FC2ブログ
2020 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2020 10

倒立する塔の殺人/皆川 博子

kage

2014/11/05 (Wed)

  ■2014年11月のテーマ特集本!
Arikaふせん深緑a

ミステリーノベルズだけでなく、

さまざまな謎や不思議に出会うタイトルを集めました。


★縮みあがるほどの恐怖は嫌だけど、どきどきしたり、わくわくしたり、読み終えてスッキリするのは、ストレス発散によさそうです。


アイコンりす今回の書籍案内人・・・・Arika


少女を殺したのは、物語に秘められた毒――

物語と現実が絡み合う、万華鏡のように美しいミステリーに挑む!

きっと、あなたも甘やかな恐怖に絡めとられるかも・・・


倒立する塔の殺人 (ミステリーYA!)倒立する塔の殺人 (ミステリーYA!)
(2007/11)
皆川 博子

商品詳細を見る



内容(「BOOK」データベースより)

戦時中のミッションスクールでは、少女たちの間で小説の回し書きが流行していた。蔓薔薇模様の囲みの中に『倒立する塔の殺人』とタイトルだけ記されたその美しいノートは、図書館の書架に本に紛れてひっそり置かれていた。ノートを手にした者は続きを書き継ぐ。しかし、一人の少女の死をきっかけに、物語に秘められた恐ろしい企みが明らかになり…物語と現実が絡み合う、万華鏡のように美しいミステリー。




Arikaアイコン(小)1

時体制下、学徒勤労動員や爆弾による校舎の共有によって知り合った都立**高女とミッションスクール**女学院の生徒たち。

女子高生同士の思慕やたわいない流行に並ぶように、**女学院には戦前にいた外国人教師が不可解な事故で死亡したなどという噂もある

豪華な本(ノート)に回し書きされる手記や小説と、それを書かせることになる実際のできごとがリンクして、何が事件なのかすらわからなくなってくる。

少女的で妖しくて、幻想的で退廃的な世界に浸っているうちに、誰が被害者で、誰が犯人で、誰が解き明かすのか、どうでもよくなってくるけど、最後の手記で見事にすっきり!




F03-b104.gif 
■当ブログを「厳選!書籍全般レビューブログ」の1つとして紹介させて頂いております。


■新書・文庫本に関する人気のおすすめ感想ブログ・書評レビューまとめランキングサイト
新書・文庫本マニア

あなたの大好きな新書・文庫本の情報を探してみませんか?

新書・文庫本マニアは、おすすめ情報・感想ブログ・書評レビュー・Twitter・ニュース・Q&Aなど、話題になっている口コミ・記事をまとめた本の人気ランキングサイトです。

様々な切り口から、あなたの大好きな新書・文庫本の情報を探してみませんか?





関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック