FC2ブログ
2019 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2019 12

2015年春夏、連続テレビ小説『まれ』

kage

2015/09/26 (Sat)

Arikaシネマ2014b4

★3月30日スタート 

NHK総合 月曜~土曜 午前8:00~午前8:15

 連続テレビ小説『まれ』

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
作:篠崎絵里子/演出:渡辺一貴/演出:一木正恵/演出:西村武五郎/演出:川上剛/制作統括:高橋練/プロデューサー:長谷知記

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
•津村希(土屋太鳳)
「地道にコツコツ」がモットー。小学生の時に能登に移住し、働かない父に代わってアルバイトを掛け持ちして家計を助ける。高校卒業後は市役所に就職するが、パティシエになるという夢を取り戻し、横浜の菓子店に修業に行く。

•津村徹(大泉洋)
希の父。自他ともに認めるダメ人間。山っ気があり若いころから仕事が長続きしない。東京で自己破産に追い込まれ、家族で能登に移住する。

•津村藍子(常盤貴子)
希の母。働かない夫に変わって一家を支える大黒柱。おっとりした性格だが、移住先をダーツで決めるなど大胆な一面も。

•津村一徹(葉山奨之)
希の弟。移住してすぐに能登に溶け込む。父親譲りの勝負事好きで勝負運もある。高校では野球部の参謀的な役割を務め、次第に家族に内緒で株のデイトレードにのめり込む。

•桶作元治(田中泯)
能登の塩田職人。炎天下での厳しい力仕事を黙々とこなすが、祭りになると人が変わったように先頭を切り、誰も止められなくなる。

•桶作文(田中裕子)
元治の妻。塩田で働くかたわら、あるゆる仕事をこなす働き者。肝っ玉が大きく、毒舌だが、根は親切で優しい。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
堅実第一のヒロインが夢を持つ大切さを取り戻し、世界一のパティシエを目指す!
連続テレビ小説第92作目のヒロイン・津村希(まれ)を演じるのは、2020人の応募の中から選ばれた土屋太鳳。石川県能登地方を舞台に、堅実第一で「地道にコツコツ」をモットーとした希が、さまざまな人と出会う中で忘れていた夢を取り戻し、世界一のパティシエを目指していくストーリー。希の両親役は、どちらも連続テレビ小説初出演となる大泉洋と常盤貴子が演じる。また、能登の豊かな自然や輪島塗、キリコ祭りなど伝統文化も劇中に登場するほか、パティシエの修業先・横浜市も物語の舞台に。脚本は、NHKのドラマ「紙の月」などを手掛けた篠崎絵里子、劇中の製菓指導は、石川県七尾市出身のパティシエ・辻口博啓が担当する。





----------------------------------------------------------------------------------------
【3月30日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
父・津村徹(大泉洋)が事業に失敗し自己破産したことから、家族で能登に移住した希(土屋太鳳)。塩田を営む夫婦の家に間借りするが、徹は相変わらず一旗揚げようと腰が定まらない。それから7年後、高校3年生になった希は、東京に出稼ぎに出たまま戻らない徹に代わって家計を支える母・藍子(常盤貴子)を助けようと、アルバイト三昧の日々を送るなどすっかり地元になじんでいた。高校卒業後、希は堅実な公務員の道を選び移住者をサポートする仕事を担当するが、わがままな移住者たちに振り回されてばかりいた。しかし、夢を追う彼らの姿に触発されて、次第に夢を持つ大切さに気付いていく。

----------------------------------------------------------------------------------------
【4月1日更新】
■ あらすじ(第1週 3/30~4/4放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
『月』1994年。小学生の希(まれ=松本来夢)は家族で能登半島の漁村に引っ越す。家が借りられず困った一家は、文(田中裕子)に泊めてもらう。

『火』希の父・徹(大泉洋)は塩田を営む文の夫・元治(田中泯)にもうけ話を持ち掛け、怒りを買う。希は能登に来ても変わらぬ父の姿に失望する。

『水』同級生たちは皆、家族同然の間柄で、希は自分たちが溶け込めるのか不安になる。一方、希に叱られた徹は、地道に働くと約束する。

『木』徹が元治の塩田で働くことになり、希も地元の言葉を覚え始める。夏祭りの準備が進む中、いつもは寡黙な元治の人格が一変して…。

『金』過疎のため祭りを中止にしたい村役場の職員・紺谷(板尾創路)は元治と対立する。一方、希は徹のために初めて一人でケーキを作る。

『土』徹が塩田に現れていないことを知り、希はショックを受ける。同級生からはよそ者呼ばわりされ、抑えていた希の感情が爆発する。


----------------------------------------------------------------------------------------
【4月8日更新】
■ あらすじ(第2週 4/6~4/11放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
『月』7年後。徹(大泉洋)が出稼ぎから戻らず、高校生の希(土屋太鳳)はアルバイトに励んでいた。希は朝市で、元同級生の圭太(山崎賢人)と再会する。

『火』圭太が能登に戻り、希たちは夏祭りで「キリコ」を担ぐことになる。そんな中、一子(清水富美加)が金沢でモデルにスカウトされる。

『水』一子は夢の東京行きに心躍らせる。そんな中、徹が6年ぶりに帰宅する。言い訳を繰り返す徹に、藍子(常盤貴子)は厳しい言葉を浴びせる。

『木』希は、願書を取りに行った市役所で圭太と出会う。夢を持つことが怖いと明かす希に、怖くても忘れられないのが夢だと圭太は語る。

『金』東京行きを反対された一子が家出して、桶作家にやって来る。現れた母・はる(鈴木砂羽)らの前で、一子は自らの正直な思いを告白する。

『土』圭太は希にケーキ職人になる夢を捨てるなと語る。祭り当日。夢中でキリコを担ぐ希は、熱い思いこそが夢なのではないかと考える。

----------------------------------------------------------------------------------------
【4月15日更新】
■ あらすじ(第3週 4/13~4/18放送 )
----------------------------------------------------------------------------------------
『月』新学期。圭太(山崎賢人)が希(土屋太鳳)に思いを告白したという噂が村中に広まる。圭太に夢を語られてじんましんが出た希は、返答に悩む。

『火』一子(清水富美加)をスカウトした男は詐欺師だった。一方の圭太は、漆塗り職人になるため、弥太郎(中村敦夫)に弟子入りを志願する。

『水』自分の力を試すため、希はケーキコンテストへ出ることにする。だが、藍子(常盤貴子)に打ち明けられず、一子と遊びに行くとうそをつく。

『木』希の上位入賞はならなかった。悔しい希は審査員のパティシエ・大悟(小日向文世)に感想を求めるが、大悟は希のケーキを酷評する。

『金』藍子はうそをついた希に、本当にやりたいなら正々堂々とやるべきだと言い放つ。さらに、藍子は徹(大泉洋)に対しても本音をぶつける。

『土』翌春。希は市役所への就職を決める。希は気持ちを伝えようと圭太を呼び出すが、そこに現れた一子から思わぬことを告げられる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【4月22日更新】
■ あらすじ(第4週 4/20~4/25放送 )
----------------------------------------------------------------------------------------
『月』希(土屋太鳳)は移住者をサポートする部署に配属される。そんな中、元治(田中泯)らの息子・哲也(池内博之)一家が東京からやって来る。

『火』塩田をつぶしてカフェを開くという哲也の計画を聞き、元治らは態度を硬化させる。希は哲也に塩田に懸ける元治の思いを伝えるが…。

『水』哲也たちの思惑を知った藍子(常盤貴子)は憤る。だが、哲也の妻・しおり(中村優子)に「赤の他人のくせに」と言われて、言葉に詰まる。

『木』希らは桶作家を出て新居に移るが、元治や文(田中裕子)のことが気になって仕方がない。希は、哲也と文の仲を取り持とうとするが…。

『金』希は文が作る桜餅の隠し味を知りたいが、文は希たちを避けていた。諦め切れない希は桶作家に向かい、味の秘密を元治から聞き出す。

『土』どちらが文のことをよく知っているか、津村家と哲也夫婦がクイズで対決する。勝負が白熱する中、元治は一同に自らの思いを語る。

----------------------------------------------------------------------------------------
【4月29日更新】
■ あらすじ(第5週 4/27~5/2放送 )
----------------------------------------------------------------------------------------
『月』就職して半年。移住希望者に向けたツアーを担当する希(土屋太鳳)は、輪島塗に興味を持つ客の安西(六角精児)に圭太(山崎賢人)を紹介する。

『火』安西からの質問に丁寧に答える圭太を見て、希は喜びを感じる。だが後日、市役所で働く希の耳に、信じ難い話が飛び込んでくる。

『水』安西の目的は輪島塗の職人の引き抜きだった。安西は弥太郎(中村敦夫)にも新しいビジネスモデルについて持論を説くが、弥太郎は一蹴する

『木』弥太郎が圭太を破門する。希は取り消しを求めるが、弥太郎の決意は固い。希望を失った圭太は、一子(清水富美加)にある提案をする。

『金』一徹(葉山奨之)の助言で、希は弥太郎の弱みを調べ始める。一方、不審な動きを見せる徹(大泉洋)は、安西と契約を交わそうとしていた。

『土』過去の素行を文(田中裕子)から指摘され、弥太郎は圭太の破門を再考する。一方、希に励まされた圭太も、もう一度職人を目指す。

----------------------------------------------------------------------------------------
【5月6日更新】
■ あらすじ(第6週 5/4~5/9放送 )
----------------------------------------------------------------------------------------
『月』希(土屋太鳳)の前に、フランスでケーキ職人として働く祖母の幸枝(草笛光子)が現れる。藍子(常盤貴子)は幸枝の前で、いつになく感情的になる。

『火』藍子の反発の原因は、幼いころに幸枝が家族を捨て、海外に菓子修業に行ったことだった。仲直りさせたい希は、幸枝に頼み事をする。

『水』希は、幸枝のケーキで藍子夫婦の結婚20周年を祝おうと計画する。幸枝のケーキ作りを手伝った希は、その世界の奥深さを実感する。

『木』希は幸枝に藍子を置いて行った理由を尋ねる。両立は無理だった、と答える幸枝に対して、希は、自分は家族が一番大切だと言い切る。

『金』希の夢を察した幸枝は、本人に内緒で市役所に辞表を送る。藍子が身勝手な幸枝に怒りをぶつけると、幸枝は人知れず桶作家を去る。

『土』希が作った幸枝仕込みのケーキを食べて、藍子の気持ちが初めて和らぐ。夕方、幸枝がフランス人の夫を伴って、桶作家を再訪する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【5月13日更新】
■ あらすじ(第7週 5/11~5/16放送 )
----------------------------------------------------------------------------------------
『月』市役所に辞職願を提出した希(土屋太鳳)は怒りが収まらない上司の博之(板尾創路)に対し、世界一のパティシエになって恩返しすると宣言する。

『火』横浜の洋菓子店から2日後までに面接すると言われた希は、急いで準備を進める。幼なじみや家族の激励を胸に、希は能登を後にする。

『水』希は面接に合格するが、その店の味が記憶の中にある味と違ったため、自ら採用を断る。その後、希は横浜中の洋菓子店を食べ歩く。

『木』高志(渡辺大知)の働く中国料理店で、希は求める味のケーキに出合う。作った店に駆け付けた希だが、そこには「閉店」の張り紙が…。

『金』洋菓子店のオーナーは、かつてコンテストで希のケーキを酷評した大悟(小日向文世)だった。希は大悟に、修業させてほしいと懇願する。

『土』1カ月だけ試しに採用された希は、懸命に働く。さらに、オーナー・輪子(りょう)の計らいで、中国料理店の2階に住むことになる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【5月20日更新】
■ あらすじ(第8週 5/18~5/23放送 )
----------------------------------------------------------------------------------------
『月』希(土屋太鳳)の部屋に酔っぱらいが侵入し、警察も駆け付ける騒ぎとなる。その男の正体は、大悟(小日向文世)らの息子・大輔(柳楽優弥)だった。

『火』大悟がクリスマスケーキのルセット(作り方)を皆に発表する。だが数日後、近所の店で大悟と同じケーキが売り出されることが分かる。

『水』希はスタッフで新たなルセットを考えたいと大悟に懇願する。その言葉に大悟は激怒し、駄目だった場合は全員解雇すると言い放つ。

『木』徹夜でケーキのアイデアを練る希は、先輩・浅井(鈴木拓)の協力を得る。大輔からの言葉がヒントになって、希にある案がひらめく。

『金』スタッフが大悟に試作ケーキを見せる。浅井のケーキは希が考えたものだった。大悟はそれを「子どもだまし」だと相手にしないが…。

『土』クリスマス営業が終わり、浅井は自分のルセットが希のものだと明かす。大悟は、ルセットを手放した希に試用期間の不合格を告げる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【5月27日更新】
■ あらすじ(第9週 5/25~5/30放送 )
----------------------------------------------------------------------------------------
『月』徹(大泉洋)と藍子(常盤貴子)の離婚騒動が起きる。能登に戻った希(土屋太鳳)に一子(清水富美加)が、圭太(山崎賢人)への本当の思いを問いただす。

『火』希は、横浜の仕事が不採用になったことを周囲に言い出せない。一方の徹は、藍子の本心を知り、能登で生きていく決意を固める。

『水』昔の仲間から仕事に誘われた徹は、一家で東京に移ろうと提案する。だが一徹(葉山奨之)は、高校卒業後は能登に残り結婚すると言い出す。

『木』年が明け、横浜から桶作家に大輔(柳楽優弥)がやって来る。希のファーストキスの相手と知り一同は色めき立つが、希は強く否定する。

『金』結婚は早過ぎるという声に対して一徹は、3年でデイトレードがうまくいかなければ地道な仕事に就くから認めてほしいと懇願する。

『土』徹は藍子に、一緒に能登を離れてほしいとあらためて頼む。日が替わり、一徹の婚約パーティーで、希は自作のケーキを披露する。


----------------------------------------------------------------------------------------
【6月3日更新】
■ あらすじ(第10週 6/1~6/6放送 )
----------------------------------------------------------------------------------------
『月』横浜に戻った希(土屋太鳳)は、再び大悟(小日向文世)の店を訪ねる。だが、店の扉には閉店の張り紙が。店は融資を断られ、閉店寸前だった。

『火』希の部屋に徹(大泉洋)が転がり込んでくる。店の経営危機を知った徹はマスコミを使った宣伝を画策し、グルメ雑誌の取材を持ち掛ける。

『水』大悟にテレビ番組への出演話が舞い込む。若手パティシエと料理対決する内容だ。周囲が沸き立つ一方で、当の大悟は出演を拒否する。

『木』対戦相手の挑発に乗った大悟が、テレビ出演を決める。レシピの考案に苦しむ大悟の姿を目の当たりにし、希はプロの厳しさを知る。

『金』大悟が極度の上がり性であることが判明する。彼を奮い立たせようと、希たちはあらゆる言葉を掛けるが、大悟はトイレに逃げ込み…。

『土』出場を決めた大悟がスタジオに現れる。次々にケーキを仕上げ、予定外の一品を作り始めた大悟は、観覧席の希を調理場に呼び込む。


----------------------------------------------------------------------------------------
【6月10日更新】
■ あらすじ(第11週 6/8~6/13放送 )
----------------------------------------------------------------------------------------
『月』テレビ対決の影響で大悟(小日向文世)の店は大盛況。希(土屋太鳳)は正式採用され、バレンタインデーを前にチョコレート作りの準備が始まる。

『火』チョコを滑らかにする作業「テンパリング」と恋愛の両方をマスターするよう大悟から命じられ、希は合コンに参加することになる。

『水』美南(中村ゆりか)から恋愛相談をされた希は、その相手が高志(渡辺大知)だと思い込み、2人のためにとテンパリングの練習に励むが…。

『木』美南が思う相手を知り、希は驚く。しかも、結婚を前提に付き合いたいという。一人で抱え切れない希は能登の家族に相談してしまう。

『金』チョコ作りが佳境に入るが、希の腕前は上がらない。能登では圭太(山崎賢人)たちが、一子(清水富美加)のためにパーティーを企画する。

『土』美南に責められた希は、自分は恋愛どころじゃないと反論する。その夜、輪子(りょう)は希に、大悟と恋に落ちた時の話を聞かせる。


----------------------------------------------------------------------------------------
【6月17日更新】
■ あらすじ(第12週 6/15~6/20放送 )
----------------------------------------------------------------------------------------
『月』パティシエとなり、希(土屋太鳳)の仕事が徐々に増えてきた。彼女の味覚に興味を抱いた大悟(小日向文世)は、あるケーキの作成を希に任せる。

『火』大悟から任されたケーキのイメージが大人の恋愛だと知り、その経験がない希は困惑する。大輔(柳楽優弥)は行き詰まった希を外に連れ出す。

『水』店の素材の秘密を知り、ケーキ作りに必要なのは技術だけではないと悟った希は、周囲の人たちに、それぞれの経験を聞いて回る。

『木』大輔の言葉に希は動揺し、仕事に身が入らない。周囲に問い詰められ、事の一部始終を話した希は、それは恋ではないかと指摘される。

『金』手首を痛めた希は、大悟の前でクリームを焦がしてしまう。落ち込んだ希は能登に電話をし、藍子(常盤貴子)たちにアドバイスを求める。

『土』悩み抜いて完成させた希のケーキが、店頭に並べられることに。後日、大輔に関する思いがけない事実を知った希は、彼を呼び出す。

----------------------------------------------------------------------------------------
【6月24日更新】
■ あらすじ(第13週 6/22~6/27放送 )
----------------------------------------------------------------------------------------
『月』能登の成人式に参加した希(土屋太鳳)は、圭太(山崎賢人)にもときめきを感じる。自分の気持ちに困惑する希は、高志(渡辺大知)に相談する。

『火』弥太郎(中村敦夫)が横浜で漆器の展示会を開くことになる。文(田中裕子)と圭太を伴って現れた弥太郎に、大悟(小日向文世)はある提案をする。

『水』輪島塗とケーキのコラボ企画が決まった。能登から来た職人とパティシエがコンビを組みそれぞれの漆器に合ったケーキを作り始める。

『木』希は、半年ぶりに再会した大輔(柳楽優弥)に今の気持ちを伝える。そんな希の前に一子(清水富美加)が現れ、希へのいら立ちをぶつける。

『金』大輔と付き合いながら圭太が心の中にいることに気付き、希は自分を許せない。その夜、希は文に自分を偽ってはいけないと諭される。

『土』コラボ企画当日、希の作ったケーキが壊れてしまう。同じ材料がないため、別の材料で同じ味にしようと希や陶子(柊子)らは奮闘する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【7月1日更新】
■ あらすじ(第14週 6/29~7/4放送 )
----------------------------------------------------------------------------------------
『月』希(土屋太鳳)と圭太(山崎賢人)、大輔(柳楽優弥)の思いが交錯する中、圭太は希に一人前になるまで修業に専念しようと提案。2年半が過ぎて…。

『火』陶子(柊子)が退職し、希は大悟(小日向文世)からの指名で新たなスーシェフになる。そんな中、かつての希にそっくりな女性が面接に現れる。

『水』採用した新人の不器用さに店のスタッフは振り回される。久々に里帰りした希を、圭太は弥太郎(中村敦夫)や藍子(常盤貴子)の元に連れて行く。

『木』懸命な新人の姿にかつての自分を重ねた希は、共に練習しようと提案する。そのころ能登では、弥太郎が圭太に見合い話を持ち掛ける。

『金』新人の世話に必死の希は、残業の毎日。一方、塗師屋を継がせたいという弥太郎の思いに打たれ、圭太は見合いを受けることにする。

『土』圭太の見合いが決まり、希は能登に向かうことにする。だが、新人の解雇を撤回させるため、希は出発ぎりぎりまで共に練習を続ける。

----------------------------------------------------------------------------------------
【7月8日更新】
■ あらすじ(第15週 7/6~7/11放送 )
----------------------------------------------------------------------------------------
『月』能登での騒動を経て、希(土屋太鳳)は再び横浜に戻る。そんな中、大悟(小日向文世)にオリジナルケーキを作ってほしいという客が店に現れる。

『火』希のケーキが店の売り上げ1位を記録し、大悟の腕が落ちたのではとささやかれる。さらに、大悟におかしな行動が目立つようになる。

『水』大悟が腰を痛め、希はどう穴埋めしようかと悩む。そこへ以前の客が現れ、大悟ではなく希にオリジナルケーキを作ってほしいと頼む。

『木』現場復帰した大悟だが、手助けがないと仕事ができない。大悟の衰えを確かめるため、大悟と希がケーキ作りで対決することになる。

『金』希と大悟のケーキ対決が終わる。徹(大泉洋)が連れて来た審査員は、2人のケーキには決定的な違いがあり、優劣で決められないと語る。

『土』希は注文されたオリジナルケーキに駄菓子を用いることにする。一方の徹は、藍子(常盤貴子)に再びプロポーズするため能登に帰省する。


----------------------------------------------------------------------------------------
【7月15日更新】
■ あらすじ(第16週 7/13~7/18放送 )
----------------------------------------------------------------------------------------
『月』安くておいしいケーキの作り方を紹介するブログが人気になる。‘わんこ’と名乗るブログの書き手は、希(土屋太鳳)の店の中傷を始める。

『火』わんこは、客がどちらのケーキを選ぶか試さないかと希を挑発する。両者は顔合わせをすることになり、希たちの前にわんこが現れる。

『水』希はわんこから、スイーツイベントで対戦するよう迫られる。一方、東京で暮らす一子(清水富美加)を心配して洋一郎(高畑裕太)が上京する。

『木』希は、今のような高級路線が本当に目指すケーキなのかと一子に指摘される。思い悩む希の前に藍子(常盤貴子)が現れ、希の背中を押す。

『金』イベントへの出場を決めた希はスイーツの試作を重ねる。だが当日、わんこが付けたカップスイーツの名前を聞いて、がくぜんとする。

『土』希とわんこの対決は、徹(大泉洋)の会社によってネット中継される。途中経過として発表された売り上げ総数で、わんこがリードする。

----------------------------------------------------------------------------------------
【7月22日更新】
■ あらすじ(第17週 7/20~7/25放送 )
----------------------------------------------------------------------------------------
『月』藍子(常盤貴子)が横浜に引っ越して来ることになる。家族3人での生活を喜ぶ希(土屋太鳳)に、大悟(小日向文世)はフランスでの修業を言い渡す。

『火』かつて希たちをだました安西(六角精児)が粉飾決算で逮捕された。安西の会社は、徹(大泉洋)が立ち上げた会社の保証人になっていた。

『水』渡仏を決意した希の元に、圭太(山崎賢人)が倒れたとの連絡が入る。脳梗塞になった弥太郎(中村敦夫)の代わりを務め、無理がたたったのだ。

『木』フランスのメーカーと共同開発する製品が、弥太郎の病気で中止に追い込まれかける。そんな中、先方の担当者が圭太の元を訪れる。

『金』和食器とフランス菓子の融合に感激したフランス人担当者は、圭太に再びチャンスを与える。翌朝、希は圭太に大きな決意を伝える。

『土』横浜に戻った希は、帰りを待っていた大悟に能登で決意した思いを伝える。だが、願いは聞き入れられず、逆に無理難題を出される。

----------------------------------------------------------------------------------------
【7月29日更新】
■ あらすじ(第18週 7/27~8/1放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
『月』退職の条件として自分を納得させるロールケーキを作るよう大悟(小日向文世)から言い渡された希(土屋太鳳)は、学んだ全てをケーキに込める。

『火』希が店を辞める日が来た。周囲の人々は思い思いに旅立ちを祝福する。夜、希の前に大輔(柳楽優弥)が現れ、大悟について話し始める。

『水』能登に戻った希は、塗師屋(ぬしや)の手伝いに追われながら圭太(山崎賢人)と暮らし始めるが、初めて夫婦揃っての生活はぎこちなくて…。

『木』弥太郎(中村敦夫)の引退宣言により、希が女将になる方向で話が進んでしまう。弥太郎の後継について、漆器組合の人々から意見が上がる。

『金』博之(板尾創路)が塗師屋を継ぐと宣言する。市長の座を狙ってのことらしい。反発した圭太は、「陶胎漆器」の制作再開を組合に呼び掛ける。

『土』博之の胸の内を知った希は、圭太に伝えるべきか悩む。一方、圭太の熱意に負けた組合のメンバーたちは、いつしか一つにまとまる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【8月5日更新】
■ あらすじ(第19週 8/3~8/8放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
『月』圭太(山崎賢人)が跡継ぎに決まり、親方修業が始まる。希(土屋太鳳)も塗師屋(ぬしや)を支えるため、義母・直美(藤吉久美子)の指導を受ける。

『火』引退宣言した元治(田中泯)は、塩田の小屋でケーキ店を開けと希に告げる。引退の理由を問われた元治は、味が落ちたからだと語る。

『水』希は元治の心境を思いやるが、楽しげな元治を見て胸をなで下ろす。そのことを弥太郎(中村敦夫)に報告すると意外な答えが返ってくる。

『木』(※午前8:35~午前8:50、中国地方のみ午前7:45~午前8:00)
一徹(葉山奨之)が、デイトレードの仕事を辞めて元治の塩田を継ぐと言い出す。力仕事は向かないと希は説得するが、一徹の意志は固い。

『金』元治を説得するため、希は一徹に体力づくりをさせる。一方の徹(大泉洋)は、自分のようになりたくないという一徹の思いを知って…。

『土』一徹は、塩田を継ぎたいと考えた真意を語る。それを聞いた元治と文(田中裕子)はなおさら一徹に継がせるわけにはいかないと言い張る。

----------------------------------------------------------------------------------------
【8月12日更新】
■ あらすじ(第20週 8/10~8/15放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
『月』朝市で食堂を営む小野(諏訪太朗)が店を閉めることになり、希(土屋太鳳)は小野から、この場所でケーキ店を開かないかと持ち掛けられる。

『火』徹(大泉洋)は小野とケーキ店の話を進める。希が無理だと断ると、徹はある行動に出る。一方、洋一郎(高畑裕太)が見合いをすることになる。

『水』徹の会社の元社員4人が東京からやって来た。希や藍子(常盤貴子)は迷惑をかけたことを謝るが、4人は徹も被害者だと言い、至って明るい。

『木』村のあらゆる場所でいたずら騒ぎが起きる。どれも被害は小さいが、一徹(葉山奨之)だけは、それらいたずらに犯人の執念を感じる。

『金』いたずらが徹への嫌がらせに発展。一徹は警察に任せるべきと訴えるが、犯人と会うことにした徹は一人で待ち合わせ場所に向かう。

『土』いたずらの原因が会社の倒産にあると知った徹は一人で大きな決断をする。慌てる希に、元治(田中泯)は徹から預かった紙袋を手渡す。

----------------------------------------------------------------------------------------
【8月19日更新】
■ あらすじ(第21週 8/17~8/22放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
『月』圭太(山崎賢人)は塗師屋(ぬしや)のことは気にせずパティシエに戻るよう希(土屋太鳳)の背中を押す。だが、希は二つを両立したいと考える。

『火』ケーキ店の開業を決意した希は金策に奔走する。だが、銀行からことごとく断られ、みのり(門脇麦)が勤める農協に融資を依頼するが…。

『水』希の担当となったみのりは計画の甘さを指摘。一方、能登に戻った高志(渡辺大知)は、徹(大泉洋)の失踪で落ち込む藍子(常盤貴子)を気に掛ける。

『木』希の店がオープンを迎える。店は客であふれ、初日は完売で終わる。そんな中、圭太は高志から、能登に戻った本当の理由を聞き出す。

『金』オープンから2週間たち、店から客足が遠のく。横浜から浅井(鈴木拓)が応援に駆け付けるが、希の頭には自己破産の文字が浮かぶ。

『土』売れない理由を考えた希は、菓子を分かりやすく、手頃な値段で提供し、その中に一つだけ、こだわりのケーキを入れることにする。

----------------------------------------------------------------------------------------
【8月26日更新】
■ あらすじ(第22週 8/24~8/29放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
『月』希(土屋太鳳)の店の開店から1カ月半。店の収支はギリギリで、もうけの出ない状態が続く。希の体調も優れず、圭太(山崎賢人)は心配する。

『火』妊娠が発覚し、希は安定期になるまで仕事の量を抑えることにする。産休前の営業最終日、店に観光客らしき妊婦(本上まなみ)が現れる。

『水』希と徹(大泉洋)の誕生日と同日に男女の双子が誕生。弥太郎(中村敦夫)をはじめ文(田中裕子)や元治(田中泯)らが集まり命名式が行われる。

『木』匠と歩実の世話に希が奮闘する中、客からケーキの注文が入る。希は断ろうとするが、圭太が子どもたちの面倒を見ると申し出る。

『金』歩実が病院に搬送され、希は自己嫌悪に陥る。責任を感じた圭太は、塗師屋(ぬしや)の仲間と共に子どもたちを育てようと考え始める。

『土』出産から3カ月、希の店が再開する。客足は鈍いものの、次第に遠方からの客が増える。客に理由を尋ねた希は、意外な事実を知る。

----------------------------------------------------------------------------------------
【9月2日更新】
■ あらすじ(第23週 8/31~9/5放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
『月』開店から7年、希(土屋太鳳)の店は地元の人たちに愛されていた。一方、五代目を継いだ圭太(山崎賢人)も塗師屋(ぬしや)の親方になっていた。

『火』歩実(横山芽生)には夢がたくさんあるが、匠(小山春朋)はやりたいことがないという。そんな中、希が店のアルバイトを募集する。

『水』応募者の沙耶(飯豊まりえ)は本格的な修業をしたいと希に願い出る。一方、圭太は、慎重な性格の匠に漆職人にならないかと勧める。

『木』匠と歩実からいつ世界一になるのかと聞かれ、希は口ごもる。そんな折、働き始めた沙耶の母・葉子(峯村リエ)が店に乗り込んでくる。

『金』匠の姿が見えなくなる。歩実は居場所を知っている様子だ。結局、匠は押し入れに隠れていたのだが、希が聞いても理由は分からない。

『土』匠が失敗を恐れるあまり挑戦ができないのではないかと考えた希と圭太はある計画を立てる。後日、希たちは家族でケーキ作りをする。

----------------------------------------------------------------------------------------
【9月9日更新】
■ あらすじ(第24週 9/7~9/12放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
『月』世界一になるという夢を思い出した希(土屋太鳳)は、かつての先輩パティシエ・陶子(柊子)が洋菓子コンクールの審査員を務めると知る。

『火』周囲に後押しされ、希はコンクールへの出場を決める。早速、歴代受賞作を調べるなどして準備し、ついにコンクール当日を迎える。

『水』入賞を逃した希は大会終了後、陶子に意見を求める。希の質問には答えず、一緒に能登の店を訪ねた陶子は、希と同じケーキを作る。

『木』コンクールへの再挑戦を決めた希は、新しい味の追求を始める。だが、第一線から離れていた8年のブランクを埋めることができない。

『金』希は圭太(山崎賢人)のアドバイスで、母親とパティシエの両立をテーマに食材を探す。母の姿を見た子どもたちも相撲大会の練習に励む。

『土』相撲大会とコンクールの開催日が重なる。圭太はコンクールに行くよう希に促すが、大会を見てほしい歩実(横山芽生)が号泣して…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【9月16日更新】
■ あらすじ(第25週 9/14~9/19放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
『月』希(土屋太鳳)の店に突然、大悟(小日向文世)が現れる。希がコンクールに出したケーキの素材に興味を持った彼は、桶作家にまで押し掛けてくる。

『火』希は、大悟が考える「世界一」とは何かを知る。一方の大悟は、希を全国フランス菓子コンクールに出場させようと勝手に応募する。

『水』コンクールへの出場を決めた希を大輔(柳楽優弥)が訪れる。大輔はすぐに子どもたちの心をつかみ、圭太(山崎賢人)は心中穏やかでない。

『木』大輔は圭太と一徹(葉山奨之)に、埼玉で徹を見たと報告する。そのころ、希はケーキのテーマを考えていたが、いいアイデアが浮かばない。

『金』一徹は藍子(常盤貴子)に、徹が生きていたと伝える。捜しに行くという藍子を制した一徹は、父への思いを口にして、一人で埼玉に向かう。

『土』圭太の言葉をヒントに、希はコンクールに出すケーキのテーマを決める。一方の一徹は、手掛かりを見つけられず、能登に戻って来る。


----------------------------------------------------------------------------------------
【9月23日更新】
■ あらすじ(第26週 9/21~9/26放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終週】
『月』希(土屋太鳳)の店のホームページに書き込みをした「貝殻おじさん」と名乗る人物を、一徹(葉山奨之)は徹(大泉洋)に違いないと確信する。

『火』希は大悟(小日向文世)もコンクールに出場すると知る。会場に駆け付けた圭太(山崎賢人)と一徹は、徹が現れるのではないかと周囲を見回すが…。

『水』制限時間が迫る中、希は急きょ、ケーキのデザインを変更。何とか時間内に作り上げたのは、徹との思い出の一品で自身の原点だった。

『木』自分の力を出し切り、希の表情は晴れやかだ。そんな中、一徹の婚約式の写真を見た歩実(横山芽生)と匠(小山春朋)が希に質問する。

『金』希と徹、匠、歩実の誕生日、皆を集めて催しが行われることに。準備が進む中、一子(清水富美加)が洋一郎(高畑裕太)にある言葉を告げる。

『土』催し当日、希たちの前に現れた人物は匠や歩実らを抱きかかえる。その後、桶作家で村の一同の思いの込もった会が盛大に行われる。

関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック