FC2ブログ
2020 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 09

TVアニメ「東京喰種(トーキョーグール)」・・・Arika

kage

2014/09/19 (Fri)

 東京喰種トーキョーグール

東京喰種トーキョーグール 【DVD】 vol.1 「イベント優先販売申込券・特製CD同梱」東京喰種トーキョーグール 【DVD】 vol.1 「イベント優先販売申込券・特製CD同梱」
(2014/09/26)
花江夏樹、雨宮 天 他

商品詳細を見る


最速放送日 2014年7月3日(木)24:00~(TOKYO MX)

■キャスト
金木研…花江夏樹
霧嶋董香…雨宮天
神代利世…花澤香菜
月山習…宮野真守
芳村…菅生隆之
笛口雛実…諸星すみれ
亜門鋼太朗…小西克幸
四方蓮示…中村悠一
永近英良…豊永利行
西尾錦…浅沼晋太郎
ウタ…櫻井孝宏

■スタッフ…監督:森田修平、シリーズ構成・脚本:御笠ノ忠次、キャラクターデザイン:三輪和宏、音響監督:原口昇、音楽:やまだ豊

■原作/原案…原作:石田スイ(集英社「週刊ヤングジャンプ連載」)

■制作会社・・・studio ぴえろ

■あらすじ
「この世界は間違っている――」東京に潜む『絶望』。それは、人々に『死』以上の恐怖を与える怪人――“喰種”(グール)。彼らはヒトに紛れ、ヒトを狩り、その死肉を喰らう。食物連鎖の頂点に君臨する“喰種”に怯えながら、人間たちはこの『間違った世界』を生きていた。読書好きの大学生・カネキは、行きつけの喫茶店「あんていく」にて、リゼという少女に出会う。年齢や境遇、読書の趣味も同じという事で、急接近する二人だが……。僕は小説の主人公でも何でもない… だけど…もし仮に僕を主役にひとつ作品を書くとすれば ――それはきっと、“悲劇”だ。『赫子』と呼ばれる捕食器官を用いて人間を襲い、その殺傷能力の高さから「化け物」と恐れられる“喰種”だが、彼らが生きる方法は、ヒトを喰う以外に存在しない。カネキは、この歪んだ世界に疑問と葛藤を抱きながら、逃れようのない負の連鎖に巻き込まれていく。



2014年7月3日~2014年9月18日
----------------------------------------------------------------------------------------
第1話悲劇
----------------------------------------------------------------------------------------
東京。ここでは、人に紛れ人を喰らう「喰種(グール)」と呼ばれる怪人がはびこっていた。読書好きの大学生・金木研(カネキ ケン)は、行きつけの喫茶店「あんていく」で自分の好きな作家・高槻泉(タカツキ セン)の小説を愛読する神代利世(カミシロ リゼ)と出会い、本屋デートをすることになる。自らの運命を変える事故に巻き込まれてしまうとも知らずに…。 瀕死の重傷を負うカネキだったが、手術により何とか一命を取り留めるが…。 「何を食べても不味いんです」 目覚めたカネキにある異変が起こりはじめ…!?

[スタッフ]
脚本:御笠ノ忠次/絵コンテ:森田修平/演出:森田修平/作画監督:三輪和宏

----------------------------------------------------------------------------------------
第2話孵化
----------------------------------------------------------------------------------------
死体の香りにつられ、喰種であるニシキと鉢合わせたカネキを救ったのは「あんていく」の店員・霧嶋董香(キリシマ トーカ)と店長の芳村だった。喰種としての飢えに悩まされるカネキに、芳村は「ある包み」を渡す。翌日、友人・ヒデ(永近英良:ナガチカ ヒデヨシ)のメールを見て大学に戻ったカネキは、ヒデから先輩の「西尾」を紹介される。それは、前日鉢合わせた喰種・ニシキだった。ごく普通の人間のようにふるまっていたが、帰り道に突然ヒデに襲いかかり、気絶させてしまう。 「お前の喰いモン汚しちまったよ」  カネキの前で再び喰種としての本性を現すが…!?

[スタッフ]
脚本:御笠ノ忠次/絵コンテ:松尾慎/演出:松尾慎/作画監督:牙威格斗、阿部晃瑳詩

----------------------------------------------------------------------------------------
第3話白鳩
----------------------------------------------------------------------------------------
「あんていく」に、喰種の笛口リョーコ(フエグチ リョーコ)とその娘・雛実(ヒナミ)が匿われることになった。ヒナミの寂しげな表情が気になるカネキ。そんな中、カネキは芳村の右腕である四方蓮示(ヨモ レンジ)と共に人を狩れない喰種たちのための食料調達に行くことになる。 一方、東京の喰種殲滅を目指すCCG(喰種対策局)本部ではリゼの一件から、「あんていく」のある20区が捜査対象に挙がっていた。上等捜査官の真戸呉緒(マド クレオ)と亜門鋼太朗(アモン コウタロウ)が20区に向かうことになり…。

[スタッフ]
脚本:御笠ノ忠次/絵コンテ:嶌田惣一/演出:嶌田惣一/作画監督:今木宏明

----------------------------------------------------------------------------------------
第4話晩餐
----------------------------------------------------------------------------------------
「美食家(グルメ)」と呼ばれる喰種・月山習(ツキヤマ シュウ)が「あんていく」を訪れた。月山を20区の厄介者だと言い露骨に嫌な顔をするトーカは、カネキに「あいつとは関わらない方がいい」と釘を刺す。だが、月山はカネキの特殊な「におい」に目をつけ、接触を図ってきた。自らの悲劇の始まりでもあるリゼの事が気になるカネキは「リゼ行き付けの店」という月山の言葉につられ、「喰種レストラン」へ足を運ぶ。

[スタッフ]
脚本:御笠ノ忠次/絵コンテ:松林唯人/演出:松林唯人/作画監督:斉藤雅和

----------------------------------------------------------------------------------------
第5話残痕
----------------------------------------------------------------------------------------
体調を崩したトーカの見舞いに訪れたカネキは、トーカが人間の友人・依子(ヨリコ)を大事に思っている事に気が付く。その帰り、カネキは喰種に襲われているニシキを助ける。ニシキを自宅に送ったカネキは、そこでニシキの恋人だという西野貴未(ニシノ キミ)と出会った。貴未は、ニシキが喰種であると知りながら共に生活していたのだ。だが、貴未はカネキの後をつけていた月山にさらわれてしまった。ニシキと共に貴未を取り戻しに行くカネキだったが…。

[スタッフ]
脚本:御笠ノ忠次/絵コンテ:京極義昭/演出:京極義昭/作画監督:和田高明

----------------------------------------------------------------------------------------
第6話驟雨
----------------------------------------------------------------------------------------
ヒナミは「あんていく」でカネキに漢字を教えてもらっていた。新しい字を次々と覚えて喜ぶヒナミは、もっとたくさんの字を覚えて父親をびっくりさせたいと、リョーコと共に本を買いに出かけていく。だがその頃、CCG捜査官の草場と中島が、母娘の喰種に絞って付近で捜査にあたっていた。いち早く異変に気が付いたリョーコはヒナミの手を引いて逃れようとするが、そのときヒナミはある“異変”に気付き…。

[スタッフ]
脚本:御笠ノ忠次/絵コンテ:嶌田惣一/演出:嶌田惣一/作画監督:栗原学

----------------------------------------------------------------------------------------
第7話幽囚
----------------------------------------------------------------------------------------
ヒナミの母・リョーコがCCG捜査官・真戸の手によって命を落とした。何もできなかったことを後悔するカネキ。一方、その知らせを受けたトーカは仇を取ろうと芳村に訴えるが、「皆の安全の為」と聞き入れてもらえない。更には、CCGに顔を見られてしまったヒナミを“24区”に移す案を告げられてしまう。納得いかないトーカは、リョーコ、そしてヒナミを思い、ある決断をする。

[スタッフ]
脚本:御笠ノ忠次/絵コンテ:松林唯人/演出:松林唯人/作画監督:津幡佳明

----------------------------------------------------------------------------------------
第8話円環
----------------------------------------------------------------------------------------
ヒナミが「あんていく」から抜け出した。だがそれは、真戸の巧妙な罠だった。ヒナミを見つけたトーカの前に、真戸が姿を現す。その頃、同じようにヒナミを探していたカネキは、もう一人の捜査官・亜門と対峙していた。戦いの中、亜門はカネキに「喰種に家族を奪われ、残された者の悲しみを考えた事があるか?」と問いかけ、喰種がこの世界を歪ませている、と言い切る。

[スタッフ]
脚本:御笠ノ忠次/絵コンテ:松尾慎/演出:松尾慎/作画監督:清水厚貴

----------------------------------------------------------------------------------------
第9話鳥籠
----------------------------------------------------------------------------------------
「あんていく」の面々は、ようやく以前と変わらないかのような日常を取り戻し始めていた。そんな中、カネキはひとり、自分の運命を変えたリゼのことを知るため、14区にあるバー「ヘルタースケルター」を訪れる。そこで喰種のイトリから、リゼがかつて11区にいたという情報を聞き出し…。一方、11区では謎の喰種たちによる不穏な動きが見られ…?

[スタッフ]
脚本:御笠ノ忠次/絵コンテ:京極義昭/演出:京極義昭/作画監督:和田高明

----------------------------------------------------------------------------------------
第10話青桐
----------------------------------------------------------------------------------------
CCG11区支部が、「アオギリの樹」を自称する喰種の集団に襲撃された。生き残った者はゼロ。それを受け、CCGは過去最大規模の対組織戦の準備を始める。一方、「あんていく」には万丈数壱(バンジョウ カズイチ)と名乗る男が殴りこんできていた。リゼに心酔している万丈は、「アオギリの樹」がリゼを狙っていると知り、リゼに逃げるよう伝えにやって来たのだ。だがそこへ、「アオギリの樹」幹部の少年、「絢都(アヤト)」が突如乱入する。その姿を見て、驚くトーカ!

[スタッフ]
脚本:御笠ノ忠次/絵コンテ:松林唯人/演出:松林唯人/作画監督:丸藤広貴

----------------------------------------------------------------------------------------
第11話衝天
----------------------------------------------------------------------------------------
「アオギリの樹」に連れ去られたカネキを救出しようと、芳村、四方、トーカ、ニシキ、ヒナミ、ウタが集まった。更に驚くべき人物もそこに加わり…。CCGの亜門ら捜査官たちもまた、千人を超える体制で11区にあるアオギリの拠点に突入しようとしていた。「アオギリの樹」とCCG、そして「あんていく」の三つ巴の戦いが始まる…。

[スタッフ]
脚本:御笠ノ忠次/絵コンテ:松尾慎/演出:松尾慎/作画監督:今木宏明

----------------------------------------------------------------------------------------
第12話(最終話)喰種
----------------------------------------------------------------------------------------
戦闘が次第に激しさを増していく、「アオギリの樹」本拠地。 喰種vs人間、その戦いの行方は…。 「あんていく」の面々はカネキを救い出せるのか!? 一方その頃、アオギリの幹部・ヤモリに一人連れて行かれたカネキは、想像を絶する苦しみを受けることに。意識が朦朧となった彼の精神世界に、突如現れた人物とは…?

[スタッフ]
脚本:御笠ノ忠次/絵コンテ:森田修平/演出:森田修平/作画監督:三輪和宏



Arika報告書v
ひとこと感想。

生き物一つも殺していないキレイな人間なんていない!

生きることの根源的な過酷さと優しさが鏤められている。

そして、残るのは内面にある嫌悪感・・・


----------------------------------------------------------------------------------------
評価:★★★★☆4・2  
物語 : 3.5  作画 : 4.5  声優 : 4.5  音楽 : 4.5  キャラ : 4.0

----------------------------------------------------------------------------------------

生きることの根源的な過酷さと優しさが鏤められていた作品。

第一話での、その衝撃的展開を彩る作画の気合いの入りようには驚きました。中盤のバトルは、前半と終盤に比べると少し息切れした感もありましたが、それでも常に一定以上のクオリティーを維持したように思います。

ただ、その内容からTV放送にあたっては黒塗りで表現された部分が圧倒的に多く、内容ありきのグロが魅力の一つであろう本作にとっては、放送上仕方ないとはいえ残念でありましたが、そこは絶妙な隠し具合で、何がどうなっているかは理解出来ない程ではないので、話についていけなくなることはありませんでした。

演出面として記憶に残ったのは、オープニング曲「unravel」の絶妙なかかり具合でしたね。 第1話の終わり、そして最終話での終わりでもそうでしたが、あの「おし…え…てよ、おしぃえ…てよ…」から始まる歌詞は勿論、凛として時雨ボーカルのか細い声色の演出が、作中の金木君の内心と非常にマッチングしており、まさに主題歌と呼ぶに相応しい曲だったのではないでしょうか。

ストーリー展開は、まさに目まぐるしいと表現するのが一番正しかったように思います。原作ファンの方は特に声を大にして訴えていたようでしたが、原作の丁寧な感情描写をスッパ抜いて展開が早過ぎるといった具合だったようです。個人的には毎回衝撃的な展開が続きヒキも非常に上手いので、毎週見ましたが、最終話まで見て結果的に面白かったかと問われると、少し疑問が残ります。作品として魅力に感じる部分は大いにありましたが、1期全12話でこの原作をアニメとして100%活かしきれていたかといえばシナリオ構成の幅に、若干無理があります。それでも、内容として手を抜いた作品では決して無く、演出面にも秀でておりグイグイ見させるだけの吸引力はしっかり兼ね備えておりました。

また、それぞれのキャラクターの葛藤も片手間では見れない吸引力がありました。人物の葛藤の中でも、とりわけ記憶に焼きついたのは、喰種でありながら平和に暮らしていた母娘 『笛口(ふえぐち) リョーコ』と『笛口 雛実(ふえぐち ひなみ)』でした。喰種だからと言って、誰もが好きで人を襲って食しているわけじゃないんですよね…。ただ…人間の言う美味しいものを食べても、全く喉を通らない…、吐き出してしまう…。そういう風に生まれてしまったばっかりに人目を避けなければならず、可愛い娘を小学校にも行かせてやれない母親の気持ちは胸に迫るものがありました。何も悪いことをしていないその彼女達は、人間が組織した喰種対策局により、一方的な制裁を受けることになります。 社会としては喰種は全員駆逐すべきという考えが一般的なようですが、それでもそういった喰種もいるのだと世論が学んだ時、この社会が考えを改める機会がくると良いですね。決して邪な気持ちによる同情とかではなくて・・・。

作中でも、人間と喰種の対比の表現として、ヒロインの『霧嶋 董香(きりしま とうか)』がこう言う場面がありました。

『ねぇ、ケーキっと本当はどんな味なの?

吐くほど不味いから分かんないんだけどさ、アレ…人間は美味しそうに食べるじゃない。』

「自分がもしそうなってしまったらどうする?」という問題提起を孕んだ本作。

この状況で主人公のように、目の前にある食肉に手を伸ばす自分を律せられるような『人を見失わない人』は、果たしてどれくらいいるのでしょうか…。

平和に暮らしても殺されるかもしれない、この世界で………。

作中で金木は、「あんていく」と呼ばれる初老の喰種が営む喫茶店に身をおき、以降生活をしていきます。自殺者等を回収し、比較的罪を犯さず食肉を得られる環境を整えた本店は、この区での喰種の生活の支えとなっていたんですね。当初は「自殺者の数だけで何人も十分に養えるの?」なんて考えておりましたが、日本の自殺者数や行方不明者数を換算して都心部の人口で割り当てた場合、結構まかり通る数なのだそうで…。日本コワイ…。

金木はそこで、臓器を移植した大喰いの喰種『リゼ』の片鱗を見せながらも、喰種として少しずつ生活に馴染みをみせ始めるのですが…。

喰種対策局や別の区の喰種が、その生活を脅かします。

そして最終話、カタの外れた喰種による度重なる拷問で、『人を見失わない人』であった金木も、遂に『リゼ』の心に耳を傾けるのです。

『間違っているのは僕じゃない、間違っているのは…、この世界だ!』

『それでいいのよ金木君…、生きるというのは他者を喰らうこと…。』

ここから白髮と化した金木が魅せた、これまたカタの外れた…というより足首の骨を外した圧倒的な戦闘能力は、気合十分の作画も含めて物語のターニングポイントに感じ惹きつけられました。

そこから何の後日談も予告も無く急に終わってしまうのもこれまた衝撃的で、かなり続きが気になる終わり方でした。

人を喰う喰種と人間の争いを描いた作品ですがどちらかが絶対的に悪いということはなくて見てて考えさせられました。

人気があるので1月からの2期に期待ですね。

関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック