FC2ブログ
2019 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 01

2015年春、日曜ドラマ『プレミアムドラマ リキッド~鬼の酒 奇跡の蔵~』

kage

2015/04/26 (Sun)

Arikaシネマ2014b4

★4月12日スタート 

NHK BSプレミアム 毎週日曜 午後10:00~午後10:50

 プレミアムドラマ リキッド~鬼の酒 奇跡の蔵~

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:源孝志/演出:源孝志/制作統括:荻野太朗/制作統括:伊藤純/制作統括:手塚治/プロデューサー:豊田研吾/プロデューサー:石崎宏哉

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
•相楽修一(伊藤英明)
金沢の老舗酒蔵「相楽酒造」の一人息子。東京のエリート銀行マンだったが、社内の権力闘争で失脚したのをきっかけに、大赤字を抱えたを家業を継ぐ決意をする。

•相楽直木(柄本佑)
修一のいとこ。軽度の不安神経症。働きどころがなく、母親の勧めで「相楽酒造」にやってきて蔵人を目指すことに。亡くなった父親も蔵人。

•鷲尾勇作(津川雅彦)
伝説の老杜氏で、酒造りの鬼と恐れられる男。一人息子が自殺した過去を持つ。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
伊藤英明主演、金沢で酒造りに第二の人生を捧げる男たちのヒューマンドラマ!
北陸新幹線の開業でさらに身近になる金沢を舞台に、伊藤英明主演で描く小さな酒蔵で起きる奇跡の物語。老舗の酒蔵の一人息子でエリート銀行マンの相楽修一(伊藤)が、思わぬことから銀行を辞めて金沢へ戻り、大赤字を抱えた実家の酒蔵を継ぐ決意をし仲間たちと奮闘する。修一と共に働くのは、鬼と恐れられる伝説の老杜氏と、訳ありの素人蔵人たち。崖っぷちの男たちが理想の酒造りにまい進する中で明らかになる、それぞれの過去と苦悩、そして涙と笑顔を映し出す。共演は、柄本佑、津川雅彦ら。


----------------------------------------------------------------------------------------
【4月9日更新】
■ あらすじ(第1話 4/12放送 )
----------------------------------------------------------------------------------------
大赤字を抱えた老舗の酒蔵「相楽酒造」。一人息子でエリート銀行員だった修一(伊藤英明)は思わぬことから銀行を辞め、母亡き後、酒造りに人生を懸けることに。わらをもつかむ思いですがりついたのが、‘鬼’と恐れられた伝説の老杜氏・勇作(津川雅彦)だった。「鬼に食われても構わない」と覚悟を決めた修一は勇作を口説き落とす。早速、勇作の下で働く蔵人を探す修一だが、集まってきたのは酒造りの素人ばかりで…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【4月15日更新】
■ あらすじ(第2話 4/19放送 )
----------------------------------------------------------------------------------------
蔵元・轟(渡辺いっけい)からの妨害を受けながら、未経験の蔵人4人を迎え再始動した「相楽酒造」。勇作(津川雅彦)の理想の酒造りのため、さらに借金を背負うことになった修一(伊藤英明)は、売れる物は何でも売って金策に走り回る。一方、新しい酒にふさわしい酒米を選ぼうとする勇作が最後の頼みにしたのが、酒米作りの名人で旧知の五郎(石橋蓮司)。だが、五郎は勇作の依頼を拒む。

----------------------------------------------------------------------------------------
【4月22日更新】
■ あらすじ(第3話 4/26放送 )
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
個性派揃いの蔵人の中で、酒造りに懸ける思いの深さを最も勇作(津川雅彦)に感じさせたのは直木(柄本佑)だった。やがて勇作は直木に亡くなった自分の息子の面影を重ねるようになる。実は勇作の息子は、いじめが原因で自ら命を絶っていた。酒造りを通して勇作が癒やされていく中、直木が温度管理を任されていた酒母が異変を来し激しく泡立つ。勇作は思わず直木を殴るが…。



関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック