FC2ブログ
2019 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2019 12

2015年春夏、木曜ドラマ『植物男子ベランダー season2』

kage

2015/09/24 (Thu)

Arikaシネマ2014b4

★4月16日スタート 

NHK BSプレミアム 毎週木曜 午後11:15~午後11:45

 植物男子ベランダー season2

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:いとうせいこう「ボタニカル・ライフ 植物生活」(新潮文庫)

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
•ベランダー(田口トモロヲ)
自称・ベランダー。都会の片隅にひっそりと住むバツイチの中年男性で、フリーのライター。自分勝手なやり方でベランダで植物を育てることを無上の喜びとしている。植物の世話の仕方は、かなりいい加減。

•木下楓(岡本あずさ)
ベランダーが通う花屋の店員。

•藤村杏子(安藤玉恵)
ベランダーが通う花屋の店長。

•茂木梅吉(松尾スズキ)
ベランダーが以前勤めていた会社の先輩。筋金入りの盆栽愛好家で、ベランダーにことあるごとに盆栽を勧めてくる。

•田中惣太郎(古舘寛治)
ベランダーの隣に住む植物学者。突然、ベランダーの家に上がり込んできたりする。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
中年独身男性の、ガーデニングならぬ“ベランダー”ライフ第2弾!
作家・いとうせいこうが、ベランダでの自らの植物生育体験をつづった「ボタニカル・ライフ 植物生活」を、田口トモロヲ主演で連続ドラマ化したシリーズの第2弾。都会の片隅でひっそりと暮らすバツイチの中年男性・ベランダー(田口)が、マンションのベランダで、いろいろな植物を自己流で育てて一喜一憂するさまを描く。2014年放送の前シリーズに登場した、古舘寛治や松尾スズキらおなじみの面々も再登場。多肉植物が織りなすミニドラマや、植物にまつわる楽曲を味わう「植物SONGS」などのミニコーナーも注目だ。

----------------------------------------------------------------------------------------
【4月15日更新】
■ あらすじ(第1話 4/16放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
男(田口トモロヲ)はベランダで自分勝手に植物を育てる、自称‘ベランダー’。隣人の田中(古舘寛治)から花見に行ったと聞いた男は、プロのベランダーたるものは花見はベランダに限ると意地になるが、あることに気付く。花は太陽の方を向く習性があり、ベランダーは花を裏側から見ることになってしまうのだ。自分の方を向く花はないかとなじみの生花店へ行った男は、盆栽好きの面倒な先輩・茂木(松尾スズキ)に出会い仰天する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【4月22日更新】
■ あらすじ(第2話 4/23放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
男(田口トモロヲ)のベランダには、越冬後ものうのうと生きるシクラメンがあった。男は長い間、「シクラメンのかほり」という歌が気に食わなかった。なのに昨年の冬、男はシクラメンを買ってしまった。楓(岡本あずさ)の母親がその歌が好きだと聞き、いつかあいさつすることもあるかもしれないと思ったのだ。その帰り道、男は怪しげなミュージシャン(岩松了)に遭遇し…。

※4月30日の放送はお休みです。

----------------------------------------------------------------------------------------
【5月6日更新】
■ あらすじ(第3話 5/7放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
以前勤めていた出版社の後輩・桐山(峯田和伸)が花束を持ってきた。数日後、花束の中で唯一生き残った‘細くて緑色のクネクネしているだけのヤツ’を、男(田口トモロヲ)は「ノッポ」と名付ける。しばらくすると根が生え始めた。息子の樹(太賀)がスマートフォンで名前を調べようとしたので、男はそれを止める。ヤツはあくまでノッポだ。男は鉢植えにする日を夢見るが…。

※5月14日の放送はお休みです。

----------------------------------------------------------------------------------------
【5月20日更新】
■ あらすじ(第4話 5/21放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
いつぞやの宅配便の男(ベ・ジョンミョン)が来た。通販で買った鉢が届いたらしい。宅配便の男は、自分の花が奇麗でしょうと自慢話を始める。スマートフォンを見ると、デイジーが写っていた。男(田口トモロヲ)はなじみの生花店で、もう開花時期も終わりだから買わない方がいいと言う店長(安藤玉恵)を無視して、デイジーを購入。ところが2、3日するとあっさりしおれてしまう。

※5月28日、6月4日の放送はお休みです。

----------------------------------------------------------------------------------------
【6月10日更新】
■ あらすじ(第5話 6/11放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
6月。男(田口トモロヲ)は‘毎日水をやり、肥料を与え、花が咲く’という循環に飽きてしまった。新しい植物を求めてなじみの生花店に向かうが、目当ての「クチナシ」は売り切れていた。帰宅した男は、死んだ植物を葬った土から何かが出ていることに気付く。世話をすると、やがてクチナシが咲いた。だが、これまでクチナシを育てた覚えはない。そこへ刑事が2人やって来る。

----------------------------------------------------------------------------------------
【6月17日更新】
■ あらすじ(第6話 6/18放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
盆栽を愛し、盆栽の魅力を発信するのが自分の使命だと勝手に思い込んでいる梅吉(松尾スズキ)の元を、後輩である男(田口トモロヲ)が訪ねてきた。男は町内会の温泉旅行のチラシを目ざとく発見し、盆栽を置いて旅に行くのかと梅吉に疑いの目を向ける。梅吉はその場をやり過ごすが、男はさらに、盆栽のどこがいいのかと失敬な質問をぶつける。梅吉は魅力を語る羽目になるが、程なく、男がこれから生花店へ行くと言い出す。

※6月25日の放送はお休みです。

----------------------------------------------------------------------------------------
【7月1日更新】
■ あらすじ(第7話 7/2放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
7月は梅雨だから水をやらなくてもいい、と気を緩めると土が思いの外乾いて、1年を通して腕が最も問われる季節。‘ベランダー業’にいそしんでいた男(田口トモロヲ)は、ニオイバンマツリが二つあることに気付いた。ベランダが狭く、置ける鉢の数が限られているので、よほど気に入った花でない限り同じ種類の鉢など増やさない。男は記憶の深淵(しんえん)をたどる。もともと、ニオイバンマツリを一鉢、大切にしていたが…。

※7月9日の放送はお休みです。

----------------------------------------------------------------------------------------
【7月15日更新】
■ あらすじ(第8話 7/16放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
植木市前日。去年の遅刻を反省した男(田口トモロヲ)だったが、結局、また寝坊してしまう。現場に着いた男は、まず会場を歩き、買うのは全てを見終えた復路と決める。‘多肉’の出店があるが、売っていたのはなじみの生花店の店長(安藤玉恵)と楓(岡本あずさ)だった。盆栽コーナーでは、店主(いとうせいこう)に対し、あれこれ文句をつけて値切る梅吉(松尾スズキ)の姿があり…。

※7月23日、30日、8月6日の放送はお休みです。

----------------------------------------------------------------------------------------
【8月12日更新】
■ あらすじ(第9話 8/13放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
男(田口トモロヲ)のベランダには8年間、花が咲かない「月下美人」がいる。サボテン科の多肉植物で、花は夜に咲き一晩でしぼむという。隣人の田中(古舘寛治)が受粉を媒介するコウモリがいないからだと言い出す中、突然、男の伯父(中原丈雄)が訪ねてくる。植物に精通する伯父は、月下美人は水を好むことを告げ、「植物を育てる人間には覚悟が必要」と言い残して帰っていく。

----------------------------------------------------------------------------------------
【8月19日更新】
■ あらすじ(第10話 8/20放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
夏。男(田口トモロヲ)にとって手ごわい季節が来た。男は酷暑に耐える花を探して生花店に行くが、楓(岡本あずさ)が薦めたのは「朝顔」。小学生じゃあるまいし、と断ろうとした男だが、朝顔にまつわる楓の思い出話を聞き、「昼顔」まで買ってしまう。朝と昼を揃えたものの、「夜」が寂しい男は、夏の夜を彩る植物を求めて街へ繰り出し、以前行った「BAR植物」を訪れる。

※8月27日の放送はお休みです。

※9月3日の放送はお休みです。


----------------------------------------------------------------------------------------
【9月9日更新】
■ あらすじ(第11話 9/10放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
夏バテを理由に植物の世話をさぼりがちだった男(田口トモロヲ)は、キキョウの花を手土産に訪れた桐山(峯田和伸)の依頼で、1泊2日の取材旅行を引き受ける。世界的植物画家・花園(柄本佑)へのインタビューだ。男は道中‘蓮の男’(渋川清彦)に再会。男がキキョウを育てていると言うと、蓮の男は「5対2対3」と謎の言葉を残して去る。花園はキキョウを描いていて…。

※9月17日の放送はお休みです。

----------------------------------------------------------------------------------------
【9月23日更新】
■ あらすじ(第12話 9/24放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
植物画家の取材後、男(田口トモロヲ)の元に桐山(峯田和伸)から、もう1泊して地元の生花店を取材してほしいと依頼が来る。引き受けた男は翌日、店員の女性(多部未華子)がかわいい店を見つける。店員の取材を終え、中の写真を撮っていると、「シャボンの木」があった。今どきシャボンの木からシャボン玉を作る人はいないだろうと男が寂しく考えた帰り道、シャボン玉が飛んできた。それは、先程の店員が飛ばしたものだった。


関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック