FC2ブログ
2020 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2020 07

2014年秋、火曜ドラマ『すべてがFになる』

kage

2014/12/23 (Tue)

Arikaシネマ2014b4

★10月21日スタート 

 フジテレビ系毎週火曜 午後9:00~午後9:54

 すべてがFになる

すべてがFになる THE PERFECT INSIDER S&MすべてがFになる THE PERFECT INSIDER S&M
(2012/09/28)
森博嗣

商品詳細を見る


----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:森博嗣「すべてがFになる」ほか(講談社文庫)/脚本:黒岩勉/脚本:小山正太/演出:城宝秀則/プロデューサー:小椋久雄

主題歌:ゲスの極み乙女。「デジタルモグラ」

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
•西之園萌絵(武井咲)
資産家の娘で世間知らずながら、抜群の瞬発力と発想力、驚異的な計算能力を持った理系女子。

•犀川創平(綾野剛)
神南大工学部建築学科の准教授。変わり者でズボラな性格だが、天才的な分析力と考察力の持ち主。

•真賀田四季(早見あかり)
“人類のうちで最も神に近い”と言われている天才プログラマー。14歳の時に両親が殺害され、その罪に問われるが心神喪失状態と判断され無罪に。以降、15年間孤島にある真賀田研究所の地下に閉じこもり、人前には姿を現さない。

•西之園捷輔(吉田鋼太郎)
萌絵の叔父で、父親代わりのような存在。神奈川県警本部長で、事件解決に挑む萌絵のことを心配している。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
武井咲と綾野剛がW主演! 4年ぶりの共演で師弟コンビに!
武井咲と綾野剛のW主演で、天才的頭脳の持ち主が起こした密室殺人事件の謎に挑むサイエンスミステリー。綾野にとって、今作が民放連続ドラマ初主演となる。理系頭脳を持つ“リケジョ”の女子大生・西之園萌絵(武井)と准教授・犀川創平(綾野)の師弟コンビが、不可解な事件に隠された巧妙なトリックや張り巡らされたわなを鮮やかに解いていく。原作は、森博嗣による累計350万部のベストセラー。同名作から始まる「S&Mシリーズ」の「冷たい密室と博士たち」を皮切りに、一連のエピソードを2話完結の形で映像化する。



----------------------------------------------------------------------------------------
 【10月15日更新】
■ あらすじ(第1話 10/21放送 ※午後10:00~午後11:09)
----------------------------------------------------------------------------------------
神南大学工学部3年生の萌絵(武井咲)は、ゼミの指導教官で准教授・犀川(綾野剛)に同行して、極地環境研究センターを訪ねる。目的は土木工学の第一人者・木熊教授(平田満)の実験を見学することだったが、萌絵はそれよりも同センターで起きた神隠し事件に興味があった。2年前、木熊ゼミの幹事が突然姿を消してしまったのだ。実験見学後、センター内の密室で今度は木熊ゼミのゼミ生の男女2人が刺殺体で見つかる。


----------------------------------------------------------------------------------------
 【10月22日更新】
■ あらすじ(第2話 10/28放送 )
----------------------------------------------------------------------------------------
極地環境研究センターに潜入した萌絵(武井咲)は、遺体で見つかった増田のパソコンを調べ、「shika」というファイルを見つける。だが、何者かに低温実験室に閉じ込められてしまう。間一髪、駆け付けた犀川(綾野剛)に救出されるが、萌絵がデータをコピーしたUSBは持ち去られ、増田のパソコンも壊されていた。翌朝、出張から戻った助教の市ノ瀬(市川由衣)が、センター内で木熊教授(平田満)の遺体を見つける。


Arika注目1h

2話までの感想としてはイマイチでしたね。

第1話ではまだ謎解き部分に入っていなかったので、その部分に期待はあったのですが・・・。

引っかかったのは、謎解きしてるときの西之園萌絵のキャラだったり、演技的な部分での微妙さ…。

第3話はどんな事件が起こるのかの導入部分になりますが、ここが面白ければ、解決するときも面白くなるかなと思うので、いちおうは期待して見てみようかと思います。


----------------------------------------------------------------------------------------
 【11月4日更新】
■ あらすじ(第3話 11/3放送 )
----------------------------------------------------------------------------------------
50年前の殺人事件に興味を抱いた萌絵(武井咲)は、犀川(綾野剛)と歴史的建造物の調査の名目で現場の香山家を訪ねる。当主が他殺体で見つかったのは密室の蔵だった。萌絵は、遺体のそばに置かれていた家宝を見たいが、現当主・林水(横内正)の妻・フミ(真野響子)に断られてしまう。諦めきれない萌絵が、林水の娘・マリモ(原田夏希)に頼み込み、香山家を再訪すると、蔵には大量の血痕があり、林水が姿を消していた。


Arika注目1h

感想としてはうーん・・・。

原作は面白いし、内容もドラマとして面白くなりそうなのですが、なぜか謎解きの部分があっけらかんとして面白くないんですよね。

すべてがFになるは謎解き部分が重要なのに、そこが面白くないのはちょっと問題かも。

題材は面白いと思うので、演出など含めて改善していけば面白くなる可能性はあるのかなとは思います。


----------------------------------------------------------------------------------------
 【11月5日更新】
■ あらすじ(第4話 11/11放送 )
----------------------------------------------------------------------------------------
萌絵(武井咲)は姿を消したマリモ(原田夏希)が父親の林水(横内正)を殺害したのではと疑う。しかしマリモが犯人だとすると、蔵の鍵が内側から掛けられていたことと矛盾してしまう。一方の犀川(綾野剛)は現場の蔵に手の込んだ改築が施されていることに気付く。そんな中、古井戸の中で林水の息子・多可志(高橋洋)が、蔵の中では手首を切ったマリモが倒れているのが見つかる。マリモのそばには例の家宝が置かれていた。


----------------------------------------------------------------------------------------
 【11月18日更新】
■ あらすじ(第5話 11/18放送 ※午後9:30~午後10:24)
----------------------------------------------------------------------------------------
犀川(綾野剛)らはゼミ旅行で真賀田研究所がある孤島を訪問。世界最高の頭脳を持つ真賀田博士(早見あかり)は、14歳の時に両親を殺害してから15年、この研究所の一室で外界との接触を絶って研究に没頭している。犀川と萌絵(武井咲)が研究所に見学に行くと、真賀田の部屋から緊急コールが入ったとスタッフが大騒ぎに。数分後、部屋の扉が開き、真賀田が出てきた。だがそれは、自動運搬車に乗せられた真賀田の遺体だった。

----------------------------------------------------------------------------------------
 【11月25日更新】
■ あらすじ(第6話 11/25放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
犀川(綾野剛)は、真賀田博士(早見あかり)と新藤所長(冨家規政)を殺した犯人は内部の人間で、まだ研究所の中に潜んでいると推測。一方、遺体発見時のエレベーターの停止位置に着目した萌絵(武井咲)は、所長の妻・裕見子(藤吉久美子)の犯行を疑う。2人は、完全密室の博士の部屋に犯人が出入りした方法を考える。そんな中、メーンコンピューターシステムの切り替えを指示した副所長の山根(利重剛)が他殺体で見つかる。

----------------------------------------------------------------------------------------
 【12月2日更新】
■ あらすじ(第7話 12/2放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
萌絵(武井咲)のいとこの人気作家・大御坊(小松和重)が主催する模型のイベント会場で殺人事件が発生。密室状態の控室で頭部を切断されたモデルの明日香(山川紗弥)の遺体が見つかり、そばにはモデラーの寺林(山本耕史)が頭を殴られ倒れていた。会場には同級生の大御坊に会いに、犀川(綾野剛)と喜多(小澤征悦)も居合わせる。そんな中、寺林が社会人大学院生として在籍する大学の研究室でも殺人事件が起きていたと分かる。


----------------------------------------------------------------------------------------
 【12月9日更新】
■ あらすじ(第8話 12/9放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
萌絵(武井咲)は、殺された妹・明日香(山川紗弥)の等身大フィギュアを制作していた紀世都(中島歩)が犯人ではと疑う。一方の犀川(綾野剛)は、犯人の本当の狙いは明日香の頭部ではなかったのではないかと考える。そんな中、萌絵に明日香の頭部の置かれた場所を暗示する紀世都からの手紙が届く。さらに警察が容疑者として監視する寺林(山本耕史)から萌絵に連絡が入る。寺林も紀世都のメッセージを受け取ったという。

----------------------------------------------------------------------------------------
 【12月16日更新】
■ あらすじ(第9話 12/16放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
前回の事件から1年後。卒論を完成させた萌絵(武井咲)は犀川(綾野剛)ゼミの旅行の行き先を「ユーロパーク」に決める。パークを運営するのはIT企業の経営者で天才といわれる理生哉(城田優)で、亡き両親が決めた萌絵の婚約者だった。皆より先にパークに到着した萌絵が案内されたホテルの部屋には、萌絵の死を暗示するメモが置かれていた。さらに萌絵は1カ月ほど前に施設内で不可解な殺人事件があったことを知る。


----------------------------------------------------------------------------------------
 【12月23日更新】
■ あらすじ(第10話 12/23放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
ホテルの部屋で目覚めた萌絵(武井咲)は、真賀田(早見あかり)との面会が夢と現実のどちらだったのか区別がつかない。犀川(綾野剛)は、萌絵から真賀田と会ったと聞き、行動に出る。萌絵は、ナノクラフトの社長・理生哉(城田優)が施設内で真賀田をかくまっていると確信し、刑事の芝池(小林隆)と共に理生哉を問い詰めるが、相手にされない。


関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック