FC2ブログ
2021 02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2021 04

2015年冬、金曜ドラマ『BS時代劇 雲霧仁左衛門2』

kage

2015/03/27 (Fri)

Arikaシネマ2014b4

★2月6日スタート 

NHK BSプレミアム 毎週金曜 午後8:00~午後8:45

 BS時代劇 雲霧仁左衛門2

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:池波正太郎/脚本:宮川一郎/脚本:古田求/演出:山下智彦/演出:井上昌典/演出:宇喜多尚/演出:服部大二/制作統括:銭谷雅義/制作統括:渡邊竜/制作統括:原林麻奈

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
•雲霧仁左衛門(中井貴一)
盗賊・雲霧一党の首領。「殺さず、犯さず、貧しき者からは奪わず」のおきてを守り、鮮やかな手口で盗みを働くことから、希代の大盗賊として知られている。

•安部式部(國村隼)
重罪の放火や盗賊を取り締まる火付盗賊改方の長官。雲霧一党を捕らえることに執念を燃やしている。

•七化けのお千代(内山理名)
幼いころ火事で焼け出された身を拾われて以来、仁左衛門の下で働いている。公家から商家の女まで何にでも化け、引き込みを働くのが得意。

•木鼠の吉五郎(伊武雅刀)
「仁左衛門の右腕として働き、配下から「小頭」と呼ばれている。仁左衛門の命を受け、盗みの実行部隊として活躍している。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
中井貴一主演、池波正太郎原作の時代劇シリーズ第2弾!
盗みのプロと捕り物のプロが激突する、作家・池波正太郎の人気時代小説を中井貴一主演でドラマ化。シリーズ第2弾となる今作では、雲霧仁左衛門が盗賊となってまで果たそうとした宿願が明らかになる。メーンキャスト陣は前作から変わらず、一党の首領・雲霧仁左衛門を中井が務めるほか、ライバルとなる火付盗賊改方の長官・安部式部を國村隼、七化けのお千代を内山理名、木鼠の吉五郎を伊武雅刀らが熱演。前作をしのぐ追いつ追われつの激しい攻防戦を繰り広げる。


----------------------------------------------------------------------------------------
【2月6日更新】
■ あらすじ(第1話 2/6放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
名古屋での大仕事を終えた雲霧仁左衛門(中井貴一)が江戸に戻ってきた。火付盗賊改方長官・式部(國村隼)は雲霧一党の捕縛を狙う。ある日、盗賊・不知火の勇五郎の人相書きが江戸市中に張り出される。程なく、勇五郎が雲霧一党に入りたがっているとの情報が仁左衛門の耳に入る。一方、七化けのお千代(内山理名)は、孤児だった幼いころの恩人が勇五郎なのではと思い…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2月11日更新】
■ あらすじ(第2話 2/13放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
仁左衛門(中井貴一)は与力・岡田(甲本雅裕)を金で誘い、式部(國村隼)の情報を探っていた。岡田を怪しむ式部は、「雲霧一党を捕らえた者に賞金を与える」とあおる。岡田が寝返ったことに気付いた熊五郎(手塚とおる)は尾行するが、同じく岡田を見張っていた同心・村田(山口翔悟)に捕らわれそうになり、村田を殺害。岡田は雲霧の手下を斬り、式部に身の証しを立てる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2月18日更新】
■ あらすじ(第3話 2/20放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
仁左衛門(中井貴一)配下の富の市(渡辺哲)は盗みの標的・井筒屋に引き込みに入る。実は目が見える富の市は、主人の治療のため奥座敷に入り屋敷の見取り図を作っていく。そんな時、富の市は出入りの行商のおかね(黒沢あすか)に食事を作ってもらうようになる。実はおかねは盗賊・夜兎の文蔵(大林丈史)の手下で、井筒屋を狙う文蔵の指示で富の市に近づいていた。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2月27日更新】
■ あらすじ(第4話 2/27放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
六之助(柄本佑)はやくざに追われる娘・おひさ(真野恵里菜)を助ける。おひさは病気の父・与助(井上高志)の治療費で借金が膨らみ、返済のために吉原に売られようとしていた。仁左衛門(中井貴一)は一党に、高利貸しからおひさの証文を奪い、父娘の面倒を見てやれと言う。そんな時、与助の知人・霞の七三(大鷹明良)が現れ、旧知の吉五郎(伊武雅刀)に仕事を持ち掛ける。

----------------------------------------------------------------------------------------
【3月6日更新】
■ あらすじ(第5話 3/6放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
仁左衛門(中井貴一)ら雲霧一党が狙っていた和田屋が何者かに襲われた。深手を負った手代の伊助(石井正則)はお千代(内山理名)に助けられたが、盗賊の一味と疑われ人相書きが出回ってしまう。伊助は襲われた夜にあいびきしたお時(三倉茉奈)を心配し、捜し回る。一方、熊五郎(手塚とおる)は和田屋の図面を流した大工が他の盗賊にも通じていたのではないかと疑うが…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【3月11日更新】
■ あらすじ(第6話 3/13放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
仁左衛門(中井貴一)ら雲霧一党の最後の狙いは老舗菓子店・越後屋。富の市(渡辺哲)が主人の善右衛門(寺田農)に取り入り、引き込み役となる。跡取りの隠し子が大きくなるまで長生きしたいという善右衛門に、ずっとそばで治療をしてほしいと頼まれた富の市は迷う。一方、同心・高瀬(松田悟志)は、雲霧一党を知る男と共に熊五郎(手塚とおる)の動きを追っていた。追い詰められた熊五郎は、浪人(田村亮)に助けられる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【3月18日更新】
■ あらすじ(第7話 3/20放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
富の市(渡辺哲)が塀の仕掛けを外せないままに、盗みを決行する夜がやってきた。式部(國村隼)は富の市を尾行させて、雲霧一党の標的が越後屋であることを突き止める。式部は富の市を捕らえて拷問にかけ、押し込みの日はいつか問い詰める。越後屋の周りにびっしりと配置された火付盗賊改方の捕り方たち。仕掛けの事も伏兵の事も知らぬまま、仁左衛門(中井貴一)は、一党に十分な金を渡すため最後の大仕事に挑もうとする。

----------------------------------------------------------------------------------------
【3月25日更新】
■ あらすじ(第8話 3/27放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
火付盗賊改方に‘雲霧仁左衛門’が自訴する。式部(國村隼)が対面するが、何度か仁左衛門(中井貴一)と遭遇した式部は替え玉と見抜く。実は自訴したのは仁左衛門の兄・蔵之助(田村亮)だった。かつて蔵之助と仁左衛門が陰謀により、藤堂藩から上意討ちされかけ、難を逃れたことを知る式部は、武士の情けで蔵之助を仁左衛門として獄門を命じる。数日後、仁左衛門は積年の恨みを晴らすため、単身、藤堂藩の行列に迫る。

関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック