FC2ブログ
2020 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2020 10

(時代小説・歴史小説)悪党芭蕉/嵐山 光三郎

kage

2015/01/14 (Wed)

2015年1月のテーマ特集本
Arika時代小説

海外を旅する人も増え、異文化に対する畏敬や憧れは身近なものとなりましたが、もしも過去の日本にタイムスリップしたら、どれほどのカルチャーショックを受けることでしょう。何百年も前の日本人の暮らしぶりや考え方が、形や意義を変えながら、今に受け継がれていると考えると、とても不思議な気分になります。時代劇には欠かせない、日本酒に関する本と一緒にご案内します。


アイコンりす今回の書籍案内人・・・・Arika

ついに出た。芭蕉本の決定版!
 悪党芭蕉/嵐山 光三郎

悪党芭蕉 (新潮文庫)悪党芭蕉 (新潮文庫)
(2008/09/30)
嵐山 光三郎

商品詳細を見る


Arikaアイコン(小)1尾芭蕉といえば『奥の細道』を思い出す人が多いでしょう。俳聖と呼ばれ「人生は旅だ」とおっしゃった偉い人。でも芭蕉にはけっこう謎が多く、芭蕉隠密説まで出ています。さて嵐山さんの『悪党芭蕉』。タイトルにギョッとしますが、読んでみると大変中身の濃い、すごい本です。多くの弟子を抱え、その弟子たちもひと癖ある者ばかり。中には罪人までいます。「生類憐みの令」が世を蔽う元禄時代。句会という座の文芸を丹念に検討し、芸術家芭蕉と興行師芭蕉の両者にスポットを当てながら、ひと筋縄ではない芭蕉の実相に迫ります。作者も「書き終えて、へとへとに疲れた」というぐらい大変な力作。読売文学賞と泉鏡花文学賞、ダブル受賞作品です。






F03-b104.gif 
■当ブログを「厳選!書籍全般レビューブログ」の1つとして紹介させて頂いております。


■新書・文庫本に関する人気のおすすめ感想ブログ・書評レビューまとめランキングサイト
新書・文庫本マニア

あなたの大好きな新書・文庫本の情報を探してみませんか?

新書・文庫本マニアは、おすすめ情報・感想ブログ・書評レビュー・Twitter・ニュース・Q&Aなど、話題になっている口コミ・記事をまとめた本の人気ランキングサイトです。

様々な切り口から、あなたの大好きな新書・文庫本の情報を探してみませんか?




関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック