FC2ブログ
2021 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2021 05

2015年春、木曜ドラマ『ヤメゴク~ヤクザやめて頂きます~』

kage

2015/06/18 (Thu)

Arikaシネマ2014b4

★4月16日スタート 

TBS系 毎週木曜 午後9:00~午後9:54(初回は午後8:57~午後10:09)

 ヤメゴク~ヤクザやめて頂きます~

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:櫻井武晴/演出:堤幸彦/演出:加藤新/演出:坪井敏雄/プロデューサー:植田博樹/プロデューサー:伊藤雄介/プロデューサー:楠千亜紀

主題歌:Thinking Dogs「世界は終わらない」

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
•永光麦秋(大島優子)
警視庁組織犯罪対策部第三課“足抜けコール”担当。ヤクザを異常なまでに憎んでいる。元少年課の刑事で、異動してから性格がゆがんでしまった。

•三ヶ島翔(北村一輝)
警視庁組織犯罪対策部第三課“足抜けコール”の担当者。元マル暴の刑事で、とある事件で容疑者を取り逃がし、左遷されてきた。ドスの効いた強面だが、いざとなると逃げ腰。

•佐野直道(勝地涼)
全国暴力団追放運動推進センターの暴追相談員。ヤクザとの交渉をこなすイケメン。暇さえあれば“足抜けコール”に来て、なじんでいる。

•永光遥(本田翼)
麦秋の妹。尊敬する医師・有留章子の病院で働く看護師。

•石山博文(田中哲司)
警視庁組織犯罪対策部第三課“足抜けコール”の担当者。子煩悩な性格だが、自分と子供の血縁に疑念を持っている。

•有留章子(山口紗弥加)
個人病院の院長。麦秋に過去の弱みを握られ、利用されている。

•永光由美子(名取裕子)
麦秋、遥の母親。娘のことを思っているが謎多き人物。

•橘勲(遠藤憲一)
関東貴船組の15代目組長。義理人情に厚い人物で、社会からドロップアウトした組員たちを息子のように愛する。組員たちが堅気に戻っても幸せにはなれないと考え、麦秋と対立する。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
大島優子が連続ドラマ初主演! “足抜けコール”を舞台にした新しい警察ドラマ!
暴力団から抜け出したい人が助けを求めてくる、「暴力団離脱者相談電話」通称“足抜けコール”を舞台にした、新しい警察ドラマ。主人公の永光麦秋を、連続ドラマ初主演となる大島優子が演じる。麦秋が、次々と現れる妨害者から「一筆、頂戴致します!」と念書(離脱承諾書)を取り、離脱した元暴力団構成員らに“堅気”の仕事をあっせんするなど更生をサポートしていくストーリー。演出は、ドラマ「ケイゾク」「SPEC」(同系)、映画「20世紀少年」シリーズなどで知られる堤幸彦が務め、脚本はドラマ「ATARU」(同系)、「相棒」(テレビ朝日系)シリーズなどを手掛けた櫻井武晴が担当する。



----------------------------------------------------------------------------------------
【4月15日更新】
■ あらすじ(第1話 4/16放送 ※午後8:57~午後10:09)
----------------------------------------------------------------------------------------
麦秋(大島優子)は警視庁組織犯罪対策部第三課に設置された「暴力団離脱者相談電話」、通称‘足抜けコール’担当。暴力団離脱希望者から電話で事情を聞き、意思確認をするのが仕事だが、彼女は足抜けの手助けや再就職の世話までしている。ある日、足抜けコールに暴力団担当の第四課から翔(北村一輝)が異動してきた。そんな中、指定暴力団「関東貴船組」の二次団体の親分・倉持(でんでん)から、足抜けの相談が寄せられる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【4月22日更新】
■ あらすじ(第2話 4/23放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
麦秋(大島優子)ら‘足抜けコール’に協力する医師・章子(山口紗弥加)が勤める病院と、倉持(でんでん)の再就職先のホテルが嫌がらせを受けた。関東貴船組の若頭・水田(金すんら)から指示を受けた構成員・金繁(市オオミヤ)や、水田とある取り引きをした久瀬組の仕業らしい。そんな中、解雇を宣告された倉持が行方不明に。麦秋が静観する中、彼の居場所を捜す翔(北村一輝)は、倉持の妻・幸子(三浦理恵子)の元を訪ねる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【4月29日更新】
■ あらすじ(第3話 4/30放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
‘足抜けコール’に、警視庁組対部長の妻・尚子(舟木幸)から相談の電話がくる。娘の恋人・村崎(弓削智久)が暴力団構成員だと分かり、彼を足抜けさせたいと訴える。村崎が勤務しているのは、関東貴船組のフロント企業の一つ「ホバークラフト」。彼は、デザイナーとして仕事ができる同社を辞めるつもりはない様子だ。麦秋(大島優子)は、ホバークラフトを経済的に孤立させるため、同社に協力的な堅気の人々を追い詰める。

----------------------------------------------------------------------------------------
【5月6日更新】
■ あらすじ(第4話 5/7放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
‘足抜けコール’に、暴力団・硲組の組長で運送会社を経営する祐司(緋田康人)の妻・知佳子(神楽坂恵)が相談に来た。知佳子は粗暴で金遣いが荒い祐司と離婚し、幼い娘・優奈(伊藤成美)と共にやくざの世界から足を洗いたいと訴える。依頼を受けた麦秋(大島優子)と翔(北村一輝)は祐司と話し合うが、彼は知佳子との離婚には応じない。そんな中、知佳子が産業廃棄物を不法投棄している会社の社長を務めていることが判明する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【5月13日更新】
■ あらすじ(第5話 5/14放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
足抜けコール’に連絡してきた老人(田村泰二郎)が、未成年の孫・大輝(落合モトキ)を足抜けさせたいと訴える。大輝は、薬物のあっせんや振り込め詐欺などの犯罪を繰り返す集団‘ハングレ’のメンバー。彼がグレた背景には、かつて所轄の少年係にいた麦秋(大島優子)との確執があった。調べを進めるうち、橘(遠藤憲一)率いる「関東貴船組」に所属する藤田(坂田聡)と大輝につながりがあることが判明。麦秋は、2人を同時に足抜けさせる作戦に出る。

----------------------------------------------------------------------------------------
【5月20日更新】
■ あらすじ(第6話 5/21放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
幼少期の麦秋(大島優子)をよく知る刑事・岩井田(金田明夫)が相談に来た。元暴力団構成員・小牧(山本浩司)の再就職を世話してほしいという。小牧は頼ることのできる人がおらず、自殺未遂騒動も起こしていた。翔(北村一輝)と佐野(勝地涼)が就職活動を支援するが、小牧は全くやる気を見せない。そこで、生活保護受給を申請することにするが、それに反対する麦秋に邪魔されてしまう。そんな中、‘足抜けコール’に橘(遠藤憲一)がやって来る。

----------------------------------------------------------------------------------------
【5月27日更新】
■ あらすじ(第7話 5/28放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
麦秋(大島優子)の妹・さくら(宮武美桜)がアルバイトをしている生花店の配達先の一つが、暴力団とつながりのある会社だと判明する。それを知らないさくらは、彼らから‘お駄賃’だと言われて金を受け取ってしまい、大問題に。一方、章子(山口紗弥加)と遥(本田翼)の勤める病院も同じタイミングで、やくざ風の男たちから嫌がらせを受ける。さくらと遥は今回の件を、麦秋が‘足抜けコール’にいるせいだと憤慨するが…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【6月4日更新】
■ あらすじ(第8話 6/4放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
‘足抜けコール’に、静岡刑務所で服役中の受刑者から離脱願が届いたと連絡が入る。覚せい剤取締法違反で服役中のその受刑者は「関東貴船組」の所属で、麦秋(大島優子)は離脱承諾書を得るため、貴船組の橘(遠藤憲一)の元に乗り込む。一方、麦秋の他に‘麦’の字を名に持つ人物の存在を知り心配する翔(北村一輝)は、すぐさま麦秋を追う。意外にも、橘は受刑者の離脱をあっさりと承諾。だが、麦秋はさらなる要求を突き付ける。

----------------------------------------------------------------------------------------
【6月10日更新】
■ あらすじ(第9話 6/11放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
‘足抜けコール’に水田(金すんら)から電話がかかってくる。自身の「水千組」ごと、橘(遠藤憲一)の「関東貴船組」から足抜けしたいという。水千組は貴船組にとって大事な資金源で、足抜けすれば橘に大打撃を与えることになる。依頼を引き受けた麦秋(大島優子)らは離脱承諾書を持って橘の元へ向かう。だが、橘は水田と直接話をするまでサインをしないと言い出す。そんな中、系列の組が、水田と水千組構成員を狙い始める。

----------------------------------------------------------------------------------------
【6月17日更新】
■ あらすじ(第10話 6/18放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
麦秋(大島優子)を憎しみから解放したいと願う翔(北村一輝)。そんな彼に突き動かされ、また意外な真実に直面していくうち、麦秋は自分がこれまでやってきたことに迷いを感じ始める。一方、佐野(勝地涼)も麦秋の揺らぎを感じ、気に掛けていた。そのころ、橘(遠藤憲一)の元に、千一(金すんら)の組の‘客分’として資金を稼いでいたトレーダーが、取引に失敗し巨額の損失を出したという連絡が入る。麦秋らもまたそのことを知り…。
関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック