FC2ブログ
2019 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2019 12

2014年、大河ドラマ『大河ドラマ「軍師官兵衛」』

kage

2014/12/21 (Sun)

Arikaシネマ2014b4

★1月5日スタート 

NHK総合毎週日曜 午後8:00~午後8:45(初回は午後8:00~午後9:00)

 大河ドラマ「軍師官兵衛」


----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:前川洋一/演出:田中健二/演出:本木一博/演出:大原拓/制作統括:中村高志/プロデューサー:勝田夏子

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
•黒田官兵衛(岡田准一)
秀吉を支えた天才軍師。播磨国の地方領主・黒田職隆の子。大国に挟まれ翻弄されながらも、先見の明から織田信長に従属し、信長亡きあとは秀吉の天下取りを支える。しかし、天下人になった秀吉からは「次の天下を狙う男」として警戒され、隠居する。関ヶ原の戦いでは、混乱に乗じて天下を狙う最後の大勝負に出る。

•光(中谷美紀)
官兵衛の最愛の妻。快活な性格で、戦で留守がちな夫に代わり、女主人として城を守る。固い絆で結ばれた官兵衛は生涯側室を持たなかった。人質に出した嫡男を殺されそうになるなど、乱世に翻弄される。

•竹中半兵衛(谷原章介)
秀吉の最初の軍師。官兵衛と共に「両兵衛」と呼ばれ、官兵衛の師であり盟友。秀吉の立身出世を支えるが、やがて病に伏してしまう。

•黒田長政(松坂桃李)
官兵衛の嫡男。幼名は松寿丸。人質に出されていたが、勇猛な武将に成長する。しかし、父に認められようとするあまり、次第に屈折した感情を抱くようになる。初代福岡藩主。

•織田信長(江口洋介)
戦国の覇者。尾張国(愛知県)の大名から天下統一を狙う。そのカリスマ性に官兵衛も惹かれるが、本能寺の変で家臣の明智光秀に討たれ、非業の死をとげる。

•小寺政職(片岡鶴太郎)
播磨国(兵庫県)の大名。官兵衛の最初の主君。優柔不断な性格で、己の保身を図るために官兵衛を裏切り、窮地に追いやる。

•おね(黒木瞳)
秀吉の妻。人質として預かった官兵衛の嫡男・松寿丸(黒田長政)を育てるなど、面倒見の良い性格から周囲に慕われる。天下人となり、邪推の塊となった秀吉から官兵衛を守ろうとする。

•羽柴(豊臣)秀吉(竹中直人)
官兵衛が支えた天下人。農民の身から信長に仕え、関白の地位まで登り詰める。官兵衛と兄弟の契りを交わし、無二の存在となるが、天下を獲った後はその類まれな才能を恐れるようになる。

•黒田職隆(柴田恭兵)
官兵衛の父。目薬売りの身から小寺家に仕えた父・重隆とともに、粉骨砕身の働きで姫路城を任される重臣に取り立てられる。家督を譲ってからは、官兵衛のよき補佐役として活躍する。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
岡田准一演じる天才軍師・黒田官兵衛が乱世を生き抜く
アイドルグループ・V6の岡田准一が、戦国時代の天才軍師・黒田官兵衛を演じる大河ドラマ「軍師官兵衛」。生涯50数度の合戦で一度も負けを知らなかった官兵衛は、「人は殺すよりも使え」と巧みな弁舌と軍略で豊臣秀吉を支えた冷徹な軍師。戦国の世にあって、信長、秀吉、家康に重用されるも才能ゆえに恐れられるが、乱世を見事に生き抜き、九州・福岡藩52万石の礎を築いた生涯を描く。愛妻・光(てる)を中谷美紀、秀吉の最初の軍師・竹中半兵衛を谷原章介、官兵衛の最初の主君・小寺政職を片岡鶴太郎、秀吉の妻・おねを黒木瞳、官兵衛の父・職隆を柴田恭兵が演じる。脚本は、ドラマ「氷壁」「OUT」などで知られる前川洋一氏が手掛ける。


----------------------------------------------------------------------------------------
■ あらすじ(第1話 1/5放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
天正18(1590)年、小田原。天下統一を目前にした豊臣秀吉の大軍が最後の敵、小田原城を包囲していた。死を覚悟で抵抗する敵を降伏に導いたのは、軍師・官兵衛の捨て身の説得だった。さかのぼって永禄元(1558)年、播磨国。姫路城主の嫡男・万吉(後の官兵衛=若山耀人)は好奇心旺盛な少年だった。父・職隆(柴田恭兵)は、主君である小寺政職(片岡鶴太郎)の領地を守るため日々奮戦していたが、宿敵である赤松家から裏切りを誘う調略の手が伸び始める。そんな中、万吉は病弱な母・いわ(戸田菜穂)の薬草を摘みに赤松領内に入ってしまう。万吉を迎えに向かった職隆は、再び赤松(団時朗)に裏切りを誘われる。時を同じくして、木下藤吉郎(竹中直人)は、織田信長(江口洋介)と運命の出会いを果たす。


----------------------------------------------------------------------------------------
■ あらすじ(第2話 1/12放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
元服した官兵衛(岡田准一)は小寺政職(片岡鶴太郎)の近習となり、供の武兵衛(永井大)を連れて出仕する。だが、官兵衛は左京進(金子ノブアキ)らからばかにされ、よそ者扱いされてしまう。翌年、龍野の赤松政秀(団時朗)が兵を挙げて攻め込み、官兵衛は初陣の時を迎える。本陣で左京進は政職に先鋒(せんぽう)を申し出て、官兵衛に戦がどういうものか教えるという。しかし、敵の陽動作戦を官兵衛が見抜き、勝利する。そんな官兵衛に農民出身の善助(浜田岳)という青年が突然、仕官を願い出る。宿敵・赤松家の脅威が去らぬ中、黒田家と同盟国の間に政略結婚の話が持ち上がり、官兵衛の幼なじみ・おたつ(南沢奈央)が花嫁に選ばれる。互いを思いながら引き裂かれてしまう官兵衛とおたつ。婚礼の日、悲劇が幕を開ける。


----------------------------------------------------------------------------------------
■ あらすじ(第3話 1/19放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
政略結婚の宴席を宿敵・赤松家が急襲し、おたつ(南沢奈央)は官兵衛(岡田准一)の腕の中で息絶えた。怒りと絶望のあまり復讐(ふくしゅう)心に駆られる官兵衛だったが、祖父・重隆(竜雷太)が「命の使い方を考えろ」と諭す。ふさぎ込む息子を見かねた職隆(柴田恭兵)は、官兵衛を武兵衛(永井大)、善助(浜田岳)と共に堺へ鉄砲の買い付けの旅に送り出す。その道中、官兵衛らは山賊に襲われるが、荒木村重(田中哲司)という浪人に助けられる。先進商業都市・堺を村重に案内された官兵衛が見たものは、さまざまな商店が立ち並んでにぎわい、道には商人や南蛮人たちが行き交う活気にあふれた街だった。官兵衛らはその様子に驚く。村重は官兵衛に堺の豪商・今井宗久(小西博之)を紹介して去っていく。


----------------------------------------------------------------------------------------
■ あらすじ(第4話 1/26放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
永禄10(1567)年。室町幕府再興を狙う足利義秋(義昭=吹越満)が、各大名に助力を求める書状を書き送っていた。その書状が御着の政職(片岡鶴太郎)の元に届く。しかし、同じ書状は職隆(柴田恭兵)の元にも届いており、政職は思案する。下克上の世にあって、官兵衛(岡田准一)の主君・政職は正室・お紺(高岡早紀)との間に生まれた嫡男の将来を考え始める。外様の職隆ではなく、子飼いの優秀な家臣・官兵衛を重用するため、縁戚である左京亮(益岡徹)の娘・力(酒井若菜)と政略結婚させようとするが、官兵衛が先に出会ったのは妹の光(中谷美紀)だった。しかし、兄の左京進(金子ノブアキ)は、官兵衛へ力を嫁がせることに大反対。また、力も嫌だと自害しようとする。すると光は、自分が官兵衛に嫁ぐと言う。


----------------------------------------------------------------------------------------
■ あらすじ(第5話 2/2放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
家督を継いだ官兵衛(岡田准一)は、光(中谷美紀)との間に嫡男・松寿丸(後の黒田長政)をもうけた。武兵衛(永井大)も侍女のお国(中川翔子)と恋仲になり、黒田家には穏やかな時が流れていた。一方、織田信長(江口洋介)はついに上洛(じょうらく)を果たす。次期室町幕府将軍・足利義昭(吹越満)を守護するというのが大義名分だった。そして永禄11(1568)年10月、義昭は第15代将軍に就任する。ご満悦の義昭が信長を副将軍に任じようとするが、信長は断り、代わりに堺、大津、草津に代官を置くことを願い出る。また藤吉郎(竹中直人)は、天才軍師・竹中半兵衛(谷原章介)を陣営に引き入れる。そんな中、黒田の宿敵・赤松政秀(団時朗)が兵を挙げるが、官兵衛の奇襲に敗退。しかしひと月後、再び赤松軍が大軍を率いて姫路を襲う。


----------------------------------------------------------------------------------------
【2月5日更新】
■ あらすじ(第6話 2/9放送 午後7:15~午後8:00)
----------------------------------------------------------------------------------------
赤松との合戦で多くの犠牲を出した黒田家に新たな家臣が集まる。荒くれ者の太兵衛(速水もこみち)がしばしば問題を起こす中、官兵衛(岡田准一)は善助(浜田岳)に家中をまとめるよう命じる。そして官兵衛は、善助と太兵衛に義兄弟の契りを交わさせる。また、叔父の休夢(隆大介)は、光(中谷美紀)に2人目ができないことを暗にほのめかす。悩んだ光は官兵衛に側室を持ち子どもをつくることを勧めるが、官兵衛は仕事が山積みだと聞き入れない。一方、信長(江口洋介)は義昭(吹越満)が挙兵するよう仕向け、これを追放し、権力を天下に示す。荒木村重(田中哲司)も信長に服従したと聞いた官兵衛は、摂津の国主に任じられた村重と再会。うたげの席で官兵衛は村重の妻・だし(桐谷美玲)と出会う。


----------------------------------------------------------------------------------------
【2月12日更新】
■ あらすじ(第7話 2/16放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
官兵衛(岡田准一)の元を毛利家の使者・安国寺恵瓊(山路和弘)が訪れる。東から領土を広げる新興の織田信長(江口洋介)と、西国の雄・毛利家が播磨で激突するのも、今や時間の問題だった。天正元(1573)年、信長は4年以上続いた浅井・朝倉との戦いに勝利。信長は藤吉郎(竹中直人)の功績に褒美として、名を羽柴秀吉と改め北近江を与える。そんな中、官兵衛は親が亡くなった少年・又兵衛(川口和宥)を引き取り、光(中谷美紀)に面倒を見るよう頼む。天正3(1575)年、小寺政職(片岡鶴太郎)は大評定を招集。織田に付くか毛利に付くか、生き残りを懸けた激論の中、官兵衛は左京進(金子ノブアキ)ら守旧派を説き伏せて小寺家を織田帰順へと導く。官兵衛は信長に謁見(えっけん)するため、岐阜へ向かう。


----------------------------------------------------------------------------------------
【2月19日更新】
■ あらすじ(第8話 2/23放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
官兵衛(岡田准一)は小寺家の使者として岐阜城を訪れ、信長(江口洋介)に謁見(えっけん)した。明智光秀(春風亭小朝)ら織田家の重臣たちが居並び、信長の鋭い視線にさらされる中、官兵衛は必死の思いで播磨攻略法を説く。その弁舌を気に入った信長は官兵衛に「圧切(へしきり)」という名刀を授け、播磨攻めの総大将として秀吉(竹中直人)を紹介する。気さくな秀吉は官兵衛を長浜城に連れていく。一方、御着に毛利の調略の手が入っているのに気が付いた職隆(柴田恭兵)は、光(中谷美紀)に政職(片岡鶴太郎)の急所である妻・お紺(高岡早紀)に口添えするよう命じた。そして政職は、織田に付くことを決意する。そんな中、官兵衛は秀吉から妻・おね(黒木瞳)や石田三成(田中圭)ら家臣と引き合わされる。


----------------------------------------------------------------------------------------
【2月26日更新】
■ あらすじ(第9話 3/2放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
秀吉(竹中直人)と意気投合した官兵衛(岡田准一)は、ついに竹中半兵衛(谷原章介)と出会う。希代の軍師との出会いに心を躍らせたのもつかの間、半兵衛に挑発され、主君・政職(片岡鶴太郎)の小寺家、その敵である赤松・別所の播磨三家を信長(江口洋介)に拝謁(はいえつ)させると約束してしまう。それは官兵衛の力量を試す半兵衛の試験だった。早速、三家の説得に乗り出す官兵衛だが、肝心の政職が尻込みして、なかなか実現しない。官兵衛は職隆(柴田恭兵)を差し向け、政職を説得するが、政職はかたくなに拒否する。そんな時、秀吉からの書状が届く。10月の信長の上洛(じょうらく)に合わせ、京に上るようにと記されており、拝謁の日が迫る。職隆は、政職が官兵衛は小寺家より織田家の方を大事にしていると思い、焼きもちを焼いていると指摘する。困り果てる官兵衛だが、そこへ村重(田中哲司)の大軍が姫路に押し寄せる。


----------------------------------------------------------------------------------------
【3月5日更新】
■ あらすじ(第10話 3/9放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
西国の雄・毛利がついに動いた。信長(江口洋介)に追放された元将軍・義昭(吹越満)や石山本願寺と大規模な信長包囲網を構築、5千の大軍で姫路近くの英賀(あが)の浦に襲来する。迎え撃つ小寺・黒田の手勢はわずか。また、家中・領内の本願寺門徒も敵に回すこととなる。官兵衛(岡田准一)、職隆(柴田恭兵)は必死の奇策で何とか敵を撃退するが、毛利の知将・小早川隆景(鶴見辰吾)にとって、この戦は小手調べにすぎなかった。一方、石山本願寺を包囲していた信長も門徒たちの猛攻に苦しんでいた。信長はわずかな手勢を率いて、自ら戦場に打って出た。官兵衛の勝利は信長の元に届く。半兵衛(谷原章介)は、毛利が播磨へ兵を出したのは本願寺との示し合わせに違いないと信長に告げる。


----------------------------------------------------------------------------------------
【3月12日更新】
■ あらすじ(第11話 3/16放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
秀吉(竹中直人)の兵が播磨へ向かったと聞き、官兵衛(岡田准一)は喜ぶ。だが信長(江口洋介)は、勢いを増す反信長同盟に対抗するため播磨出兵の延期を命じる。このままでは一度なびいた播磨の大名が離反してしまうと焦る官兵衛に、半兵衛(谷原章介)は希代の悪人・宇喜多直家(陣内孝則)を調略するよう命じ、官兵衛は東奔西走することになる。直家と対面した官兵衛は、うたげの席で織田と通じていた内藤平八郎が毒を盛られ絶命したのを目の当たりにする。そして直家は織田には付かないと言う。また官兵衛は村重(田中哲司)の元で、キリシタン大名・高山右近(生田斗真)と出会う。そんな中、北国攻めに駆り出されていた秀吉が信長に無断で帰国し、切腹の危機に追いやられる。


----------------------------------------------------------------------------------------
【3月19日更新】
■ あらすじ(第12話 3/23放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
ようやく秀吉(竹中直人)の播磨出兵が決まり、官兵衛(岡田准一)は胸をなでおろす。それに先立ち信長(江口洋介)は、播磨諸将に人質を差し出すよう命じる。小寺家からは政職(片岡鶴太郎)の嫡男・斎(相沢侑我)を出すはずが、体が弱く寝込んでおり、日延べを繰り返すうちに期日が過ぎてしまう。苦境に立たされた官兵衛は自らの一粒種・松寿丸(若山耀人)を差し出す決意をするが、光(中谷美紀)は猛反対する。そんな中、松寿丸は祖父・職隆(柴田恭兵)から、父・官兵衛が幼いころ、学問に励んでいたこと、また当主は皆に慕われるような男でなければ家中の結束はないこと、播磨だけが世の中ではなく、見聞を広げることが己の糧になると教わっていた。父母の言い合いを聞いた松寿丸は、自らの決意を語りだす。


----------------------------------------------------------------------------------------
【3月26日更新】
■ あらすじ(第13話 3/30放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
官兵衛(岡田准一)は待ちに待った秀吉(竹中直人)の軍勢に姫路城を丸ごと明け渡し、秀吉から義兄弟の誓紙をもらう。感激した官兵衛はますます秀吉のためにと張り切るが、光(中谷美紀)や職隆(柴田恭兵)は、その様子に一抹の危惧を抱いていた。姫路城には官兵衛の働き掛けから、織田帰順の証しとして秀吉に拝謁(はいえつ)のため播磨の地侍が続々と訪れていた。主君・政職(片岡鶴太郎)を、秀吉に拝謁させようと躍起になる官兵衛。だが政職は、秀吉は足軽上がりで小寺家とは格が違う、秀吉が会いに来るのが筋だと言い、一向に腰を上げない。焦るばかりの官兵衛に対し、半兵衛(谷原章介)が驚きの行動を取る。一方、石山本願寺合戦のさなか、信長(江口洋介)は村重(田中哲司)に、鉄の船で毛利の水軍を撃退し、兵糧を断つよう命じる。


----------------------------------------------------------------------------------------
【4月2日更新】
■ あらすじ(第14話 4/6放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
秀吉(竹中直人)率いる織田軍の播磨平定は順調に進み、残るは上月城だけとなった。城主・上月景貞(土平ドンペイ)の妻は、光(中谷美紀)の姉・力(酒井若菜)。官兵衛(岡田准一)は戦を避けようと説得に赴くが拒否され、姉妹は敵味方に引き裂かれる。戦には、毛利に滅ぼされた主家の再興を念願とする猛将・山中鹿介(別所哲也)も加わり、官兵衛と意気投合する。敗れて籠城を強いられた景貞は宇喜多直家(陣内孝則)の援軍を頼みとする。だが、景貞は家臣に裏切られ、斬首。生き残った力と娘2人は官兵衛に助けられ、光と再会する。景貞を裏切った家来衆は、信長(江口洋介)の命により全て首をはねられる。官兵衛は直家と会うことになるが、上月家に対しひきょうな一手を打っていたことを知る。


----------------------------------------------------------------------------------------
【4月9日更新】
■ あらすじ(第15話 4/13放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
光(中谷美紀)の姉、力(酒井若菜)の嫁ぎ先である上月城が落城した。秀吉(竹中直人)は播磨平定に成功するが、光の兄・左京進(金子ノブアキ)は、官兵衛(岡田准一)が兄妹の間を引き裂いたと言って恨む。職隆(柴田恭兵)は左京進が毛利に寝返るとしたら、必ず政職(片岡鶴太郎)を説き伏せるはずだと官兵衛に伝える。それを聞いた光は政職の妻・お紺(高岡早紀)を訪ねる。お紺は恩をあだで返すようなまねは断じてさせないと告げた。そんな中、秀吉は毛利との正面衝突に備え、播磨諸将を集めて評定を開くが、裏では思いも寄らない毛利の陰謀が張り巡らされていた。一方、本願寺との和睦交渉に失敗した村重(田中哲司)は、信長(江口洋介)から秀吉の配下で戦うよう命じられる。


----------------------------------------------------------------------------------------
【4月16日更新】
■ あらすじ(第16話 4/20放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
毛利の調略で光(中谷美紀)の兄・左京進(金子ノブアキ)らが寝返り、播磨は一夜にして分断された。秀吉(竹中直人)は敵と味方がはっきり分かったと笑うが、官兵衛(岡田准一)は複雑な思いだ。半兵衛(谷原章介)は秀吉に本陣を移すことを提案、書写山に移ることになる。そこで秀吉は、職隆(柴田恭兵)に姫路城代を任せる。一方、援軍として駆け付けた村重(田中哲司)だが、秀吉の下で働くことに辱めを受けたと思い込んでいた。西からは毛利の大軍5万が動きだし、秀吉が危機に陥る中、半兵衛が病に倒れる。官兵衛は毛利から奪った上月城を守備する山中鹿介(別所哲也)らを救おうと奔走するが、援軍乏しく城は孤立する。そんな中、織田の敵に回った兄を説得するため、光が無謀にも単身、志方城に乗り込む。


----------------------------------------------------------------------------------------
【4月23日更新】
■ あらすじ(第17話 4/27放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
官兵衛(岡田准一)と秀吉(竹中直人)は、毛利の大軍に包囲された上月城を救おうとするが、信長(江口洋介)の厳命で見捨てることを余儀なくされる。官兵衛は断腸の思いで城に潜入、鹿介(別所哲也)に城から逃げるよう説得するが、兵を置いて逃げるわけにいかないと言われ、鹿介に別れを告げる。勝久(須田邦裕)は鹿介に尼子家の再建を託して切腹する。だが鹿介は毛利のわなにかかり、殺害される。織田の非情さに村重(田中哲司)や政職(片岡鶴太郎)は動揺する。そんな中、病に伏していたお紺(高岡早紀)は官兵衛に会いたいと政職に話す。一方、宇喜多直家(陣内孝則)の動きを警戒した毛利方の小早川隆景(鶴見辰吾)は撤退を決断、光(中谷美紀)の兄・左京進(金子ノブアキ)の志方城も見捨てられてしまう。


----------------------------------------------------------------------------------------
【4月30日更新】
■ あらすじ(第18話 5/4放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
播磨平定を順調に進める官兵衛(岡田准一)と秀吉(竹中直人)たちは、三木城の攻略を始めていた。官兵衛と半兵衛(谷原章介)両名の案により、城を厳重に囲って兵糧攻めをすることとなる。さらに毛利の反撃を阻止するために、宇喜多直家(陣内孝則)に織田側に付くよう官兵衛が説得に向かうが、逆に直家に「背後に用心しろ」と謎めいた忠告を受ける。時を同じくして安土城では、播磨攻めの失態から信長(江口洋介)の機嫌を損ねた村重(田中哲司)が必死の申し開きをしていた。何とか信長を説得した村重だったが、家臣の一部が敵方である本願寺とつながっており、さらに兵糧まで運び込んでいたことを知る。信長に知られれば確実に処刑されることを確信した村重は、このことを隠し通そうとする。


----------------------------------------------------------------------------------------
【5月7日更新】
■ あらすじ(第19話 5/11放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
ついに村重(田中哲司)が信長(江口洋介)に謀反を起こす。右近(生田斗真)ら摂津の諸将も反織田包囲網に加わり、戦の準備を着々と進めていた。秀吉(竹中直人)や光秀(春風亭小朝)らの説得にも村重は応じず、信長は激しい怒りを感じていた。そんな中、官兵衛(岡田准一)の元に主君・政職(片岡鶴太郎)までもが毛利方に寝返ったという知らせが入る。もし主君である小寺家が織田家と争えば、織田家の人質になっている官兵衛の息子の命が危ない。何とか政職を説得しようとする官兵衛に、政職は村重が謀反をやめるなら考え直すと言う。官兵衛は村重説得のため、半兵衛(谷原章介)ら周囲の反対を振り切り、決死の覚悟で単身、村重のいる有岡城へ向かう。だが、それは人生最大の苦難の始まりだった。


----------------------------------------------------------------------------------------
【5月14日更新】
■ あらすじ(第20話 5/18放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
官兵衛(岡田准一)は村重(田中哲司)によって有岡城に幽閉される。帰らない官兵衛に、さまざまな臆測が飛び交い、光(中谷美紀)や職隆(柴田恭兵)が留守を預かる黒田家は激しく動揺する。また信長(江口洋介)の下でも、官兵衛が裏切ったのではないかという家臣の意見に、勝家(近藤芳正)は官兵衛の息子の松寿丸(若山耀人)を殺せと言い出すが、半兵衛(谷原章介)と秀吉(竹中直人)が押しとどめる。官兵衛が村重を説得する中、信長は村重一派の切り崩しを画策。敬虔(けいけん)なキリシタンである右近(生田斗真)に対し、村重と縁を切らなければ信徒の命は保証できないと脅す。両陣営の綱引きが続く中、善助(浜田岳)が官兵衛の救出に動きだす。官兵衛は、だし(桐谷美玲)の手引きで牢(ろう)から脱出を試みる。


----------------------------------------------------------------------------------------
【5月21日更新】
■ あらすじ(第21話 5/25放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
官兵衛(岡田准一)は村重(田中哲司)の怒りを買い、劣悪な環境の土牢(ろう)に閉じ込められていた。善助(浜田岳)ら官兵衛の家臣団が有岡城下に潜伏して救出の機をうかがう中、信長(江口洋介)が有岡城を総攻撃するが、大敗を喫する。官兵衛が村重に策を授けたと思い込んだ信長は、人質で官兵衛の息子・松寿丸(若山耀人)を殺すよう秀吉(竹中直人)に命じる。ちゅうちょする秀吉に代わって半兵衛(谷原章介)が命令を実行するため、松寿丸を育てているおね(黒木瞳)と対峙(たいじ)する。数日後、半兵衛は故郷の美濃で養生したいと秀吉に申し出た。秀吉は職隆(柴田恭兵)と光(中谷美紀)に松寿丸を成敗したと伝えるが、これまで通り織田に力を貸してほしいと頼み込む。一方、官兵衛は村重から、信長が息子を殺したと聞かされる。


----------------------------------------------------------------------------------------
【5月28日更新】
■ あらすじ(第22話 6/1放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
村重(田中哲司)が籠城する有岡城で、劣悪な環境の土牢(ろう)に長く幽閉された官兵衛(岡田准一)は、身も心もぼろぼろになりながら何とか生きていた。善助(浜田岳)ら家臣団が牢の場所を突き止めるが、警戒が厳しく救出できない。一方、半兵衛(谷原章介)の庵(いおり)にかくまわれていた松寿丸(若山耀人)は、おね(黒木瞳)に引き渡される。半兵衛は播磨の秀吉(竹中直人)に会いに行くとおねに言い、松寿丸に自分の愛用していた軍配を官兵衛に渡すよう命じた。半兵衛は秀吉に官兵衛を失わないために松寿丸を生かしたと告げ、この先は全て官兵衛を頼るように言い、息を引き取る。また、毛利の援軍が来ないことに焦りを募らせた村重は、毛利に直談判するため、だし(桐谷美玲)たちを残して城を抜け出そうと決意する。


----------------------------------------------------------------------------------------
【6月4日更新】
■ あらすじ(第23話 6/8放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
ついに官兵衛(岡田准一)が救出され、光(中谷美紀)をはじめ黒田家は喜びに沸いた。秀吉(竹中直人)は官兵衛を信長(江口洋介)の元に連れていき、謀反の疑いを晴らすことに成功する。また、松寿丸(若山耀人)とも信長の前で再会した官兵衛は驚きを隠せない。秀吉から全ては半兵衛(谷原章介)の計らいだと聞いた官兵衛は、感無量だった。だが、幽閉の後遺症で歩くこともままならず、心の傷も癒えない官兵衛は自暴自棄になってしまう。そんな官兵衛を光は必死に支えようとする。一方、村重(田中哲司)の逃亡に怒った信長により、だし(桐谷美玲)ら荒木一党は前代未聞の成敗を受けることになる。官兵衛は松寿丸から、半兵衛から預かった軍配を受け取り、やがて亡き半兵衛の遺志を継ぐために戦陣に復帰する。


----------------------------------------------------------------------------------------
【6月11日更新】
■ あらすじ(第24話 6/15放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
播磨の反織田勢力は勢いを失い、残るは御着城の小寺政職(片岡鶴太郎)と三木城の別所長治(入江甚儀)だけとなった。官兵衛(岡田准一)は見事に三木城を開城させるが、その人が変わったような冷徹さに秀吉(竹中直人)らは驚く。また、信長(江口洋介)は村重から奪った有岡城で、戦勝祝いのうたげを催していた。お濃(内田有紀)や家臣は荒木一族の怨念が満ちる場所でのうたげに気味悪がるが、信長は気にしない。そこへ本願寺が立ち退きに応じた知らせが入り、信長は天下布武の総仕上げだと満足する。


----------------------------------------------------------------------------------------
【6月18日更新】
■ あらすじ(第25話 6/22放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
秀吉(竹中直人)はついに毛利の領内に攻め込む。官兵衛(岡田准一)は、織田家の出世頭となった光秀(春風亭小朝)から明智の軍師になれと誘われるが、断る。そんな中、信長(江口洋介)を警戒した朝廷は、光秀に接近を図る。だが、信長の権勢は絶頂を極めていた。信長の元を訪れた宣教師が黒人の若者を連れてきて、さすがの信長も驚く。黒人にどこから来たのかと尋ねると、アフリカ大陸の1カ所を指す。信長は、世界は驚きに満ちており、この目で見てみたいと夢を語る。また信長は、安土城をライトアップして権力を誇示する。同じころ、光(中谷美紀)が懐妊し、官兵衛は喜びに浸る。一方、毛利方の小早川隆景(鶴見辰吾)は、味方に決死の覚悟を求めるしかない。そして運命の年、天正10(1582)年の幕が開く。官兵衛の嫡男・松寿丸は元服、長政(松坂桃李)と名乗る。


----------------------------------------------------------------------------------------
【6月25日更新】
■ あらすじ(第26話 6/29放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
元服した長政(松坂桃李)が毛利攻めで初陣を迎えることになる。官兵衛(岡田准一)は血気にはやる長政を危ぶみ、太兵衛(速水もこみち)に目付役を命じる。信長(江口洋介)は長年歯向かっていた六角次郎が甲斐の恵林寺に潜んでいることを知り、寺ごと焼き払うよう命じる。光秀(春風亭小朝)は旧知の高僧・快川(山本学)を説き伏せると申し出るが、快川は、六角の引き渡しという光秀の申し出を断り、寺は焼き払われてしまう。快川を救うことができなかった光秀は、信長への恨みを募らせる。一方、官兵衛は備中高松城の清水宗治(宇梶剛士)の調略を図るが、決裂する。姫路では、光(中谷美紀)が14年ぶりの第2子・熊之助を出産する。


----------------------------------------------------------------------------------------
【7月2日更新】
■ あらすじ(第27話 7/6放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
官兵衛(岡田准一)は毛利が守る備中高松城を攻めるに当たり、川の流れをせき止めて城を水浸しにする「水攻め」を思い付く。前代未聞の大胆な策に、秀吉(竹中直人)は驚く。そのころ姫路では、成長した又兵衛(塚本高史)が光(中谷美紀)と再会していた。又兵衛は亡き叔父が御着に走ったことを悔いていたと話し、播磨を出ていこうとする。だが光は、官兵衛が政職を許して逃がしたことを告げ、又兵衛は昔も今も、自分の息子だと言い切る。一方、安土城を訪問した徳川家康(寺尾聰)のもてなし役を務めた光秀(春風亭小朝)は、信長(江口洋介)の怒りを買う。さらに、信長の真の野望を知った光秀は、ついに決意を固める。


----------------------------------------------------------------------------------------
【7月9日更新】
■ あらすじ(第28話 7/13放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
光秀(春風亭小朝)がついに謀反を起こし、信長(江口洋介)のいる京・本能寺に攻め入った。信長はお濃(内田有紀)ら女たちに逃げるよう指示するが、お濃はどこまでも付いていくという。だが、お濃がやいばに倒れる。光秀の家臣たちは信長を捜すが、信長は自害、炎の中に消えていく。そして光秀は、一夜にして天下人となった。秀吉(竹中直人)と共に、京から遠い備中高松城を包囲していた官兵衛(岡田准一)は、付近の農家でかつての主君・政職(片岡鶴太郎)と思わぬ再会を果たす。やがて天下を揺るがす一大事の知らせが京から備中に届き、いち早く知った官兵衛は、大勝負に打って出る。 


----------------------------------------------------------------------------------------
【7月16日更新】
■ あらすじ(第29話 7/20放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
誰よりも早く京に上り謀反人・光秀(春風亭小朝)を討つことで、秀吉(竹中直人)が天下に名乗りを上げられると官兵衛(岡田准一)は即断。信長(江口洋介)の死を隠したまま、目前の敵・毛利との和睦を進めようとする。一方、光秀も安土城に入り、朝廷を味方に付けることで天下人の地位を固めようとする。大混乱の中、家康(寺尾聰)やおね(黒木瞳)は命からがら逃亡を続ける。そして、ついに毛利との和睦が成立。京に向かうその時に、官兵衛の秘密は毛利方の小早川隆景(鶴見辰吾)に漏れてしまう。


----------------------------------------------------------------------------------------
【7月23日更新】
■ あらすじ(第30話 7/27放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
毛利と和睦を果たした官兵衛(岡田准一)と秀吉(竹中直人)は、光秀(春風亭小朝)を倒すため遠く備中から姫路を経て京へと全軍で向かう。一方、思うように味方が集まらず焦りを募らせていた光秀は、すさまじい速さで秀吉軍が迫っていることを知り、がくぜんとする。官兵衛は右近(生田斗真)ら去就に迷っていた摂津衆をも取り込むことに成功し、秀吉の勢力は光秀を大きく上回る。そしてついに、京に近い山崎の地で、天下分け目の決戦が始まる。


----------------------------------------------------------------------------------------
【7月30日更新】
■ あらすじ(第31話 8/3放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
亡き信長の弔い合戦に勝利した秀吉(竹中直人)は、織田家の後継者を決める清洲会議で柴田勝家(近藤芳正)を論破し、優位に立つ。秀吉包囲網を画策する勝家に対し、官兵衛(岡田准一)は各個撃破で孤立させる。たまりかねた勝家は賤ケ岳に出陣、雌雄を決せんとする。動乱のさなか、官兵衛は秀吉の茶頭・千宗易(伊武雅刀)に弟子入りし、道糞と名乗る村重(田中哲司)に再会。そして黒田家では、長政(松坂桃李)の縁談が持ち上がる。


----------------------------------------------------------------------------------------
【8月6日更新】
■ あらすじ(第32話 8/10放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
秀吉(竹中直人)は、小牧・長久手の戦いで家康(寺尾聰)相手に手痛い敗北を喫するが、その後、巻き返し、天下人の地位を固める。三成(田中圭)が側近として頭角を現す中、官兵衛(岡田准一)は冷遇される。徳川を敵視する三成に対し、官兵衛は徳川を取り込むよう進言、対立する。一方、黒田家は新たに与えられた播磨・山崎に居を移すが、留守を任された長政(松坂桃李)は統治に苦労し、祖父・職隆(柴田恭兵)の助言を仰ぐ。


----------------------------------------------------------------------------------------
【8月13日更新】
■ あらすじ(第33話 8/17放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
秀吉(竹中直人)は、天正13(1585)年、関白となり、さらに豊臣姓を名乗る。秀吉の御伽衆(おとぎしゅう)となった道薫(村重=田中哲司)は、亡き妻「だし」が逃がしたわが子と再会するが、心を開かない。そんな中、茶々(二階堂ふみ)が道薫に、城を捨てて逃げた話をするよう求める。道薫は居合わせた全ての者をののしり、秀吉から殺されることを望むが、官兵衛(岡田准一)に止められる。深い心の傷に触れ、官兵衛はキリシタンになることを考え始める。


----------------------------------------------------------------------------------------
【8月20日更新】
■ あらすじ(第34話 8/24放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
秀吉(竹中直人)は大友宗麟(上條恒彦)の懇願を受けて九州攻めを宣言、東の脅威を取り除くために家康(寺尾聰)の帰順を画策する。秀吉に先立って官兵衛(岡田准一)が名代として西へ向かい、毛利勢を加えて九州に乗り込もうとするが、小早川隆景(鶴見辰吾)はなぜか腰が重い。隆景の兄・吉川元春(吉見一豊)が長年の宿敵・秀吉に臣従することを快く思わず、出兵を拒んでいたのだ。そこで官兵衛は、元春を動かすために策を練る。


----------------------------------------------------------------------------------------
【8月27日更新】
■ あらすじ(第35話 8/31放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
ついに家康(寺尾聰)が秀吉(竹中直人)に帰順し、秀吉本隊が九州に出陣できることになった。これを受けて九州の大名に調略をかけた官兵衛(岡田准一)は、豊前の領主・宇都宮鎮房(村田雄浩)と出会い、秀吉の命令通り本領安堵(あんど)を約束する。出陣した秀吉は九州で力を持つ外国人宣教師たちの動きを警戒し始め、キリシタンである右近(生田斗真)や官兵衛は不安を抱く。一方、茶々(二階堂ふみ)は秀吉の求愛を受け入れる決意を固める。


----------------------------------------------------------------------------------------
【9月3日更新】
■ あらすじ(第36話 9/7放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
秀吉(竹中直人)からキリスト教信仰を捨てよと命じられた右近(生田斗真)は、身分や領土など世俗の全てをなげうって、信仰に生きることを決意。官兵衛(岡田准一)に別れを告げる。一方、黒田家は新たに豊前六郡を与えられて播磨から九州に移り住むが、秀吉からの本領安堵(あんど)という約束を破られ、追い出された宇都宮鎮房(村田雄浩)が激しく反発、一揆を起こす。官兵衛は宇都宮との戦を禁じるが、長政(松坂桃李)は敵を侮り、出陣を命じる。


----------------------------------------------------------------------------------------
【9月10日更新】
■ あらすじ(第37話 9/14放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
長政(松坂桃李)は、宇都宮鎮房(村田雄浩)のわなにはまる。多くの家臣を失い、自らも討ち死に寸前のところを又兵衛(塚本高史)に救われて帰還し、官兵衛(岡田准一)に叱責(しっせき)される。地侍たちの反乱を徐々に鎮めた官兵衛は、豊前中津城に入り、宇都宮家と和睦。鎮房らを召し抱えて平和共存を図る。しかし、秀吉(竹中直人)は宇都宮の帰参を許さずに討伐を厳命。従わなければ黒田家を滅ぼす構えをみせたため、官兵衛は次第に追い詰められていく。


----------------------------------------------------------------------------------------
【9月17日更新】
■ あらすじ(第38話 9/21放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
官兵衛(岡田准一)の留守を預かった長政(松坂桃李)は、鎮房(村田雄浩)を中津城に誘い出して謀殺する。秀吉(竹中直人)からの罰を避け、家の存続を図るためだった。隣国に出陣していた官兵衛は、自らも鎮房の嫡男・朝房(橋本淳)を手に掛け、黒田家は辛うじて存続の危機を免れる。秀吉が次第に官兵衛に対する警戒心を強める中、大坂城を訪れた家康(寺尾聰)とついに初の対面を果たした官兵衛は、衝撃の事実を知らされる。


----------------------------------------------------------------------------------------
【9月24日更新】
■ あらすじ(第39話 9/28放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
官兵衛(岡田准一)は家康(寺尾聰)から、秀吉(竹中直人)が「次の天下人」として自分を警戒していると聞きがくぜんとする。疑念を解くため長政(松坂桃李)に家督を譲ると申し出るが、秀吉は認めない。そんな中、茶々(二階堂ふみ)が懐妊、実子がいなかった秀吉は大喜びする。だが、茶々に夢中なことをからかう落書に激怒した秀吉は、疑わしい者を次々と処刑する。たまりかねたおね(黒木瞳)は官兵衛に、秀吉をいさめるよう頼む。


----------------------------------------------------------------------------------------
【10月1日更新】
■ あらすじ(第40話 10/5放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
秀吉(竹中直人)待望の実子・鶴松を産んだ淀(二階堂ふみ)の権勢は、正室のおね(黒木瞳)をしのぐまでに高まっていく。三成(田中圭)は淀と結託し、自らの権力を確固たるものにしようと謀る。そんな中、天下統一を阻む最後の大敵、小田原の北条攻めが始まるが、家康(寺尾聰)をどこまで信用するか、官兵衛(岡田准一)と三成は激しく対立する。包囲が長引く中、官兵衛は北条を降伏させるため、単身、小田原城に乗り込む。


----------------------------------------------------------------------------------------
【10月8日更新】
■ あらすじ(第41話 10/12放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
三成(田中圭)のわなにはまり秀吉(竹中直人)の逆鱗(げきりん)に触れた官兵衛(岡田准一)は、髪をそり如水円清と名乗って秀吉の許しを乞う。おね(黒木瞳)や諸将からの助命嘆願や、淀(二階堂ふみ)が新たな世継ぎ・拾(後の秀頼)を産んだこともあり、官兵衛は何とか切腹を免れる。だが秀吉は、実子を得たことで、関白の座をおいの秀次(中尾明慶)に譲ったことを後悔し始め、次第にあつれきが生じる。危機感を募らせた秀次は、官兵衛に助けを求める。


----------------------------------------------------------------------------------------
【10月15日更新】
■ あらすじ(第42話 10/19放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
秀吉(竹中直人)は諸大名に大陸への出兵を命じ、自らは官兵衛(岡田准一)に築かせた肥前名護屋城に陣取った。関白の座を譲り太閤となった天下人・秀吉を止められる者はもはや誰もおらず、官兵衛や長政(松坂桃李)も朝鮮へ出陣する。破竹の勢いで半島を進撃した日本の軍勢だったが、戦が長引くにつれて戦況は悪化。官兵衛は秀吉の命を無視して全軍の撤退を提案する。そんな中、名護屋城で淀(二階堂ふみ)は再び秀吉の子を身ごもる。


----------------------------------------------------------------------------------------
【10月22日更新】
■ あらすじ(第43話 10/26放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
三成(田中圭)のわなにはまり秀吉(竹中直人)の逆鱗(げきりん)に触れた官兵衛(岡田准一)は、髪をそり如水円清と名乗って秀吉の許しを乞う。おね(黒木瞳)や諸将からの助命嘆願や、淀(二階堂ふみ)が新たな世継ぎ・拾(後の秀頼)を産んだこともあり、官兵衛は何とか切腹を免れる。だが秀吉は、実子を得たことで、関白の座をおいの秀次(中尾明慶)に譲ったことを後悔し始め、次第にあつれきが生じる。危機感を募らせた秀次は、官兵衛に助けを求める。


----------------------------------------------------------------------------------------
【10月29日更新】
■ あらすじ(第44話 11/2放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
秀吉(竹中直人)に新たな男子・拾(後の秀頼)が生まれ、生母・淀(二階堂ふみ)と三成(田中圭)は拾を豊臣家の跡継ぎにするために暗躍し、関白・秀次(中尾明慶)は切腹に追い込まれる。暴君と化した秀吉の死期が近いことを悟った如水(岡田准一)は、そばに仕え、その暴走を抑え込む道を選ぶ。やがて、朝鮮出兵が再び始まり、出陣を時期尚早と止められた官兵衛の次男・熊之助(今井悠貴)は思いがけない行動に出る。


----------------------------------------------------------------------------------------
【11月9日更新】
■ あらすじ(第45話 11/9放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
父・如水(岡田准一)と兄・長政(松坂桃李)の後を追い、船で朝鮮へ向かった熊之助(今井悠貴)は帰らぬ人となり、出発を目撃しながら止められなかった糸(高畑充希)は罪悪感を募らせる。一方、秀吉(竹中直人)の死期は確実に近づき、家康(寺尾聰)と三成(田中圭)を中心に新たな体制が構築される。自分の死後、豊臣家の先行きを憂える秀吉は、朝鮮から呼び戻した如水に秀頼らの行く末を託すが、如水は意外な答えを口にする。


----------------------------------------------------------------------------------------
【11月16日更新】
■ あらすじ(第46話 11/16放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
秀吉(竹中直人)の死により、長政(松坂桃李)らを取り込んだ家康(寺尾聰)と、幼い秀頼を奉じ前田利家(横内正)と結ぶ三成(田中圭)との権力闘争が始まる。家康は秀吉の遺言を次々と破り三成を挑発、天下への野心をあらわにする。淀(二階堂ふみ)とおね(黒木瞳)の亀裂も表沙汰となり、如水(岡田准一)は一触即発の事態を何度も収拾する。だが、利家の死で均衡は崩れ、家康に通じる武将による三成襲撃事件が勃発、対立は決定的になる。


----------------------------------------------------------------------------------------
【11月23日更新】
■ あらすじ(第47話 11/23放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
家康(寺尾聰)によって隠居に追い込まれた三成(田中圭)が虎視眈々(たんたん)と反撃の機をうかがう中、如水(岡田准一)は天下へ名乗りを上げようと、ひそかに形勢を探り始める。一方、家康は長政(松坂桃李)にめいの栄姫(吉本実憂)との縁談を持ち掛け、黒田との関係強化を画策する。糸(高畑充希)を離縁して栄を受け入れた長政は、如水の思惑とは別に、家康の天下のために動き始める。家康の会津遠征で大坂が空になり、三成が挙兵、如水も出陣を決意する。


----------------------------------------------------------------------------------------
【11月29日更新】
■ あらすじ(第48話 11/30放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
ついに挙兵した三成(田中圭)は大坂城に入り、家康(寺尾聰)に従う諸将の妻子を城内に集めるよう命じる。光(中谷美紀)と栄(吉本実憂)は、善助(浜田岳)と太兵衛(速水もこみち)の力を借りて辛くも大坂を脱出、人質となることを免れる。一方、長政(松坂桃李)は豊臣恩顧の武将たちを家康方に取り込むため、調略に動いていた。そんな中、如水(岡田准一)は中津で瞬く間に牢人(ろうにん)兵9千人を集め、周囲を驚かせる。天下を狙った大勝負の始まりだった。

----------------------------------------------------------------------------------------
【12月7日更新】
■ あらすじ(第49話 12/7放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
如水(岡田准一)は、ひそかに天下取りの野望を抱いて九州平定に乗り出した。豊後国に進出した黒田勢は、三成(田中圭)によって九州に送り込まれた大友勢と激突、九郎右衛門(高橋一生)の活躍で敵の猛将、吉弘統幸(的場浩司)を討ち取り大勝利、九州を席巻していく。一方、家康(寺尾聰)と三成の激突の時が近づいていた。長政(松坂桃李)の調略で西軍は分裂状態。形勢挽回のため三成は関ケ原に兵を進め、家康に決戦を挑む決意を固める。




※12月14日の放送はお休みです。

----------------------------------------------------------------------------------------
【12月14日更新】
■ あらすじ(第50話 12/21放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
関ケ原の戦いは長政(松坂桃李)の活躍で、家康(寺尾聰)が勝利した。そのころ、如水(岡田准一)は天下を狙って九州の大半を手にしたが、天下分け目の決戦が1日で終わりその夢は破れる。三成(田中圭)は謀反人として処刑され、長政は筑前52万石の太守となる。如水は大坂で天下人となった家康と会い、その志の高さに触れ、潔く負けを認める。新たに築城した福岡で如水は晩年を過ごし、やがて戦国の世は最後の瞬間を迎える。

関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック