FC2ブログ
2019 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2019 12

(この春、新社会人に薦めたい文庫)生きもののおきて /岩合 光昭…Arika

kage

2015/04/14 (Tue)

img003b.jpg

Arikaが「この春、新社会人に薦めたい文庫」1冊目


Arika報告書y0001おすすめ
 生きもののおきて /岩合 光昭

生きもののおきて (ちくま文庫)生きもののおきて (ちくま文庫)
(2010/06/09)
岩合 光昭

商品詳細を見る


実社会の厳しさはサバンナ同じ?、感覚的に自分の目で物を見る事が大切です。
Arikaアイコン(小)1合光昭さんの『生きもののおきて』は、世界を自分の目で見る心構えを教えてくれる一冊です。どんなときに開いても、心の奥にズバッと入ってくるので是非新社会人の方に読んでもらいたいです。岩合さんといえば、このところ猫の写真ばかりが有名になっていますが、ダイナミックな自然のなかで、サバンナに生きる動物たちの生態を、ときに厳しく、ときに愛おしいその姿を、アフリカを愛して止まない写真家が60点の写真と文章で生き生きと描き出すエッセイでまとめた本作は、写真に迫力があって、とても岩合さんらしい作品です。あとがきに、世の中には情報や知識が氾濫しているからついわかった気になってしまうけど、自分の目で物を見る事が大切、と書かれているように、それを感覚的に捉えられる一冊です。社会の厳しさが違う方向からわかる本ですが、動物に興味があるなしにかかわらず、違う世界を見ることの刺激と楽しさが味わえてお薦めです。





関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック