FC2ブログ
2020 06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 08

TVアニメ「夜ノヤッターマン 」…Arika

kage

2015/03/30 (Mon)

ジャンル:コメディ
 夜ノヤッターマン

最速放送日 2015年1月11日(日)22:00~(TOKYO MX)

■キャスト
ドロンジョ:喜多村英梨
ボヤッキー:平田広明
トンズラー:三宅健太
ドクロベエ:ホリ
オダさま:たかはし智秋
ガリナ:吉野裕行
アルエット:伊藤 静

■スタッフ
監督:吉原達矢、シリーズ構成:ふでやすかずゆき、キャラクターデザイン:後藤圭佑、メカニックデザイン:雨宮哲/川原智弘/城前龍冶、プロップデザイン:中山竜、演出チーフ:中野英明、色彩設計:のぼりはるこ、美術監督:海津利子、撮影監督:神木正士、編集:奥田浩史、音楽:加藤達也、音響監督:今泉雄一、音響制作:HALF H・P STUDIO

■原作/原案
原作:タツノコプロ

■制作会社
タツノコプロ

■あらすじ
何が善で、何が悪なのか……!?

ドロンボー一味との長き戦いを制したヤッターマンだが、彼らが築いた王国ヤッター・キングダムは平和な楽園ではなかった!? 国は疲弊し、圧政に苦しむ人々!

そこに立ち上がったのは、かつてヤッターマンのライバルとして戦ったドロンボー一味の末裔で、ヤッターマンに恨みを抱くレパード。

"ドロンジョ"の後継者としてその名を受け継いだ彼女は新生ドロンボーを結成。憎きヤッターマンにデコピンするため、ヤッター・キングダムに乗り込む!!
----------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)3あのタツノコプロの名作「ヤッターマン」が帰ってきた!?
「タイムボカンシリーズ」誕生40周年を記念して作られるという本作は、「夜ノ」というタイトルからわかるとおりも、かつてのヤッターマンファンだった大人向けの作品となりそうだ。制作は、「波打ち際のむろみさん」や「ガッチャマンクラウズ」などに参加したタツノコプロの若手スタッフが携わるということで、現代版の新たなヤッターマンの姿が描かれそうだ。

---------------------------------------------------------------------------------------
第1話「世界は真っ暗闇」 感想
---------------------------------------------------------------------------------------

予想以上に結構おもしろかったぞ初回の掴みは良かった。

何これAパートで泣けるレベル

9歳のままで戦うのか、17歳ぐらいの美女でやって欲しいような

悪の反撃とか、なかなか面白いじゃん

ボヤッキーとトンズラーの子孫の2人、 忠義に厚くメチャクチャいい奴らじゃないか。

逆にヤッターマン様ひでぇえええ!

タツノコ制作だし安心感はあるかな!


評価=

---------------------------------------------------------------------------------------
第2話「ヤッターマンにデコピンを」 感想
---------------------------------------------------------------------------------------

1話はプロローグだったから、2話がどうなのかで今後への期待度が変わってきそう。

可愛くて頼もしくて、でも基本的に歳相応で良い子なドロンジョ様の一挙一動がかわいすぎるマジ天使。ボヤッキー、トンズラーも頼もしい。最初全然三悪っぽくなかったのが次第次第にそれっぽくなってきてるというか、すごく丁寧に意識して手順踏んでそこらへんを演出している。なんといっても9歳に振り回されてそれでも付き合ってる25歳と29歳かわいらしい

本家とは善悪が反転し、ビックリドッキリメカが不気味なメカヤッターマンという悪意すら感じる演出。さらにヤッターキングダムのディストピアっぷりや本家に似た演出は絶望感を煽る。木登り豚、自転車などヤッターマンのパロディとしても色々懐かしい。自然の動植物の絵描写がえらい細かくて手が込んでるのがまた心くすぐられる。ヤッターマンにボコボコにされる!現状では絶対勝てない感がありありと出てて良かった・・・早く念願のデコピン出来るといいな!

しかし2話最後の最後に話は意外な方向に・・・。

盲目の少女との邂逅がどうなるのか、とりあえずアジト化?しそうだよね・・・

終盤に出てきたあの子はもしかして本物のヤッターマンの子孫かな?

目が見えてなかったみたいだけど何があったんだろうか?

…ラストに出てきた少女って…ママンと関係あるのか!? 同一人物!? 

どうやらただの復讐劇で終わるわけじゃないようなのでどんどん先が見たいです。

1話2話と見た感じではシリアス、コメディ、ドタバタ感が良いバランスでめちゃくちゃ見やすかったし、「ヤッターマン」ってタイトルから想像してたのと良い意味で全然違っていて、さらに3話の期待度が高鳴りました。


評価=

---------------------------------------------------------------------------------------
第3話「俺たちは天使じゃないけど天使のフリをする」 感想
---------------------------------------------------------------------------------------

ドロンボー一味を匿った罪で窮地に陥ってしまったアルエットとガリナだったが舞い戻ったドロンボー一味に救われ、意を決し共に旅立つ事に・・・。

果たして本当に天使との出会いになりえるのか…。

何時、どうやってメカ拵えたのか…相変わらずの無茶展開でしたが大正義ドロンボーのカッコ良さで許せてしまう今日この頃。「勝てなくてもイイ!今は負けなければイイんだ!」の台詞と共にの自爆は天晴れでございます。

…それにしても話を聞く限りヤッターマンが悪すぎる。

アルエット達の両親が亡くなったのは真実?それに本当に爆発事故なのか?

色々裏がありそうだけど真相を求め、いざソリャソウサ岬へ!

北海道がやばいことになっていることだけはわかったw

評価=

---------------------------------------------------------------------------------------
第4話「湯けむり露天風呂旅行」 感想
---------------------------------------------------------------------------------------

アルエットとガリナを加え首都ヤッターメトロポリスを目指すドロンボー一味。

旅の途中、ある村でもうすぐ赤ちゃんが生まれそうなミッちゃんと旦那さんのビーネさんに会う。 ビーネはヤッターマンが来て35年の間ヤッターメトロポリスで働けってつれてっちゃった。ドロンジョたちはビーネを助けて2人をつれて逃げるけど・・・ ビーネは裏切ってメトロポリスに行かなくってもいい代わりに ドロンジョたちのいばしょを教えちゃう…ひどい話だった。

ヤッターマンが悪いってみんな思ってるはずなのに、みんなで「バンザーイ!」って・・・

泣きながら「バンザーイ!」って・・・(´ω`。)グスン

どうしてこんな世界になっちゃったのかな?

ドロンジョは「ここは地獄だ!」って言ってたけど、 どこかに天国ってあるのかな?

ミッちゃん夫婦がヤッターマン達から理不尽な仕打ちを受けているのを見兼ね必死に救おうとするも力及ばず…

悔しさの滲む笑い声が寒空に響く。

とてもとてもとても悔しさが残るお話でした。

ここまでは負けても何とか成って来ていましたが、今回、勝てない事で守れない現実にぶち当たってしまいました。

それでもまだ明日が未来がある限り、挫けず頑張れリトル・ドロンジョ様!応援してるよ!

それと今回、ゴロー将軍なる新キャラが登場。


評価=

---------------------------------------------------------------------------------------
第5話「母に捧げるハリケーン」 感想
---------------------------------------------------------------------------------------

前回の鬱回がなんだったのかと思えるぐらい明るく、昼のヤッターマンっぽいギャグ回だった。

4話と5話で同じ脚本家とは思えない・・・演出の差か?

唐突にノリ変わったな カンガルーに決めた技は餓狼伝の虎王かラブステージでも使われてたけど、この技は人気あるのだろうか?

タケシが黒幕というか実は裏があるキャラかと思ってたけどそんなことなかったみたいだ・・・

メカ戦はすげー頑張ってたし囁きリポーターとか良かったけどな、立ちションの意味がわからんw

ザブングルのジロンみたいな奴が立ちションしまくるとか誰得なんやろうw

自信付けるためとはいえ幼女投げまくりは男としてどうよと正直思った。


評価=

---------------------------------------------------------------------------------------
第6話「冬に咲く花」 感想
---------------------------------------------------------------------------------------

鬱回→ギャグ回ときて感動回…?

ヤッターマンに勝ってスカッとした良い回だった …と思ったらおっさんが死んだwww

別に殺さなくてもよかったんじゃ・・・やっぱ鬱成分入れてくるんだよね、このアニメ。

ラベンダーの花言葉 :あなたを待っています、期待、沈黙。

期待とあなたを待ってます→ガッちゃん

沈黙→ラベンダーのおっさん

上手くまとめたと思う。

---------------------------------------------------------------------------------------
第7話「夢の海」 感想
---------------------------------------------------------------------------------------

リュウが昔助けた亀たちが助けに来たとこはちょっと良かった。

まあそれも安上がりな感じといえばそうだけど・・・・・

とりあえずガッちゃんのスキルアップしたしオモッチャマ生まれたし良かったじゃん。

まあまあ楽しめて視察してるが、本当に残り数話でラスボス倒して終わりかな ?

あとは実は外の世界は・・・みたいなこといって巻き引きとかなんてことがないのを祈る。


---------------------------------------------------------------------------------------
第8話「クッシャロデッシャロ湖のクッシー」 感想
---------------------------------------------------------------------------------------

今週は徹底的にキャラ萌えさせるような演出だった。

あざといと言えばあざといがw

あと罠にかかったアルが電撃ショックに耐性があったのは何かの伏線だったのだろうか?

アルエットとゴローの関係がわかったけどもっと早くやってほしかった。

ラベンダーここでキーアイテムになり死んだおじさん無駄じゃなかったことが判明。

エンディングに並んでる影は誰?

---------------------------------------------------------------------------------------
第9話「アバレシ番外地」 感想
---------------------------------------------------------------------------------------
レパードちゃん意識しすぎだろw

終始レパードちゃん惚れててワロタどんだけべた惚れやねんw

マッハ号w ガッちゃん覚醒始まった。つか話進んだけど中ボスがあと11人もいんのか?

どうすんだマジでw残り3話で全部倒すというのか?

---------------------------------------------------------------------------------------
第10話「ヤッター十二神将包囲網」 感想
---------------------------------------------------------------------------------------

ついにヤッターマンと対面。どんな裏があるのかと思えば、おしおきだべぇ~だった(笑)

こういう展開できたか!!!まさかドクロベェが勝っていたとはな!!!

なるほど、今までのひどい独裁っぷりもドクロベェがやったんなら納得だわ

で、即効どくろべえ様って理解した子孫たち・・・ 何代も渡りDNAに刻み込まれてるとしか思えない気づき方でした。

Aパート開始からのクッソ長い回想を見せられた段階ではイヤな悪寒しかしなかったが…… タツノコプロ、やってくれるじゃないのさw

来週楽しみだけど、 ドクロベエ正義でヤッターマン悪と思ってたのが実はドクロベエ悪となって レパードちゃんどうするのかな?

---------------------------------------------------------------------------------------
第11話「真実のヤッター・メトロポリス」 感想
---------------------------------------------------------------------------------------

初代ドロンボー一味は騙されてドクロベエの体を集めさせられた上30年後に洗脳されて似たようなことさせられ、挙げ句の果てに尽くしてきた一味を迫害とかマジ基地過ぎだろドクロベエ様…。

ドクロベエ様コミカルなノリでやってることエグいし、その割に動機が小物過ぎる。

ここまで粘着されるくらいだったら初代にさっさとドクロストーン渡して宇宙に帰ってもらったほうがよかったとさえ思えてくる。

最終回でガっちゃん&アル覚醒「思い…出した!」

「ヤッターマンがいる限りこの世に悪は栄えない!」とかやりだしそう。

---------------------------------------------------------------------------------------
第12話「夜明け」 感想
---------------------------------------------------------------------------------------

決戦シーンでの初代OPが熱い。まさかの本人様登場!


ドクロベー様どうやって戦うのかと思ったらまさかの巨大化!?

今週最終回ラッシュでどのアニメもラスボスとの戦闘描写多いけど、デカくて動きが緩慢な分かりやすいラスボスって今時珍しいかもね。

トンズラーとヤッターワンのバンク酷かったけどヌルヌル動くのはさすがのタツノコだと感心した。

展開と勢いは最高すぎた!!

吉野の決意と演説で涙出た!!

演説の背後にワンいる時点で鳥肌、その後覚醒したのでヤバい!!

話の山場で初代のOPキタ━━━(・∀・)━━!!!! やっぱり熱くていい曲だなぁ♪

巨大ドクロベエとの決戦シーンで夜ノOPに切り替わったけど、初代OPだけじゃなくてEDも流してほしかった。

ガッちゃんがガンちゃんに、 アルがアイちゃんに、2人がヤッターマンになったらドロンボーたちとはいっしょにいられない・・・ドロンジョさびしそうだったね。

ガッちゃんたちがみんなの目をさまさせるところもよかった。

さめたみんなが協力してドクロベーのヤッターマンと戦うところとかもあったらよかったのにって思う。

あと見えるようになったアルが最初に見たのがレパードの顔なのはグッド!!

シナリオはハチャメチャだったのになんだろう悪党が悪党してくれただけでほっとする最終回だった。

ゆっくり時間をかけて気持ちとかを見せてくれるから悲しいところとか伝わってきやすかったです。

途中ヘンな下ネタとギャグがなかったらもっと感動する話になっていたと思う。

しかし、元祖ドロンジョ様の声聞けてよかった。

---------------------------------------------------------------------------------------
【各話評価】
=多いほど個人的に高評価した回(最高で星5つ)
☆=並みの出来と感じた回
×=脚本に疑問を感じた失敗回
▼=多いほど作画・キャラ崩壊と感じた回(最高で星3つ)
?=内容が微妙で現時点で評価保留の回


放送日:2015年1月11日~2015年3月29日

Arika報告書v
ひとこと感想。

ドロンボーがいる限り、

この世にヤッターマンは栄えない! 

悪があるからこそ正義は在る


----------------------------------------------------------------------------------------
評価:★★★☆3・5  
物語:3.2 作画:3.6 声優:3.7 音楽:3.6 キャラ:3.7

----------------------------------------------------------------------------------------

関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック