FC2ブログ
2019 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2019 12

2014年秋、日曜ドラマ『 日曜オリジナルドラマ 連続ドラマW「悪貨」』

kage

2014/12/21 (Sun)

★11月23日スタート 

WOWOWプライム毎週日曜 午後10:00~午後11:00

 日曜オリジナルドラマ 連続ドラマW 悪貨


----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:島田雅彦「悪貨」(講談社文庫)/監督:権野元/脚本:渡辺千穂

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
•野々宮冬彦(及川光博)
中国の闇組織で暗躍し、巨額の資金を操る謎の投資家。現存の貨幣制度にとらわれない社会作りを企てている。

•宮園エリカ(黒木メイサ)
警視庁捜査二課の捜査官。マネーロンダリングの疑いが掛かる宝石店に潜入捜査する中で、野々宮に接触して素性を探り始める。

•島袋一郎(林遣都)
通称・フクロウ。偽札鑑定のプロフェッショナル。偽札の出どころを探る警視庁から直々に召喚される。

•鉄幹(阿部力)
国際偽造通貨組織のボス・郭解の部下。野々宮冬彦の動きを探っている。

•池尻睦郎(笹野高史)
野々宮の養父ともいえる存在で、野々宮が資金援助をしている団体「彼岸コミューン」の創始者。かつては大学教授だった。

•郭解(石橋蓮司)
野々宮に日本の紙幣印刷技術を指示する、国際偽造通貨組織のボス。

•日笠(豊原功補)
警視庁捜査二課の警部。エリカの上司。

•後藤伸五(高橋克実)
「島袋印刷」の印刷職人で、偽札作りの天才的技術を持つ。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
及川光博と黒木メイサのW主演による、戦慄の金融サスペンス
作家・島田雅彦による同名金融サスペンス小説を、WOWOWドラマ初登場の及川光博と黒木メイサのW主演で実写化。誰にも見破れないほど精巧な偽札がばらまかれたことを発端に、若き大富豪、美しい潜入捜査官、偽札鑑定のスペシャリストなどの思惑と欲望が渦巻いていく様を描く。巨額の資金を操る投資家・野々宮冬彦を及川光博、警視庁で経済犯罪を担当する潜入捜査官・宮園エリカを黒木メイサが演じる。そのほか林遣都、阿部力、笹野高史、石橋蓮司、豊原功補、高橋克実ら実力派が脇を固める。




----------------------------------------------------------------------------------------
【10月29日更新】
■ あらすじ(第1話 11/23放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
静岡の銀行で、最新鋭の鑑定機もすり抜けてしまうほど精巧な偽札が見つかったのを皮切りに、100枚の偽札が流通していたことが判明する。偽札の出どころを探るため、警視庁は通称・フクロウと呼ばれる偽札鑑定のスペシャリスト・島袋一郎(林遣都)を召喚する。捜査が進む中、マネーロンダリングの疑いが掛かる宝石店に潜入捜査を行っていた警視庁捜査二課の捜査官・宮園エリカ(黒木メイサ)は、巨額の資金を操る投資家・野々宮(及川光博)に出会う。

----------------------------------------------------------------------------------------
【11月29日更新】
■ あらすじ(第2話 11/30放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
宝石店社長・張(冨樫真)の台湾出張に同行したエリカ(黒木メイサ)は、ブラックマネーの元締めと見られる富豪・野々宮(及川光博)の素性と資金源を探ろうと個人的に接触を図る。一方、日笠(豊原功補)は近年急速に信者を増やしている「彼岸コミューン」の不自然な金の流れに疑念を抱き、内部の1万円札を入手。再び、偽札鑑定のプロ・フクロウ(林遣都)に鑑定を依頼する。


----------------------------------------------------------------------------------------
【12月3日更新】
■ あらすじ(第3話 12/7放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
ハシバ本社の秘書室に異動になった一之瀬(斎藤工)は、専務取締役の最上(柴俊夫)が宇都宮に頻繁に出掛けていることを知る。3千万円の裏金の使途を探るため、一之瀬は吉田(戸次重幸)の取材網を通じて最上の行動を調べ、行き先が宇都宮の病院だと突き止める。一方、番場(満島真之介)の調査により、最上が連絡を取っている子会社・ハシバメディカルの経営難が判明する。


----------------------------------------------------------------------------------------
【12月10日更新】
■ あらすじ(第4話 12/14放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
後藤(高橋克実)が日本の警察に奪還されたことで、野々宮(及川光博)は通貨偽造組織のボス・郭(石橋蓮司)の信頼を失い窮地に立たされる。そこで、野々宮はエリカ(黒木メイサ)を使って警察や政府と取引しようと、急きょ帰国することに。一方、既に素性を知られてしまったエリカは、日笠(豊原功補)から野々宮との接触を禁じられるが、単身、空港へと急ぐ。そんな中、後藤は日笠から、減刑することと引き換えに情報提供を迫られる。


----------------------------------------------------------------------------------------
【12月21日更新】
■ あらすじ(第5話 12/21放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
野々宮(及川光博)は自身の故郷ともいえる「彼岸コミューン」と接触を図るが、警察に追い詰められてしまう。しかし、そこへバイクに乗った島袋(林遣都)が現われる。そして、行き場を失った野々宮は、全てが始まった‘あの場所’にたどり着く。
関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック