FC2ブログ
2021 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2021 05

2015年春、木曜ドラマ『かぶき者慶次』

kage

2015/06/18 (Thu)

Arikaシネマ2014b4

★4月9日スタート 

NHK総合 毎週木曜 午後8:00~午後8:45

 かぶき者慶次

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原案:火坂雅志/脚本:小松江里子/演出:佐藤峰世/演出:吉村芳之/演出:田中英治/制作統括:内藤愼介/制作統括:原林麻奈

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
•前田慶次(藤竜也)
戦国一のかぶき者。関ヶ原の合戦が終わり、世に名高い猛将らしからぬ風流三昧の生活を送る。人が死ぬことのない世を願い、血気盛んな息子・新九郎に対して本当に大切なことを教えようとする。

•前田新九郎(中村蒼)
慶次の息子。周囲の同輩のように上杉家に出仕したいと焦り、家督を譲らない父・慶次に反発するが、やがて父の度量の大きさや生きざまに気が付いていく。

•前田佐乃(西内まりや)
慶次の娘。加賀を飛び出して戻らない慶次を連れ戻しにやってくるが、初めて知る兄・新九郎の存在に驚く。

•安田勝之進(工藤阿須加)
上杉家の勘定頭・安田継之丞の嫡男。正義感が強く、剣の腕も立つ男前。慶次の娘・佐乃に好意を抱く。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
藤竜也が戦国一のかぶき者・前田慶次の晩年を熱演!
加賀の前田家を出奔し、上杉家に仕えた“戦国一のかぶき者”前田慶次(藤竜也)の晩年を描いた痛快時代劇。関ヶ原の戦いで敗れ、会津120万石から出羽・米沢30万石に格下げされた上杉家を舞台に、60歳を超え、かぶき者としての潮時を迎える慶次が、風流三昧の父に反発する息子・新九郎(中村蒼)らに男の生きざまを見せる。慶次を加賀に連れ戻そうする娘・佐乃を西内まりや、佐乃に思いを寄せる上杉家臣・安田勝之進を工藤阿須加が演じるほか、田畑智子、伊武雅刀、火野正平らが脇を固める。


----------------------------------------------------------------------------------------
【4月9日更新】
■ あらすじ(第1話 4/9放送 )
----------------------------------------------------------------------------------------
「関ケ原の戦い」の後、徳川の天下に変わっていく中、‘戦国一のかぶき者’と恐れられた慶次(藤竜也)は、三成の遺児・新九郎(中村蒼)を息子と偽り、米沢の地でひっそりと暮らしていた。慶次を実の父親と信じる新九郎は、徳川が上杉家の取りつぶしを画策しているという噂があるにもかかわらず、風流三昧の慶次に反発を覚える。そんなある日、新九郎は慶次を狙う伊達家の牢人(ろうにん)・北川(角田信朗)と行き合う。

----------------------------------------------------------------------------------------
【4月15日更新】
■ あらすじ(第2話 4/16放送 )
----------------------------------------------------------------------------------------
慶次(藤竜也)が新九郎(中村蒼)と暮らす米沢に、実の娘・佐乃(西内まりや)が慶次を金沢に連れ戻すためにやって来て、慶次と‘母違いの兄妹’の不思議な同居生活が始まる。そのころ、上杉藩は与板組と馬廻組と二つの勢力が反目していた。徳川の無理難題のため金の工面をする上杉藩。その中で、馬廻組の勘定頭・安田(神尾佑)は、徳川から上杉つぶしのために送り込まれた天徳和尚(伊武雅刀)にそそのかされ、謀反を企てる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【4月22日更新】
■ あらすじ(第3話 4/23放送 )
----------------------------------------------------------------------------------------
新九郎(中村蒼)は、慶次(藤竜也)から城への出仕を許されずうっ屈していた。そんな中、新九郎は上杉家勘定頭・安田(神尾佑)の息子で友の勝之進(工藤阿須加)からある計画に誘われる。それは、弱腰の藩の現状を憂慮する若者たちが、強い上杉の復権を江戸の殿に直訴しようというものだった。一方、天徳和尚(伊武雅刀)の命を受けた雫(壇蜜)は、慶次の下男・又吉(火野正平)に近づく。直訴決行の夜、新九郎らの前に慶次が現れる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【4月29日更新】
■ あらすじ(第4話 4/30放送 )
----------------------------------------------------------------------------------------
米沢の慶次(藤竜也)の元に、金沢から妻の美津(江波杏子)が上の娘の華(青山倫子)と共にやって来る。下の娘の佐乃(西内まりや)から連絡があったからだ。使用人の竹(田畑智子)は美津らの来訪を恐れていた。竹は美津から慶次の世話をするために送られたのに、新九郎(中村蒼)の存在を8年間伝えていなかったのだ。慶次は雪夜(笛木優子)の元に逃げ込むが、そこに美津が現れる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【5月6日更新】
■ あらすじ(第5話 5/7放送 )
----------------------------------------------------------------------------------------
金沢からやって来た美津(江波杏子)と華(青山倫子)が米沢の慶次(藤竜也)の元に滞在を続け、新九郎(中村蒼)や竹(田畑智子)は居心地が悪い。そんな中、三成の子がこの地に隠れ住んでいるという噂が流れる。慶次は噂の出所を探り、それを流したのが天徳和尚(伊武雅刀)だということを知る。一方、その噂の真相を探るべく江戸から送り込まれた間者の雫(壇蜜)は、前田家の下男・又吉(火野正平)から聞き出したことを和尚に伝える。

----------------------------------------------------------------------------------------
【5月13日更新】
■ あらすじ(第6話 5/14放送 )
----------------------------------------------------------------------------------------
三成の子が米沢にいるとの噂に上杉家中が揺れる中、慶次(藤竜也)は怪しむ妻の美津(江波杏子)に、新九郎(中村蒼)こそ三成の子であると告げる。一方、新九郎は、親友の勝之進(工藤阿須加)が妹の佐乃(西内まりや)に好意を持っていることを知り、2人を結び付けようとする。そんな中、慶次と新九郎に危機が迫っていることを察知した美津は、慶次を信じ娘の華(青山倫子)と共に金沢に帰る。

----------------------------------------------------------------------------------------
【5月20日更新】
■ あらすじ(第7話 5/21放送 )
----------------------------------------------------------------------------------------
三成の子の噂も下火になって来たころ、慶次(藤竜也)の家に、天徳和尚(伊武雅刀)の命を受けた雫(壇蜜)の一味が、三成の子である証しの「守り刀」を奪おうと忍び込む。その騒ぎの中、佐乃(西内まりや)が人質になり、助けようとした新九郎(中村蒼)がけがをする。けがに動転した竹(田畑智子)は、思わず皆の前で新九郎が狙われたに違いないと口にする。それを聞いた慶次は…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【5月27日更新】
■ あらすじ(第8話 5/28放送 )
----------------------------------------------------------------------------------------
自らの出生の秘密を知った新九郎(中村蒼)は、その重みを受け止めきれずに一人悩んでいた。竹(田畑智子)はそんな新九郎を温かく励ます。一方、天徳和尚(伊武雅刀)は雫(壇蜜)を使い、佐乃(西内まりや)を人質にして新九郎とその出自の証しとなる「守り刀」を慶次(藤竜也)に要求する。佐乃を取り戻すため、一人寺に乗り込む慶次。そして佐乃を心配し新九郎も寺にやって来る。勝ち誇る和尚に対し、絶体絶命の慶次が反撃に出る。

----------------------------------------------------------------------------------------
【6月3日更新】
■ あらすじ(第9話 6/4放送 )
----------------------------------------------------------------------------------------
慶次(藤竜也)の活躍により徳川の間者・天徳和尚(伊武雅刀)のたくらみは暴かれ、和尚は米沢から姿を消した。上杉家中において、結果的に和尚に加担してしまった武闘派・馬廻組の安田(神尾佑)は苦悩する。そして、息子の勝之進(工藤阿須加)の行く末を慶次に託し、上杉の侍として自らは死を選ぶ。一方、前田家の中でも、新九郎(中村蒼)の出自が明らかになったことで、新九郎と妹・佐乃(西内まりや)との関係に微妙な変化が起こり始める。

----------------------------------------------------------------------------------------
【6月10日更新】
■ あらすじ(第10話 6/11放送 )
----------------------------------------------------------------------------------------
馬廻組の中心的存在だった安田(神尾佑)の死をめぐり、同勢力をそぎたいお年寄衆・荒木(大出俊)は、安田家の家督を勝之進(工藤阿須加)に相続させる条件を慶次(藤竜也)に切り出す。馬廻組が蓄えた金子と武具を差し出させるよう説得せよというのだ。一方、新九郎(中村蒼)と佐乃(西内まりや)が互いを思う気持ちに気付いた勝之進は、竹(田畑智子)と組んで2人を結び付けようと企てる。そんな中、慶次を狙い、徳川の刺客の鉄砲が火を噴く。

----------------------------------------------------------------------------------------
【6月17日更新】
■ あらすじ(第11話 6/18放送 )
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
徳川の刺客に狙われた慶次(藤竜也)は、新九郎(中村蒼)と上杉家を守るため、「大ふへんもの」と記されたのぼり旗を掲げ、家康(綿引勝彦)に会うべく駿府に向かう。そして、家康の前に進み出た慶次は‘一世一代のかぶき’を披露し、石田三成の子である新九郎の命を狙わないことを誓わせる。一方、米沢の上杉家中では、新九郎の正体を知った荒木(大出俊)が、新九郎を捕縛するため、慶次の住居「無苦庵」にやって来る。
関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック