FC2ブログ
2021 02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2021 04

TVアニメ「グリザイアの果実 」…Arika

kage

2015/01/02 (Fri)

 グリザイアの果実

グリザイアの果実 第6巻(初回限定版) [Blu-ray]グリザイアの果実 第6巻(初回限定版) [Blu-ray]
(2015/05/27)
不明

商品詳細を見る


最速放送日…2014年10月5日(日)20:30~(AT-X)

■キャスト
風見雄二:櫻井孝宏
榊由美子:田中涼子
周防天音:田口宏子
松嶋みちる:水橋かおり
入巣蒔菜:たみやすともえ
小嶺幸:清水愛
橘千鶴:やなせなつみ 
春寺由梨亜:鳴海エリカ

■スタッフ…監督:天衝、シリーズ構成:倉田英之、キャラクターデザイン&総作画監督:渡辺明夫、総作画監督:越後光崇/桂憲一郎、CGIディレクター:高橋将人、色彩設計:村上智美、美術監督:井上一宏、美術設定:塩澤良憲、プロップデザイン:コレサワシゲユキ、動物プロップデザイン:もといぎひろあき、撮影監督:熊澤祐哉、編集:武宮むつみ、音響監督:明田川仁、音楽:Elements Garden

■原作/原案…原作:フロントウイング、キャラクター原案:渡辺明夫/フミオ

■制作会社・・・エイトビット

■あらすじ
私立美浜学園――。一見すると普通の学園だが、そこには『訳あり』の5人の学生しか在籍していない。

その場所に、新たな6人目の学生、風見雄二が転入することになった。

個性と言うにはあまりにも異質な学生達と、彼女らに劣らぬアクの強い自我を持った風見雄二。

互いに触れあううちに理解を深め、少しずつ干渉しあうことで、それぞれの内面へと影響を与えていく。

過去に囚われた彼女達の物語が今、動き出す――。





放送日:2014年10月5日~2014年12月28日

Arika報告書v
ひとこと感想。

ヒロインごとのオムニバス形式。

全員全く違う系統の事情を持っているのが独特だと思った。

続編の「グリザイアの迷宮&楽園」も見てみたい!


----------------------------------------------------------------------------------------
評価:★★★☆3・7  
物語:3.7 作画:3.8 声優:3.7 音楽:3.7 キャラ:3.8

----------------------------------------------------------------------------------------

「グリザイア」は原作が三部作からなるPCゲームです。グリザイアの果実、迷宮、楽園という順番。原作は日常の掛け合い、キャラの魅力、ストーリーの構成、音楽、どれをとってもよくできていました。それだけにアニメ制作にあたってどのルートの選択から選ぶかは慎重かつ大事である。

このストーリーの主題は「罪と贖罪」。

主人公の通う学園、美浜学園は生徒が主人公風見雄二を含め6人。

しかも、 そこに 通う生徒は共通して過去に決して許されることのない罪を犯しているという何とも不思議な学園。

その少女達は後悔の樹に実った懺悔の果実。

「生まれてきたことが既に間違いだった」「逆らった罪」「生きながらの死」「誰も守ってなんかくれない」「生き残った罰」。

そんな所に主人公・風見雄二は「普通の高校生活を送りたい」というたっての願いを学園長が聞き入れて通うことになるのだが、そこから様々な事件が起こる予感と共に学園生活が始まる。

第4話からは各ヒロインを中心としたオムニバス形式で事件が起こっていく。みちる・蒔菜・天音のエピソードは面白かったけど、由美子と幸のエピソードは1話しか尺が無くて説明不足。 最後の4回ほどの天音のエピソード「エンジェリック・ハゥル」はひどかった。鬱展開過ぎる。結構グロいシーンなどもあって深夜とはいえよくアニメ化出来たなと思う。そして、そんなトラウマが、ほぼまったく生かされてない。最終話も、唐突に現れた変質者的な人間によってピンチが訪れるなど、どうにも解せない。それにしても一姫は生きているのか?死んでいるのか?とても気になっています。

シリアス回とネタ回のバランスが良かったと思う。特にネタに関してはアニメ化により原作以上のおもしろさがありました。ただし、原作ファンとして言わせてもらうと、シリーズ構成がかなり残念!まず各ヒロインルートの尺に差がありすぎ、あれじゃあ榊や幸がかわいそうです…。また、背景や状況の説明不足は否めない。要するに、原作ありきで考えるとシリーズ構成が最悪、アニメ単体で考えても説明不足で視聴者置いてけぼり、どっちつかずの作品といわざるを得なく、せっかくマキナのトークや幸の毒舌は完全再現しているんだから、パンチラに時間をかけずにシナリオや演出に時間をかけてほしかったな・・・・。

最終話にて、続きがありそうな終わり方だと思ったら、2015年4月から続編のグリザリアの迷宮&楽園が放送されるらしい。「迷宮」「楽園」を2期にまとめるのか、3期までやるのかは分かりませんが、1期が微妙だった分、次にスッキリを期待したいです。


関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック