FC2ブログ
2019 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 01

TVアニメ「わしも-wasimo-(第2シリーズ)」…Arika

kage

2015/01/21 (Wed)

ジャンル:キッズ
 わしも-wasimo-(第2シリーズ)

WASIMOWASIMO
(2013/01)
宮藤 官九郎

商品詳細を見る


最速放送日…2015年1月5日(月)18:00~18:10 毎週月曜日・火曜日(週2回) (NHK Eテレ)

■キャスト
松本梨香、田中あいみ

■スタッフ
監督:川瀬敏文、シリーズ構成:細川徹、制作:NHKエンタープライズ原作/原案作:宮藤官九郎、絵:安齋肇『WASIMO』

■制作会社
スタジオディーン

■あらすじ
おばあちゃんがしんじゃった。 毎日泣いていた小学生の女の子「ひよりちゃん」のために、パパが作ってくれたおばあちゃん型ロボット「わしも」。 「わしも」が歩くと聞こえるカタカタカタというなつかしい音は、おばあちゃんと同じ入れ歯(いれば)を使っているから。 歩くスピードはカタツムリより速いけど、興奮(こうふん)したカブトムシよりは遅い。でも、本当は新幹線(しんかんせん)より速く走れちゃう。 そんなヘンテコな性能(せいのう)の「わしも」がいろんな人と出会ったり、いろんな経験(けいけん)をしたり…。 「わしも」と「ひよりちゃん」のキュートで楽しい、ちょっとかわった日常(にちじょう)がはじまる!
----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)3 宮藤官九郎作 アニメ「わしも wasimo」第2弾!
宮藤官九郎・作、安齋肇・絵の絵本「WASIMO」を原作としたアニメ「わしも-wasimo-」が、2015年1月5日からNHK-Eテレで放送されます。「WASIMO」は、2012年に小学館「小学1年生」に連載され、2013年に上梓された、宮藤官九郎・作、安斎肇・絵の絵本。おばあちゃんが亡くなって以来、泣き暮らすひよりちゃんのため、お父さんがおばあちゃんそっくりのロボット・WASIMOを作りました。ひよりちゃんとWASIMOの、ちょっとおかしな生活を描いた物語。キャストは、わしも役が松本梨香、ひより役が田中あいみ。


----------------------------------------------------------------------------------------
第1話  わしもの一日 (初回放送日:2015年1月5日(月))
----------------------------------------------------------------------------------------
わしもは最新型(さいしんがた)のおばあちゃんロボット。ひよちゃんは毎日学校に行くけれど、わしもは毎日なにしてるんだろう?朝は縁側(えんがわ)で新しい言葉をアップデートしたり、外に出かけてゲートボールの助っ人(すけっと)をしたり、意外(いがい)とわしもはいそがしいみたい。今回はわしもの一日に密着(みっちゃく)するよ。

評価=
----------------------------------------------------------------------------------------
第2話  わしも、宿題を手伝う (初回放送日:2015年1月6日(火))
----------------------------------------------------------------------------------------
宿題の作文になやんだひよちゃんは、わしもに助けてもらうことに。わしもに書いてもらった作文は、内容(ないよう)がちょっとおばあちゃんっぽいけれど、担任(たんにん)のヒゲなまず先生からは大絶賛(だいぜっさん)。ほめられてよろこんだひよちゃんは、次の宿題のお絵かきもわしもにたのんじゃうことに…。ひよちゃん、そんなことして本当に大丈夫?

評価=☆

----------------------------------------------------------------------------------------
第3話  金ピカわしも (初回放送日:2015年1月12日(月))
----------------------------------------------------------------------------------------
ひよちゃんのいたずらで、全身(ぜんしん)金ピカになってしまったわしも。そのまま外に出かけたら、おばあちゃんたちに大人気。わしもを仏様だと思った、おばあちゃんたちは、おがんだり、ぺたぺたさわりまくったり。そこにハリウッドの大物映画監督(おおものえいがかんとく)があらわれて、わしもをぜひ自分の映画に出したいとたのんできた。

評価=

----------------------------------------------------------------------------------------
第4話 りん子ちゃんのロボット (初回放送日:2015年1月13日(火))
 ----------------------------------------------------------------------------------------
ひよちゃんのクラスメイトのりん子ちゃんは、わがままで負けずぎらい。わしもを見て自分もロボットがほしくなっちゃった。りん子ちゃんが、わしもに対抗(たいこう)して鉄工所(てっこうじょ)をやっているお父さんに作ってもらったロボットは、その名も「ヨシモ」。でも、なんだかようすがおかしいような…。わしもにライバル登場(とうじょう)か?

評価=


----------------------------------------------------------------------------------------
第5話  ひよちゃんの気になる男の子 (初回放送日:2015年1月19日(月))
----------------------------------------------------------------------------------------
ひよちゃんには、気になる男の子がいるらしい。ひよちゃん本人にくわしく聞こうと質問ぜめにするわしも。しつこく聞きすぎて、とうとう、ひよちゃんにいやがられてしまい、聞き出せずじまい。それでも「気ーにーなーるー!」とわしもは自分で調べることに。ひよちゃんの気になる男の子って、いったい誰なんだろう?どんな男の子なんだろう?

評価=

----------------------------------------------------------------------------------------
第6話  わしわし、わしも (初回放送日:2015年1月20日(火))
----------------------------------------------------------------------------------------
わしもが電話を取ると受話器の向こうから「オレオレ!オレだよ~!」という知らない人の声が。それは、お年寄りをだましてお金を盗もうとする「オレオレ詐欺(さぎ)」からの電話だった。だけど、「オレオレ詐欺」を知らないわしもは、犯人の言う通りお金を振り込もうとしてしまう。わしもがあぶない!早く気付いて~!

評価=☆

----------------------------------------------------------------------------------------

【各話評価】
=多いほど個人的に高評価した回(最高で星5つ)
☆=並みの出来と感じた回
×=脚本に疑問を感じた失敗回
▼=多いほど作画・キャラ崩壊と感じた回(最高で星3つ)
?=内容が微妙で現時点で評価保留の回



放送日:2015年1月5日~2015年1月20日

Arika報告書v
ひとこと感想。

NHKの再びの挑戦♪

----------------------------------------------------------------------------------------
評価:★★2・2  
物語:2・0  作画:1・5  声優:2.0  音楽:20  キャラ:3.5

----------------------------------------------------------------------------------------

1期では、大好きだった祖母が亡くなり、毎日泣いて寂しがっていた ひより。

パパは ひよりが元気になるように おばあちゃんロボット・わしもを作る事となったという話の第2シリーズ!

わしもを中心に話が進んで行き、作品に毒が無く子供が安心して観る事ができる ほのぼのとした内容。

基本的におばあちゃんの要素を入れたロボットなので、なにか落ち着くんだよね。

子供向けなので無理をして観る必要もないし、色々と気になる事がありますが、細かい事を気にしたらダメダメ。

小さい子供を含めた家族団欒の場面には適している作品だと思います。





関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック