FC2ブログ
2020 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 09

2014年中にチェックしておきたい、大注目の新人9/18人の作家たち

kage

2014/11/16 (Sun)

Arikaシネマ2014b1

Arika賞をとった本

賞をとって話題になった本には、人を惹きつける魅力がある。

いつか読もうと思っていた賞をとった作品を

この機会に手に取って読んでみませんか?

ペンギンアイコン3 『2014年中にチェックしておきたい、大注目の新人/18人の作家たち』

まだ1~2冊しか単行本が刊行されていない新人作家の中から、大プッシュの18人を選びました。

3人ずつ計6回に分けての更新3回目。


D23-f008.gif 第34回横溝正史ミステリ大賞受賞作
 神様の裏の顔 /藤崎翔(著)

神様の裏の顔 角川書店単行本神様の裏の顔 角川書店単行本
(2014/09/26)
藤崎 翔

商品詳細を見る


著者:藤崎翔
ジャンル:文芸日本文学横溝正史ミステリ大賞
レーベル:角川書店単行本
出版社名:KADOKAWA / 角川書店
配信開始日2014年09月26日

あらすじ・内容
神様のような清廉な教師、坪井誠造が逝去した。その通夜は悲しみで包まれ、誰もが涙した――と思いきや、年齢も職業も多様な参列者たちが彼を思い返すうち、とんでもない犯罪者であった疑惑が持ち上がり……。 
----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)1「元お笑い芸人が描く驚がくのミステリ」
周りから神様のようにいい人だと思われていた元中学校の校長の通夜で持ち上がる「実はとんでもない殺人鬼だったんじゃないか」疑惑。小さな棘のような引っ掛かりがやがてアパートの店子や元同僚の教師、教え子、近所の人などの証言からどんどんと疑惑が広がって、やがて大きな疑心になっていく…。いったん広がった疑惑を否定してさらにひっくり返してみせる手際は重苦しさもなく手際よく進んでいく。横溝正史賞にして軽い作品だが、一筋縄でいかない感じが良かったし、なかなか面白い展開でした。人の評判って意外と簡単にひっくり返っちゃうんだなぁ。いい人だと言われていても、あっさり落ちたりするんだよな…ちょっと怖くなった。人々の心に浮かんだ針の先ほどの小さな疑惑がだんだん大きくなって、もうそれ以外考えられん・・・という心境の変化が実に興味深かった。 人の考えって流されるってこんな感じなんだろな、なるほど! ? ただひとつ、ラスト一行のオチは、元お笑い芸人の著者にしてはちょっと落とし損ねたか?

藤崎翔(ふじさき・しょう) 
1985年、茨城県出身、東京都在住。28歳。高校卒業後に上京し、2010年まで「セーフティ番頭」というコンビで6年間お笑い芸人として活動。2014年に本作『神様の裏の顔』(受賞時『神様のもう一つの顔』)で第34回横溝正史ミステリ大賞を受賞しデビュー。現在、家賃4万5千円のアパートに暮らし、朝3時間ほど清掃業のアルバイトをしながら執筆を続けている。






D23-f009.gif 第16回ボイルドエッグズ新人賞受賞作!
 気障でけっこうです /小嶋陽太郎(著)

気障でけっこうです 角川書店単行本気障でけっこうです 角川書店単行本
(2014/10/30)
小嶋 陽太郎

商品詳細を見る


著者:小嶋陽太郎
ジャンル:文芸日本文学
レーベル:角川書店単行本
出版社名:KADOKAWA / 角川書店
配信開始日:2014年10月30日

あらすじ・内容
その日、少女が公園で出会ったのは、首まで地面に埋まっている“おじさん”でした――なぜ、彼はしっぽり穴に収まっているのか!? 女子高生と、なぜか幽霊となってしまったおじさんの不思議な日々が始まった!?
----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)1「少女と幽霊のかけがえのない日々」
ある辺鄙な公園で首だけ出して穴にしっぽり埋まってる七三分けの男ってナニ?!そしてその男をどうにかして自力で助けようとした途中で交通事故に見舞われた女子高生きよ子。この奇妙なアクシデントが思わぬ展開を繰り広げ、いきなり冒頭から素っ頓狂な設定に一気に引き込まれてしもうた。七三の幽霊に憑りつかれたメガネの女子高生。って、なんじゃそれ! ここだけ読んだだけでも面白くない訳がない気がする。 で、読んだけど、予想以上に面白かった。シチサンときよ子の漫才かと思えるとボケた会話が面白い。きよ子の親友で超変わり者のキエちゃんもすごくいい味出してる。。 ちょっとそこうまく行きすぎ、ってところも無きにしも非ずだけど、それでも充分楽しめた。 ファンタジック要素満載だけどこういうのなら大歓迎! めっちゃおもしろいじゃないの!あたし好きだわぁ(-^艸^-)

小嶋陽太郎(こじまようたろう)
1991年、長野県松本市生まれ。信州大学人文学部在学中。2014年、本作品で、第16回ボイルドエッグズ新人賞を受賞





D23-f010.gif 新人第一作としては素晴らしい出来なので、是非「SF新星期待賞」として紹介!
 環八イレギュラーズ /佐伯瑠伽(著)

環八イレギュラーズ/中央公論新社

¥1,998
Amazon.co.jp

著者:佐伯瑠伽
ジャンル:文芸
レーベル:――出
版社名:中央公論新社
配信開始日:2014年10月31日

あらすじ・内容
「弟さんは、今、私の中に、いると思う」コミュニケーション障害とオタクを自覚している高校2年生の喚子。ある日、彼女の身体に「何か」が侵入してきた。その「何か」は「脱獄囚」を追って他の宇宙から来た「刑事」だと名乗り、30分以内に同級生の弟に触れないと喚子の人格が消えると通告。なんとか触れたまでは良かったが、「何か」は同級生の弟へ、弟の人格は喚子の中へ転移してしまう。元の身体を取り戻すため、喚子ら二年B組イレギュラーズは刑事の捕り物を手伝うことになるが……!? 規格外の大型新人デビュー! コミュ障女子+自閉症男子が地球を救う!
----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)1「怒涛のクライマックス! 人類への希望と愛が透けて見える。サイコー!!」
タイトルからは思いつけなかったサイバーSFチックな話の超B級観が面白かった。登場人物が全員キャラ濃いね! 茜ちゃんの属性過多っぷりがかわいかった。喚子ちゃんと神奈弟のコンビ、素敵だったー! SF小説だけど、推理もの要素も多々あるので、推理小説が好きな人にもオススメ! 最後の最後、財所紫苑さんが、喫茶店で笑むシーンが好きです。音声ではコミュニケーションができない宇宙人との少々めんどくさい意思伝達手段、潜伏した敵を探す方法などが面白くて飽きなかったが、ラスト近くは伏線なく現れる都合のいい人間関係などで急ぎすぎた感が多少あったが、デビュー作なので、語り過ぎたりつっかえたりする部分はそこそこあっても気にならないというか単純に良い息抜きとして楽しめた。 キャラが濃くても、ラノベにありがちなキャラ立ち優先なエンタメものとは全然違う熱さというか…。 SF新人第一作、それも特に賞を受賞したわけではないということなので出版の経緯は謎だが、新人第一作としては素晴らしい出来であり、明確に新しく、コンセプトが明瞭で、この時点で物語るスタイルをほぼ確立している。何より新しいものをやろう、小説でできることをやろうとするパワーに溢れている。文体もキャラクタのノリも展開のスピードも何から何まで新しい期待のSF新人!

佐伯瑠伽(サエキルカ)
東京生まれ。受賞歴なし。『環八イレギュラーズ』でデビュー。




関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック