FC2ブログ
2020 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2020 07

ゾンビ映画感染拡大中!1950年代のゾンビ=悪の意志を持つ者の下部の進化系…★Arika

kage

2014/10/24 (Fri)

『怖い映画』企画第1弾『ゾンビ』

ゾンビ2a3

これまで低予算B級ホラーの代名詞のように語られがちだったゾンビ映画。

しかし、近年は終末世界を描くSF要素とブレンドされ、一大人気ジャンルとして確立された感があります。

ゾンビ映画に興味あるけど、いっぱいありすぎてどれを見てよいのかわからない!

単にゾンビ映画といっても色々な種類があります。

名作ゾンビホラーだけでなくゾンビコメディーまで様々なゾンビ映画を年代別にご紹介!!

ポイントさえ押さえておけば、ゾンビ好きを公言しても大丈夫かも!? 



■1950年代

1950年代のゾンビ=悪の意志を持つ者の下部の進化系


ゾンビ=生きる屍の時代。1950年代までのホラー映画では脇役の脇役であり、基本的に死んだ肉体だから操り人形であり、またまた、ゾンビは自ら動き出した訳では無く、主役であるドラキュラや悪魔!生身の人間だとしても黒魔術!を勉強して扱う事が出来るようになった黒魔術師や女性なら魔女がご主人様となって扱うだけの存在。言わば、これが1950年代のゾンビ=悪の組織なり、悪の意志を持つ者の下部の進化系なのかもしれません!

ゾンビは土葬された腐れかけた肉体だから、賞味期限が圧倒的に少なく、しかも汚いし、凄い腐敗臭だと思う。

1950年代までのゾンビは、ただ死んだ人間が動き出し、悪のご主人様の言う通り従い、攻撃対象にゆっくりとした動作で近付き、子供の喧嘩の様な!ひっかく?噛む?髪を引っ張る?

そして、エスカレートして生身の人間を食べ始めるんですが、それさえも1950年代ゾンビは、悪の御主人に「止め!」なんて指令が出たらピタリ止める。だから、ハッキリ言って戦力にならない、または墓場の近くでの正義の主人公との戦いにだけしか使用できないような、そんな使い勝手の悪いゾンビ下部として扱われる「生きる屍」の時代でした。


成層圏のゾンビ団(52年)

火星は太陽から離れすぎであり、その生態が死にかけている。 火星の侵略者は、火星が太陽に近くなるように、地球の火星 '軌道を入れ替えたい。 彼らが使用してこれを行うことを計画して水爆地球科学者から盗まれた計画を。 のように、月からのレーダー男性 (これも1952年発売)、ダースのチャプターのそれぞれの画面の時間のほとんどは、盗むために英雄とNarabと彼の地球外の同僚MAREX雇わ詐欺のギャングの間fistfightsとカーチェイスに費やされているとの建設のために必要な原子物資備蓄水爆を 。 最終的には火星のプロットは、彼の仲間スーデイビス、ボブ·ウィルソンによって助けロケットマンラリーマーティン、の努力のおかげで失敗します。

ZOMBIES OF THE STRATOSPHEREZOMBIES OF THE STRATOSPHERE
(2009/10/20)
不明

商品詳細を見る


製作年::1952(日本劇場未公開)
邦題/原題:成層圏のゾンビ団/Zombies of the Stratosphere
製作国:アメリカ
監督:フレッド・C・ブラノン Fred C. Brannon

出演: ジャド・ホールドレン/アリーン・タウン/ウィルソン・ウッド/レイン・ブラッドフォード等




ゾンビッド ティーンエイジ・ゾンビの恐怖(59年)

レッジ、ジュリー、スキッパ、パムは水上スキーで秘密の小島に上陸する。そこで若者4人が出会ったのは謎の女に操られるゾンビ達だった!!
4人は一旦は逃げるが、謎の女のお気入りのゾンビ・イヴァンに捕まり、地下牢に監禁される。
その頃、町ではモリーとドッディが4人の帰りを待っているが、いつまで経っても戻って来ない。困った2人は保安官に相談し、探索を始めるが・・・。
まさか、陰謀を企てる科学者の恐怖の計画に巻き込まれるとは、ティーンエイジ達には知る由もなかった。

ゾンビッド ティーンエイジ・ゾンビの恐怖 [DVD]ゾンビッド ティーンエイジ・ゾンビの恐怖 [DVD]
(2008/04/11)
ドン・サリヴァン、キャサリン・ビクター 他

商品詳細を見る


製作年::1959
邦題/原題:ブードゥリアン/I Walked with a Zombie
製作国:アメリカ
監督:ジェリー・ウォーレン
出演:ドン・サリヴァン/キャサリン・ビクター/スティーブ・コンテ/J.L.D.モリソン

ティーンエイジとゾンビという変わった組み合わせの作品だが、実は米国では人気の高いカルト作品。何故そこまで人気を呼んだのか映画をご覧頂けると御理解頂けると思いますが、ごく普通の日常描写にまったく反比例のホラー描写を見事にミックスさせたその手腕は見事としかいい様がありません。
しかしそれもそのはず、監督は「ヒマラヤの雪男」(1955)、「Frankenstein Island」(1981・日本未公開)等、一風変わったホラーを撮らせると右に出る者がいないジェリー・ウォーレン。主演のレッジ役に「大蜥蜴の怪」(1959)でも主役を務めたドン・サリヴァン等、超カルトな面々が繰り広げる本格的ゾンビ・ムービー。






プラン9・フロム・アウタースペース(59年)

1959年に製作されたアメリカ映画。上映時間79分。監督・脚本・製作エドワード・D・ウッド・Jr.。

物語のナレーター、クリズウェルの予言から始まる。クリズウェルは未来への注意を呼びかけ、「あの運命の日に何が起こったか」を語りだす。 アメリカン・フライト812のパイロット、ジェフ・トレント(グレゴリー・ウォルコット)は飛行中に突如強風に煽られる。外を見るとそこには「この世のものとは思えない」空飛ぶ円盤が出現していた。

一方で、ひとりの老人(ベラ・ルゴシ)の妻の葬式のあと、二人の墓掘り人夫が奇妙な音を聞いた。墓を出ようとしたそのとき、死んだはずの女性が歩いているのに出会ってしまう。 その後、妻を亡くした老人も(おそらく)交通事故によって死亡してしまう。なぜか地下墓地に埋葬された老人の葬式の帰りに、参列客が二人の墓掘り人夫の死体を発見し、ダニエル・クレイ警視(トー・ジョンソン)の率いる警察が現場に到着した。クレイ警視もまた死者に襲われる。


Plan 9 From Outer Space [Italian Edition]/Vampira,Tor Johnson,Bela Lugosi

¥価格不明
Amazon.co.jp

製作年::1959
邦題/原題:プラン9・フロム・アウタースペース/Plan 9 from Outer Space
製作国:アメリカ
監督:エド・ウッド
出演:グレゴリー・ウォルコット/モナ・マッキノン/デューク・ムーア

深夜テレビで繰り返し放送され、一部でカルト的な人気を得ることとなった。やがて1976年に『ゴールデン・ターキー・アワード』という本の中で「史上最低の映画」として紹介され、ティム・バートン監督の映画『エド・ウッド』で脚光を浴びることとなった。
関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック