FC2ブログ
2019 12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 02

2015年春、日曜ドラマ『ワイルド・ヒーローズ』

kage

2015/06/21 (Sun)

Arikaシネマ2014b4

★4月19日スタート 

日本テレビ系 毎週日曜 午後10:30~午後11:25(初回は午後10:00~午後11:25)

 ワイルド・ヒーローズ

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:蛭田直美/演出:佐藤東弥/演出:石尾純/プロデューサー:伊藤響/プロデューサー:松原浩/プロデューサー:渡邉浩仁

主題歌:Crystal Kay「君がいたから」

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
•瀬川希一(TAKAHIRO)
医療機器メーカーで営業を担当している“元ヤン”。愛称はキー坊。ひょんなことから危機的状況に巻き込まれる。

•三木洸介(青柳翔)
希一のかつての悪友。愛称ミッキー。現在は自転車店を営むかたわら、祖母の介護をしている。クールな性格の持ち主。

•佐伯春太郎(岩田剛典)
カラオケボックスの店長を務める希一のかつての悪ガキ仲間。愛称チョコ。見た目はチャラいが、情には熱い男。

•徳井哲平(野替愁平)
万引きGメンとして働く希一の同級生。一本木な熱血漢で、仲間内からはポンジャラの愛称で親しまれている。

•神部剛(八木将康)
希一の元悪友、愛称ピー。既婚で、現在はトラック運転手として働いている。名前の由来は大事な場面で腹を下すことが多いから。

•里島透(佐藤大樹)
洸介の自転車店を利用する高校生。洸介に憧れを抱いている。

•林田典明(黒木啓司)
クリーニング店を経営する希一のかつての悪友。仲間たちのムードーメーカー的存在。愛称はテンテン。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
TAKAHIRO主演、友情と絆を確かめ合う痛快アクションエンターテインメント!
2015年4月期から新設されたドラマ枠の第1弾で、EXILEのTAKAHIROが主演を務める痛快アクションエンターテインメント。ある少女を助けたことから、裏社会の連中に命を狙われることになった元ヤンキーの青年・瀬川希一(TAKAHIRO)が、今はそれぞれの人生を送る高校時代の悪ガキ仲間を頼り、彼らとの友情を取り戻しながら、少女の謎と次々と襲い掛かる敵の正体に迫っていく。希一を“援護”する悪友たちを演じるのは、青柳翔、岩田剛典、野替愁平、八木将康、佐藤大樹、黒木啓司らEXILE TRIBEの面々。役柄と同じく気心の知れた彼らが、熱いドラマを繰り広げる。




----------------------------------------------------------------------------------------
【4月15日更新】
■ あらすじ(第1話 4/19放送 ※午後10:00~午後11:25)
----------------------------------------------------------------------------------------
元ヤンキーで、今は医療機器メーカーの営業マンとして働く希一(TAKAHIRO)は、転勤で10年ぶりに故郷の街に戻る。10年前、対立するチームとの大事な戦いを前に仲間を見捨て上京した希一は、洸介(青柳翔)らかつての仲間たちに合わせる顔がなく、今さら連絡もできない。そんなある日、希一はひょんなことからやくざに追われる少女(桜田ひより)を自宅にかくまうことに。一方、洸介たちは希一が街に戻ったことを知る。

----------------------------------------------------------------------------------------
【4月22日更新】
■ あらすじ(第2話 4/26放送 )
----------------------------------------------------------------------------------------
希一(TAKAHIRO)は、日花里(桜田ひより)のその後が気になるが、誘拐事件の記事など新聞に載らない。署を訪ねると、日花里を連れて帰った刑事の赤城(内藤剛志)は、あの日から休暇中だという。不安が募る希一だが、ヤンキー時代に世話になった赤城を信頼する洸介(青柳翔)らは、希一の話を一蹴する。それでも放っておけない希一は、教育委員会に勤める継父の努(長谷川初範)に、日花里の住所を教えてほしいと頭を下げる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【4月29日更新】
■ あらすじ(第3話 5/3放送 )
----------------------------------------------------------------------------------------
希一(TAKAHIRO)らの恩人の刑事・赤城(内藤剛志)が他殺体で発見された。希一は重要参考人として警察に連行され、取り調べを受ける。一方、洸介(青柳翔)が日花里(桜田ひより)の記憶を取り戻そうと再び別荘に行くと、日花里の担任教師だと名乗る女性・さわこ(原日出子)が現れた。同じころ、釈放された希一と居合わせた透(佐藤大樹)は、田川(塚本高史)のわなにはまって暴力団の柳原(音尾琢真)からの拷問を受ける。

----------------------------------------------------------------------------------------
【5月6日更新】
■ あらすじ(第4話 5/10放送 )
----------------------------------------------------------------------------------------
典明(黒木啓司)が妻・ももよ(平田薫)のおなかの子の父親が仲間の誰かなのではないかと疑い失踪。しかし、希一(TAKAHIRO)は、典明のことよりも日花里(桜田ひより)の方が心配でならない。日花里を連れ帰った担任教師・さわこ(原日出子)と連絡が取れないのだ。学校まで確かめに行こうとした矢先、ようやくさわこから電話がかかってくる。日花里と電話で話した希一は、ちぐはぐな受け答えが彼女からのSOSだと気付く。

----------------------------------------------------------------------------------------
【5月13日更新】
■ あらすじ(第5話 5/17放送 )
----------------------------------------------------------------------------------------
正体不明の敵が捜しているものを先に見つけようと、希一(TAKAHIRO)が別荘をあらためて調べると、オルゴールの中から鍵が出てきた。さらに、写真から読み取ったわずかな情報から、日花里(桜田ひより)の父親・五嶋が新聞記者だと分かる。新聞社を訪ねるため上京することにした希一は仲間を誘うが、おじけづいた剛(八木将康)らは応じない。同行してくれることになった春太郎(岩田剛典)も翌朝、待ち合わせ場所に来ない。

----------------------------------------------------------------------------------------
【5月20日更新】
■ あらすじ(第6話 5/22放送 )
----------------------------------------------------------------------------------------
春太郎(岩田剛典)が撃たれた瞬間、記憶を取り戻した日花里(桜田ひより)。だが、そのことを希一(TAKAHIRO)には伝えられない。日花里は度々チームに同行する美史(水沢エレナ)の行動を疑っているが、希一が彼女を信用しきっているからだ。日花里は一命を取り留めた春太郎に、記憶が戻ったことを打ち明ける。一方の希一は、赤城の死に不審を抱き、独自に捜査をしているという警視庁の大島(姜暢雄)から協力を求められる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【5月27日更新】
■ あらすじ(第7話 5/31放送 )
----------------------------------------------------------------------------------------
希一(TAKAHIRO)らは、命懸けで守り抜いたSDカードのデータを復元するため、警視庁刑事の大島(姜暢雄)に助けを求める。大島に連れられカードを持ち込んだ県警の科捜研に、警視庁副総監の福井(三波豊和)が部下を引き連れて乗り込んできた。希一は、福井に銃口を向けられ、カードを差し出すよう命じられる。同じころ、皆に黙って東京から地元の病院に転院した春太郎(岩田剛典)の前に美史(水沢エレナ)が現れる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【6月3日更新】
■ あらすじ(第8話 6/7放送 )
----------------------------------------------------------------------------------------
人質にされていた幸雄(大浦龍宇一)は、再会した娘の日花里(桜田ひより)を偽物だと言い出す。希一(TAKAHIRO)らはすぐに親子がうそをついていることに気付く。榊(村井國夫)や千駄木(梅沢富美男)の手下が幸雄のうそに誘導されて本物を捜すため立ち去り、希一らは反撃の機会を狙う。しかし千駄木は、田川(塚本高史)に‘偽物’の日花里を殺すよう命じる。再び窮地に陥った希一らだが、田川が思わぬ行動に出る。

----------------------------------------------------------------------------------------
【6月10日更新】
■ あらすじ(第9話 6/14放送 )
----------------------------------------------------------------------------------------
日花里(桜田ひより)親子が成田のホテルで焼死。希一(TAKAHIRO)は、変わり果てた日花里の遺体と対面するが、現実を受け入れることができない。後日、洸介(青柳翔)らは希一が「かがやきの方舟」に入信したと知り、真意を確かめるため東京に向かう。春太郎(岩田剛典)は一人別行動を取り、大島(姜暢雄)の息子・卓也(須田瑛斗)が手術を受ける病院へ。一方、改心したという希一を疑う榊(村井國夫)は、彼にあるチャンスを与える。

----------------------------------------------------------------------------------------
【6月17日更新】
■ あらすじ(第10話 6/21放送 )
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
理想国家の樹立を目指し権力を支配する‘レインマン’の正体は、日花里(桜田ひより)の母・陽子(横山めぐみ)だった。日花里を助け出した希一(TAKAHIRO)は、おとりとなった幸雄(大浦龍宇一)の伝言に従い、合流した仲間たちと、日花里の出自が隠されたデータの中身を確認する。そこにはかつて行われたレインマンに関する‘儀式’が収められていた。内容に衝撃を受けた一同はあらためて日花里を守り抜くことを誓う。
関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック