FC2ブログ
2021 01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28. »  2021 03

2015年冬、火曜ドラマ『プレミアムよるドラマ その男、意識高い系。』

kage

2015/04/21 (Tue)

Arikaシネマ2014b4

★3月3日スタート 

NHK BSプレミアム 毎週火曜 午後11:15~午後11:45

 プレミアムよるドラマ その男、意識高い系。

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
作:安達奈緒子/作:神田優/演出:河原揺/演出:金澤友也/制作統括:篠原圭/制作統括:東田陽介

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
•坪倉春子(伊藤歩)
中小IT企業「早乙女会計ソフト」入社11年目の営業3課課長。同僚の二宮との結婚も決まりつつあり、安定した人生をおくっているが、どこか納得がいっていない。今どきの意識高い系の若者・一条の面倒を見ることになる。

•一条ジョー(林遣都)
「早乙女会計ソフト」の製品“会計ソフト武蔵”を「時代遅れ」と会社説明会の場で批判する強気さとアピール力が買われて「早乙女会計ソフト」に入社。しかし、その中身は自己演出だけに長けた、実力の伴わない「意識高い系」男子。

•二宮孝至(駿河太郎)
春子の同僚で恋人。営業1課の課長で、優秀な営業マン。春子との結婚も視野に入れている。春子たちが窮地におちいる時に手を差し伸べてくれる、助っ人的存在。

•大鈴木マリア(佐津川愛美)
一条がハリウッドの人脈を開拓するために召喚した友人。中学時代にアメリカのロサンゼルスに住んではいたが、実は業界へのパイプは皆無に近い。

•早乙女蘭子(大地真央)
「早乙女会計ソフト」の二代目社長。会社説明会で会った一条をスカウトし、入社させる。春子のことを信用しているが、高く評価しているかは微妙。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
伊藤歩と林遣都共演のお仕事コメディードラマ!
入社10年、大きな仕事を任されながらも恋と自分の人生を見つめ始めた、伊藤歩演じるアラフォーのヒロインが、林遣都が扮する「意識高い系」の若者に出会い、思わぬ騒動に巻き込まれるハートフル・コメディー。やたらと自分のプロフィールを“盛る”、ソーシャルメディアで意識の高い発言を連発する、人脈を必要以上に自慢するなど、今話題の「意識高い系」の若者。「意識高く“あろうとする”女子」の前に立ちはだかる、一癖も二癖もある「意識高い系男子」とのやりとりは、笑って泣けて、わが身を振り返りたくなるエピソード満載。


----------------------------------------------------------------------------------------
【3月3日更新】
■ あらすじ(第1話 3/3放送 )
----------------------------------------------------------------------------------------
中小IT企業「早乙女会計ソフト」の課長・春子(伊藤歩)は、自分の人生に納得していなかった。ある日、社長の蘭子(大地真央)が、自社商品の会計ソフトを時代遅れだと公然と批判した学生・一条(林遣都)を入社させる。しかし一条は、実力もないのに自己演出だけにたけた、中身の伴わない‘意識高い系’の若者だった。一条は春子の課に配属され、渋々春子が面倒を見ることになる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【3月4日更新】
■ あらすじ(第2話 3/10放送 )
----------------------------------------------------------------------------------------
会社はなぜか一条(林遣都)のペースに巻き込まれ、あれよあれよという間に新規事業部を立ち上げることに。それは全く専門外の 「乙女ゲーム開発」。しかし案の定、一条は口ばかりで具体的な仕事は一切しない。危機感を抱いた春子(伊藤歩)は、飲み会で偶然出会った新興ゲーム会社社長の窪田(前野朋哉)を会社に訪ね、何でもやるからゲーム作りを勉強させてほしいと懇願。そして、ゲームのバグ探しを手伝うことになるが…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【3月11日更新】
■ あらすじ(第3話 3/17放送 )
----------------------------------------------------------------------------------------
「ハリウッド映画みたいな恋したい」というゲームのテーマは決まったが、当然ハリウッドにつてなどない。焦る春子(伊藤歩)を尻目に、余裕の表情を浮かべる一条(林遣都)。しかし、ハリウッドに人脈を持つ人物として一条が呼んだマリア(佐津川愛美)は、中学時代にロサンゼルスに住んでいたことがあるだけだった。打つ手をなくした春子に恋人の二宮(駿河太郎)が、ハリウッドに精通するエージェント・アダム田中(藤本隆宏)を紹介する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【3月18日更新】
■ あらすじ(第4話 3/24放送 )
----------------------------------------------------------------------------------------
春子(伊藤歩)たちのゲーム制作に協力を申し出てくれたアダム(藤本隆宏)。しかしハリウッド映画のゲーム化権を取得するためアダムが提示した費用はなんと2億円。途方に暮れる春子に、一条(林遣都)が「クラウドファンディング」を提案。インターネットを利用して資金提供を呼び掛けるなら2億円も夢ではないかもしれない。経験したことのないビッグビジネスに興奮する春子。だが、二宮(駿河太郎)はそんな春子を面白く思わず…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【3月25日更新】
■ あらすじ(第5話 3/31放送 )
----------------------------------------------------------------------------------------
クラウドファンディングに着手する春子(伊藤歩)たちだが、思うように資金が集まらない。だが、‘ゆとり世代’と軽く見られていた若手社員たちが初めて自主的に仕事に取り組み始め、春子のやる気にも火が付いた。一方、一条(林遣都)は拡声器を持って街頭に立っていた。ゲームプロジェクトの知名度を上げるため、街頭演説でアピールしようとしていたのだった。期限までに目標の2億円を集めようとそれぞれが奮闘し…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【4月1日更新】
■ あらすじ(第6話 4/7放送 )
----------------------------------------------------------------------------------------
一条(林遣都)の街頭演説が思わぬ効果を生み、2億円の資金調達に成功。そんな時、開発するゲームの本数を増やすというさらなる無理難題が発生。アダム(藤本隆宏)の指示に従った一条が独断で発表したのだ。プロジェクトを成功させようと躍起になる春子(伊藤歩)は周囲が見えなくなり、マリア(佐津川愛美)が入院するなど、部下たちが体調を崩す事態に陥る。春子はゲーム発売の延期をアダムに申し入れるが、聞き入れられず…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【4月8日更新】
■ あらすじ(第7話 4/14放送 )
----------------------------------------------------------------------------------------
プロジェクトの失敗で社会的信用を失った「早乙女会計ソフト」は、他社に買収されることになった。一方、自分が実力の伴わないただの‘意識高い系’だと自覚した一条(林遣都)は落ち込んでしまう。課長として責任を感じる春子(伊藤歩)は飲み会を開き、一条を励ます。その日、二宮(駿河太郎)は春子を呼び出し、仕事を辞めて自分と結婚するように迫る。お決まりのレールに乗ることを望む二宮に対し、春子が出した答えは…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【4月15日更新】
■ あらすじ(第8話 4/21放送 )
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
一条(林遣都)は腹部に巻いた腹筋シートのおかげで奇跡的に一命を取り留め、春子(伊藤歩)はほっとする。だが、事件を起こした二宮(駿河太郎)は謹慎処分を下され、事件をきっかけに「早乙女会計ソフト」は買収先から不利な条件を突き付けられる。社員の大半がリストラされると聞き、春子と一条は伝説的な企業家といわれる権藤(松方弘樹)との交渉に赴く。そんな中、社長・蘭子(大地真央)と話した春子は、その意外な素顔を知る。

関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック