FC2ブログ
2019 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2019 12

2014年秋、連続ドラマ小説『マッサン』

kage

2015/03/28 (Sat)

Arikaシネマ2014b4

★9月29日スタート 

NHK総合月曜~土曜 午前8:00~午前8:15

 連続テレビ小説「マッサン」


----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:羽原大介/演出:野田雄介/演出:梶原登城/演出:佐々木善春/制作統括:櫻井賢/プロデューサー:山本晃久

主題歌:中島みゆき「麦の唄」
----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
•亀山政春(玉山鉄二)
広島の造り酒屋の次男。大阪でウイスキーに魅せられ、本場・スコットランドに単身で渡り、製造技術を学ぶ。現地で知り合ったエリーと、周囲が猛反対する中で結婚。二人三脚で初の国産ウイスキーづくりの夢を追う。

•亀山エリー(シャーロット・ケイト・フォックス)
政春の妻。スコットランドでウイスキー製造技術を学ぶ政春と知り合い、家族の反対を押し切って結婚。日本でも外国人の嫁は歓迎されず、文化の違いから自身の行動が騒動に。つらい中でも笑顔を絶やさず、持ち前の明るさで政春のウイスキーづくりの夢を支える。

•田中優子(相武紗季)
住吉酒造の跡取り娘。政春が婿になると父から聞かされ、2年間花嫁修業に打ち込む。政春がエリーと結婚し、やり場のない怒りの矛先を政春だけでなくエリーにも向けてしまう。

•キャサリン/種子(濱田マリ)
大阪・住吉のイギリス人宣教師の妻。日本女性の置かれた立場に不満を持ち、西洋の生き方に憧れる。政春が住む地域のリーダー的存在で、エリーのよき相談相手になる。

•岡崎千加子(西田尚美)
政春の姉。母・早苗と共に政春とエリーの結婚に反対するが、文化の違いを越えて健気に奮闘するエリーの姿に触れ、次第に考えを変える。やがて息子を政春とエリーの養子に送り出し、2人の夢を継がせようとする。

•亀山すみれ(早見あかり)
政春の妹。天真爛漫で好奇心旺盛な性格。家族が反対する中でもエリーを温かく迎え入れ、生涯にわたり友情を育む。

•亀山政志(前田吟)
政春の父。婿養子として亀山酒造を継ぎ、酒づくりに魂を込めてきた。不器用な性格だが、政春のウイスキーづくりへの覚悟を知り、その挑戦を厳しくも温かく見守る。

•田中大作(西川きよし)
住吉酒造の社長。政春を全面的に援助してスコットランドへ送り出したが、実は娘・優子の婿にして後継者にしたかった。エリーの存在は誤算だったが、優しく受け入れようとする人情味あふれる男。

•亀山早苗(泉ピン子)
政春の母。代々続く広島の造り酒屋に生まれ、夫・政志を婿養子に迎えて家を守ってきた。政春と外国人であるエリーとの結婚を認めず、ウイスキーづくりではなく家業を継ぐことを迫る。

•鴨居欣次郎(堤真一)
大阪・鴨居商店の大将。斬新なアイデアと卓越した手腕でワイン事業を成功させた人物。政春のウイスキーづくりの夢に共感し、共に行動に乗り出す。政春の大いなる師であり、生涯のライバルとなる。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
夫婦が二人三脚でウイスキーづくりの夢を追う人情喜劇
ニッカウヰスキー創業者の竹鶴政孝とリタ夫婦をモデルに、大阪の造り酒屋の息子で“マッサン”こと亀山政春(玉山鉄二)と、スコットランド出身の妻・エリー(シャーロット・ケイト・フォックス)が日本初の国産ウイスキーづくりに二人三脚で取り組む人情喜劇。米国出身の女優・フォックスは、国内外合わせて500人以上が参加したオーディションで、ヒロインの座を射止めた。主演の玉山は、「駆け出しだったころに、たくさんの“朝ドラ”のオーディションを受けましたが、すべてダメでした。今回、10年越しの出演が決まり誇りに思います。長丁場になりますが、妻を愛し続け、守っていきたい」と意気込んでいる。





----------------------------------------------------------------------------------------
【10月1日更新】
■ あらすじ(第1週 9/29~10/4放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
『月』1920(大正9)年5月。妻・エリー(シャーロット・ケイト・フォックス)を連れて2年ぶりに帰国した政春(玉山鉄二)。しかし、母・早苗(泉ピン子)に認めないと言われる。

『火』早苗に反対され、法事の席で結婚を認めさせようとたくらむ政春。エリーは政春の妹・すみれ(早見あかり)にせがまれ2人のなれ初めを語る。

『水』エリーのことで、政春と早苗は対立を深める。父・政志(前田吟)にウイスキー造りへの覚悟を問われる政春。そして法事の日がやって来る。

『木』法事で奮闘するが失敗ばかりのエリー。だが、子どものけんかの仲裁を通し和尚(神山繁)は心を動かす。一方の早苗はかたくなに拒否する。

『金』酒蔵を継いでほしい思い、息子への思いを体で伝える政志の姿に涙する政春。早苗はエリーに、息子のために国に帰ってと懇願する。

『土』早苗の言葉を聞き、政春の元を離れる決意をするエリー。政春は2人の思い出の歌「蛍の光」を歌いエリーを引き留め愛を確かめ合う。


----------------------------------------------------------------------------------------
【10月8日更新】
■ あらすじ(第2週 10/6~10/11放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
※月曜日は台風のため放送休止。火曜日に連続放送。

『火』(8:00~8:15)マッサン(玉山鉄二)とエリー(シャーロット・ケイト・フォックス)は大阪へ。住吉酒造に着くと社長の大作(西川きよし)らは歓迎するが、結婚を告げると状況は一変する。(8:15~8:30)マッサンとエリーは歓迎会で鴨居商店大将・鴨居(堤真一)と出会う。やがて、マッサンと大作の娘・優子(相武紗季)との婚約騒動が勃発して…。

『水』勘違いで生じたマッサンと優子の結婚騒動。日本の結婚が理解できないエリーだが、思いを語り激怒する優子の心の奥に何かを感じる。

『木』エリーは意を決して優子に思いの丈をぶつける。理解してもらえたと喜ぶエリーだったが、優子はマッサンに会社を辞めるよう告げる。

『金』退社を告げられたマッサンは弁解するが、聞き入れてもらえない。エリーは優子に認めてもらおうと接触を図るが、いじめを受ける。

『土』優子のいじめに負けないと誓うエリー。祖国を捨てて日本へ来たエリーの覚悟を見たマッサンは、夢に向かい再び走りだす決意をする。


----------------------------------------------------------------------------------------
【10月15日更新】
■ あらすじ(第3週 10/13~10/18放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
『月』引っ越し中、マッサン(玉山鉄二)とエリー(シャーロット・ケイト・フォックス)はキャサリン(濱田マリ)らと出会う。米炊きに励むエリーの元に優子(相武紗季)が来る。

『火』優子がマッサンとの結婚は諦めると告げて去り、マッサンとエリーの新婚生活が始まる。マッサンはウイスキーの製造実験に着手する。

『水』エリーは優子との米炊き特訓の中で彼女の思いを知り、友情を深める。マッサンはウイスキー製造実験と事業計画書作成にまい進する。

『木』マッサンは事業計画書を書き上げるが、予算見直しを命じられる。銀行の融資のため大作(西川きよし)と出掛けた接待でマッサンは奮闘する。

『金』マッサンの帰りが遅いと不満のエリー。ポットスチル製造業者を見つけたマッサンが帰宅すると、エリーが鴨居(堤真一)とハグしていた。

『土』鴨居が原因で、マッサンとエリーは夫婦げんかをする。外国人との結婚に弱音を吐くマッサンだが、優子にたしなめられて目を覚ます。


----------------------------------------------------------------------------------------
【10月22日更新】
■ あらすじ(第4週 10/19~10/25放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
『月』ウイスキー事業の承認に張り切るマッサン(玉山鉄二)だったが、ぶどう酒瓶の爆発騒ぎが起き、太陽ワインの安全性の証明に取り掛かる。

『火』実験に励むマッサンは、太陽ワインの安全性を証明する。エリー(シャーロット・ケイト・フォックス)は、優子(相武紗季)が本当は結婚したくないことを知る。

『水』マッサンは、鴨居(堤真一)の得意先へのおわびの手法に面食らう。一方、家族が賛同する優子の結婚話にエリーはつい口を出してしまい…。

『木』鴨居の斬新な手法と決断に次第に魅了されていくマッサン。窮地に陥る住吉酒造の存続のために、優子は縁談を受け入れる覚悟をする。

『金』新たな広告制作の中、マッサンは鴨居に一緒にウイスキーを造ろうと言われる。会社存続のために結婚を決めた優子にエリーは涙する。

『土』鴨居の誘いに揺れるマッサンは、住吉酒造に残ることを決断する。何の相談も受けなかったエリーは激怒し、2人の間に亀裂が生じる。



----------------------------------------------------------------------------------------
【10月29日更新】
■ あらすじ(第5週 10/27~11/1放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
『月』エリー(シャーロット・ケイト・フォックス)は自分なりの内助の功について悩む。マッサン(玉山鉄二)は大作(西川きよし)とウイスキー造りの夢をかなえようと誓い合う。

『火』マッサンと大作は株主たちにウイスキー事業を承認してもらうために奔走する。だが皆、大株主の長五郎(中村嘉葎雄)次第だと取り合わない。

『水』株主会議開催が決まり、マッサンとエリーは喜ぶ。本場のウイスキーを飲めば承認されると楽観的なマッサンに、エリーは不安が募る。

『木』ウイスキーの原酒に株主が不快感を示し絶体絶命のマッサン。そこへエリーや優子(相武紗季)らがウイスキーに合う料理を次々と振る舞う。

『金』株主会議の結果、ウイスキー事業は否決される。さらに夢を諦めることを拒否したマッサンは長五郎から会社を辞めるよう宣告される。

『土』大作に退職届を提出し、断腸の思いで住吉酒造を去るマッサン。そんなマッサンを一生支えると覚悟を決めたエリーは笑顔で迎える。


----------------------------------------------------------------------------------------
【11月9日更新】
■ あらすじ(第6週 11/3~11/8放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
『月』住吉酒造を退職して2カ月たつが、マッサン(玉山鉄二)はいまだ定職に就かないでいた。エリー(シャーロット・ケイト・フォックス)は自分も働くと提案する。

『火』仕事が決まらないマッサンは、食堂で暇をつぶしては紹介された仕事に文句をつける日々。エリーは内職を紹介され一生懸命に取り組む。

『水』実家へ金の無心の手紙を書くマッサンは、エリーに見つかりうそをつく。エリーはキャサリン(濱田マリ)から歌声教室の手伝いを頼まれる。

『木』エリーは、ある男にぴったりの仕事があると誘われる。鴨居商店にやって来たマッサンは、派手ないでたちで歌い踊るエリーを目撃する。

『金』医師不在の中、風邪をひいた健太(稲田都亜)に、エリーは手製の風邪薬を飲ませ徹夜で看病する。だが、今度はエリーが倒れてしまう。

『土』キャサリンらがエリーの看病をする姿を見て、何もできないマッサンは、エリーが皆にどれほど愛されていたかを知り、自分を恥じる。


----------------------------------------------------------------------------------------
【11月12日更新】
■ あらすじ(第7週 11/10~11/15放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
『月』エリー(シャーロット・ケイト・フォックス)は家主の野々村(神尾佑)から、家賃を待つ代わりに娘の幸子(田中葵)たちに英語を教えてほしいと提案される。

『火』亡き母を忘れられず思い悩む幸子の気分転換のため、エリーは自宅で英語レッスンを開始する。幸子はエリーに次第に心を開いていく。

『水』技術者を探す鴨居(堤真一)にもう一度頭を下げ、雇ってもらおうと言うエリー。だが、マッサン(玉山鉄二)は断固拒否し、夫婦げんかになる。

『木』野々村が由紀子(愛原実花)に離縁を告げたため、幸子は私のせいだと自分を責める。エリーは、幸子の気持ちを野々村に訴えるが…。

『金』エリーは野々村に誕生日パーティーの招待状を届けるが拒否される。幸子は亡くなった母親との写真を窯に放り込み、燃やそうとする。

『土』パーティーが始まるが、やはり野々村は姿を現さず、エリーはおわびにと歌を歌い始める。幸子は一人、台所へ向かい花束を手にする。



----------------------------------------------------------------------------------------
【11月23日更新】
■ あらすじ(第8週 11/17~11/22放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
『月』広島の実家へ向かったマッサン(玉山鉄二)とエリー(シャーロット・ケイト・フォックス)。マッサンは日本酒造りを、エリーはお手伝いさんとして働くことになる。

『火』試験醸造に取り組むマッサンは活気に触発されやる気が湧いてくる。お手伝いさんをするエリーは早苗(泉ピン子)の厳しい指導を受け始める。

『水』マッサンは、夢と結婚を諦めて実家に帰るよう説得されるが拒否する。千加子(西田尚美)は、亀山の味を学ぼうと頑張るエリーを目撃する。

『木』母国に帰るよう早苗から説得されても拒むエリーは、俊夫(八嶋智人)の言葉に落ち込むマッサンを励ます。そんな時、千加子が産気づく。

『金』千加子の出産に沸く中、マッサンはエリーとの将来に不安を抱く。千加子は2人の未来の子どものため広島へ帰ってくるよう提案する。

『土』実家へ戻ると告げるマッサンだが、政志(前田吟)と早苗は大阪へ帰れと認めない。政志は、酒造りを手伝わせた真意をマッサンに語る。


----------------------------------------------------------------------------------------
【11月26日更新】
■ あらすじ(第9週 11/24~11/29放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
『月』マッサン(玉山鉄二)は鴨居(堤真一)に雇ってもらうために鴨居商店を訪れるが、ウイスキーと炭酸水を混ぜた新商品を見せられ、激怒する。

『火』貿易商との会談の通訳を鴨居から頼まれたエリー(シャーロット・ケイト・フォックス)は、もう一度マッサンにチャンスをあげてほしいと鴨居に懇願するが…。

『水』マッサンと鴨居の会談成功のために最高のおもてなしをしたいと考えたエリーは、早苗(泉ピン子)からもらった給金を使って料亭を借りる。

『木』マッサンと鴨居の会談は順調に進んでいたが、ウイスキーの原酒を飲んだ鴨居はピート臭を抑えたウイスキーに改良するよう提案する。

『金』月給100円の化学教師の仕事を引き受けるべきか迷うマッサンとエリー。鴨居もまた、ウイスキーの技術者に誰を招くかで思い悩む。

『土』鴨居と働くことを決めたマッサンとエリーは広島の実家へ報告に帰る。だが、夢と結婚を諦めたと思い込んでいた早苗は不機嫌になる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【12月3日更新】
■ あらすじ(第10週 12 /1~12/6放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
『月』就職が決まり張り切るマッサン(玉山鉄二)はエリー(シャーロット・ケイト・フォックス)にプレゼントをしたいと提案するが、エリーは欲しい物を言い出せない。

『火』意見が食い違う鴨居(堤真一)にいら立つマッサンは、エリーの話を全く聞こうとしない。怒ったエリーは勝手に家の改築話を進めていく。

『水』鴨居の面接方法に面食らい工場配置まで変えられ不満が募るマッサン。エリーは日本家屋の素晴らしさに魅了され、ある事を発見する。

『木』エリーとマッサンは一緒に山崎を散策し、普段話せなかった思いを語り合う。鴨居は工場の模型を前に、山崎の地に勝算を見いだす。

『金』自然環境ではなく、宣伝に便利という理由で山崎を選んだ鴨居の着想に驚くマッサン。一方、エリーは広島の蔵人探しについて考える。

『土』エリーの手紙で、俊夫(八嶋智人)が職人として手伝うことになる。いよいよ始まるウイスキー造りにマッサンとエリーは喜びをかみしめる。


----------------------------------------------------------------------------------------
【12月10日更新】
■ あらすじ(第11週 12 /8~12/13放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
『月』新しい命が宿り喜びいっぱいのマッサン(玉山鉄二)とエリー(シャーロット・ケイト・フォックス)の元に、鴨居(堤真一)が長男の英一郎(浅香航大)を連れてやって来る。

『火』英一郎と生活を共にすることになったマッサンとエリー。だが、英一郎は炊事などは自分でするので干渉しないでほしいと心を閉ざす。

『水』マッサンとエリーは、英一郎の鴨居への恨みが根深いと知る。エリーの妊娠を知ったキャサリン(濱田マリ)らがお祝いパーティーを開く。

『木』病気の母を顧みなかった鴨居を許せないという英一郎の思いを知るエリー。そこに木材を持ったマッサンが現れて、英一郎を庭に呼ぶ。

『金』鴨居は英一郎との関係に悩んでいた。エリーは、マッサンと英一郎と3人で食事をして話し合おうと料理を持って2階の部屋に向かう。

『土』流産して失意のエリーに、マッサンはこの苦難を一緒に乗り越えれば、また幸せが訪れると語り掛け、ようやくエリーに笑顔が戻る。


----------------------------------------------------------------------------------------
【12月21日更新】
■ あらすじ(第12週 12 /15~12/20放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
『月』エリー(シャーロット・ケイト・フォックス)の見舞いに来たキャサリン(濱田マリ)は、マッサン(玉山鉄二)と英一郎(浅香航大)の異変に気付き、エリーの病状を問う。

『火』1週間ぶりに帰宅したエリーには病状を秘密にしておこうと提案するマッサン。そんな中、マッサン不在の山崎工場は混乱を極めていた。

『水』エリーに早く病状を告白するよう勧めるキャサリンに、マッサンは泣きながら苦悩を吐露。キャサリンは必ず乗り越えられると励ます。

『木』子どもの分まで精いっぱい生きようとエリーに語るマッサン。鴨居(堤真一)は英一郎に、明日からマッサンに出勤するよう伝言を残し去る。

『金』エリーは鴨居に、心を裸にして英一郎と話をするよう懇願する。2人はついに向き合い、鴨居は英一郎に妻との約束について語りだす。

『土』鴨居と英一郎の和解を報告するエリーに、マッサンはキャサリンからの養子の話を切り出す。そして、工場のお披露目会の日が訪れる。


----------------------------------------------------------------------------------------
【12月24日更新】
■ あらすじ(第13週 12 /22~12/27放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
『月』鴨居商店の山崎工場が完成し、マッサン(玉山鉄二)とエリー(シャーロット・ケイト・フォックス)の元に娘のエマ(住田萌乃)が来て4年がたち、エリーは妻として、そして母として毎日奮闘していた。一方、マッサンは、ヨーロッパ留学から帰国した英一郎(浅香航大)や俊夫(八嶋智人)らと原酒造りに取り組んでいた。

『火』鴨居(堤真一)から現時点の原酒でブレンドしてほしいと頼まれたマッサン。自分が理想とするハイランドケルトのウイスキーを手に、熟成の足りない原酒で果たしていいウイスキーが造れるのかと思い悩む。

『水』ブレンド作業に取り組むが、若い原酒しかない難しさに直面して苦しむマッサン。エリーはその悩みを聞いて必死に励ます。

『木』あらためてブレンド作業に取り組み始めたマッサン。一方、早苗(泉ピン子)はエリーに、エマのためにも3人で広島に帰ってこいと言って広島へ帰っていく。

『金』マッサンとエリーは日本初の国産ウイスキーを完成させたお祝いをする。エリーは、これまでの苦難の日々を思い出し、やっとマッサンのウイスキー造りの夢が実現したと喜び、涙する。

『土』ピート臭を抑えたウイスキー造りに思い悩むマッサンに、俊夫は政志(前田吟)がそうであったように、何があっても自分の信念を貫き通すべきだとマッサンを励ます。


----------------------------------------------------------------------------------------
【1月7日更新】
■ あらすじ(第14週 1 /5~1/9放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
『月』マッサン(玉山鉄二)と鴨居(堤真一)は対立を深め、鴨居はマッサンに営業へ回るよう命じる。ショックを受けるマッサンだったが、自分が造ったウイスキーを飲む客の顔を自分の目で確かめようと北海道へ向かう。

『火』マッサン不在の中、広島へ駆け付けたエリー(シャーロット・ケイト・フォックス)は、早苗(泉ピン子)の容体が峠を越えたことを知り、亀山家一同と胸をなでおろす。

『水』まだエリーを嫁として認めない早苗に、千加子(西田尚美)はマッサンが広島へ帰ってきたら祝言を挙げさせようと提案する。

『木』ニシン御殿の人々にウイスキーを飲んでもらうが、まずくて飲めない、と不評を買う。しかし、親方の熊虎(風間杜夫)が全部買うと宣言する。

『金』エリーはようやくマッサンと連絡が取れ、マッサンは急いで広島へ向かう。安心して喜ぶ一同だったが、早苗が吐血、医師から残り時間はわずかと告げられる。

『土』政志(前田吟)にこれまでの礼を言う早苗。政志もまた、夫婦になれて良かったと告げる。その時、花嫁姿のエリーが現れ、早苗はその姿をほほ笑みながら眺める。



----------------------------------------------------------------------------------------
【1月14日更新】
■ あらすじ(第15週 1 /12~1/17放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
『月』早苗(泉ピン子)が亡くなり、大阪へ戻ったマッサン(玉山鉄二)とエリー(シャーロット・ケイト・フォックス)。マッサンは再び工場で働くため、鴨居(堤真一)の元を訪ねる。

『火』工場長に復帰したマッサンは、ピート臭が薄くて飲みやすいウイスキーを造ると張り切るが、その姿にエリーはなぜか胸騒ぎを覚える。

『水』鴨居の要求に応えようと、マッサンはピートを炊かない麦芽で原酒を造ろうとまで言い出し、その変貌ぶりに工員たちは不安になる。

『木』マッサンは鴨居も納得するブレンドをようやく完成させ、ついに鴨居ウイスキーレッドラベルが大々的な宣伝とともに発売されるが…。

『金』鴨居商店を辞めて自分の工場を造ろうと決意したマッサンは、エリーと野々村(神尾佑)の元を訪ね、実業家の渡(オール阪神)と会う。

『土』鴨居の元を訪れたマッサンとエリーは、会社を辞めて北海道へ行くと告げるが、鴨居は経営者の厳しさに耐える覚悟があるのかと問う。

----------------------------------------------------------------------------------------
【1月21日更新】
■ あらすじ(第16週 1 /19~1/24放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
『月』1932年、マッサン(玉山鉄二)とエリー(シャーロット・ケイト・フォックス)は北海道・余市へ。マッサンは以前出会ったニシン漁の親方・熊虎(風間杜夫)を訪ねる。

『火』マッサンとエリーは熊虎に、工場を建てるための土地や大工への仲介を相談。快諾した熊虎は、余市は殿様になれる夢の大地だと語る。

『水』地主やりんご組合長で熊虎の義弟・進(螢雪次朗)らにあいさつに行くマッサンとエリーだが、熊虎の名前を出した途端に冷遇され困惑する。

『木』マッサンとエリーは熊虎の娘・ハナ(小池栄子)から、この2年間ニシンが全く来ないことが原因で熊虎が膨大な借金を背負ったことを聞く。

『金』熊虎の家を出ようと言うマッサン。熊虎の思いを知ったエリーは家族を仲直りさせたいと訴える。そこに武井(北原雅樹)と進が現れ…。

『土』熊虎から夢を託されたマッサンは、この地をもう一度たくさんの人々が集う「ウイスキーの里」と呼ばれる場所にすることを強く誓う。

----------------------------------------------------------------------------------------
【1月21日更新】
■ あらすじ(第17週 1 /26~1/31放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
『月』マッサン(玉山鉄二)の会社のりんごジュースは全く売れない。娘のエマ(住田萌乃)はエリー(シャーロット・ケイト・フォックス)との外見の違いに興味を持つ。

『火』成長したらエリーと同じ髪の色になれると信じているエマを見て、マッサンとエリーは真実を告げる時が来たのかもしれないと感じる。

『水』エリーは、エマの問題が想像以上に深刻であることを知る。マッサンは渡(オール阪神)らに大阪へ呼び出され、経営改善を迫られる。

『木』エリーとの外見の違いへの興味が日増しに大きくなるエマ。ハナ(小池栄子)の助言もあり、マッサンとエリーは真実を話そうと決心する。

『金』養女だと知ったエマは元気に振る舞うが、突然、高熱を出して倒れてしまう。授業参観と作文のことをマッサンとエリーは初めて知る。

『土』エマは自分より先に死なないでほしいとマッサンとエリーにお願いし、より一層家族の絆が強くなる。そして、授業参観の日が訪れる。


----------------------------------------------------------------------------------------
【2月4日更新】
■ あらすじ(第18週  2/2~2/7放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
『月』マッサン(玉山鉄二)の工場は軌道に乗り始めるが、輸送時間が原因で返品騒動が起こる。熊虎(風間杜夫)がハナ(小池栄子)に縁談を持ち掛ける。

『火』縁談に動揺するハナと俊夫(八嶋智人)を見て、互いに好意を持っていると感じたエリー(シャーロット・ケイト・フォックス)は2人を引き合わせようとするが…。

『水』ハナと俊夫のぎこちない関係に我慢ができないエリーは、熊虎に2人の気持ちを告げる。だが、熊虎は激怒して俊夫につかみかかる。

『木』ハナと俊夫はついに互いの気持ちを伝え合い、結婚することに。そんな中、マッサンたちの元に大阪から思いも寄らない知らせが届く。

『金』英一郎(浅香航大)の葬儀に訪れたマッサンとエリーは鴨居(堤真一)と再会。生前の英一郎の言葉を聞き、マッサンにある決意が生まれる。

『土』出資者の渡(オール阪神)らからブランデーの蒸留釜設置のための増資を得たマッサンは、俊夫とハナの祝言の場で重大な発表をする。


----------------------------------------------------------------------------------------
【2月11日更新】
■ あらすじ(第19週  2/9~2/14放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
『月』マッサン(玉山鉄二)とエリー(シャーロット・ケイト・フォックス)が余市へ来て8年。マッサンは試行錯誤の末、ついに理想としてきたウイスキーを完成させる。

『火』上杉(北大路欣也)の言葉に勇気が湧いたマッサンは、渡(オール阪神)らにウイスキー造りを隠してきたことを話す決意をするが…。

『水』ウイスキー造りを正式に認めてもらおうとマッサンは頭を下げ、エリーはエマ(優希美青)と共に料理と歌で渡と野々村(神尾佑)をもてなす。

『木』「ドウカウイスキー」という名称に決まり、待ちに待ったウイスキーの初出荷の日を迎える。感無量のマッサンとエリーたちだが…。

『金』ウイスキーが売れず、資金繰りに困るマッサンは渡と野々村に呼び出され、事業を続ける代わりに従業員を半分にするよう命じられる。

『土』余市へ来た大作(西川きよし)と語り合ったマッサンは決意を固め、全従業員に会社倒産の危機を回避するために人員整理を行うと発表する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2月18日更新】
■ あらすじ(第20週  2/16 ~2/21 放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
『月』海軍指定となったマッサン(玉山鉄二)の工場はウイスキーの増産を命じられる。そんな時、エリー(シャーロット・ケイト・フォックス)がけがをして帰ってくる。

『火』エリーとエマ(優希)は工員募集で来た美紀(堀内敬子)と秀子(黒島結菜)の親子を気に入る。2人はマッサンの工場で働くことになる。

『水』余市に来たキャサリン(濱田マリ)はエリーに一緒に英国へ行こうと提案する。マッサンは、そのためには離縁しなければならないと聞く。

『木』英国への船の期限が近づきマッサンとエリーは苦悩する。そんな中、ハナ(小池栄子)はマッサンに、エリーを帰国させるべきだと訴えて…。

『金』苦悩した末に離婚届に署名しようとするマッサン。その時、エリーへのスパイ容疑で特高警察が家に乗り込んできて家宅捜索を始める。

『土』連行されそうになるが、海軍士官(柏原収史)に救われたエリー。マッサンはエリーと共に日本で生きていこうと離婚届を破り捨てる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2月25日更新】
■ あらすじ(第21週  2/23 ~2/28 放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
『月』海軍から酒石酸を採取するよう命じられ、マッサン(玉山鉄二)は一馬(堀井新太)に一任。現状に悩むエマ(優希美青)は一馬に相談するようになる。

『火』エリー(シャーロット・ケイト・フォックス)はマッサンの後継者として一馬が適任だと提案する。一方、一馬は銃後にいる自分が心苦しいとエマに吐露する。

『水』エマと一馬の関係を心配するマッサンとエリーだが、エマは一馬についに好きだと告白し、さらに、自分の恋をマッサンらに白状して…。

『木』エマの一馬への思いを本当の恋愛ではないと断固、否定するエリー。2人は話し合うが、エマは反論し、ついに関係は決裂してしまう。

『金』エリーとエマの関係はさらに悪化。そんな中、一馬から会うのをやめようと言われ、自分への気持ちも答えてくれず、エマは絶望して…。

『土』エマに自分と同じ思いをしてほしくないと、エリーはマッサンにも話していないスコットランドでの初恋の人との出来事を話し始める。

----------------------------------------------------------------------------------------
【3月7日更新】
■ あらすじ(第22週  3/2 ~3/7 放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
『月』一馬(堀井新太)に召集令状が届き、それぞれが一馬のためにできることを考え始める。一馬もまた、出征までにやるべきことを書き出す。

『火』一馬の出征を祝う宴会が開かれて盛り上がるが、エマ(優希美青)だけは気が乗らない。そんな中、熊虎(風間杜夫)が映写機で映像を流し始める。

『水』出征まであと2日となり、貯蔵庫に一馬を呼び出したエマは、せめて一馬の自分への気持ちだけでも聞かせてほしいと懇願するが…。

『木』今までの感謝をする一馬に必ず帰ってこいと告げる俊夫(八嶋智人)。一方、熊虎はエリー(シャーロット・ケイト・フォックス)に、出征する一馬への思いを語る。

『金』エリーは熊虎に一馬への思いを乗せて「オールドラングサイン」を歌ってほしいと懇願するが、一馬の決意が鈍るからと断られる。

『土』一馬が書き上げた、熊虎やハナ(小池栄子)との思い出と感謝がつづられた遺書を、熊虎は涙をたたえて読む。一馬の出征の日の朝が来る。


----------------------------------------------------------------------------------------
【3月11日更新】
■ あらすじ(第23週  3/9 ~3/14 放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
『月』1945年、マッサン(玉山鉄二)は空襲に備え乾燥棟を避難場所にするため補強し、ウイスキーの原酒のたるを山裾の倉庫へ移動させる計画を立てるが…。

『火』ついに余市を爆撃が襲うが、皆が無事で安心するマッサンとエリー(シャーロット・ケイト・フォックス)。だが、一馬(堀井新太)の戦死を知らせる通知が届く。

『水』一馬の分まで力いっぱい生きていこうと熊虎(風間杜夫)は気丈に語り、マッサンは一馬が残した大麦を育てウイスキーを仕込むと決意する。

『木』終戦になり失意の中から抜け出せずにいる皆のために、マッサンは工場の敷地に畑を造ることを提案。そんな中、広島から電報が届く。

『金』少しずつ生活は穏やかになるが、工場を再開できず会社の経営危機に直面するマッサン。そんな時、エリーを訪ね進駐軍がやって来る。

『土』ある日、キャサリン(濱田マリ)が突然訪れ、涙で再会を祝うエリー。一方、マッサンは進駐軍にウイスキーを売るべきか、一人思い悩む。

----------------------------------------------------------------------------------------
【3月18日更新】
■ あらすじ(第24週  3/16 ~3/21 放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
『月』エリー(シャーロット・ケイト・フォックス)にも平穏な日々が訪れた1948年。マッサン(玉山鉄二)は出資者の渡(オール阪神)から、三級酒を造るよう命じられる。

『火』シベリアから日本に帰ってきた悟(泉澤祐希)は、三級ウイスキーを偽物呼ばわりするマッサンに、「酒に本物も偽物もない」と言い放つ。

『水』悟から「本物の酒とは何か」と問い掛けられたマッサンは、ウイスキーの原点を思い出し、安くてうまい三級酒を造る決意をするが…。

『木』三級ウイスキー造りを始めたマッサンの元に、広島から政志(前田吟)と千加子(西田尚美)が来る。悟はマッサンの手伝いがしたいと願い出る。

『金』三級ウイスキー造りに苦悩するマッサンは政志の助言を受け、ウイスキーの肝となるキーモルトを見つけるために原酒を試飲し続ける。

『土』香料も着色料も使わない三級ウイスキーを完成させたマッサンは試飲会を開催。大阪から澤田(オール巨人)が来て、その酒を口にする。


----------------------------------------------------------------------------------------
【3月25日更新】
■ あらすじ(第24週  3/23 ~3/28 放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終週】
『月』1949年、ドウカのウイスキーが評判となった中、俊夫(八嶋智人)は広島に帰って亀山の酒蔵を守りたいとマッサン(玉山鉄二)に打ち明ける。

『火』マッサンのウイスキー「スーパードウカ」はヒット、エリー(シャーロット・ケイト・フォックス)も幸せな日々を送る中、エマ(木南晴夏)が3年ぶりに帰国する。

『水』マッサンは、最近昔話ばかりしスコットランドの別れの歌を歌うエリーの本当の病状を知りたいと主治医の一恵(天海祐希)に懇願する。

『木』エリーの本当の病状を知ったマッサンは結婚式を挙げたいと提案する。だが、エリーは倒れ、命の時間が残り少ないことを告げられる。

『金』最期の時が近づき2人きりになったエリーはマッサンに1通のラブレターを手渡す。2人はこれまでのさまざまな思い出を語り合う。

『土』エリーからの手紙を読み、決意の顔になるマッサン。10年後、ウイスキー「スーパーエリー」がスコットランドの栄誉ある賞に輝く。

関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック