FC2ブログ
2020 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 09

TVアニメ「ハイキュー!! 」…Arika

kage

2014/10/01 (Wed)

ハイキュー!! 1 (ジャンプコミックス)ハイキュー!! 1 (ジャンプコミックス)
(2012/06/04)
古舘 春一

商品詳細を見る


最速放送日 2014年4月6日(日)17:00~(毎日放送)

■キャスト
日向翔陽:村瀬歩
景山飛雄:石川界人
澤村大地:日野聡
菅原孝支:入野自由
田中龍之介:林勇
東峰 旭:細谷佳正
西谷 夕:岡本信彦
月島 蛍:内山昂輝
山口 忠:斉藤壮馬
縁下 力:増田俊樹
清水潔子:名塚佳織
武田一鉄:神谷浩史
烏養繋心:田中一成
及川 徹:浪川大輔
金田一 勇太郎:古川 慎
国見 英:田丸 篤志
.ほか

■スタッフ
監督:満仲勧、シリーズ構成:岸本卓、キャラクターデザイン:岸田隆宏、総作画監督:千葉崇洋/海谷敏久、アクション設定:甲斐泰之、美術監督・設定:立田一郎、色彩設計:佐藤真由美、撮影監督:中田祐美子、3DCGI:ダンデライオン、編集:植松淳一、音響監督:菊田浩巳、音楽:林ゆうき/橘麻美

■原作/原案
原作:古舘春一(集英社「週刊少年ジャンプ」連載)

■制作会社
プロダクションI.G

■あらすじ
ふとしたきっかけでバレーボールに魅せられた少年、日向翔陽。部員がいない逆風にも負けず、やっとの思いで出場した中学最初で最後の公式戦で、日向のチームは「コート上の王様」と異名をとる天才プレーヤー、影山飛雄に惨敗。リベンジを誓い鳥野高校バレー部の門を叩いた日向だが、何とそこにはにっくきライバル、影山の姿が…!?



【ネットらじお】
ピッコロのらじお(水・金DJ)1p
ねとらじにて、毎週水曜日と金曜日夜21時30分から生放送の「ピッコロのらじお♪」をチェック
*一週間のアニメを濃く熱く語るラジオ、毎週水曜日と金曜日夜21時30分から放送の「ピッコロのらじお♪」をチェック!掲示板も設置、リアルタイムで是非DJに突っ込みを入れてください。アニメブロガー達の本音はここでしか聞けない!?

水曜日担当の主なDJ陣→ピッコロ(メインDJ)、ゴン、南、鳴沢楓
金曜日担当の主なDJ陣→ピッコロ(メインDJ)、フォルテ(サブDJ)、鳴沢楓、神奈川県民、全力丘



放送日:2014年4月6日~2014年9月28日

Arika報告書v
ひとこと感想。

リアルさとアニメならではの設定が絶妙なスポーツもの

景山のトスがシュっって上がって、

日向がスパイクして、バン!ってコートに決まるのが超気持ちいい!!

なんかスカッっとします:*:・( ̄∀ ̄)・:*:


----------------------------------------------------------------------------------------
評価:★★★★4・0  
物語:4.2 作画:4.0 声優:3.9 音楽:3.9 キャラ:4.1

----------------------------------------------------------------------------------------

中学のときライバルになった2人が高校でおんなじバレー部に入っちゃって、はじめはとっても仲わるかったし、ほかの新入生もばらばら、、、でも、勝ちたいってゆう思いで だんだん チームがまとまってくところがよかった☆

景山のトスがシュっって上がって、日向がスパイクして、バン!ってコートに決まるのが超気持ちいいですよ!!

なんかスカッっとします:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

「ハイキュー」は、実際のバレーの戦術を下地にしながらも、主人公がスパイクを打つために好き勝手にジャンプして目をつぶってアタックしても、それに合わせるトスを上げられる天才セッターとか、漫画ならではの(実際にはあり得ない)設定がちりばめられていて、現実との兼ね合いというか、バランスが素晴らしいと思いました。試合に勝つために努力する主人公たちの様はいかにも少年ジャンプという感じでアツイ!!

個人的には、9話が泣けました。
 
主人公のキャラも嫌みがなくてスポーツものの主人公として適していると思います。

ひさかたぶりに胸を熱くさせてくれるスポーツものだと思いました。

リアルのバレーボールは全然興味無いけど、普通にそのドラマ性に面白かったし、ブロックとか、アタックとかの時ににゅるっと出てくる超遠近法を使った手の描写が迫力ありました。また、基本明るい内容なので、気軽に見れていい息抜きになる作品でした。あと、勝った人たちだけじゃなくって負けた人たちもがんばったんだってちゃんと伝わってきました。まったく最高な終わり方だったです。

関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック