FC2ブログ
2020 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2020 07

TVアニメ「キャプテン・アース 」・・・Arika

kage

2014/09/28 (Sun)

キャプテン・アース 公式アーカイブ  FINAL EXPANDキャプテン・アース 公式アーカイブ FINAL EXPAND
(2014/10/24)
BONES

商品詳細を見る

最速放送日 2014年4月5日(土)25:58~(毎日放送)

■キャスト:声優
真夏ダイチ:入野自由
嵐テッペイ:神谷浩史
夢塔ハナ:茅野愛衣
夜祭アカリ:日高里菜
西久保ツトム:小山力也
アマラ:鈴村健一
モコ:坂本真綾
セツナ:工藤晴香
ジン:内山昂輝
アイ:山本希望
リン:潘めぐみ
バク:豊永利之

■スタッフ
監督:五十嵐卓哉、シリーズ構成:榎戸洋司、キャラクターデザイン・総作画監督:石野聡、エンジンシリーズデザイン・メインデザインワークス:コヤマシゲト、マシングッドフェローデザイン・メカニックデザイン:柳瀬敬之、メカニックデザイン:荒牧伸志/高倉武史、キルトガングデザイン:浅井真紀/吉岡毅、コンセプトデザイン:okama、グラフィックデザイン:草野剛、デザインワークス:齋藤将嗣、特技監督:村木靖、美術監督:矢中勝/衛藤功二、美術デザイン:高橋武之、色彩設計:中山しほ子、撮影監督:神林剛、CGI監督:太田光希、監督補佐:浅井義之、編集:西山茂、音響監督:若林和弘、音響効果:倉橋静男、音楽:MONACA/神前暁

■原作/原案
原作:BONES、キャラクター原案:三巷文

■制作会社
ボンズ

■あらすじ
高校2年生の真夏ダイチは、夏休みが始まる前の晩にテレビで、種子島上空に突如として不思議な丸い虹が浮かぶのを目にする。「僕はあの虹を前に見たコトがある・・・ 」激しい胸騒ぎに突き動かされ、ひとり種子島へと向かうダイチ。父親の事故死の謎。幼き頃出会った不思議な少年少女との記憶。複雑な思いを胸に島に降り立ったダイチは、とある施設で鳴り響く警報の中、”アースエンジン” と出会う。「君はキャプテンか―」その力が問われるダイチ。天王星から襲来する、謎の完全機械生命体 ”キルトガング”の目的とは。満天の星が輝くとき、彼らの戦いが今、幕を開ける―。



【ネットらじお】
ピッコロのらじお(水・金DJ)1p
ねとらじにて、毎週水曜日と金曜日夜21時30分から生放送の「ピッコロのらじお♪」をチェック
*一週間のアニメを濃く熱く語るラジオ、毎週水曜日と金曜日夜21時30分から放送の「ピッコロのらじお♪」をチェック!掲示板も設置、リアルタイムで是非DJに突っ込みを入れてください。アニメブロガー達の本音はここでしか聞けない!?

水曜日担当の主なDJ陣→ピッコロ(メインDJ)、ゴン、南、鳴沢楓
金曜日担当の主なDJ陣→ピッコロ(メインDJ)、フォルテ(サブDJ)、鳴沢楓、神奈川県民、全力丘


2014年4月6日~2014年9月21日

Arika報告書v
ひとこと感想。

朝か夕方にやってもいいんじゃないかな?

----------------------------------------------------------------------------------------
評価:★★★☆3.2  
物語:2.8 作画:3.6 声優:3.4 音楽:3.3 キャラ:3.2

----------------------------------------------------------------------------------------

悪の襲来により滅亡の危機に瀕した地球を救う為、立ち上がった4人の少年少女の姿を描いたSF・ロボットもの。

2クール・全25話作品。

ストーリー的には非常に解りやすい作りになっており男女問わず楽しめるかと思います。が、やはり登場メカニックや専門用語が多く難解で作中の補足説明だけでは理解しきれなかったです。

キャラは全体的に明るい感じがしました。ロボットものによく見られる鬱のような展開は ほとんどなくライトな気分で視聴できると思います。 敵キャラも含め豊富な登場人物は良く、特にストーリーの中心となる4人の少年少女の青春群像劇は見ていて爽やかな気持ちになるほどでした。

作画やキャラデザはとても綺麗。。ロボットの合体シーンなどは丁寧にダイナミックに描かれていて本気度を伺わせます!

声優陣で驚いたのは鈴村健一・坂本真綾夫妻の共演。しかも、あんな親しい間柄の役とはw家で仲良く台詞合わせとかやってたのかな?なんて想像すると思わず笑ってしまいましたねw♪

中盤、複雑怪奇な用語&設定にするのか理解に苦しみ疲れましたが、最後の方の畳みかけは良く見所はあったのでそこにキャラの魅力や急転回などで引き込んでくれていれば4レベルには到達できた筈なので勿体無くもありました。

本作を視聴中にたびたび感じたんですが、深夜枠でなくて、低年齢層向けの朝枠または夕方が作品が活きるのではないかと・・・。ストーリーや設定、作画はそのままでもいけると思うし、主人公らだけ中学生設定にし専門用語など簡単・簡略化
キャラの掘り下げやバトルシーンを増やせば…52話の低年齢層向け夕方アニメの出来上がりでございます♪♪

1年・52話かけて低年齢層狙った方が当たったかも知れませんね( ´艸`) まぁ、今更ですけどねw

関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック