FC2ブログ
2019 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2019 12

2014年秋、火曜ドラマ『プレミアムよるドラマ キャロリング~クリスマスの奇跡~ 』

kage

2014/12/23 (Tue)

Arikaシネマ2014b4

★11月4日スタート 

NHK BSプレミアム毎週火曜 午後11:15~午後11:45

 プレミアムよるドラマ キャロリング~クリスマスの奇跡~



----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:有川浩「キャロリング」(幻冬舎)/脚本:鹿目けい子/脚本:有川浩/演出:塚本連平/演出:府川亮介/制作統括:後藤高久/制作統括:井上竜太

主題歌:広瀬香美「運命のクリスマス」

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
•大和俊介(三浦貴大)
子供服メーカー「エンジェルメーカー」に勤める30歳の営業マン。かつて柊子と交際しており、結婚するつもりだったが、自らの生い立ちに関わるある理由から、気持ちがすれ違い破局。しかし、互いに未練がある。


•折原柊子(優香)
エンジェルメーカー系列の「学童保育エンジェル」の社員で子供好き。31歳。12月25日のクリスマスに会社が倒産することになり、その日に故郷の新潟に帰ることを決意。しかし、元恋人の俊介への思いを断ち切れずにいる。

•田所航平(鈴木福)
「学童保育エンジェル」に通う小学4年生。両親が別居中で、もうすぐ離婚するため、母親の転勤先のハワイについていくことになっているが、どうにか離婚を阻止することはできないかと心を痛めている。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
クリスマスまでの数週間を舞台に描く、涙と笑いの感動ストーリー
「図書館戦争」「空飛ぶ広報室」など数々の作品が映像化されてきたベストセラー作家・有川浩の「キャロリング」をドラマ化。クリスマス倒産が決まった会社で働く元恋人の男女、両親の離婚問題に悩む小学生、図らずも裏稼業に身を落としてしまったチンピラ。それぞれが愛を求めて懸命に生きる姿を優しい視点で描く。元恋人を演じる三浦貴大、優香のほか、鈴木福、阿部丈二、中別府葵、白羽ゆり、櫻井淳子、石井正則、ミッキー・カーチス、中田喜子らが出演。





----------------------------------------------------------------------------------------
【10月21日更新】
■ あらすじあらすじ(第1話 11/4放送 ※深夜1:26~深夜1:56)
----------------------------------------------------------------------------------------
クリスマスまであと20日のある日、俊介(三浦貴大)と柊子(優香)の働く子供服製作と学童保育の会社が25日をもって廃業と決まる。学童に通う航平(鈴木福)は、離婚する母・圭子(櫻井淳子)と共に年明けからハワイに行くことになり、最後まで学童に残ることに。航平から父・祐二(石井正則)に会いたいと頼まれた柊子は、ひそかに航平を祐二のいる横浜に連れていくが…。


----------------------------------------------------------------------------------------
【11月5日更新】
■ あらすじあらすじ(第2話 11/11放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
俊介(三浦貴大)は航平(鈴木福)の書いた物語がつづられたノートを読んでしまう。家族を取り戻したいと願う航平は俊介に、今度は一人で父・祐二(石井正則)に会いに行くと告げる。そのころ、柊子(優香)は英代(中田喜子)から俊介のつらい生い立ちを聞いていた。一方、祐二が働く整骨院に脅しをかける金融業者・赤木(阿部丈二)には2千万円の金が必要な理由があり…。


----------------------------------------------------------------------------------------
【11月18日更新】
■ あらすじあらすじ(第3話 11/18放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
俊介(三浦貴大)は柊子(優香)と航平(鈴木福)と共に、祐二(石井正則)が働く横浜の整骨院へ行く。別居をやめて家に帰るよう説得する航平に対し、祐二は自分の浮気が別居の原因だと打ち明ける。そこへ借金取りのチンピラが現れるが、俊介がうまく撃退。翌日、整骨院の客・大嶽(ミッキー・カーチス)が学童保育にいる航平を訪ね、両親の離婚阻止に協力しようと持ち掛けてくる。


----------------------------------------------------------------------------------------
【11月25日更新】
■ あらすじあらすじ(第4話 11/25放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
俊介(三浦貴大)は柊子(優香)の見合い話を知ってショックを受ける。一方、同僚の朝倉(白羽ゆり)から見合いのことをただされた柊子は、俊介を忘れられない自分に気付く。整骨院長・冬美(長谷川真弓)に気に入られたい大嶽(ミッキー・カーチス)が赤木(阿部丈二)の事務所を訪ね、借金の肩代わりを申し出た。航平(鈴木福)は、自分が大嶽を非難したせいだと思い…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【12月2日更新】
■ あらすじ(第5話 12/2放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
航平(鈴木福)が祐二(石井正則)に会っていることを知った圭子(櫻井淳子)は激怒。俊介(三浦貴大)は航平に、物語を書いたノートを圭子に見せるよう促す。航平のノートを読んだ圭子は、クリスマスに家族3人で過ごすことを了承し、航平は喜ぶ。一方、赤木(阿部丈二)の部下の糸山(駒木根隆介)と石田(清水優)は、赤木とレイ(中別府葵)のため2千万円を用意しようとする。

----------------------------------------------------------------------------------------
【12月9日更新】
■ あらすじ(第6話 12/9放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
赤木(阿部丈二)の部下・糸山(駒木根隆介)と石田(清水優)は、柊子(優香)と航平(鈴木福)を誘拐し、整骨院に身代金2千万円を要求する電話をかける。一方、何も知らない赤木は俊介(三浦貴大)の訪問を受け、誘拐が部下の仕業だと察知する。やがて、祐二(石井正則)の元に、監禁された柊子と航平の動画に加え、警察に連絡したら2人の命はないと書かれたメールが届く。


----------------------------------------------------------------------------------------
【12月16日更新】
■ あらすじ(第7話 12/16放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
柊子(優香)、航平(鈴木福)、祐二(石井正則)まで人質になり、赤木(阿部丈二)は交渉相手に俊介(三浦貴大)を指名してきた。一方の赤木はレイ(中別府葵)に、柊子を連れて移動するよう指示し、もし自分が捕まったら逃げろと言う。足りない身代金を大嶽(ミッキー・カーチス)に借り、金を用意した俊介は赤木の指示を受け移動。そのころ、レイと2人になった柊子は、赤木がレイのために金を用意しようとしていると知る。


----------------------------------------------------------------------------------------
【12月23日更新】
■ あらすじ(第8話 12/23放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
柊子(優香)の無事を確かめるまでは、身代金を渡さないと言う俊介(三浦貴大)に、赤木(阿部丈二)は銃口を向ける。しかし、そこへ戻ってきたレイ(中別府葵)の叫び声によって手元が狂い銃弾は俊介を外れ、駆けつけた警察によって赤木たちは逮捕される。そして、クリスマスの日を迎え、航平(鈴木福)は念願の家族パーティーを楽しみ、俊介と柊子たちは会社廃業の宴会に出席する。


関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック