FC2ブログ
2019 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2019 12

第152回芥川賞受賞作品特集!

kage

2015/02/10 (Tue)

あくたがわ2015い1

芥川龍之介の名を記念して、直木賞と同時に昭和10年に制定された。

芥川賞…”純文学”を対象とした作品。
各新聞・雑誌(同人雑誌を含む)に発表された純文学短編作品中最も優秀なるものに呈する賞。

純文学とは?…「芸術性」「形式」を重視!
純文学(じゅんぶんがく)は、大衆小説、あるいは小説一般に対して、商業性よりも「芸術性」・「形式」に重きを置いていると見られる小説を総称する、日本文学における用語。


Arikaメダル1第152回芥川賞受賞

 九年前の祈り/小野正嗣さん(著)

九年前の祈り九年前の祈り
(2014/12/16)
小野 正嗣

商品詳細を見る


----------------------------------------------------------------------------------------
●内容紹介
----------------------------------------------------------------------------------------
「握っていなければならぬ貴重な手がふと離れてしまうとき、あたりにたちこめるとりとめのない時間は、甘美な苛酷さへとまがまがしく変容する。その一瞬に立ちあった者の心の乱れは、容易にはおさまるまい。『九年前の祈り』は傑作である。」─蓮實重彦氏

「彼女が水辺で、異次元に生きているかのようにも思われる息子と、突然に手をつなぐ。その電撃的な清冽さによって、この小説は尊い。」──朝日新聞・片山杜秀氏

「『現代』と『神話』の同居しているところに作品の愉悦がある」──毎日新聞・田中和生氏

「最も力のある作品」「悲しみに折れない人間の手応えが伝わってくる」──東京新聞・沼野充義氏

「すべてのものを飲み込んでしまうおおらかなたゆたいの中で、小さな粒を、一つのメルヘンとも呼べる澄んだ真珠に育て上げた。」──読売新聞・待田晋哉氏


など、各紙文芸時評で絶賛された傑作!

三十五歳になるシングルマザーのさなえは、幼い息子の希敏をつれてこの海辺の小さな集落に戻ってきた。何かのスイッチが入ると引きちぎられたミミズのようにのたうちまわり大騒ぎする息子を持て余しながら、さなえが懐かしく思い出したのは、九年前の「みっちゃん姉」の言葉だった。

■□■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Arikaアイコン(小)1物語を楽しむ作品ではなく、文章を楽しむ作品。

全部読み終えて最後にストーリーが一つに繋がっていく旋律みたいな楽しさ♪


感想:(第152回芥川賞受賞作品特集!①)九年前の祈り/小野正嗣(著) 【2015/02/05】




第152回芥川賞候補4作品
 太陽・惑星/上田 岳弘(著)

太陽・惑星太陽・惑星
(2014/11/27)
上田 岳弘

商品詳細を見る


----------------------------------------------------------------------------------------
●内容紹介
----------------------------------------------------------------------------------------
やがて人類は不老不死を実現する。その先に待つのは希望か、悪夢か――。

アフリカの赤ちゃん工場、新宿のデリヘル、パリの蚤の市、インドの湖畔。地球上の様々な出来事が交錯し、飽くなき欲望の果て不老不死を実現した人類が、考えうるすべての経験をし尽くしたとき、太陽による錬金術が完成した。三島賞選考会を沸かせた新潮新人賞受賞作「太陽」と、対をなす衝撃作「惑星」からなるデビュー小説集!

■□■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Arikaアイコン(小)1純文学畑でSFを書いている作家さんらしい作品。

文学的な方向からの、人類の新しいステージを描くと言う試みは素晴らしい。

漢字一文字で”感想”を例えるなら「太陽」は”欲”、「惑星」は”無”かな!?


感想:(第152回芥川賞受賞作品特集!②)太陽・惑星/上田 岳弘(著) 【2015/02/06】




 ヌエのいた家 (文學界9月号)/小谷野 敦(著)

文学界 2014年 09月号 [雑誌]文学界 2014年 09月号 [雑誌]
(2014/08/07)
不明

商品詳細を見る


----------------------------------------------------------------------------------------
●内容紹介
----------------------------------------------------------------------------------------
数多くの芥川賞作家を輩出している代表的純文学雑誌。
川端康成、小林秀雄などを同人に1933年に創刊され、数多くの作家・評論家を輩出してきた斯界を代表する月刊文芸誌。小説、戯曲、文学・映画・哲学評論と幅広い誌面構成で読者の支持を集めている。戦後から現在にいたるまで一貫した純文学の新進作家発掘にも定評があり、1955年の第一回文學界新人賞受賞の石原慎太郎氏(「太陽の季節」)以来、純文学の登竜門として次々と芥川賞受賞者を世に送り出している。

■□■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Arikaアイコン(小)1実父に対する息子の寒々とした嫌悪感がむき出しに描かれ作品。

決して触れてはいけない私小説を読んでしまったような読後感最悪!!


感想:(第152回芥川賞受賞作品特集!③)ヌエのいた家 (文學界9月号)/小谷野 敦(著) 【2015/02/07】





 影媛(かげひめ) (新潮12月号)/高尾 長良(著)

新潮 2014年 12月号 [雑誌]新潮 2014年 12月号 [雑誌]
(2014/11/07)
不明

商品詳細を見る


----------------------------------------------------------------------------------------
●内容紹介
----------------------------------------------------------------------------------------
新潮新人賞受賞第一作
高尾長良「影媛」

創作
多和田葉子「マルティン・ルター通り」
いしいしんじ「海と山のピアノ」
谷崎由依「蜥蜴」
宮崎誉子「笑う門には老い来たる」

クオリティの高さをこだわり続ける文芸誌。

■□■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Arikaアイコン(小)1宮崎駿「もののけ姫」と「風の谷のナウシカ」を足して三で割ったようなテイスト

日本書紀を題材にした敵対する部族の若者の”恋”と”悲劇”の恋物語・・・・。


感想:(第152回芥川賞受賞作品特集!④)影媛(かげひめ) (新潮12月号)/高尾 長良(著) 【2015/02/08】





 指の骨 (新潮11月号)/高橋 弘希(著)

指の骨指の骨
(2015/01/30)
高橋 弘希

商品詳細を見る


----------------------------------------------------------------------------------------
●内容紹介
----------------------------------------------------------------------------------------
死を覚悟したのではなく、死を忘れた。そういう腹の決め方もあるのだ。果たしてこれは戦争だろうか。我々は誰と戦うでもなく、一人、また一人と倒れ、朽ちていく。これは戦争なのだ、呟きながら歩いた。これも戦争なのだ。しかしいくら呟いてみても、その言葉は私に沁みてこなかった──。

34歳の新鋭が戦争を描き、全選考委員絶賛で決まった新潮新人賞受賞作にして芥川賞候補作となった話題作。

■□■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Arikaアイコン(小)1太平洋戦争屈指の激戦地となった南洋の島で兵士は何を体験したのか?

野戦病院での生と死・・・。

圧倒的リアリティの新世紀戦争文学。 


感想:(第152回芥川賞受賞作品特集!⑤)指の骨 (新潮11月号)/高橋 弘希(著) 【2015/02/09】
関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック