FC2ブログ
2020 06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 08

TVアニメ「ワールドトリガー 」…Arika

kage

2015/07/26 (Sun)

 ワールドトリガー

ワールドトリガー 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)ワールドトリガー 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)
(2013/10/04)
葦原大介

商品詳細を見る


最速放送日…2014年10月5日(日)6:30~(テレビ朝日)

■キャスト…村中知、梶裕貴、田村奈央、中村悠一、田中秀幸、岡本信彦、福山潤、釘宮理恵、前野智昭、花澤香菜、森田成一、草尾毅、藤原啓治

■スタッフ…監督:本郷みつる、シリーズ構成:吉野弘幸、音楽:川井憲次、キャラクターデザイン・総作画監督:海谷敏久/鶴田仁美、美術設定:李炫定、美術監督:今野慎一

■原作/原案…原作:葦原大介

■制作会社・・・東映アニメーション

■あらすじ
三門市。人口28万人。ある日この町に異世界への門が開いた。「近界民(ネイバー)」後にそう呼ばれる異次元からの侵略者が門付近の地域を蹂躙、街は恐怖に包まれた。近界民に地球上の兵器は効果が薄く、都市の壊滅は時間の問題と思われた。しかし、その時突如現れた謎の一団が近界民を撃退。近界民の技術を独自に研究し、「こちら側」の世界を守るため戦う組織、界境防衛器官「ボーダー」。彼らはわずかな期間で巨大な基地を作り上げ、近界民に対する防衛体制を整えた。それから4年。門は依然として開いているにも拘わらず、三門市を出て行く人間は驚くほど少ない。中学生の三雲修もまた、ボーダーに所属していた。ある日、修のクラスに転校生がやってきた。空閑遊真と名乗った少年は、何故かボーダーの人間にのみ携帯を許される「トリガー」と呼ばれる武器を持っていた。修に問いただされた遊真は言う。『俺は門の向こうの世界から来た。お前らが言うとこの「近界民」ってやつだ』遊真と修、二人の物語が動き始める。


放送日:2014年10月5日~2015年07月26日

Arika報告書v
ひとこと感想。

日曜の早朝バトルアクション

----------------------------------------------------------------------------------------
評価:★★★☆3・1  
物語:3.1 作画:2.9 声優:3.2 音楽:3.1 キャラ:3.1

----------------------------------------------------------------------------------------

異世界の侵略者ネイバーと界境防衛組織ボーダーの戦いを描く。

緊張感のあるバトル、そして二人の主人公の成長。

二人の成長がこの物語の核。

ただ、ちょっと作画はイマイチかな。

日頃多くの深夜作品を観ている人には物足りないような感覚に陥る可能性が大きいかもしれない。

でも、ジャンプ連載1周年だけあって、内容は面白いです。

それでも、もう少し捻りや特徴的なものが欲しかったなぁとは思いました。

あとこの作品はアニメ演出が非常に勿体なく感じました。

迫力の物足りなさ、テンポの悪さから制作陣の意気込みみたいなものは感じにくかったです。

物語的にももう少し派手目な演出を期待していた分そこは非常に残念でした…。

何となく不安要素もあり残念に感じる部分も多い作品ですが、物語自体は分かりやすくそこそこ面白かったと思います。

白髪の空閑くんの味のあるキャラクターで好きでした。

関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック