FC2ブログ
2021 02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2021 04

2015年冬、金曜ドラマ『ドラマ24「怪奇恋愛作戦」』

kage

2015/03/27 (Fri)

Arikaシネマ2014b4

★1月9日スタート 

テレビ東京ほか 毎週金曜 深夜0:12~深夜0:52

 ドラマ24「怪奇恋愛作戦」

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:ケラリーノ・サンドロヴィッチ/脚本:関谷崇/脚本:田中眞一/脚本:小峯裕之/監督:ケラリーノ・サンドロヴィッチ/監督:白石和彌/監督:濱谷晃一/プロデューサー:中川順平/プロデューサー:五箇公貴/プロデューサー:濱谷晃一
オープニングテーマ:女王蜂「ヴィーナス」
エンディングテーマ:電気グルーヴ「Fallin’ Down」

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
•消崎夏美(麻生久美子)

37歳。夢だったカフェのオーナーになるため会社を辞め、貯金を投じて店を購入するが詐欺に遭う。恋人はいないが、幼なじみの三階堂のことが少し気になっている。

•揺木秋子(坂井真紀)
39歳。定時制高校で音楽教師として働きながら、「白馬の王子様」が現れるのを待っていたが、その純粋な心を生徒たちにもてあそばれてしまう。

•華本冬(緒川たまき)
38歳。恋人有り?の自称・女優。映画スターを目指しながら女優活動に勤しむ一方、多数のバイト先を渡り歩いている。

•三階堂登(仲村トオル)
40歳。純粋無垢で天然ボケな刑事。夏美の幼なじみで、「喫茶面影」のアルバイト・萌香とは恋人同士だが、プラトニックな関係。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
演劇界の奇才が贈るアラフォー3人娘の“怪奇×恋愛×コメディー”ドラマ!

麻生久美子、坂井真紀、緒川たまきが演じる未婚のアラフォー3人が、怪奇現象に巻き込まれながら恋に奮闘する“怪奇恋愛群像劇”。脚本・監督は劇団「ナイロン100℃」を主宰する演劇界の奇才、ケラリーノ・サンドロヴィッチで、自身が長年温めてきたオリジナル企画を映像化する。愉快なアラフォー3人娘が恋に仕事に友情に、そして恐ろしい妖怪や謎の怪奇現象との闘いに、遅過ぎた青春を燃やす。婚期を逃した女性3人の強力な“負のオーラ”に吸い寄せられるがごとく、さまざま怪奇現象が起こり、3人や周囲の人々が巻き込まれていく姿がユーモラスに描かれる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【1月9日更新】
■ あらすじ(第1話 1/9放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
死刑執行されたはずの男(赤堀雅秋)が宝石店を襲撃。 巡査たち(かもめんたる)の発砲にも動じず夜道に消えるという怪事件が発生する。 一方、カフェのオーナーを夢見て会社を辞めた36歳の夏美(麻生久美子)は、 開店予定地で 「喫茶面影」 という怪しい店を発見。その夏美の短大時代の友人で、音楽教師の秋子(坂井真紀)は生徒に女心をもてあそばれ、女優志望の冬(緒川たまき)は上司ともめてクビに。不幸続きの3人は夏美の部屋に集まるが…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【1月16日更新】
■ あらすじ(第2話 1/16放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
夏美(麻生久美子)は「喫茶面影」でアルバイトを始めるが、怪人(赤堀雅秋)にヘリコプターで連れ去られ、廻博士(小澤征悦)の屋敷に拘束されてしまう。博士に改造された人造人間だという怪人は、博士が夏美の体に別の女性の脳を移植して妻にするつもりだと話す。ところが、屋敷に戻った博士は怪人を殴る。本当の標的は同じ喫茶店で働く若い萌香(今野鮎莉)だったのだ。博士は夏美の脳を萌香の体に移植すると言い出し…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【1月21日更新】
■ あらすじ(第3話 1/23放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
入院中の秋子(坂井真紀)は同室のミドリ(中山絵梨奈)のトイレに付き添う。ところが、中でミドリは、女医(毬谷友子)に何かを吸い取られる。その後、出てきたのは老婆(銀粉蝶)と女医だけで、ミドリは見当たらない。翌日、夏美(麻生久美子)が好きなバンドのボーカル・タバサ(成海璃子)が入院し秋子と同室に。だが、3カ月後に発売されたアルバムジャケットのタバサは老女で…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【1月28日更新】
■ あらすじ(第4話 1/30放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
冬(緒川たまき)のタクシーで一緒に崖から転落した女医(毬谷友子)は「妖怪年食い」の姿に。冬の「年」を食べようともみ合ううち、冬が川に落下し流されてしまう。そのころ、夏美(麻生久美子)は、老女姿のミドリ(銀粉蝶)をタバサ(成海璃子)のライブ会場で見つけ、喫茶面影に連れてきていた。そこへ眠山(山西惇)が、妖怪年食いを収めた写真を持参する。そこには女医が写っていた。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2月4日更新】
■ あらすじ(第5話 2/6放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
授業を終えて帰ろうとした秋子(坂井真紀)は、教え子の育朗(松井健太)が音楽室でピアノを演奏していることに気付く。卓越した指使いと屈託のない笑みにときめく秋子。しかも「喫茶面影」にいる秋子を追ってきた育朗は「先生は僕が守る」と宣言する。そのころ、連続吸血事件が世を賑わせていた。捜査が難航し困った三階堂(仲村トオル)は、夏美(麻生久美子)らに協力を依頼する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2月11日更新】
■ あらすじ(第6話 2/13放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
萌香(今野鮎莉)が連続吸血事件に巻き込まれ、病院に運ばれた。おとり捜査に協力し犯人に襲われた夏美(麻生久美子)は、育朗(松井健太)がバンパイアであると確信。秋子(坂井真紀)に忠告するが、 恋する秋子は聞き入れない。学校の引き出しから育朗の退学届を見つけた秋子は、慌ててアパートへ向かう。部屋にいたミナ(荻野目慶子)と話すうちに、秋子は意識がもうろうとして…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2月18日更新】
■ あらすじ(第7話 2/20放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
フリーマーケットに来た夏美(麻生久美子)と三階堂(仲村トオル)だが、出店しているのは唄子(犬山イヌコ)だけ。ところが唄子の隣に突如店が出現し、マリエ(林田麻里)がランプを買う。マリエはかつて冬(緒川たまき)と同じ劇団にいた九十九(森岡龍)と同居中の婚約者だった。帰宅した九十九がせりふの練習を始めると、ランプからブイヨン(ピエール瀧)という悪魔が現れる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2月27日更新】
■ あらすじ(第8話 2/27放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
催眠状態の冬(緒川たまき)に首を絞められ、唄子(犬山イヌコ)や三階堂(仲村トオル)にまでも狙われた夏美(麻生久美子)。どうにか催眠は解け、眠山(山西惇)はこれがブイヨン(ピエール瀧)の仕業だと気付く。夏美のぼろ布がブイヨンをランプに封じる布なのだ。一方、秋子(坂井真紀)はテレビから出てきたレーダーマンをかくまうが、彼は悪を撲滅したいと街に出てしまう。やがて、その正体が九十九(森岡龍)ではと騒がれ始める。

----------------------------------------------------------------------------------------
【3月6日更新】
■ あらすじ(第9話 3/6放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
三階堂(仲村トオル)は山中で捜索活動中に、足をくじいた霞(真野恵里菜)と出会う。霞を背負い家まで送ったお礼にと、最高のもてなしを受ける三階堂。翌日、喫茶面影に霞が現れた。三階堂の誠実な立ち居振る舞いを見た夏美(麻生久美子)と萌香(今野鮎莉)は嫉妬する。そんな思いをよそに、三階堂は霞とデートを重ねるようになるが、霞の家ではお手伝いの静子(木野花)が「次の満月までが期限」と意味深な言葉を口にしていた。

----------------------------------------------------------------------------------------
【3月11日更新】
■ あらすじ(第10話 3/13放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
喫茶面影で、夏美(麻生久美子)らいつものメンバーは、冬(緒川たまき)が寺で見つけた戦時中の写真に見入る。そこには霞(真野恵里菜)と静子(木野花)の姿が写っていた。眠山(山西惇)は三階堂(仲村トオル)のやつれ方を見ても、故人である霞が、三階堂を‘あの世’へ連れて行こうとしていると言う。三階堂を救いたい夏美と萌香(今野鮎莉)は彼の入院先へ、冬と眠山は霧島家の話を聞くため、寺の住職(ミッキー・カーチス)の元へ向かう。


----------------------------------------------------------------------------------------
【3月18日更新】
■ あらすじ(第11話 3/20放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
三階堂(仲村トオル)の誘いで夏美(麻生久美子)ら7人は鬼神村へ出掛ける。応募もしていないのに当選したツアーで、旅館の女将(高橋ひとみ)からは必ず7人で来るよう言われたらしいが、三階堂は怪しむ気配もない。喫茶面影では、悲別(大倉孝二)がいわく付きの伝説があるという鬼神村の記事を読んでいた。ようやく旅館にたどり着いた一行。夏美らが気味の悪さを感じる中、三階堂は部屋に着いた途端、寝込んでしまう。

----------------------------------------------------------------------------------------
【3月25日更新】
■ あらすじ(第12話 3/27放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
矢が胸に突き刺さった夏美(麻生久美子)だったが、気が付くと鬼神村のバス停に降りる瞬間に戻っていた。殺された人たちも生き返っている。経験した惨事を阻止するべく、旅行を中止しようとする夏美をよそに、一行は旅館に到着。同じように出迎える女将(高橋ひとみ)たち。同じように寝込む三階堂(仲村トオル)。夏美は必死に一行を部屋にとどめるが、皆に理解されない。一方、女将らは単独行動をしない7人にいら立つ。


関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック