FC2ブログ
2020 06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 08

2015年春、火曜ドラマ『戦う!書店ガール』

kage

2015/06/09 (Tue)

Arikaシネマ2014b4

★4月14日スタート 

フジテレビ系 毎週火曜 午後10:00~午後10:54(初回は午後10:00~午後11:09)

 戦う!書店ガール

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:碧野圭「書店ガール」シリーズ(PHP文芸文庫)/脚本:渡辺千穂/演出:白木啓一郎/演出:木内健人/プロデューサー:山下有為/プロデューサー:沖貴子/プロデューサー:松井洋子

主題歌:渡辺麻友「出逢いの続き」/挿入歌:SOLIDEMO「Girlfriend」
----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
•北村亜紀(渡辺麻友)
「ペガサス書房」正社員、コミック担当の23歳。「結婚より仕事や夢!」がモットーの、気が強くて表裏がない正直な性格。何ごとも納得しなければ折れないため、理子とは常にぶつかる。

•西岡理子(稲森いずみ)
「ペガサス書房」副店長。仕事にプライドを持って働いてきた故に、40歳にして独身。気が強く頑固なわりに、情にもろくてお人好し。

•三田孝彦(千葉雄大)
「ペガサス書房」正社員。物静かな児童書担当の27歳。人を見る目にすぐれ、他人とは一定の距離を保って付き合っている。

•小幡伸光(大東駿介)
一つ星出版のコミック雑誌編集部の副編集長。「ペガサス書房」で亜紀に会い、一目ぼれし猛アプローチを掛ける。

•田代敏之(田辺誠一)
亜紀と理子の奮闘を見つめる謎の男。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
AKB48の渡辺麻友と稲森いずみがダブル主演。真逆な2人が恋に仕事に奮闘!
ゴールデン・プライム帯の連続ドラマ初主演となるAKB48の渡辺麻友と稲森いずみのダブル主演で、碧野圭の人気小説を映像化するウーマンライフドラマ。脚本は、「名前をなくした女神」「ファースト・クラス」(同系)などで、人間の表と裏を隠すことなく描き女性の共感を呼んできた渡辺千穂が手掛ける。世代の異なる働く女性2人がぶつかり合いながらも、仕事、恋愛、人生に果敢に立ち向かっていく中で、お互いに成長していくさまを描き、頑張っているすべての女性にエールを送る。痛快で“オンナ心”が満載。



----------------------------------------------------------------------------------------
【4月9日更新】
■ あらすじ(第1話 4/14放送 ※午後10:00~午後11:09)
----------------------------------------------------------------------------------------
老舗書店「ペガサス書房」吉祥寺店の副店長・理子(稲森いずみ)は、仕事にプライドを持って働いてきた40歳の独身女性。ある日、文具会社社長の孫だというお嬢さま・亜紀(渡辺麻友)と、以前同店にいた三田(千葉雄大)が吉祥寺店で働くことに。本を愛する亜紀は初日から店舗の改革を理子に提案し、その遠慮のなさに一同はあぜんとする。そんな中、理子は出版社勤務の恋人・柴田(長谷川朝晴)から久々に食事に誘われる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【4月15日更新】
■ あらすじ(第2話 4/21放送 ※午後10:00~午後11:09)
----------------------------------------------------------------------------------------
亜紀(渡辺麻友)らは店で「イクメンフェア」をやることになるが、亜紀にある疑惑を抱く理子(稲森いずみ)の心は穏やかではない。だが、何も知らない亜紀は、柴田(長谷川朝晴)と食事に出掛け、理子の疑惑は膨らむ。憂さ晴らしをしたいのに友人たちに振られた理子は、一人カラオケと一人焼き肉へ行き、その姿を見てしまった麻美(鈴木ちなみ)ら同僚は心配する。そんな中、理子は料理店で知り合った田代(田辺誠一)から誘われる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【4月22日更新】
■ あらすじ(第3話 4/28放送 ※午後10:00~午後11:09)
----------------------------------------------------------------------------------------
三田(千葉雄大)が好きな女性がどんな人なのか気になる亜紀(渡辺麻友)。一方、風邪で休み明けの理子(稲森いずみ)は、朝礼で万引への注意を喚起する。理子と話す三田の様子から彼の思いを察した亜紀はいら立ち、店内の雑誌を撮影する女子高生らに注意した際、恨みを買う。そんな中、理子は亜紀と三田を誘い、いつもの店であらためて歓迎会を開く。そこへ田代(田辺誠一)も来店し、理子は今度こそ東京案内をすると約束する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【4月29日更新】
■ あらすじ(第4話 5/5放送 ※午後10:00~午後11:09)
----------------------------------------------------------------------------------------
商店街から子どもの日に行うイベントを頼まれた理子(稲森いずみ)は、亜紀(渡辺麻友)に任せることに。だが、麻美(鈴木ちなみ)らは亜紀の起用が不満だ。一方、入院中の三田(千葉雄大)は、同僚がユニコーン堂に引き抜かれたという噂を耳にし、田代(田辺誠一)のことが気になる。そんな中、亜紀はイベントにアニメの声優を呼んで原作コミックの朗読会をしようと提案。ところが、麻美らに反対され、一人でやると言い放つ。

----------------------------------------------------------------------------------------
【5月6日更新】
■ あらすじ(第5話 5/12放送 ※午後10:00~午後11:09)
----------------------------------------------------------------------------------------
朝礼に社長の二郎(山中崇)らが現れ、野島(木下ほうか)をエリアマネジャーに、理子(稲森いずみ)を店長にすると発表。初の女性店長の誕生に一同は盛り上がる。その夜、理子は志保(濱田マリ)らと祝杯を挙げるが、達人(井上順)だけは昇進に無関心で寂しい。一方、亜紀(渡辺麻友)は、小幡(大東駿介)と付き合うことにする。新店長1日目から張り切る理子だが、初めて本社で参加する店長会議の日の朝、達人が突然倒れてしまう。

----------------------------------------------------------------------------------------
【5月13日更新】
■ あらすじ(第6話 5/19放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
若い店員をばかにする理子(稲森いずみ)のインタビューが雑誌に載り、記事を信じた麻美(鈴木ちなみ)たちは反発する。一方、理子は閉店する吉祥寺店の店員が別店舗で働けるようリストアップして野島(木下ほうか)に渡すが、野島はひそかにそれをごみ箱へ。そんな中、亜紀(渡辺麻友)と三田(千葉雄大)はインタビュー記事の真偽を調べに出版社へ行き、原稿をチェックしたのが野島だったことを編集者(石川伸一郎)から聞き出す。

----------------------------------------------------------------------------------------
【5月20日更新】
■ あらすじ(第7話 5/26放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
閉店撤回のため7月までに20%の売り上げアップを目指す理子(稲森いずみ)は、異動願いを出した麻美(鈴木ちなみ)らと会い、店の存続のために手伝ってほしいと頼む。翌朝、麻美らは店に戻り、一同はあらためて結束して企画を考えることに。すると亜紀(渡辺麻友)は麻美らを自宅に招き、恋人の小幡(大東駿介)も交えて企画を練る。そんな中、三田(千葉雄大)の発案からブックカバーにあがち(浅利陽介)の漫画を載せることになるが…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【5月27日更新】
■ あらすじ(第8話 6/2放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
あがち(浅利陽介)のブックカバーの効果で売り上げが伸び、喜ぶ理子(稲森いずみ)ら一同。一方、小幡(大東駿介)が編集部を外されたと聞いた亜紀(渡辺麻友)は、自分のせいだと落ち込む。そんな中、本社が吉祥寺店の閉店予定を取次に伝えたせいで、書籍の入荷が最低限に引き下げられた。三田(千葉雄大)らは他店舗に頼んだり、ライバル店で購入するなどして書籍をかき集める。一方、理子は社長の二郎(山中崇)に直談判するが…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【6月3日更新】
■ あらすじ(第9話 6/9放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
閉店か存続かが決まる期限まで残り1週間。亜紀(渡辺麻友)は24時間営業する「本屋に泊まろう」という企画を思い付く。一晩中好きな本が読めるという案に一同は賛同。理子(稲森いずみ)は社長・二郎(山中崇)の了解を取り付け、ラストスパートをかける一方、閉店が決まった場合に解雇する人を選ぶよう迫られて悩む。そのことを知った志保(濱田マリ)らは、閉店なら全員辞める覚悟だと宣言。一丸となって最後の勝負に臨む。

関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック