2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

2017年冬、金曜ドラマ『奪い愛、冬』

kage

2017/03/03 (Fri)

Arikaシネマ2014b4

★1月20日スタート 

テレビ朝日系 毎週金曜 午後11:00~深夜0:15

 奪い愛、冬

Arika注目1hこの愛、激しすぎて止まらない…
2017年冬、金曜の夜はノンストップでドロキュン劇場!

2016年版ドラマ『不機嫌な果実』のスタッフが、鈴木おさむ(脚本)と新タッグを組み、登場人物らの“奪い合う”恋愛=“奪い愛”をスピーディー&スリリングに描写します。主演に倉科カナ、その婚約者役に三浦翔平を迎えておくるドロドロしてるけどキュンとする“金曜の夜のドロキュン劇場”。激しく吹き荒れる愛の突風が、冬の嵐を巻き起こします!

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:鈴木 おさむ/音楽:沢田 完/ゼネラルプロデューサー:横地 郁英(テレビ朝日)/プロデューサー:川島 誠史(テレビ朝日)遠田 孝一(MMJ)八巻 薫(MMJ)/演出:樹下 直美 ほか/制作:テレビ朝日MMJ

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
池内 光(倉科 カナ) 
デザイン会社で働く女性。正義感が強く、先が読めてデキる女。実家は小さな定食屋さんを営んでいる。父親は幼い頃に病死し、母親に女手ひとつで育てられた。同じ会社で付き合っている、同い年だが後輩の男性・奥川康太にプロポーズされ、婚約することに。仕事場では康太にも厳しく接するが、プライベートでは結婚を目前にウキウキした日々を送る。ところがある日、かつて死ぬほど愛したにもかかわらず、突然姿を消してしまった元彼と再会。自制しようとする気持ちとは裏腹に、今では妻帯者である元彼への愛が再燃し、彼を求め始めていく…。

奥川 康太(三浦 翔平) 
池内光の婚約者。光と同じデザイン会社に勤務。料理研究家の母親に溺愛されている。裕福な家庭で大事に育てられてきたからか、優柔不断の癒し系。その反面、ここぞという時には意志の強さも発揮する。現在の会社にも、デザインをやりたい気持ちを抑えられず、母親のコネで就職した会社を辞めて自力で転職した。光との婚約の意志も、母親の猛反対に遭っても決して揺るがない。だが、光の心は元彼へと吸い寄せられていくことに。光の心が離れるに従い、彼女への愛と嫉妬心が強まり、どんどん“嫌な自分”になっていく…。

森山 信(大谷 亮平) 
池内光の元彼。旧姓・尾田。かつては光の上司であり、結婚を意識した恋人でもあった。だが突然、ある事情から一方的に別れを告げ、光の前から姿を消した…。現在は、幼馴染の森山蘭と結婚しており、別のデザイン会社に勤務。その有能な働きぶりから高い評価を得ている。福岡勤務だったが、ある日、3カ月限定で東京勤務になる。そこで、どんな運命のいたずらか、光と再会し…!?


豊野 秀子(秋元 才加) 
池内光と奥川康太と同じデザイン会社に勤務。明るい性格で、社内でも評判が良く、先輩の光とも仲がいい。だが、それはあくまで表の顔…。実は康太のことが好きで、光との仲を壊そうと画策している。

尾上 礼香(ダレノガレ明美) 
奥川康太の幼なじみ。奥川家とは家族ぐるみの付き合いをしている。大学時代には康太と付き合っていた。康太の母・美佐は息子と結婚させたがっているが…!?

加藤 清(西銘 駿) 
森山信の会社の後輩。信が行くところには、どこにでもついていく右腕的存在。仕事がデキる信のことを尊敬している。

斎藤部長(ミスターちん) 
森山信が働くデザイン会社の部長で、直属の上司。信の妻・蘭のこともよく知っているようで…!?

池内 麻紀(キムラ緑子) 
池内光の母。下町で小さな定食屋さんを営んでいる。夫を病で亡くした後、女手一つで光を育ててきた。経済的に苦しい状況にある母を助けようと、毎月給料の一部を仕送りしてくれる光に対し、心苦しさを感じている。光の幸せを誰よりも強く願っており、奥川康太との結婚にも賛成するが…?

武田 玄(三宅 弘城) 
池内光の会社の部長。かつて部下だった森山(尾田)信に強烈なライバル意識を持っていた。光のことが好きだったが、フラれた過去がある。現在は人知れず、部下の豊野秀子と親密な関係にある。

奥川 美佐(榊原 郁恵) 
奥川康太の母。料理研究家。夫は不動産で成功している金持ち。一人息子の康太を溺愛している。康太が自分には何ひとつ報告せぬまま光と付き合っていた上に、いきなり結婚したいと言い出したことが気に入らず、光に対してさまざまな形で陰湿な嫌がらせをする。

森山 蘭(水野 美紀) 
森山信の妻。小さい頃からずっと信のことが好きだった。信が夫となった現在も、彼のことを激しく愛しており、東京勤務にも同伴する。そんな中、信と光が再び接触しだしたことに勘づき、猛烈に嫉妬の炎を燃やしていくことに…。過去に、ある事件に巻き込まれて以来、右足が動かない。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
倉科カナが道ならぬ恋愛に一直線の”激情型女子”に
愛とは時に美しく、時に激しく、そして時に残酷なもの…。そんな“きれいごとだけでは決して語れない愛”をさらけ出していく“攻める恋愛ドラマ”が、2017年1月から金曜ナイトドラマ枠に登場します。主演に倉科カナ、彼女の婚約者役に三浦翔平を迎えておくるそのドラマとは…『奪い愛、冬』! 登場人物たちの“奪い合う”恋愛をスピーディーかつスリリングに描き出す、ドロドロしてるけどキュンとするノンストップ恋愛ドラマです。
 
脚本を担当するのは、さまざまな分野でエンターテインメント界をけん引する鈴木おさむ氏。脚本、作詞、小説、演出…と八面六臂の活躍を続ける放送作家の鈴木氏が、完全オリジナル作品で金曜の夜にどんな爆弾を落としてくれるのか…!? 期待は高まる一方です。また、本作を制作するにあたっては、演出の樹下直美をはじめ、2017年1月にスペシャルドラマで帰ってくる『不機嫌な果実』(2016年4~6月放送)のスタッフも再集結! 果敢なアプローチで禁断の愛を描き切った彼らが、鈴木氏とタッグを組み、新たな視点からまたも“道ならぬ恋愛”をえぐり出していきます。

光と康太を中心に繰り広げられる『奪い愛、冬』。しかし、“奪い愛”がこの2人と、光の元彼の間だけで収まると思ったら大間違いです。なんと、元彼の妻も嫉妬の炎を激しく燃やすことに! さらに、康太に想いを寄せる同僚や、康太を溺愛する母親からも、これでもかというほどの横やりが入り、あちこちで“奪い愛”の乱が勃発するのです。その人間模様たるや、ドロドロの極み…! ですが、ひたすら愛に生きる彼らの、ある意味ピュアな姿は見る者の胸をキュンともさせるのです。
 
そんな一直線で激しい愛を燃料に猛スピードで展開していく、もう誰にも止められない命懸けの“奪い愛”。一瞬たりとも予断を許さない怒涛の展開に、心拍数が上がりっぱなしになること必至です!

妖しいベルを鳴らしながら開幕する“金曜の夜のドロキュン劇場”――この冬、どこまでも激しい恋愛ドラマ『奪い愛、冬』があなたの心も奪います!


----------------------------------------------------------------------------------------
【2016年12月19日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
デザイン会社で働く光は、持ち前の頭脳でバリバリと仕事をこなし、同じ職場で働く奥川康太と婚約を交わすなど、公私共に順調満帆な生活を送っていた。しかし、元彼・信と再会した光は再び心が動いてしまう。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2016年12月19日更新】
■ あらすじ(第1話  2017/1/20放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
デザイン会社で働く池内光(倉科カナ)はある日、アシスタントで恋人の奥川康太(三浦翔平)からプロポーズされる。ちょっと頼りないけれど、とても優しく、何よりも光を全身で愛してくれる康太。彼の大きな愛に包まれ、光は幸せを噛み締めていた。

 そんな中、光は会社を代表し、建設会社のロゴデザイン・コンペに参戦することになる。意気込むあまり緊張する光を励まそうと、オリエンテーション会場に向かうエレベーターの中でキスをする康太。だがその瞬間、ふいに開いた扉の向こうに視線を移した光は、ある一点から目が離せなくなってしまう。そこにいたのはライバル会社のデザイナー・森山信(大谷亮平)――旧姓・尾田。彼こそは、かつて光が死ぬほど愛した男、そして…3年前に突然、好きな人がいると告げ、姿を消してしまった男だった!

 康太の存在に癒され、とっくに記憶の彼方へ飛んでいったはずなのに…。せきを切ったように、止めどなくあふれ出す信との思い出。だが、そんな事実を康太に告げられるわけもなく、光はただひとり激しく動揺する…。しかも、その日を境に、幸せで輝いていた光の人生に、どんよりと影が差し始める。一人息子の康太を溺愛する美佐(榊原郁恵)は、光のことが気に入らず、身辺を調査。一方、信の妻・蘭(水野美紀)は、最愛の夫に変な虫がつかないよう、鋭く目を光らせ…!

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年1月20日更新】
■ あらすじ(第2話  2017/1/27放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
光(倉科カナ)は信(大谷亮平)と会ったことを康太(三浦翔平)に打ち明け、改めて康太が好きだと伝える。だが、信に抱き締められたことは言えないでいた。一方、蘭(水野美紀)は信が前夜、女性といたことを執念で突き止める。そんな中、康太の実家を訪れた光は、調査した美佐(榊原郁恵)から自分の両親の駆け落ちについて初めて知らされ戸惑う。康太は光とある場所を訪れ、蘭と出会う。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年1月29日更新】
■ あらすじ(第3話  2017/2/3放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
同僚の秀子(秋元才加)から、光(倉科カナ)が信(大谷亮平)の誕生日である2月29日を何かの暗証番号にしているのではと言われた康太(三浦翔平)は、光がスマートフォンの暗証番号を打つたびに気になる。その一方、康太は仕事で煮詰まっている光と温泉旅行へ行き、愛を確かめ合う。だが、2人の前に、秀子から旅行のことを聞いた美佐(榊原郁恵)が現れ、光は戸惑う。一方、蘭(水野美紀)は通り魔に刺された場所に信を連れて行く。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年2月4日更新】
■ あらすじ(第4話  2017/2/10放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
秀子(秋元才加)は、光(倉科カナ)のSNSに「泥棒」などの悪口を書いた犯人が蘭(水野美紀)だと察し、彼女に会う。蘭から、光と信(大谷亮平)のある写真を見せられた秀子は、光には天罰が必要だと提案。一方、康太(三浦翔平)の実家を訪れた光は、ついに美佐(榊原郁恵)から結婚を許され喜ぶが、そこへ光と信の写真を引き延ばしたパネルが届く。激情に駆られた康太はそのパネルを壊し…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年2月11日更新】
■ あらすじ(第5話  2017/2/17放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
信(大谷亮平)の思わぬ告白に驚く光(倉科カナ)と蘭(水野美紀)。そこへ現れた康太(三浦翔平)が暴れ出し、制しようとした光が転んで頭を打って病院へ。康太は警察に捕まる。その後、美佐(榊原郁恵)が迎えに来て解放された康太は、美佐から「したいようにすればいい」と言われ笑顔を見せる。そんな中、信が光とは会わないから何もするなと蘭に懇願し、姿を消す。蘭と秀子(秋元才加)は美佐の自宅を訪ね、共に光への憎しみをぶちまける。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年2月18日更新】
■ あらすじ(第6話  2017/2/24放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
 秀子(秋元才加)から、縁切り神社で光(倉科カナ)と信(大谷亮平)が別れるよう神頼みすればと言われ、憤る康太(三浦翔平)。さらに、光のバッグに入れた盗聴器の受信機を見せられた康太は、秀子に襲い掛かり、ますます心が壊れていく。一方の蘭(水野美紀)も、不気味な人形で光を呪っていた。そんな中、光はけじめをつけようと、康太に婚約破棄を頼む。笑顔で承諾する康太だが、その後、縁切り神社を訪れ、同じ思いの蘭と出会う。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年2月28日更新】
■ あらすじ(第7話  2017/3/3放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
康太(三浦翔平)が蘭(水野美紀)の秘密を光(倉科カナ)や信(大谷亮平)らに暴露する。直後、信は倒れ、病院へ。信の病気のことを聞いた蘭は、秀子(秋元才加)の協力を得て、光が目を離した隙に信を自宅に連れ帰ろうとする。光と康太が追いつく中、目覚めた信は隠していたことを話してほしいと蘭に告げる。全てを告白し、そこまでして信を手に入れたかったと訴える蘭。蘭の行為が許せない光。2人を前にした信は、蘭の方へ歩み寄る。
関連記事
スポンサーサイト

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック