FC2ブログ
2019 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2019 12

2014年秋、土曜ドラマ『ダークスーツ 』

kage

2014/12/27 (Sat)

★11月22日スタート 

NHK総合 毎週土曜 午後9:00~午後10:00

 ダークスーツ


----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:荒井修子/演出:伊勢田雅也/演出:土井祥平/制作統括:谷口卓敬

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
•一之瀬諒(斎藤工)
ハシバエレクトロニクスの子会社・ハシバ営業サービス社員。粘り強い営業能力と嗅覚に目を付けた松木の抜てきで本社に出向となる。裏金作りに手を染める会社の闇を知り、松木に協力する。

•松木清臣(石丸幹二)
ハシバエレクトロニクス社長。米国の中堅電機メーカーを再建させた実績から、新社長に迎えられる。一之瀬ら5人の若手社員に、経営危機にひんした会社の再生プランを考えることを命じる。

•番場智彦(満島真之介)
真ハシバエレクトロニクス製品開発部社員。高機能を重視する社内にあって、真逆の単機能・低価格製品の開発を提案するが、採用されずくすぶっている。気が弱く、オタク気質な一面も。

•一之瀬美砂子(倉科カナ)
諒の妻。重い病が発覚し、入院を余儀なくされる。大の将棋好き。

•高根沢志桜里(市川由衣)
ハシバエレクトロニクス知財部社員。女性が軽視される古い企業体質を打破したいと思っている。

•井岡哲郎(大杉漣)
ハシバエレクトロニクス取締役。松木の社長就任を快く思っていない。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
斎藤工が苦境に立つ電機メーカーの再生に挑む社員役を演じる社会派ドラマ
長い歴史を誇る総合電機メーカーの社内で、ひそかに裏金作りが行われていることを知った子会社の社員・一之瀬諒(斎藤工)が、苦境に立つメーカーを再生させるため、大規模なライセンスビジネスを展開しようと決意。行く手を阻む取締役たち役員に闘いを挑んでいく。土曜ドラマ枠は「ハゲタカ」(2007年)、「メイドインジャパン」(2013年)など骨太の社会派ドラマを数多く送り出したことでも知られ、今作のオリジナル脚本は、ドラマ「パパとムスメの7日間」(TBS系)、「島の先生」(NHK総合)などを手掛けてきた荒井修子が務める。






----------------------------------------------------------------------------------------
【11月15日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
電機メーカー・ハシバエレクトロニクスの子会社社員・一之瀬諒(斎藤工)は、米国からやってきた新社長の松木清臣(石丸幹二)から粘り強い営業能力を買われ、本社への逆出向を言い渡される。その後、経営改善のためにハシバグループのコスト削減案の提出を命じられ、集められた社員らとともにアイデアを模索していた一之瀬は、ベトナムでのライセンスビジネスという新しい事業プランを見いだす。しかし、これをきっかけに、一之瀬はハシバグループが裏金作りを続けていたと知ることになる。会社の在り方を正して夢をかなえるために、改革を断行しようと決意を固めるが、目の前には次々と大きな壁が立ちはだかっていく。

----------------------------------------------------------------------------------------
【11月22日更新】
■ あらすじ(第1話 11/22放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
中堅電器メーカー・ハシバエレクトロニクスの子会社で営業をしている一之瀬(斎藤工)はある日、本社への逆出向を命じられる。何の取りえもない自分がなぜと、一之瀬は疑問に思う。アメリカからやって来た新社長の松木(石丸幹二)は、一之瀬の営業マンとしての粘りに目を付け、ハシバグループの経営改善案を考えさせようとしたのだ。一之瀬は組むことになった番場(満島真之介)とコスト削減案を模索すべくベトナムへ向かう。


----------------------------------------------------------------------------------------
【11月29日更新】
■ あらすじ(第2話 11/29放送 ※午後9:15~午後10:15)
----------------------------------------------------------------------------------------
一之瀬(斎藤工)はハシバグループが本社と子会社の間の仕事の受発注の陰で裏金を作り続けていたことを知る。元上司・瀧(榎木孝明)も裏金の存在を知るがそれを黙認することを役員たちに約束し、ハシバ本社の取締役の座を手に入れる。一之瀬はハシバを変えようと決意し、瀧を打倒するために彼に接近。まず、瀧の昔の取引先だったイスミ製造社長・井澄(野添義弘)に近づくが、取引後、1億円の賠償金を請求される。

----------------------------------------------------------------------------------------
【12月6日更新】
■ あらすじ(第3話 12/6放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
ハシバ本社の秘書室に異動になった一之瀬(斎藤工)は、専務取締役の最上(柴俊夫)が宇都宮に頻繁に出掛けていることを知る。3千万円の裏金の使途を探るため、一之瀬は吉田(戸次重幸)の取材網を通じて最上の行動を調べ、行き先が宇都宮の病院だと突き止める。一方、番場(満島真之介)の調査により、最上が連絡を取っている子会社・ハシバメディカルの経営難が判明する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【12月13日更新】
■ あらすじ(第4話 12/13 放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
一之瀬(斎藤工)は、ハシバの裏金の鍵を握る重要人物である常務取締役の里中(石丸謙二郎)に接近。ハシバの裏金は何のためなのか謎を解明しようと里中を探る中、家電量販店でハシバの家電の販促を担当していたイベント会社の元社長が、里中のせいで倒産してしまったと怒鳴り込む場面に居合わせる。そんな中、ハシバは取引銀行から、10日後に迫った四半期決算次第で期待できない部門を廃止するよう求められる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【12月20日更新】
■ あらすじ(第5話 12/20 放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
ハシバの闇が始まった過去の写真に、子どものころの松木(石丸幹二)がなぜ写っているのか。一之瀬(斎藤工)がその理由を松木に聞くと、松木は父がハシバの研究所員で成果が出せず、自殺したと話す。そこへ吉田(戸次重幸)から、ニクソンインスツルメンツがソフィア・ファンドに買収されるらしいと連絡が入る。


----------------------------------------------------------------------------------------
【12月27日更新】
■ あらすじ(第6話 12/27 放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
松木(石丸幹二)は自らの出生の秘密を一之瀬(斎藤工)に話し、母の寿々子(赤座美代子)は年老いてからは松木を御園(竜雷太)だと思い込んでいるという。また松木は、研究所の責任を松木の義父・長沼(清水章吾)に押し付けた御園が許せないと話す。御園は松木にハシバの上場の話はやめてくれと頼むが、松木は譲らない。一之瀬は2人には和解が必要だと訴えるが、松木はハシバは自分が終わらせると告げる。


関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック