FC2ブログ
2020 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2020 07

2014年秋、木曜ドラマ『ビンタ!~弁護士事務員ミノワが愛で解決します~』

kage

2014/12/18 (Thu)

Arikaシネマ2014b4

★10月2日スタート 

日本テレビ系毎週木曜 午後11:59~深夜0:54

 ビンタ!~弁護士事務員ミノワが愛で解決します~




----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:小川圭「特攻事務員ミノワ」 (講談社) /脚本:大石哲也/演出:国本雅広/プロデューサー:木谷俊樹/プロデューサー:中間利彦/プロデューサー:宮川晶

主題歌:Flower「秋風のアンサー」

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
•箕輪(ミノワ)文太(松本利夫)
若い頃にやんちゃの限りを尽くしていた暴走族の元総長。中学卒業後も定職に就かず、違法スレスレの何でも屋をしていた。頭もよくないが、強い愛と正義感に溢れている。

•高田夏美(山口紗弥加)
ミノワを採用した工藤洋平法律事務所に勤める聡明で冷静沈着な弁護士。正義感よりも、弁論能力や法に関する探究心を生かしたいという思いから、弁護士を目指した。恋愛に対する興味も薄く、彼氏もいない。

•大津吾郎(石黒英雄)
もんじゃ焼き屋の跡取り息子で、ミノワの舎弟。幼い頃からミノワに振り回されてきたが、彼を心の底から尊敬しており、10年ぶりの帰郷を誰よりも喜んでいる。

•箕輪カナ(原菜乃華)
ミノワの異母兄妹。放蕩者だった父に苦労させられたせいか、年齢の割に大人びていて現実的。大人の嘘を見抜く聡明さも持ち合わせており、簡単には心を開こうとしない。「めんどくさい」が口癖。

•工藤洋平(西村雅彦)
工藤洋平法律事務所のオーナー。表向きは紳士的かつ知的なナイスミドルだが、裏の顔は傲慢でプライドが高く、勝つためには手段を選ばない冷酷な一面も持っている。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
EXILEの松本利夫がビンタをお見舞い!? 弁護士事務員の活躍を描く法律ドラマ!
EXILE・松本利夫の連続ドラマ初主演作。人気漫画を基にしたリーガルストーリーで、暴走族の総長だった過去を持つ、破天荒な法律事務所の事務員・箕輪文太を演じる。物語は、学歴と教養はないが、男気と愛に溢れた箕輪と、彼の教育係を任された美人弁護士・高田夏美(山口紗弥加)のコンビの活躍を軸に展開。遺産相続や離婚、ヤミ金融などのトラブルを、異色コンビが豪快に解決していく。また、本作の大きな見どころになるのが“ビンタ”。毎回、箕輪が依頼人や更生させたい人物に本気のビンタをお見舞いする。

----------------------------------------------------------------------------------------
【10月1日更新】
■ あらすじ(第1話 10/2放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
定職がない30歳のミノワ(松本利夫)は元暴走族総長。母の死後、故郷を離れていたが、父の死を知らされ10年ぶりに帰郷し、9歳の異母妹・カナ(原菜乃華)の存在を知る。カナから、仕事も学歴もない人間に将来は託せないと言われたミノワは一念発起し、夏美(山口紗弥加)のいる弁護士事務所に事務員として就職。早速、遺産相続でもめる兄・健一(袴田吉彦)と妹・玲奈(酒井美紀)の案件で、醜い言い争いを目の当たりにして…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【10月8日更新】
■ あらすじ(第2話 10/9放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
夏美(山口紗弥加)が工藤(西村雅彦)の事務所を辞め、独立。ミノワ(松本利夫)は夏美の下で働くことになる。そんな中、夏美のかつての依頼人・長澤(岡田義徳)がやって来て、DNA鑑定の結果、5歳の息子・裕希(五十嵐陽向)が自分の子ではないと判明したため妻の絵里子(紺野まひる)と離婚したいと相談する。その一方、離婚を拒んでいる絵里子も、工藤を弁護人に立てて応戦。浮気ではなく、見知らぬ男に乱暴されたと主張し始める。

----------------------------------------------------------------------------------------
【10月15日更新】
■ あらすじ(第3話 10/16放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
ヤミ金融業者の取り立てにおびえる未歩(谷村美月)が夏美(山口紗弥加)の事務所にやって来た。化粧もせず地味な服装の未歩を見て同情したミノワ(松本利夫)に促された夏美は、早速、ヤミ金融に連絡を入れて、「利息制限法違反」にあたるので未歩の借金は払わないと通告。さらに、事務所への嫌がらせを開始したその業者を業務妨害で告訴する。そんな中、未歩がヤミ金から借金しては逃げる‘借りパク’の常習犯と判明して…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【10月22日更新】
■ あらすじ(第4話 10/23放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
カナ(原菜乃華)の担任の増田(菅谷哲也)が夏美(山口紗弥加)の事務所を訪れ、クラスの美月(畑芽育)の母・薫子(七瀬なつみ)に担任を交代させられそうだと相談する。薫子は工藤(西村雅彦)と共に学校に現れ、美月の不登校は増田の体罰やセクハラが原因と訴えていた。夏美は事実確認のためミノワ(松本利夫)を学校に送り込むが、ミノワは運動会の種目決めで薫子とけんかになる。


----------------------------------------------------------------------------------------
【10月29日更新】
■ あらすじ(第5話 10/30放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
秋野(東根作寿英)と不倫中の絵美(黒坂真美)は、秋野の妻・多香子(櫻井淳子)から慰謝料200万円を請求され、夏美(山口紗弥加)の事務所に相談に来る。多香子は工藤(西村雅彦)に相談しており、不倫の証拠をつかんでいた。秋野との結婚を望む絵美に対し、秋野は妻とはセックスレスだが離婚はしたくないと告白。ミノワ(松本利夫)は、身勝手な秋野をビンタしようとするが…。


----------------------------------------------------------------------------------------
【11月5日更新】
■ あらすじ(第6話 11/6放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
夏美(山口紗弥加)の高校時代の同級生で医師の律子(ちすん)が事務所を訪れる。律子は年下の研修医・圭介(馬場徹)と婚約したが、母の早苗(根岸季衣)に大反対されていた。早苗につけ回され困り果てた律子は、夏美に母を説得してほしいと依頼。夏美とミノワ(松本利夫)は早速、早苗を訪ねるが、娘に誰よりも幸せになってほしいと言う早苗にミノワが同調し、説得ができない。


----------------------------------------------------------------------------------------
【11月13日更新】
■ あらすじ(第7話 11/13放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
隣家の幸恵(音月桂)とのトラブルに悩む真知子(三浦理恵子)が相談に来た。1年前に夫と娘と共に引っ越してきた真知子は、隣から伸びた木の枝を切ったことが発端で嫌がらせを受けるようになったという。だが、夏美(山口紗弥加)とミノワ(松本利夫)に対し嫌がらせを否定した幸恵は、自分こそ被害者だと反論。幸恵の嫌がらせの証拠を押さえるため、ミノワは張り込みを決行する。


----------------------------------------------------------------------------------------
【11月20日更新】
■ あらすじ(第8話 11/20放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
婚約破棄の慰謝料を請求したいと結衣(村川絵梨)が夏美(山口紗弥加)に相談に来た。相手の男はミノワ(松本利夫)の後輩・吾郎(石黒英雄)で、ミノワは激怒。しかし吾郎の話では、婚約はしていないという。結衣は弁護士を工藤(西村雅彦)に変え、夏美は吾郎を弁護することに。慰謝料の請求は500万円で、工藤は結衣や吾郎の友人からの証言を婚約の証拠として出してくる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【11月27日更新】
■ あらすじ(第9話 11/27放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
ミノワ(松本利夫)が書店の店長・酒井(升毅)と口論の末、階段から転落し負傷。口を閉ざすミノワに代わり、夏美(山口紗弥加)がその書店を訪れると、入り口に目元を隠したミノワの写真が張られ「万引き犯」と書いてあった。監視カメラの映像などを見た夏美は、状況証拠ばかりで犯人とは決められないと反論。だが、高校生・聡(瀬戸利樹)がミノワの万引きを見たと証言する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【12月3日更新】
■ あらすじ(第10話 12/4放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
家族がテーマの絵画コンクールで、小学1年の歩は祖母・礼子(朝加真由美)に頼まれて彼女の絵を描き、賞を取る。だが、礼子による過干渉が原因で、歩の母・沙織(柴本幸)は泣いていた。母が悲しむ姿を見た歩は、商店街に張り出された礼子の絵を破ろうとするが、行き合わせたミノワ(松本利夫)がそれを止め、夏美(山口紗弥加)の元に連れて行く。歩は母と祖母を仲良くさせたいと望むが、沙織は離婚の決意を固めていて…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【12月11日更新】
■ あらすじ(第11話 12/11放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
‘一人カラオケ’を楽しむ女子高生の愛子の部屋に酔った大学生・一馬(前田公輝)らが乱入。一馬はナンパを拒否した愛子に暴力を振るって全治1カ月の重傷を負わせ、しかも大企業の社長の息子である一馬の身代わりに別人が捕まっていた。夏美(山口紗弥加)とミノワ(松本利夫)は、一馬の犯行を証明しようと息巻く。そんな中、カナ(原菜乃華)を養女にほしいという人物が現れ…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【12月18日更新】
■ あらすじ(第12話 12/18放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
夏美(山口紗弥加)は逮捕されたミノワ(松本利夫)を何とか救おうと奔走する。そんな中、カナ(原菜乃華)を養女に望む小野田(葛山信吾)の妻・美佐子(石田ひかり)の病状が悪化。病院にいるカナに会った夏美は、ミノワからの伝言として、ミノワがいない間は小野田の世話になれと告げる。一方のミノワは、警察から脱走してしまう。そのころ、工藤(西村雅彦)は依頼主である一馬(前田公輝)の態度に腹を立て、夏美にあるものを見せる。




関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック