FC2ブログ
2021 01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28. »  2021 03

(卒業シ-ズンにぴったりの本・春、新しい世界へ飛び込む君へ)スター・ウォーズから学ぶ自分を成長させる方法/トニー野中

kage

2015/03/21 (Sat)

2015年3月BOOK特集
Arika卒業シーズン

次のステージへ向かうためにふさわしい本を1冊ずつ紹介。

アイコンりす総合的書籍構成編集人・・・・Arika*


【第三章】春、新しい世界へ飛び込む君へ
― 新しい環境でなりたい自分を目指す ―



 スター・ウォーズから学ぶ自分を成長させる方法/トニー野中

スター・ウォーズから学ぶ自分を成長させる方法スター・ウォーズから学ぶ自分を成長させる方法
(2013/01/31)
トニー野中

商品詳細を見る


フォースの力をきみに与えよう! 」

「やってみよう」ではない。「やる」のだ!

1977年に世界を席巻した映画『スター・ウォーズ』。熱狂的なファンが世界中にいる。作品は、ジョージ・ルーカス監督が、長年頭の中で描いていた構想を映画化した「SFスペースファンタジー」だと捉えられている。しかし、ただのSF映画と捉えるには、不可解な場面も多く、何か考えさせられる奥の深いストーリーを感じさせる。
何度か繰り返し映画を見ても、またシリーズ作が進むにつれてその疑問が深まるばかりであったと著者はいう。この疑問が晴れたのは、ある仮説を立てたときであったそうだ。それは、「フォース=潜在意能力」がキーだと。つまり、ジョージ・ルーカスは人間だれもが持つ“潜在能力のパワー"について、その長所と短所を各エピソード内に見事に表現し、視聴者に形を変えて伝えている。
では、なぜ潜在意識についてジョージ・ルーカスは伝えたかったのだろうか? それは、全ての成功者がこの潜在意識(能力)を使って成功しているからに他ならない。つまり、成功できる人と出来ない人の差は、潜在意識のパワーを使っているかいないかの違いだと言っても過言ではないからだ。スター・ウォーズに学んだ真の成功者になる方法に捉えて見ると実に面白く、各エピソードにメッセージが表現されていることがわかる。この事を、多くの成功願望者又はスター・ウォーズファンに伝えたい。


----------------------------------------------------------------------------------------
『スター・ウォズ』の世界観になぞらえて解説、今日からジェダイを目指す自己啓発書!
Arikaアイコン(小)1功する人としない人との差、それは努力や運ではなくフォ-ス(=潜在意識)を使っているか否かだ! 内容的には成功本と同じかなと感じたが、強いて言えば、スター・ウォーズを全シリーズ見ている人にとっては映画を通してどのようなことを言っているのか理解しやすいのではないだろか。成功者が必ず使っている潜在意識の力を『スター・ウォズ』の世界観になぞらえて解説したユニ-クで楽しく読める自己啓発書。

 

F03-b104.gif 
■当ブログを「厳選!書籍全般レビューブログ」の1つとして紹介させて頂いております。


■新書・文庫本に関する人気のおすすめ感想ブログ・書評レビューまとめランキングサイト
新書・文庫本マニア

あなたの大好きな新書・文庫本の情報を探してみませんか?

新書・文庫本マニアは、おすすめ情報・感想ブログ・書評レビュー・Twitter・ニュース・Q&Aなど、話題になっている口コミ・記事をまとめた本の人気ランキングサイトです。

様々な切り口から、あなたの大好きな新書・文庫本の情報を探してみませんか?





関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック