FC2ブログ
2020 06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 08

2015年春、日曜ドラマ『日曜オリジナルドラマ 連続ドラマW スケープゴート』

kage

2015/05/03 (Sun)

Arikaシネマ2014b4

★4月12日スタート 

WOWOWプライム 毎週日曜 午後10:00~午後11:00

 日曜オリジナルドラマ 連続ドラマW スケープゴート

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:幸田真音「スケープゴート」(中央公論新社)/脚本:大石哲也/監督:星野和成
主題歌:平原綾香「Prayer」
----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
•三崎皓子(黒木瞳)
永和大学大学院政策科学研究科教授。明正党総裁・山城の策によって、政治家の道を歩み始める。自らの仕事のため家族に負担がかかっていることを心苦しく思いながらも、仕事を捨てられず苦悩する。

•矢木沢峻(石丸幹二)
東都テレビの取締役。大物政治家の背後で暗躍する。皓子の大学時代の先輩であり、かつての恋人。

•山城泰三(古谷一行)
次期総理大臣のいすを狙う、明正党総裁。次の総選挙での政権奪還のために、皓子を政界に引き込む。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
黒木瞳が社会派政界ドラマで総理大臣のポストに向けて突き進むヒロインに!!
作家・幸田真音による社会派政界小説の連続ドラマ化で、猛烈な勢いで総理大臣のポストに向けて政界の階段を上って行く女性政治家を、黒木瞳が演じるサクセスストーリー。期せずして政界入りした大学教授の三崎皓子(黒木)が、権力と嫉妬が渦巻く永田町で、活躍すればするほど男性長老議員からの風当たりが強まる中、日本初の女性総理大臣を目指す。彼女は、硬直化した政界に放たれた“生贄=スケープゴート”か、それとも沈没に向かう国家を救う“ジャンヌ・ダルク”なのか。女性政治家の姿を通し、国民が求める真のリーダー像を問い掛ける。


----------------------------------------------------------------------------------------
【4月9日更新】
■ あらすじ(第1話 4/12放送 )
----------------------------------------------------------------------------------------
大学教授の皓子(黒木瞳)に、20年も音信不通だった元恋人の矢木沢(石丸幹二)から突如、連絡が入る。現在、テレビ局取締役の矢木沢は、皓子に明正党総裁・山城(古谷一行)との面会を打診。そして、次の総選挙で政権を奪還した暁には、皓子を民間大臣に抜てきしようと考える山城から、勉強会の座長を要請される。家庭にしわ寄せが及ぶとためらう皓子だったが、数日後、座長就任記事が新聞に載る。それは山城の策略だった。

----------------------------------------------------------------------------------------
【4月15日更新】
■ あらすじ(第2話 4/19放送 )
----------------------------------------------------------------------------------------
皓子(黒木瞳)が金融担当大臣として入閣直後、「静浜銀行」で取り付け騒ぎが発生。山城総理(古谷一行)に呼び出された皓子は、小関(西岡徳馬)ら古参議員に内閣発足早々の緊急事態について責任を追及される。その原因が「プライム電器」にあると分かり、皓子は公的資金の注入を要請するが山城は却下。追い詰められた皓子は、矢木沢(石丸幹二)にある人物への仲介を依頼する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【4月22日更新】
■ あらすじ(第3話 4/26放送 )
----------------------------------------------------------------------------------------
静浜銀行の破綻を阻止した皓子(黒木瞳)は、総理の山城(古谷一行)から、参院選に郷里の浜松から立候補するよう要請される。皓子は家族が犠牲になることを懸念するが、夫の伸明(小林隆)の後押しを受け出馬を決意。矢木沢(石丸幹二)は党の発表を待たずに、政治部記者・つかさ(山口紗弥加)に立候補の件を漏らす。一方、職を失った娘の麻由(佐々木希)は皓子の出馬を知って…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【4月29日更新】
■ あらすじ(第4話 5/3放送 )
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
参院選に当選した皓子(黒木瞳)は、山城(古谷一行)から官房長官に指名され、重責に戸惑いつつも組閣人事を行う。そして、矢木沢(石丸幹二)は、山城からある確約を取り付ける。一方、小関(西岡徳馬)たち古参議員は、皓子を陥れようと画策。そんな中、山城が突然、荒唐無稽な政策を打ち出した。寝耳に水でぼうぜんとする皓子だが、山城は記者たちに皓子の発案だと告げる。


関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック