FC2ブログ
2021 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2021 05

2015年春、木曜ドラマ『恋愛時代』

kage

2015/06/18 (Thu)

Arikaシネマ2014b4

★4月2日スタート 

日本テレビ系 毎週木曜 午後11:59~深夜0:54

 恋愛時代

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:藤井清美/演出:藤村享平/プロデューサー:木谷俊樹/プロデューサー:西川義嗣/プロデューサー:汐口武史/プロデューサー:津嶋敬介/プロデューサー:石田麻衣

主題歌:西内まりや「ありがとうForever...」

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
•衛藤はる(比嘉愛未)
スポーツジム勤務。体育会系で仕事はしっかりこなすが、細かい気配りは苦手。実は小心者で、思いついた皮肉は言わずにはいられないタイプ。短い結婚生活の後に離婚したのは、ある悲しい理由がある。

•早勢理一郎(満島真之介)
はるの元夫。文学をこよなく愛し、書店で働いている。客の気分にぴったりの本を薦めることを生きがいとしている。はるの皮肉は気に障っていたが、ないと物足りないとも感じている。

•小笠原かすみ(佐津川愛美)
はるの小学校時代の友人。離婚歴のあるシングルマザーで、経済的にも苦しいが、娘にだけは苦労をさせまいと奮闘している。はるとはスポーツジムで再会し、はるに紹介された理一郎に恋心を抱く。

•永冨匠平(淵上泰史)
はると理一郎の結婚式を担当した結婚式場職員。結婚を迷う理一郎の背中を押したが、実はこの時、はるに一目ぼれしており、密かに思いを募らせていた。理一郎とはるが離婚したことを知り、はるに思いを打ち明ける。

•織田多実子(香椎由宇)
理一郎の高校の同級生で初恋の人。現在は料理教室の先生として働いており、同窓会で理一郎と再会する。

•喜多嶋竜一(佐藤隆太)
はるの妹・しず夏が通う大学の准教授。はるのジムで水泳の特訓をしているが、極度の水恐怖症。妻との関係がこじれ、現在は別居しており、密かにはるに思いを寄せる。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
比嘉愛未が民放の連続ドラマ初主演! 元夫婦の“婚活”を描くラブストーリー!
故・野沢尚の同名小説を基にした、面白くてどこか切ないラブストーリー。かつてのパートナーの再婚相手探しに奔走し合う、ちょっと変わった元夫婦の姿を描く。主人公の衛藤はるを演じるのは、民放の連続ドラマ初主演にして恋愛ドラマも初挑戦となる比嘉愛未。比嘉は「今は幸せな気持ちでいっぱいです。楽しみで仕方ありません。この作品に全身全霊でぶつかっていきますので、私の奮闘をぜひたくさんの方に見守っていただけたらうれしいです」と意欲を燃やす。文学を愛する書店店員で理屈っぽい元夫・早勢理一郎役は満島真之介が演じ、2人の姿を通して、一度切れた赤い糸は戻るのか、結婚と離婚とは何かを問い掛ける。





----------------------------------------------------------------------------------------
【4月1日更新】
■ あらすじ(第1話 4/2放送 )
----------------------------------------------------------------------------------------
スポーツジム勤務のはる(比嘉愛未)と書店勤務の理一郎(満島真之介)は4年前に結婚したが、1年5カ月で離婚。別れてからも結婚記念日にディナーを共にする奇妙な関係が続いていた。ある夜、飲食店で偶然行き合った2人は、ささいな口論がきっかけで、互いの再婚相手を紹介し合うことになる。そんな中、理一郎は、結婚式当日に式場で宴会係を務めていた永冨(淵上泰史)に再会する。2人が離婚したことを聞いた永冨は、4年前のはるの花嫁姿が忘れられないと理一郎に告白。はるを紹介してくれと言い出す。

----------------------------------------------------------------------------------------
【4月9日更新】
■ あらすじ(第2話 4/9放送 )
----------------------------------------------------------------------------------------
永冨(淵上泰史)は早速、はる(比嘉愛未)のスポーツジムを訪問。結婚式の前に理一郎(満島真之介)から話を聞いてはるの人柄に引かれたと明かし、自分のことをちゃんと考えてほしいと告げる。一方、永冨に引き合わせたものの、理一郎はまんざらでもない様子のはるに複雑な思いだ。そんな中、はるは再会したバツイチの旧友・かすみ(佐津川愛美)から理一郎を紹介してと言われるが、その後、かすみに6歳の娘がいると知る。

----------------------------------------------------------------------------------------
【4月15日更新】
■ あらすじ(第3話 4/16放送 )
----------------------------------------------------------------------------------------
永冨(淵上泰史)を食事に誘ったはる(比嘉愛未)は、理一郎(満島真之介)となら言い合いになるはずの会話がスムーズに進むことに新鮮な驚きを覚え、妹のしず夏(松川星)に会ってほしいと切り出す。一方、理一郎の働く書店にかすみ(佐津川愛美)が現れる。だが、理一郎が同僚に友達だと紹介したため、かすみは帰ってしまう。よそよそしくなったかすみの態度に戸惑う中、理一郎ははるが永冨を行きつけの店に連れてきたと知り…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【4月22日更新】
■ あらすじ(第4話 4/23放送 )
----------------------------------------------------------------------------------------
はる(比嘉愛未)は永冨(淵上泰史)の両親からネックレスを贈られ、礼を兼ねて彼の両親と会うことに。それを知った海江田(中尾明慶)は理一郎(満島真之介)に知らせに行くが、理一郎の部屋には彩(横山芽生)がいて驚く。一方、はるは理一郎のいる書店に行き、今の自分に必要な本を教えてくれと頼むが、理一郎から、かすみ(佐津川愛美)に対し結婚相手として接していると聞き…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【4月29日更新】
■ あらすじ(第5話 4/30放送 )
----------------------------------------------------------------------------------------
はる(比嘉愛未)は妹・しず夏(松川星)の大学の准教授で家族社会学が専門の喜多嶋(佐藤隆太)を訪ね、研究対象にされたことに激怒する。一方、理一郎(満島真之介)は部屋をかすみ(佐津川愛美)親子の空間に変えられ、追い詰められていた。そんな中、永冨(淵上泰史)ははるに求婚。はるは永冨との結婚を決めると小百合(江口のりこ)に話し、理一郎との関係に決着をつけようとする。

----------------------------------------------------------------------------------------
【5月6日更新】
■ あらすじ(第6話 5/7放送 )
----------------------------------------------------------------------------------------
永冨(淵上泰史)との結婚を断ったはる(比嘉愛未)だが、かすみ(佐津川愛美)や小百合(江口のりこ)には黙っておくことに。しず夏(松川星)には別れたことを明かすが、口止めする。小百合は海江田(中尾明慶)の誕生会をやろうと提案し、はるを誘う。一方、海江田は誕生会に理一郎(満島真之介)とかすみ・彩(横山芽生)親子を招待。実は、誕生会の参加者の人選は全て小百合が決めたものだった。妙な雰囲気の中、誕生会が始まる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【5月13日更新】
■ あらすじ(第7話 5/14放送 ※深夜0:09~深夜1:04)
----------------------------------------------------------------------------------------
喜多嶋(佐藤隆太)と飲み明かしたはる(比嘉愛未)は翌朝、自分の部屋に彼がいることに仰天。そこへしず夏(松川星)がやって来るが、記憶が曖昧な2人は状況を説明できない。一方、理一郎(満島真之介)は高校の同窓会に顔を出し、当時好きだった多実子(芦名星)と再会。彼女が教える料理教室に誘われる。そんな中、理一郎とはるは、互いに紹介し合った相手とは別れたと知って…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【5月20日更新】
■ あらすじ(第8話 5/21放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
次は絶対離婚しない相手を探そうとするはる(比嘉愛未)と理一郎(満島真之介)。その直後、はるは喜多嶋(佐藤隆太)が既婚者だと知り、混乱する。喜多嶋は、妻とは別居中で書類上の夫婦でしかないと言うが、はるはその書類が大事だと反論。喜多嶋を避けるようになる。一方、多実子(芦名星)の料理教室に通い始めた理一郎は、多実子がもうすぐ海外に転勤してしまうことを知る。

----------------------------------------------------------------------------------------
【5月27日更新】
■ あらすじ(第9話 5/28放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
喜多嶋(佐藤隆太)ははる(比嘉愛未)に、貴子(霧島れいか)から判を押した離婚届をもらうと告げるが、はるは自分が預かっていると言い出せない。一方、多実子(芦名星)が計算ずくで理一郎(満島真之介)に近づいていることを快く思わない海江田(中尾明慶)は、理一郎から多実子を引き離すため、小百合(江口のりこ)を巻き込み、口実を見つけて再度みんなで集まろうと画策する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【6月3日更新】
■ あらすじ(第10話 6/4放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
はる(比嘉愛未)は喜多嶋(佐藤隆太)夫妻の離婚届を提出できず、貴子(霧島れいか)に会いに行く。偶然、夫妻を目撃したはるは2人の会話を聞き、貴子が「一緒にいて楽しかった」と言ったことに、理一郎(満島真之介)の同じ言葉を思い出す。一方、多実子(芦名星)は海外の仕事がなくなったのを隠したまま理一郎に接していた。理一郎は多実子との結婚を宣言し、はるはそれを応援する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【6月10日更新】
■ あらすじ(第11話 6/11放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
多実子(芦名星)から結婚式の牧師役を頼まれ、引き受けたはる(比嘉愛未)。思わず笑ってしまった理一郎(満島真之介)は、これでいいのかと確認するが、2人に肯定され、あらためて状況を受け入れる。喜多嶋(佐藤隆太)の離婚届と理一郎の婚姻届の両方を預かるはるは、喜多嶋との先行きを予感しながら、それぞれとの関係を次の段階に進めようとする。そんな中、はるは海江田(中尾明慶)から、死産したときに起きた出来事を聞かされる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【6月17日更新】
■ あらすじ(第12話 6/18放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
理一郎(満島真之介)と多実子(芦名星)の結婚式で無事牧師役を務めたはる(比嘉愛未)。式場の外に出たはるは、出迎えた喜多嶋(佐藤隆太)の前で涙を流す。その喜多嶋も、貴子(霧島れいか)と向き合ってきたばかりだった。はるは心機一転、新生活を始めようと、スポーツジムを辞めて沖縄に移住することを決意する。一方、理一郎は多実子に持ち上がったレシピ本出版の話がきっかけで、互いの心に共有できないものがあると気付く。
関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック