FC2ブログ
2019 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 01

2015年春、金曜ドラマ『ドラマ24「不便な便利屋」』

kage

2015/06/26 (Fri)

Arikaシネマ2014b4

★4月10日スタート 

テレビ東京ほか 毎週金曜 深夜0:12~深夜0:52

 ドラマ24「不便な便利屋」

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:鈴井貴之/監督:鈴井貴之/プロデューサー:中川順平/プロデューサー:浅野太/プロデューサー:高石明彦

オープニングテーマ:ストレイテナー「The Place Has No Name」/エンディングテーマ:スピッツ「雪風」

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
•竹山純(岡田将生)
妄想力ともえいるほどのたくましい想像力を持つ新進気鋭の脚本家。台本の書き変えをめぐって監督と口論になったのを機に北海道にやってきて、大いなる勘違いに巻き込まれる。

•松井英夫(鈴木浩介)
便利屋「ダイヤモンドダスト便利商会」の代表。高校卒業後に上京したが、挫折を繰り返した末に帰郷し便利屋を始めた。頼まれたことは何でもやるのがポリシー。

•梅本聡一(遠藤憲一)
2年前から「ダイヤモンドダスト便利商会」を手伝っている従業員。離婚歴が3回あることと、幼くして生き別れた息子がいるということ意外、プライベートは謎に包まれている。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
「水曜どうでしょう」の鈴井貴之脚本&監督、岡田将生主演のコメディー!
極寒の北海道で便利屋を営む男3人が繰り広げる“ズレた”コメディー。主演はテレビ東京初出演の岡田将生、共演は鈴木浩介、遠藤憲一らで、脚本と監督は人気バラエティー「水曜どうでしょう」(北海道テレビ)の企画者で、舞台演出や執筆活動など幅広く活動する鈴井貴之が務める。内山理名、小日向文世、鈴木福、時任三郎、柳沢慎吾ら豪華キャストがゲスト出演するなど、俳優陣の“競演”も見どころ。また、レギュラー出演する森崎博之ほか、大泉洋、安田顕ら演劇ユニット「TEAM NACS」のメンバーも全員出演。鈴井演出を知り尽くしているTEAM NACSが、ドラマにどんなスパイスをもたらすのかにも注目。

----------------------------------------------------------------------------------------
【4月9日更新】
■ あらすじ(第1話 4/10放送 )
----------------------------------------------------------------------------------------
高速バスで北海道・富良野に向かっていた脚本家の竹山(岡田将生)は、吹雪に遭い、見知らぬ田舎町で足止めを食う。たどり着いた居酒屋でなぜか歓迎を受けて戸惑うが、結局、記憶をなくすほど飲んでしまう。翌朝、居酒屋で出会った松井(鈴木浩介)と梅本(遠藤憲一)が営む便利屋の事務所で目覚めた竹山。昨夜の歓迎がある勘違いから起きていたと知り、早く富良野に行きたいと思うが、財布も携帯電話も失ってしまっていて…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【4月15日更新】
■ あらすじ(第2話 4/17放送 )
----------------------------------------------------------------------------------------
財布をなくし、名もなき町で身動きが取れなくなっている竹山(岡田将生)は、偶然知り合った梅本(遠藤憲一)、松井(鈴木浩介)の便利屋を手伝うことに。そんな中、竹山は、社長令嬢を誘拐した謎の組織から依頼を受けたという梅本の話を耳にする。さらに、なくしたリュックを捜してもらうため駐在所に行くと、東京で起きた誘拐事件の手配書を発見。事件と梅本らの関連を疑い、竹山は巡査の小森(森崎博之)と共に2人の尾行を始める。

----------------------------------------------------------------------------------------
【4月22日更新】
■ あらすじ(第3話 4/24放送 )
----------------------------------------------------------------------------------------
泥酔した竹山(岡田将生)は居酒屋店主・桃野(田中要次)の家で目を覚ますが、なぜか全裸だった。部屋を見渡すと筋肉男のカレンダーに縫いぐるみ、さらにポケットからラブレターを発見する。居酒屋で松井(鈴木浩介)と桃野が手を取り合うのを目撃し怪しむ中、翌日も桃野の家で目を覚まし、ポケットにはまたもラブレターが。竹山は自分を狙う桃野の仕業ではと思い始める。

----------------------------------------------------------------------------------------
【4月29日更新】
■ あらすじ(第4話 5/1放送 )
----------------------------------------------------------------------------------------
竹山(岡田将生)は、自分のリュックを背負った全身真っ白な人物を発見。必死に追い掛けるが見失ってしまう。松井(鈴木浩介)と梅本(遠藤憲一)と共に市役所を訪ねると、地域活性課の桜田(森山栄治)から、最近町に出没している‘雪男’ではないかとの情報が入る。さらに近頃、ごみ捨て場が雪男に荒らされているという話を聞き、梅本は早速、そのごみ捨て場へ行こうと言い出す。

----------------------------------------------------------------------------------------
【5月6日更新】
■ あらすじ(第5話 5/8放送 )
----------------------------------------------------------------------------------------
市役所地域活性課の桜田(森山栄治)は、仕事復帰したもののため息ばかりの桂沢(井之上隆志)を心配していた。マッチを売りに来る女性(トリンドル玲奈)に一目ぼれしたのだ。竹山(岡田将生)、松井(鈴木浩介)、梅本(遠藤憲一)が市役所に向かうと、そこには派手な服をまとった桂沢の姿が。彼の目を覚まさせたいという桜田に素性調査を依頼された3人は、居酒屋で女性を待ち伏せする。

----------------------------------------------------------------------------------------
【5月13日更新】
■ あらすじ(第6話 5/15放送 )
----------------------------------------------------------------------------------------
地域活性課の桜田(森山栄治)に呼ばれて市役所に来た松井(鈴木浩介)と梅本(遠藤憲一)の前に、松井と桜田の同級生・椿原が現れる。故郷でラーメン店をやりたいと相談された桜田は、椿原のラーメンを町おこしのきっかけにしたいと考えていた。一方、迷い犬の飼い主捜しを命じられた竹山(岡田将生)は、捜索中に「若い男女が組の金を持ち逃げした」というやくざ者の話を耳にする。

----------------------------------------------------------------------------------------
【5月20日更新】
■ あらすじ(第7話 5/22放送 )
----------------------------------------------------------------------------------------
竹山(岡田将生)は梅本(遠藤憲一)から、便利屋の事務所がリゾート開発の地上げの対象になっていることを聞く。卵が投げ付けられていたのも、立ち退きに応じない松井(鈴木浩介)に対する嫌がらせではないかという。だが、そこは松井にとって大切な土地。地域活性課の桜田(森山栄治)に説得されても松井は首を縦に振らない。そんな中、松井は東京から来たある女性と会っており…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【5月27日更新】
■ あらすじ(第8話 5/29放送 )
----------------------------------------------------------------------------------------
竹山(岡田将生)らは火に包まれた椿原のラーメン店を目にする。何者かに放火されたようだが、今回は桜田(森山栄治)、桂沢(井之上隆志)の仕業ではないという。梅本(遠藤憲一)はリゾート開発絡みの放火を疑うが、松井(鈴木浩介)は否定的だ。そんな中、3人はサイレンを鳴らす小森(森崎博之)のパトカーを見掛け、後を付ける。着いた場所ではおかしな白骨体が見つかったという。

----------------------------------------------------------------------------------------
【6月3日更新】
■ あらすじ(第9話 6/5放送 )
----------------------------------------------------------------------------------------
竹山(岡田将生)はトイレで倒れている梅本(遠藤憲一)を発見。救急車で病院に搬送され、よくない病気らしいと分かる。寿命が短いことを悟った梅本が、息子に会っておきたくなったのではないかとの憶測が広まり、桂沢(井之上隆志)が竹山を息子に仕立てようとする中、松井(鈴木浩介)は梅本との出会いを語り始める。一方、竹山は梅本が刑務所に25年いたという、衝撃の事実を知る。

----------------------------------------------------------------------------------------
【6月10日更新】
■ あらすじ(第10話 6/12放送 )
----------------------------------------------------------------------------------------
松井(鈴木浩介)の元に、地域活性課の桜田(森山栄治)が訪ねてくる。炭鉱が閉山して以来、衰退の一途をたどる町の活性化を図るため、町おこしを考えるように市長から直々に言われたという。便利屋で観光イベントを考えてほしいと懇願された松井は、竹山(岡田将生)、梅本(遠藤憲一)と共に視察と称して札幌の雪まつりを見に行く。ところがその翌朝、梅本と松井は携帯を返して突然の別れを言い放ち、そのまま竹山の前から去る。

----------------------------------------------------------------------------------------
【6月17日更新】
■ あらすじ(第11話 6/19放送 )
----------------------------------------------------------------------------------------
竹山(岡田将生)の提案で町おこしとして‘1時間で作るスノーマン(雪だるま)の数’のギネス世界記録に挑戦することに。それには千人以上の参加が必要で、人集めや段取りに苦慮する中、竹山を中心に作戦が練られていく。松井(鈴木浩介)と梅本(遠藤憲一)は、町のために頑張る竹山を頼もしく思う。ところがイベントの前日、居酒屋に集まると、竹山はイベントを見届けたら町を出ると言い出す。そして、いつものように泥酔し…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【6月24日更新】
■ あらすじ(第12話 6/26放送 )
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
便利屋に竹山(岡田将生)の母・絵里子が現れる。昔からの知人である梅本(遠藤憲一)に話があるという。息子からのメールで梅本と暮らしていると気付いたらしい。絵里子は話があるから2人にしてほしいと言い、梅本にある事実を伝える。一方、竹山と松井(鈴木浩介)は2人が普通の間柄でないと感じる。本当に梅本が父親なのかもしれないと思い始めた竹山は、ついに真実にたどり着く。そして、竹山が町を出る時が近づいていた。

関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック