役)と間違えられ、居城に連れて行かれた。そのまま軍議が開かれ、半兵衛(藤木直人)は上洛(じょうらく)に邪魔な浅井家と同盟を結ぶため、長政(高橋一生)への市(水原希子)の輿(こし)入れを進言。信長は承諾するが、市と親しい恒興(向井理)は複雑だ。一方、城を去った信長と入れ替わりに戻ったサブローは市の‘政略結婚’に大反対し、輿入れ抜きで同盟を結べるよう奔走する。


----------------------------------------------------------------------------------------
【11月17日更新】
■ あらすじ(第6話 11/17放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
覆面をかぶった本物の信長(小栗旬)が光秀の名で家臣に加わり、義昭(堀部圭亮)を擁立しての上洛(じょうらく)を提案。面倒な作法を嫌がるサブロー(小栗=2役)の代わりに光秀が信長として帝との対面を済ませ、義昭が征夷大将軍に。有頂天の義昭はサブローを副将軍にしようと言うが、サブローは戦のない世の中をつくるため、自分が天下を取ると宣言してしまう。そんな中、武将・松永(古田新太)が乗り込んでくる。


----------------------------------------------------------------------------------------
【11月24日更新】
■ あらすじ(第7話 11/24放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
サブロー(小栗旬)は命からがら城門まで逃げ帰った。だが、出迎えた帰蝶(柴咲コウ)の目の前で、サブローは何者かに鉄砲で撃たれてしまう。その暗殺者は、朝倉の間者であるゆき(夏帆)だった。恒興(向井理)は殿を守ることができなかった自分を責める。一方、意識不明のサブローを懸命に看病する帰蝶の姿を見たゆきは苦悩する。そんな中、半兵衛(藤木直人)は、藤吉郎(山田孝之)の行動を怪しみつつ、浅井・朝倉を撃つ策を練る。


----------------------------------------------------------------------------------------
【12月1日更新】
■ あらすじ(第8話 12/1放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
同盟を申し入れに来た松永(古田新太)から民の声を聞くよう言われたサブロー(小栗旬)は、帰蝶(柴咲コウ)を連れて城下町に行き、自由な商売を禁じる「座」の存在を知る。藤吉郎(山田孝之)の活躍により、サブローは「座」の撤廃と関所の廃止を決定。藤吉郎は、その褒美として「羽柴秀吉」に改名したいと申し出る。一方、息子の勝蔵(北村匠海)に立派な姿を見せたい森(森下能幸)は、宇佐山での町づくりを任され張り切る。


----------------------------------------------------------------------------------------
【12月8日更新】
■ あらすじ(第9話 12/8放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
領内でのキリスト教布教を許可したサブロー(小栗旬)は、クリスマスパーティーをすることを思い立ち、帰蝶(柴咲コウ)にそれを話す。そんな中、武田が織田討伐に乗り出した。サブローは家臣たちから‘甲斐の虎’と恐れられる信玄率いる武田騎馬隊の恐ろしさを聞き、震え上がる。食い止めようとした家康(濱田岳)は全く歯が立たず、松永(古田新太)にも援軍を断られたサブローは、鉄砲を頼みに立ち向かおうとするが…。


----------------------------------------------------------------------------------------
【12月15日更新】
■ あらすじ(第10話 12/15放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
光秀こと本物の信長(小栗旬)が断行した延暦寺焼き討ち。サブロー(小栗=2役)は家臣たちの前で、焼き討ちは間違いだったと謝罪する。急に考えを変えた主君をいぶかしむ恒興(向井理)は、光秀が座っていた場所で信長の扇を見つけ、光秀を詰問。光秀から入れ替わりの事実を聞かされた恒興は、サブローも光秀も許すことができず、苦悩する。一方、半兵衛(藤木直人)が警戒する中、秀吉(山田孝之)は新たな計略をめぐらせ…。


----------------------------------------------------------------------------------------
【12月22日更新】
■ あらすじ(第11話 12/22放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
サブロー(小栗旬)が信長(小栗=2役)ではないと知った恒興(向井理)は、彼に対し織田家から出て行くように言い渡す。明智光秀と名乗り織田家に仕えていた本物の信長とサブローは…。





関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック