FC2ブログ
2019 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2019 12

2015年、大河ドラマ『花燃ゆ』

kage

2015/12/13 (Sun)

Arikaシネマ2014b4

★1月4日スタート 

NHK総合 毎週日曜 午後8:00~午後8:45(初回は午後8:00~午後9:00)

 大河ドラマ「花燃ゆ」

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
作:大島里美/作:宮村優子/演出:渡邊良雄/演出:末永創/制作統括:土屋勝裕/制作統括:小松昌代/プロデューサー:堀之内礼二郎

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
•杉文/楫取美和(井上真央)
杉家の四女、松陰の妹。兄が教える松下村塾を“女幹事”として切り盛りし、塾生・久坂玄瑞と結婚する。禁門の変で玄瑞が死去した後は、毛利家の跡取りの守役として仕える。明治維新後は美和と名を変え、兄の盟友であり、新政府の群馬県令・楫取素彦と再婚し、華族の妻として新たな人生を切り開く。

•小田村伊之助/楫取素彦(大沢たかお)
長州藩の儒学者。松陰の盟友で、文の姉・寿と結婚する。藩主・毛利敬親の側近となり、藩政や薩摩藩との交渉役として活躍。新政府では群馬県令となる。寿と死別後に、文(美和)と再婚する。

•吉田松陰/寅次郎(伊勢谷友介)
文の兄。松下村塾の主宰者。11歳にして長州藩主の前で講義をし、藩の兵学師範となった天才。国禁を犯して黒船で密航を企てた罪で、獄中生活を送り、出獄後は才能ある若者たちを育成した。しかし、幕府を批判したため安政の大獄で処刑される。

•高杉晋作(高良健吾)
長州藩士。松下村塾の門下生。藩校・明倫館で学ぶが飽きたらず、松下村塾の門をたたく。松陰の死後、久坂玄瑞と共に過激な尊皇攘夷活動に身を投じ、後に奇兵隊を結成する。

•久坂玄瑞(東出昌大)
長州藩士。松下村塾の門下生。松陰から「天下の英才」と称され、文と結婚する。松陰の死後、遺志を受け継いで藩の尊王攘夷派のリーダーとして活躍。禁門の変で会津・薩摩軍に敗れ、自刃する。

•杉寿(優香)
文の姉。兄・松陰の盟友・小田村伊之助の妻となる。幕末の混乱の中で、夫が野山獄に投獄されたり、幕府軍が押し寄せてきても気丈に振る舞う。

•杉梅太郎/民治(原田泰造)
杉家の長男。松陰、文の兄。早くから松陰の志を理解し、貧しい暮らしの中でも生活を切り詰めて金銭を支援した。幕末の混乱を生き抜き、松下村塾を再興する。

•玉木文之進(奥田瑛二)
山鹿流の兵学者で松下村塾の創立者。松陰、文の叔父。幼い松陰をスパルタ教育で育て上げ、明治維新後は再び松下村塾を開いて教育に心血を注ぐ。

•杉百合之介(長塚京三)
松陰、文らの父。下級武士のため、畑仕事をして家族の暮らしを支えた。無類の読書好き。

•杉滝(檀ふみ)
松陰、文らの母。大らかな性格で、明るく家族を支える。松下村塾では塾生の食事の世話をしたほか、自らも講義に耳を傾けた。

•毛利敬親(北大路欣也)
長州藩13代藩主。松陰が11歳の時に兵学の講義を受け、その天才ぶりを認め、陰ながら庇護した。有能な人材を積極的に登用し、藩政を立て直した。家臣たちを信頼し、任せることが多かったため“そうせい侯”とも呼ばれた。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
井上真央の主演で、激動の幕末を生き抜いた若者たちの生きざまを描く!
井上真央が演じる杉文(後の楫取美和)を主人公に、明治維新の原点となった吉田松陰と、彼を支えた家族の絆、その志を引き継いだ長州藩の若者たちの青春群像を描く物語。文は、幕末の思想家として知られる吉田松陰(伊勢谷友介)の妹で、松下村塾を“女幹事”として支えた人物。塾の門下生・久坂玄瑞(東出昌大)の妻となり、夫の死後は長州藩・毛利家の跡取りの守役として仕え、松陰の盟友・楫取素彦(大沢たかお)と再婚するなど激動の生涯が描かれる。脚本はドラマ「恋するハエ女」(同局)、映画「ダーリンは外国人」などを手掛けた大島里美と、連続テレビ小説「ぴあの」、「甘辛しゃん」などで知られる宮村優子が共同で執筆する。



----------------------------------------------------------------------------------------
【1月4日更新】
■ あらすじ(第1話 1/4放送 ※午後8:00~午後9:00)
----------------------------------------------------------------------------------------
萩の私塾 「松下村塾」 では松陰(伊勢谷友介)の下、若者たちが熱い議論を闘わせていた。その松陰にとって、 妹 ・ 文(井上真央)ら家族は大きな支えだった。 さかのぼって1850(嘉永3)年。 下級武士の娘・文(山田萌々香)の兄で兵学者の寅次郎(後の松陰)は、 遊学で世界情勢を知り、 危機感を募らせる。 一方、文は儒学者・伊之助(大沢たかお)と出会う。同じ禁書を持つ伊之助と寅次郎は、禁書をめぐる騒動の中、文により思わぬ出会いを果たす。

----------------------------------------------------------------------------------------
【1月11日更新】
■ あらすじ(第2話 1/11放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
伊之助(大沢たかお)と兄・寅次郎(伊勢谷友介)は親友となり、江戸で熱く議論を交わしていた。文(ふみ=井上真央)はひそかに伊之助に憧れる。一方、姉の寿(ひさ=優香)には、格上の家との縁談が持ち上がる。しかしそのころ、東北視察の許可が得られないことに業を煮やした寅次郎が脱藩。杉家は窮地に陥り、寿の縁談も破談に。沈む家族を見た文は、自身の思いを胸に秘めたまま、義母を亡くした伊之助に会いにいく。 

----------------------------------------------------------------------------------------
【1月18日更新】
■ あらすじ(第3話 1/18放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
黒船が来るといううわさが広がる中、文(ふみ=井上真央)は、久坂玄瑞(東出昌大)と出会う。親兄弟を亡くし、武士として生きたいが、医師の仕事を継がなければならないことに自暴自棄になっていた玄瑞だが、文の明るさに励まされていく。文も黒船を自らの目で確かめようとする玄瑞の行動力に、兄の寅次郎(伊勢谷友介)と同じ情熱を感じる。そこに、脱藩の罪を免じられた寅次郎が、今度は密航を企てたという知らせが入る。

----------------------------------------------------------------------------------------
【1月21日更新】
■ あらすじ(第4話 1/25放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
密航に失敗し、江戸で捕らわれの身になった寅次郎(伊勢谷友介)。その処分をめぐり、伊之助(大沢たかお)は、寅次郎を救おうと奔走する。文(ふみ=井上真央)は、父・百合之助(長塚京三)が切腹する覚悟だと知る。家族の危機に自分にできることを探す文だったが、一方で、姉の寿(ひさ=優香)の出産も目前に迫っていた。そして、寅次郎は萩に戻され、野山獄に投じられることに。そこは、生きて出てくる者はいないと恐れられる牢獄(ろうごく)だった。  

----------------------------------------------------------------------------------------
【1月28日更新】
■ あらすじ(第5話 2/1放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
密航に失敗した寅次郎(伊勢谷友介)は野山獄に捕らわれる。文(井上真央)は兄の手足になろうと、本などを差し入れるために獄に通い、そこでツル(麻生祐未)と出会う。ツルは、寅次郎と共に海を渡ろうとした弟子の重輔(泉沢祐希)の母だった。ツルは、文が寅次郎の妹であることを知らないまま、胸に秘めた思いを打ち明ける。身分の違いから劣悪な環境の獄にいる重輔は病にかかる。 

----------------------------------------------------------------------------------------
【2月4日更新】
■ あらすじ(第6話 2/8放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
文(井上真央)は野山獄の女囚・高須久子(井川遥)から、実家の高須家への使いを頼まれる。久子には一人娘の糸(川島海荷)がいた。文は久子の思いに応えようと奔走するが、母に恨みを抱く糸は思わぬ行動に出る。一方の寅次郎(伊勢谷友介)は重輔を死なせたことに苦しみ抜く。絶望と虚無感に支配された野山獄だったが、文のしたある事が静かに変化をもたらそうとしていた。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2月11日更新】
■ あらすじ(第7話 2/15放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
寅次郎(伊勢谷友介)が学びの場をつくったことで、囚人たちは希望を取り戻し、野山獄の雰囲気は変わりつつあった。一方で文(井上真央)は、兄を獄から救い出したいと考えていた。しかし、そのすべを知らない文は、女囚の久子(井川遥)に相談し、あるものを伊之助(大沢たかお)に託す。文の思いと寅次郎の存在の大きさをあらためて知った伊之助は、寅次郎の赦免のために奔走する。しかし、それは大きな賭けでもあった。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2月18日更新】
■ あらすじ(第8話 2/22放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
出獄し、杉家に帰ってきた寅次郎(伊勢谷友介)。謹慎の身故、幽囚室にこもるばかりの兄に、文(井上真央)は家で塾を開き、若者に学問を教えることを提案する。早速、生徒集めに奔走するが、一人も集まらない。そんな中、文はかつて黒船を一緒に見に行った久坂玄瑞(東出昌大)に再会。玄瑞は国の未来を危ぶみ、必死に勉強していた。そして寅次郎に手紙を送るが、寅次郎の返事は、玄瑞を激怒させるものだった。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2月28日更新】
■ あらすじ(第9話 3/1放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
文(井上真央)の努力のかいがあって、謹慎中の兄・吉田松陰(伊勢谷友介)が杉家の3畳半の部屋で開く私塾には久坂玄瑞(東出昌大)をはじめ、若者たちが集まり始めた。文は塾生たちの食事作りや、議論に熱中して徹夜した者の世話にと大忙し。しかし、松陰が謝礼を一切受け取らないため、杉家の家計は火の車に。そんな時、突然現れたのが高杉晋作(高良健吾)だった。晋作は代々、藩の要職を務める高杉家の跡取り息子だが、何をしても「つまらん」というのが口癖で、塾も冷やかし半分で訪れたのだ。

----------------------------------------------------------------------------------------
【3月4日更新】
■ あらすじ(第10話 3/8放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
吉田松陰(伊勢谷友介)の元には、農家出身で後に初代内閣総理大臣になる伊藤利助(劇団ひとり)もやって来て、3畳半の部屋から始まった松下村塾は一層にぎやかに。塾生の稔麿(瀬戸康史)は身分が低くて貧しいため、学ぶことを諦めていたが、松陰との出会いで向上心を抱くようになっていた。江戸で学問に励みたいと望む稔麿の思いを知った文(井上真央)は、それをかなえようと奔走する。稔麿はそんな文にほのかな恋心を抱いていた。文の叔父・文之進(奥田瑛二)は、松陰の弟子に江戸藩邸勤めが認められれば、杉家の汚名も返上できると思い、協力を買って出る。伊之助(大沢たかお)もひそかに藩内で画策する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【3月11日更新】
■ あらすじ(第11話 3/15放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
松下村塾は身分の分け隔てなく、昼夜問わず開かれている型破りな学びやとして広く知れ渡るようになった。そして、新たに前原(佐藤隆太)もやって来て、文(井上真央)は塾生たちの世話で一層忙しくなる。その様子を見て心配した姉の寿(優香)は、藩の実力者・椋梨(内藤剛志)の妻・美鶴(若村麻由美)に、文の縁談を頼み込む。久坂(東出昌大)は文にほのかな思いを抱いていたが、気持ちを打ち明けられないまま、文の付き添い役を任されてしまう。文も実は久坂のことが気になっていたが、それを素直には言えず、見合いの日を迎えようとしていた。

----------------------------------------------------------------------------------------
【3月18日更新】
■ あらすじ(第12話 3/22放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
文(井上真央)と久坂(東出昌大)の婚礼が行われた。しかし、高杉(高良健吾)によって、久坂の過去の爆弾発言が露見してしまい、会場は騒動に。そして、互いに思い合っているのに素直になれないまま、文と久坂の新婚生活は始まった。家族を失い天涯孤独だった久坂は、何げない日常のあいさつにも戸惑い、照れくささが隠せない。杉家で同居しながらも、ぎこちない2人だった。同じころ、伊之助(大沢たかお)と寿(優香)夫婦の間にも、気持ちの擦れ違いが起こっていた。一方、江戸にいる松下村塾の塾生・稔麿(瀬戸康史)は、幕府がアメリカと結ぼうとしている通商条約の草案をひそかに手に入れ、松陰(伊勢谷友介)の元に送った。

----------------------------------------------------------------------------------------
【3月25日更新】
■ あらすじ(第13話 3/29放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
新婚早々、遊学のため江戸に旅立つ久坂(東出昌大)を見送った文(井上真央)は、寂しい気持ちを抱えつつも、手紙をしたためながら夫の帰りを待つ。しかし、久坂からの返事は来ない。そして、文が切り盛りをする松下村塾には、一風変わった塾生・小野(星田英利)がやって来る。小野は長崎で西洋式の砲術を学んだ人物で、爆弾の作り方を松陰(伊勢谷友介)や塾生に伝えた。そのころ、文は一人の少女と出会う。少女の母は外国船から流入して猛威をふるっていたコレラにかかり、瀕死(ひんし)の状態だった。治療には、小野の父で医師の山根(平田満)が当たっていた。重い病を前に、文は何もできず、無力感に打ちひしがれる。


----------------------------------------------------------------------------------------
【4月1日更新】
■ あらすじ(第14話 4/5放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
幕府が独断で日米修好通商条約に調印したことをきっかけに、幕府への批判が一層高まる。大老の井伊直弼(高橋英樹)は、自らの政治に反対する勢力を一掃しようと弾圧に動きだす。「安政の大獄」が始まり、攘夷(じょうい)派急先鋒(せんぽう)の梅田雲浜(きたろう)と松下村塾の塾生・赤禰武人(阿部亮平)が京都で逮捕される。そしてその場にいた久坂(東出昌大)も捕らえられたらしいとの情報が文(井上真央)の元に入る。夫の安否が分からない文は、不安を募らせる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【4月8日更新】
■ あらすじ(第15話 4/12放送 ※午後7:15~午後8:00)
----------------------------------------------------------------------------------------
幕府要人の暗殺計画を立てたとして、松陰(伊勢谷友介)は野山獄に再び投獄される。松下村塾も閉鎖され、塾生たちは行き場を失う。文(井上真央)は差し入れを持って兄を訪ねるが、松陰の気持ちがすでに家族から離れていることを感じる。松陰は獄中でも自らの計画を諦めることなく、塾生たちに手紙を書き、攘夷(じょうい)決行を指示していた。江戸にいる久坂(東出昌大)と高杉(高良健吾)は手紙を受け取るが、あまりに無謀な計画になすすべがなかった。

----------------------------------------------------------------------------------------
【4月15日更新】
■ あらすじ(第16話 4/19放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
安否の分からなかった久坂(東出昌大)が京都から無事に戻り、文(井上真央)は安堵する。しかし野山獄に捕らえられた松陰(伊勢谷友介)のことは気掛かりでならなかった。そして、江戸幕府から松陰の召喚状が届く。江戸で詮議にかけられ、死罪が下されるかもしれないという。松陰は、塾生たちを野山獄に呼び、絵の得意な松浦亀太郎(内野謙太)に自らの肖像画を描かせる。そして野山獄の唯一の女囚・高須久子(井川遥)と別れを惜しみながら、江戸にたつ日を静かに待つ。ただ死を待つだけのように見える松陰だったが、胸の中にはある思惑を秘めていた。一方、文はせめて一日でも兄を家に帰らせたいと願い、奔走する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【4月22日更新】
■ あらすじ(第17話 4/26 放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
萩の野山獄を出た松陰(伊勢谷友介)は江戸に到着し、伝馬町の獄舎に入れられる。江戸にいる高杉(高良健吾)は、松陰の元に通っていたが、息子が松陰に近づくことを嫌った父の高杉小忠太(北見敏之)により萩に戻される。松陰の詮議が始まり、幕府は松陰に関する供述を得ようと、彼と親交があり先に逮捕されていた梅田雲浜(きたろう)への拷問を強める。実は幕府側は松陰の罪の証拠を全くつかんではいなかった。だが松陰は、自ら罪をほのめかす供述を始める。萩でそのことを知った伊之助(大沢たかお)は松陰の真意を確かめようと、江戸へ向かう。一方、文(井上真央)は松下村塾の再開を信じ、久坂(東出昌大)や塾生たちと松陰の帰りを待っていた。

----------------------------------------------------------------------------------------
【4月29日更新】
■ あらすじ(第18話 5/3 放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
松陰(伊勢谷友介)が亡くなり、文(井上真央)は喪失感の中にいた。それから間もない安政7(1860)年、松陰を処刑した江戸幕府大老・井伊直弼(高橋英樹)が桜田門外で暗殺される。この事件を機に幕府の権威は大きく失墜し、日本はさらに混乱していく。文は松陰の遺志を継いで義兄の伊之助(大沢たかお)が松下村塾を再興してくれると期待する。しかし、幕府の監視がさらに厳しくなる中での再興は危険だと伊之助は判断する。そんな中、塾生で獄舎にいた入江九一(要潤)と野村靖(大野拓朗)兄弟が恩赦によって出獄するという朗報が入る。だが、再び集まった塾生たちは学問ではなく、攘夷(じょうい)を決行するための軍資金集めなどを始める。

----------------------------------------------------------------------------------------
【5月6日更新】
■ あらすじ(第19話 5/10 放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
外国との交易が始まり、国内は品不足となり物価が高騰、文(井上真央)も日々のやりくりに苦労していた。また師である松陰が処刑された影響もあり、松下村塾の塾生たちは仕事が見つからず、家族も苦しい生活を強いられる。そこで文は家族や友人らと内職に力を入れ始める。そのころ、高杉(高良健吾)が藩命で上海へ行くことが決まる。文は高杉から新妻の雅(黒島結菜)の話し相手になるよう頼まれるが、雅は若く、自由奔放で毒舌。文は振り回される。一方、文の夫・久坂(東出昌大)は下関で薩摩藩士の西郷吉之助(宅間孝行)と会っていた。そして攘夷実行について朝廷に働きかけるため、塾生たちを集め、京に行くことを決める。

----------------------------------------------------------------------------------------
【5月13日更新】
■ あらすじ(第20話 5/17 放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
上海の視察から高杉(高良健吾)が帰国する。欧米列強が進出した清国の窮状を目の当たりにした高杉は、藩主・毛利敬親(北大路欣也)に長州の軍備増強と攘夷(じょうい)が急務だと訴える。伊之助(大沢たかお)は、長州全体の一致団結を目指し、毛利家一族が領する四つの支藩を訪ね、「破約攘夷」の方針に賛同してもらうべく藩主たちの説得を試みる。しかし、保守派の重臣・椋梨藤太(内藤剛志)はそれを阻もうとする。一方の久坂(東出昌大)は、攘夷実行の勅命を幕府に突き付けるため、京都で朝廷の幹部に働き掛けを続けていたが、うまくいかず困り果てていた。そんな久坂に芸妓(げいこ)の辰路(鈴木杏)が救いの手を差し伸べる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【5月20日更新】
■ あらすじ(第21話 5/23放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
亡き松陰(伊勢谷友介)の名誉が回復し、長兄・梅太郎(原田泰造)の長男が吉田家を継いで再興することになった。一方の高杉(高良健吾)は、なかなか行動を起こさない藩に失望し、10年いとまをもらうと突然出家する。一方、文(井上真央)は高杉の妻・雅(黒島結菜)から、久坂(東出昌大)が京都で芸妓(げいこ)・辰路(鈴木杏)と親しくなっていることを知らされて動揺する。そして、ついに攘夷(じょうい)決行期日が奉上され、攘夷決行の準備のために久坂が山口に向かうと聞いた文は、伊之助(大沢たかお)に頼み込んで山口に入るが、既に久坂は下関に出発していた。

----------------------------------------------------------------------------------------
【5月27日更新】
■ あらすじ(第22話 5/31放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
文久3(1863)年、久坂(東出昌大)らによって攘夷(じょうい)が決行された。しかし翌月には、アメリカ・フランス艦の報復攻撃により、長州は壊滅的な打撃を受ける。文(井上真央)も下関の惨状を目の当たりにする。後ろ髪を引かれる思いで萩に戻ってきた文は、異国船の攻撃に備えて、海岸に土塁を築いていることを知る。しかし人手不足で作業はほとんど進んでいなかった。そこで文は、女性たちの力で台場を造ろうと考える。非常識だと反対されるが、文の熱意が通じ、徐々に参加する女性たちが増えていく。そのころ、藩主の毛利敬親(北大路欣也)は迫り来るさらなる危機を前に、出家していた高杉(高良健吾)を呼び戻す。

----------------------------------------------------------------------------------------
【6月3日更新】
■ あらすじ(第23話 6/7放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
文(井上真央)は多くの女性たちと共に、力を合わせて海岸防備の台場造りに励んでいた。しかし、弟・敏三郎(森永悠希)が突然、高杉(高良健吾)率いる奇兵隊に入隊したいと言い出す。耳が聞こえない敏三郎が危険な場所に出向くことを心配する文だったが、弟の強い意志に折れ、ついに彼を送り出すことを決める。そのころ、久坂(東出昌大)は攘夷(じょうい)実行に向け全ての藩が一致団結するよう、京で朝廷に働き掛けていた。芸妓(げいぎ)の辰路(鈴木杏)の助けを借り実力者の公家を味方に付けた久坂は、ついに天皇が攘夷を示すための行幸を行うという約束を取り付ける。

----------------------------------------------------------------------------------------
【6月10日更新】
■ あらすじ(第24話 6/14放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
会津・薩摩軍による政変で朝廷を追放された公家たちが長州に落ち延びてきた。奇兵隊に彼らの警護が託されることになり、文(井上真央)はその世話を任される。忙しく立ち働く文だったが、久坂(東出昌大)の浮気の告白が頭から離れず、一人苦しんでいた。そのころ、久坂は伊之助(大沢たかお)に彼の次男・久米次郎(大西統真)を養子に迎えたいと申し出ていた。文は夫が死を覚悟して跡継ぎを求めたのかと思い、動揺する。だが伊之助の言葉をきっかけに、文は母になりたいという思いを強めていく。一方、高杉(高良健吾)は、すぐにでも京に上り会津・薩摩と一戦交えようとする来島又兵衛(山下真司)に、時機を待つよう説得を試みる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【6月17日更新】
■ あらすじ(第25話 6/21放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
脱藩した罪で高杉(高良健吾)が野山獄に投獄される。そこは、師である松陰が在りし日を過ごした場所だった。さらに、高杉の罪の余波で伊之助(大沢たかお)も長崎に左遷される。そのころ文(井上真央)は、伊之助と寿(優香)の次男・久米次郎(大西統真)を養子に迎え、母として新たな生活を始めていた。帰郷した久坂(東出昌大)と再会した文は、いつか久坂と共に再び学びやを開きたいと考えるようになる。久坂が長州の復権を懸け再び京に旅立とうとする中、稔麿(瀬戸康史)が京の池田屋で沖田総司(賀来賢人)、近藤勇(中村昌也)ら新選組の襲撃に遭ったことが伝えられる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【6月24日更新】
■ あらすじ(第26話 6/28放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
久坂(東出昌大)は、長州藩の復権を懸けて兵を率いて京に向かう。文(井上真央)は「池田屋事件」で命を落とした稔麿(瀬戸康史)の家を訪れ、彼の妹・ふさ(小島藤子)と会う。危険の中に身を置く夫を思う文にとって、ふさの悲しみは人ごとではなかった。文は、必ず生きて帰るという久坂の言葉を信じ、実家を離れて新しく家を構えることを決める。一方、京で芸妓(げいぎ)の辰路(鈴木杏)と再会した久坂は、思わぬ事実を聞く。また久坂は、長崎にいる伊之助(大沢たかお)から、イギリス、フランス、アメリカ、オランダの四カ国の連合艦隊が長州を攻撃するつもりだと知らされる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【7月1日更新】
■ あらすじ(第27話 7/5放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
文(井上真央)は久坂(東出昌大)の無事を願い、その帰りを待っていた。一方、復権を懸けて京に上った長州軍には、彼らの兵力を上回る敵勢が待ち受けていた。進退を決める軍議で、久坂は戦いを回避して話し合いで解決することを呼び掛ける。だが、来島(山下真司)ら戦闘を主張する勢力に押され、御所への進撃が決まる。長州軍は兵を進め、久坂も天皇に嘆願書を届けようという思いで突き進むが、敵の攻撃を受けて力尽き、寺島(鈴木伸之)と共に自刃する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【7月5日更新】
■ あらすじ(第28話 7/12放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
文(井上真央)は奉公人の見習として長州藩の奥御殿に入る。そこには、藩主の毛利敬親(北大路欣也)の正室・都美姫(松坂慶子)と次期藩主の毛利元徳(三浦貴大)の正室・銀姫(田中麗奈)を筆頭に、大勢の女性たちがひしめいていた。文は叱られながらも、見習として水くみから仕事を始める。そのころ、長州藩はイギリスをはじめとする4カ国の連合艦隊から攻撃を受け、敗戦が免れない状況だった。そこで敬親は講和を結ぶべく、交渉に高杉(高良健吾)を当たらせる。文は交渉の場で身に着ける正式な装束を下関にいる高杉に届けることになる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【7月15日更新】
■ あらすじ(第29話 7/19放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
文(井上真央)は名を美和と改め、正式に奥勤めを始める。藩主の妻・都美姫(松坂慶子)と次期藩主の妻・銀姫(田中麗奈)が反目し合い、奉公人たちを巻き込んだ抗争が繰り広げられる中、美和は戸惑いながらも務めを果たそうと奮闘する。そのころ、藩の重臣・椋梨(内藤剛志)は都美姫に近づき、藩の拠点を山口から萩に移すことを提案していた。幕府に対して戦意がないことを示すための策だったが、萩城には奉公人たち全員の部屋が用意できないという問題があった。美和は城の引っ越しに際し、解雇する奉公人たちの選定をするよう命じられる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【7月22日更新】
■ あらすじ(第30話 7/26放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
美和(井上真央)は奥御殿で忙しく働く日々を送る。そのころ、藩の実権を握った重臣・椋梨(内藤剛志)は、幕府への恭順を示すため、藩内の改革派を次々と粛清する。椋梨は、桂小五郎(東山紀之)と高杉(高良健吾)を捕らえようと彼らの行方を追う中で、伊之助(大沢たかお)にも詰め寄り、ついには彼を投獄する。美和は、椋梨が松陰の命日に墓参りに訪れる高杉の命を狙っていることを知る。高杉にそのことを伝えようとする美和だが、身辺を見張られ思うようにいかない。 一方で美和は、世継ぎ誕生が望まれる元徳(三浦貴大)と銀姫(田中麗奈)の仲を取り持とうと、銀姫にようかん作りの指南を申し出る。

----------------------------------------------------------------------------------------
【7月29日更新】
■ あらすじ(第31話 8/2放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
美和(井上真央)は懐妊した銀姫(田中麗奈)の世話に励む。しかし、銀姫に気に入られた美和を他の奉公人たちは快く思わない。一方、藩では征長軍の総攻めを避けるため、幕府への恭順の意思を示そうと、改革派の重臣が次々に処刑される。保守派の重臣・椋梨(内藤剛志)は、幕府から出された条件通りに奇兵隊など諸隊の解散をもくろむが、隊の若者たちは、亡くなった者の志を無駄にしたくないと断固拒否する。だがそれにより、伊之助(大沢たかお)の兄・松島剛蔵(津田寛治)が見せしめとして処刑され、さらには伊之助も処刑されることが決まる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【8月5日更新】
■ あらすじ(第32話 8/9放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
高杉(高良健吾)が下関で挙兵する。松下村塾で学んでいた伊藤利助(劇団ひとり)や前原一誠(佐藤隆太)も諸隊を率いて合流する。萩城内が騒然とする中、美和(井上真央)は高杉らの武装蜂起で伊之助(大沢たかお)の処刑が取りやめになったと知り、ひそかに安堵(あんど)する。そのころ、高杉の妻・雅(黒島結菜)は長男を連れて杉家に身を寄せていた。美和は二人の身に危険が及ぶことを心配し、雅の素性を隠して奥御殿に入れることを画策する。だが、藩主の正室・都美姫(松坂慶子)に雅が高杉の妻であることが知られてしまう。

----------------------------------------------------------------------------------------
【8月12日更新】
■ あらすじ(第33話 8/16放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
美和(井上真央)の働きで兄・梅太郎(原田泰造)の藩主・敬親(北大路欣也)への目通りが許される。会談は成功し、高杉(高良健吾)の内乱は終息する。萩の町は戦火から守られ、伊之助(大沢たかお)も釈放される。一方、保守派の椋梨(内藤剛志)は政権から追放される。だが、納得しない椋梨は敬親との面会を求め、憤然と奥御殿に現れる。元治2(1865)年、銀姫(田中麗奈)が男児を出産する。城中が喜びに沸き立つ中、銀姫は都美姫(松坂慶子)らに、世継ぎを自身の手で育て、美和を守り役にしたいと表明する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【8月19日更新】
■ あらすじ(第34話 8/23放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
美和(井上真央)は、次期藩主・元徳(三浦貴大)と銀姫(田中麗奈)の長男・興丸の養育係として忙しく働いていた。城内では早くも、世継ぎの興丸と共に学び競わせる小姓選びが進められ、美和もその人選に頭を悩ませていた。そのころ、下関開港に向けて奔走していた高杉(高良健吾)が、元徳に驚きの進言をする。それは、幕府と戦うために宿敵・薩摩藩と手を組むべき、というものだった。予想だにしない発言に美和は驚く。藩内でも多くの反対意見が出る中、伊之助(大沢たかお)は坂本龍馬(伊原剛志)との出会いから、新しい日本をつくるためには薩摩と組むことが必要だと認識し、桂小五郎(東山紀之)と共に「薩長同盟」成立に向けて、西郷吉之助(宅間孝行)との交渉を進める。

----------------------------------------------------------------------------------------
【8月26日更新】
■ あらすじ(第35話 8/30放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
「薩長同盟」が成立した。長州藩は薩摩藩からひそかに武器を入手し、幕府との戦に備える。幕府は長州に兵を向ける一方で、藩主・敬親(北大路欣也)と跡継ぎの元徳(三浦貴大)を広島に出頭させる命令を出す。自分が身代わりに出頭することを申し出た伊之助(大沢たかお)は、その間に戦の準備を進めるよう高杉(高良健吾)に促す。美和(井上真央)は、伊之助の身を案ずる。広島に出向いた伊之助は、投獄されながらも交渉を引き延ばす。高杉も使命を帯び、無謀にも見える幕府打倒に乗り出す。そんな中、美和の元に現れた高杉の妻・雅(黒島結菜)が、下関で夫が芸妓(げいぎ)のおうの(大西礼芳)と暮らしていると訴える。

----------------------------------------------------------------------------------------
【9月2日更新】
■ あらすじ(第36話 9/6放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
世継ぎの興丸の養育係になった美和(井上真央)は、興丸の野菜嫌いに頭を悩ませていた。そこで城内の畑で興丸に自ら野菜を育てさせることを思い付く。興丸の母・銀姫(田中麗奈)は面白がるが、祖母の都美姫(松坂慶子)は気が気でない。一方、幕府側に捕らえられながらも無事に生還した伊之助(大沢たかお)は、早速諸藩との講和を進め、幕府との戦いに備えようとする。そんな中、高杉(高良健吾)が病に伏したという知らせが入る。美和は、高杉の妻・雅(黒島結菜)と長男を連れて下関にいる彼の見舞いに向かう。そこで美和は、亡き夫・久坂玄瑞の子どもが京にいると聞かされ、動揺する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【9月9日更新】
■ あらすじ(第37話 9/13放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
京で長州・薩摩連合軍と幕府との戦が始まる。名を小田村伊之助から改めた楫取素彦(大沢たかお)や桂小五郎(東山紀之)は、亡くなった仲間たちの遺志を継ぐために戦に臨む。そんな折、美和(井上真央)は亡き夫・久坂玄瑞の遺児を捜しに京に向かう。無法地帯と化した町で暴徒に襲われそうになった美和は、ある親子に助けられる。それは芸妓(げいぎ)の辰路(鈴木杏)と久坂の遺児・秀次郎(五十嵐陽向)だった。美和たちは互いの素性を知らぬまま言葉を交わすが、辰路は美和が久坂の妻であることに気付く。

----------------------------------------------------------------------------------------
【9月16日更新】
■ あらすじ(第38話 9/20放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
明治になり「版籍奉還」で長州藩は領地を朝廷に返上した。敬親(北大路欣也)は隠居して元徳(三浦貴大)が跡を継ぎ、知藩事に就任する。美和(井上真央)がいる奥御殿でも、敬親の正室・都美姫(松坂慶子)から元徳の正室・銀姫(田中麗奈)に権限が移る。美和は世継ぎ・興丸の養育係として優遇されたが、長州の今後の運命に不安を感じていた。藩は度重なる戦で財政赤字が膨らみ、それらを立て直すため多くの兵士たちを解雇する必要に迫られていた。楫取(大沢たかお)は、長州のために戦った者たちの声を聞くべきだと元徳に訴えるが、成果を上げようと焦る元徳は、その意見を聞こうとはせず、一方的な解雇を通告する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【9月23日更新】
■ あらすじ(第39話 9/27放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
明治を迎え、長州にも大きな変化がやって来る。病に伏していた前藩主・敬親(北大路欣也)が亡くなって間もなく、中央政府は「廃藩置県」を発令する。美和(井上真央)がいる長州藩の奥御殿も閉じられることになり、都美姫(松坂慶子)と銀姫(田中麗奈)は元徳(三浦貴大)と共に東京に移ることが決まる。美和は姫たちや長年慈しみ育てた興丸(名倉央)との別れを惜しみつつ、実家の杉家へ帰り、政治から距離を置くことを宣言して農業を始めた楫取(大沢たかお)を訪ねる。楫取は苦労しながらも、妻の寿(優香)や美和の弟の敏三郎(森永悠希)と仲むつまじく開墾に励んでいた。

----------------------------------------------------------------------------------------
【9月30日更新】
■ あらすじ(第40話 10/4放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
杉家に戻った美和(井上真央)の元に亡き夫・久坂玄瑞の忘れ形見・秀次郎(五十嵐陽向)がやって来る。美和は複雑な思いを抱えつつも、実の母・辰路(鈴木杏)が手放した秀次郎を久坂家の跡取りとして自らの手で育てようと心に決める。だが、いたずらばかりをして勉強に身が入らない秀次郎を、美和はどのように育てればいいのかと悩む。一方、政治から身を引き、未開拓地の開墾に取り組んでいる楫取(大沢たかお)は、その真摯(しんし)な姿勢から徐々に村人の信頼を得るようになっていた。そして、皆で協力し、田畑に必要な用水路を引く事業に取り組もうとする。

----------------------------------------------------------------------------------------
【10 月7日更新】
■ あらすじ(第41話 10/11放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
美和(井上真央)は夫・久坂の忘れ形見・秀次郎(五十嵐陽向)を実の母・辰路(鈴木杏)の元に返した。そんな折、前原(佐藤隆太)が、新政府に不満を持つ士族を集めていることが分かる。松下村塾の塾生で兄・松陰の弟子だった前原は、美和に心の内を語る。一方、明治政府は西欧諸国と肩を並べる国力をつけるべく、生糸産業に力を入れ、群馬に富岡製糸場を建設する。そして、群馬を最も重要な県と位置付け、そのリーダーとして今は農業に従事している楫取(大沢たかお)に白羽の矢を立てる。早速、木戸(東山紀之)が楫取に群馬県令の任を引き受けるよう説得に来る。

----------------------------------------------------------------------------------------
【10 月14日更新】
■ あらすじ(第42話 10/18放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
群馬の人々の多くは養蚕業に従事し、女性たちも働き手として活躍していた。美和(井上真央)は早速、阿久沢せい(三田佳子)ら気の強い群馬の女性たちの洗礼を受ける。一方、県令として着任した楫取(大沢たかお)だったが、県庁はせいの夫で勧業課長の権蔵(江守徹)に牛耳られていた。楫取は阿久沢一派からさまざまな妨害を受け、手腕を発揮できない。美和も病気がちな寿(優香)に代わって楫取の助けになろうと懸命に駆け回るが、土地の人々からよそ者扱いされ、なかなかなじめない。そんな中、富岡製糸場を視察した楫取は、星野長太郎(大東駿介)と出会う。星野は民間で器械式製糸場を造った人物だった。

----------------------------------------------------------------------------------------
【10 月21日更新】
■ あらすじ(第43話 10/25放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
せい(三田佳子)から養蚕の仕事場を案内された美和(井上真央)は、女の子たちが学校に通うことなく、幼いころから働いている現状を知る。楫取(大沢たかお)も学校を視察し、子どもたちの就学状況を危惧する。そして二人は、群馬で教育を振興させるための策を真剣に考え始める。そんな折、萩で前原(佐藤隆太)が新政府の政治に不満を持つ士族を集め、反乱を起こす。そこには美和のおい・小太郎(広田亮平)も加わり、楫取と寿(優香)の次男・久米次郎(市川理矩)も東京から駆け付けようとしていた。政府軍が鎮圧に乗り出す中、楫取はすぐに萩に向かおうとする。

----------------------------------------------------------------------------------------
【10 月28日更新】
■ あらすじ(第44話 11/1放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
萩から前橋に戻った美和(井上真央)は姉・寿(優香)の看病をしながら、公務に忙しい義兄・楫取(大沢たかお)を支える。だが、萩の乱で家族や親しい人を失った悲しみを楫取の前でさらけ出してしまった美和は、義兄に対し、恥ずかしさとぎこちなさを感じていた。そのころ、楫取は子どもたちの教育事業に力を入れようとしていたが、阿久沢(江守徹)ら県庁の幹部たちは無駄なことだと取り合わず難航する。美和も、製糸業に従事する女性たちが勉強をする機会をつくりたいと奔走するものの、せい(三田佳子)の反対に遭い、うまくいかない。そんな折、松下村塾の塾生で今は神奈川県令となった野村(大野拓朗)が美和たちを訪ねて来る。

----------------------------------------------------------------------------------------
【11 月4日更新】
■ あらすじ(第45話 11/8放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
美和(井上真央)はせい(三田佳子)の下で糸繰りを習いながら、そこで働く女性たちに勉強を教えていた。一方、楫取(大沢たかお)の元に、生糸の値が大暴落しているとの知らせが入る。調べると、粗悪品が混じり、品質が安定していないことが原因であることが分かった。そんな折、美和は、後に近代農業の父と呼ばれる船津伝次平(石原良純)と出会う。人々の暮らしを向上させるため、新しい農業法を見つけようと努力を続ける船津の姿勢に、美和も楫取も大きな刺激を受ける。そして楫取は、民間で製糸場を経営する星野(大東駿介)の協力も得て、生糸の価格を安定させるために組合を創設し、品質管理を行う共同施設をつくろうと奔走する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【11 月11日更新】
■ あらすじ(第46話 11/15放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
美和(井上真央)と楫取(大沢たかお)が大雨に足止めされ旅館に宿泊していた夜、楫取が建設を進めていた生糸の共同施設で火災が発生する。火は収まったものの、その騒ぎのさなかに楫取の行方が分からなかったことが大きな問題となる。そして、美和と楫取が同じ宿に泊まっていたことで、二人の仲を疑ううわさが広まる。阿久沢(江守徹)の一派はさらに攻勢を強め、県庁内での楫取の立場は一層厳しくなる。そんな折、楫取が二条窪で農業を営んでいたころに親しくなった中原(堀井新太)が訪ねて来る。楫取の窮状を知った中原は、試験を受けて群馬県庁の職員となり、楫取を助けたいと考える。

----------------------------------------------------------------------------------------
【11 月18日更新】
■ あらすじ(第47話 11/22放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
美和(井上真央)と楫取(大沢たかお)の熱意が少しずつ群馬の人々に伝わり、さまざまな取り組みも軌道に乗り出した。そんな折、東京にいる久米次郎(市川理矩)から美和に手紙が届く。その内容に衝撃を受けた美和は、寿(優香)の見舞いと、久米次郎の真意を確かめることを目的に上京する。そのころ群馬は、世界経済の不況の影響で生糸の相場が一気に下落し、騒動となっていた。それは、日本経済全体にも影響を及ぼす大きな危機だった。楫取は、アメリカに単身渡っている新井(細田善彦)に群馬の生糸を送って高品質であることを証明し、有力商人のリチャードソンとの大口契約を取り付けることに成功する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【11 月25日更新】
■ あらすじ(第48話 11/29放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
美和(井上真央)がつくった女性たちのための学びの場に、地元の養蚕農家の女性や、富岡製糸場で働く女性らが集う。そのころ萩では、美和の兄・杉民治(原田泰造)が松下村塾を再開させ、地元の子どもたちがそこで学ぶようになっていた。楫取(大沢たかお)も女子教育の振興に力を入れ、女学校の設立を計画する。せい(三田佳子)や阿久沢(江守徹)は、美和と楫取が固い絆で結ばれていることに気付く。そんな中、富岡製糸場が閉鎖されるという知らせが美和たちに届く。明治政府は財政再建のため、赤字続きの官営工場を民間に払い下げることをもくろみ、富岡製糸場にも白羽の矢が立ったのだ。

----------------------------------------------------------------------------------------
【12 月2日更新】
■ あらすじ(第49話 12/6放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
美和(井上真央)と楫取(大沢たかお)は思い合いながらも、気持ちを素直に伝えられない。せい(三田佳子)や阿久沢(江守徹)たちはやきもきし、二人を結び付けようと画策する。そんな中、東京で働く久米次郎(市川理矩)が楫取を訪ねて来る。かつては美和に反発していた久米次郎だが、志によって結ばれた美和と楫取の絆を知り、今では二人を応援するようになっていた。そして楫取は、久米次郎の言葉や亡き妻・寿の遺言に背中を押され、ついに心を決める。一方、久坂玄瑞の忘れ形見・秀次郎(大八木凱斗)が正式に久坂家を継ぐことになり、美和は秀次郎とその母・辰路(鈴木杏)と共に萩にあいさつに行くことになった。

----------------------------------------------------------------------------------------
【12 月9日更新】
■ あらすじ(第50話 12/13放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
美和(井上真央)と楫取(大沢たかお)は、毛利元徳(三浦貴大)、安子(田中麗奈)夫妻の計らいで鹿鳴館にやって来る。明治政府の伊藤博文(劇団ひとり)らが中心となって文明国としての威信を国内外に示そうと造られた鹿鳴館では、舞踏会が毎夜開かれていた。楫取は早速、貴族や有力な実業家たちを相手に、前橋までの鉄道開通の実現に向けて交渉を始める。美和は婦人たちに向けて、群馬の生糸や養蚕業に携わる女性たちの学びやを紹介し、身分の分け隔てなく女性が学ぶことの大切さを説く。半信半疑の婦人たちの中で、後に津田塾大学を創設し、女性教育の先駆者となる津田梅子(知花くらら)が美和の話に関心を持つ。

関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック